『さくらの親子丼2』

『さくらの親子丼2』キャスト一覧、全話あらすじと視聴熱、見どころまとめ【見逃し配信ならココ!】

ドラマ『さくらの親子丼2』

真矢ミキが主演した『さくらの親子丼2』は2018年12月1日から2019年1月26日まで全8話で放送されました。
このページでは『さくらの親子丼2』のキャスト、あらすじ、見どころと動画配信情報についてまとめてお伝えします。
評判が良かった前作『さくらの親子丼』後、フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で初の続編となっています。

『さくらの親子丼2』キャストと相関図

キャスト一覧

九十九さくら(つくも さくら)-真矢ミキ(まや みき)

シリーズ1では一人息子の死をきっかけに、自分が営む古書店で、行き場のない子供たちに親子丼を無料で振舞っていた。
正義感と人情に厚く特に子供に優しい。不良には負けない腕っぷしと気迫をもつ。

三谷桃子(みたに ももこ)-名取裕子(なとり ゆうこ)

自身の経営する法律事務所で子どもシェルター「ハチドリの家」を運営している。
さくらとは、さくらの息子が亡くなった事件の犯人側弁護をしていて知り合ったが、今では良好な関係を築いている。

川端哲也(かわばた てつや)-柄本時生(えもと ときお)

三谷法律事務所の新人弁護士。「ハチドリの家」の子どもたちを守るために奔走するが、子どもたち(特に女子)に翻弄される。

鍋島真之介(なべしま しんのすけ)-相島一之(あいじま かずゆき)

「ハチドリの家」のホーム長。元教師だが体罰事件により生徒が自殺してしまい離職。妻と離婚し、認知症の父親を抱えている。

古井戸貞子(ふるいど さだこ)→竹園あゆみ(たけぞの あゆみ)-井頭愛美(いがしら まなみ)

記憶も言葉も失って「ハチドリの家」にやってきた少女。名前も分からないことから子どもたちに適当な名前「古井戸貞子」を付けられる。
後に本名が「竹園あゆみ」と判明。

朝ドラ「べっぴんさん」で芳根京子の娘、さくら役で注目を浴びた美少女です。
眉と口元がナチュラルで可愛らしい!

新城由夏(しんじょう ゆか)-岡本夏美(おかもと なつみ)

「ハチドリの家」では原則2か月で行き先を決めて出ていかなければならないが、その非行歴から受け入れ先がなく1年半以上滞在している。
リーダー的存在。

元おはスタ・おはガール。現在は女優業とともにファッションモデルとしても活躍中!
2019年1月より雑誌「non-no」専属モデルに。

井口茜(いぐち あかね)-柴田杏花(しばた きょうか)

「ハチドリの家」入居者。母親から虐待を受けていて入居。
さくらが来てから母親の元に一度戻ったが、やはり虐待を受けて「ハチドリの家」に戻ってきてしまう。
弁護士の川端に優しくされたことから勘違いして川端に好意を持ち始める。

実写版名探偵コナンの灰原哀役でデビュー。
最近では女優としての露出も多くなりドラマ『I”s』や映画『僕に、会いたかった』に出演。

藤島玲奈(ふじしま れいな)-尾碕真花(おさき いちか)

母親の借金を返すために風俗で働かされていた少女。風俗店を逃げ出したところを「ハチドリの家」で保護された。
後に店の売上金を盗んで逃げていて、ヤ〇ザに追われていたことが判明。
さくらが上手くおさめてくれる。

国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞。
2019年は戦隊ヒーローもの『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のヒロイン・アスナ役で出演。

小宮山詩(こみやま うた)-祷キララ(いのり きらら)

エリートの医者の父親の元に生まれ、彼女自身も勉強に勤しんできた。
とても優秀だが父親には虐待され続けてきて、自殺未遂をおこす。母親もそんな父親に嫌気がさし家庭が崩壊している。

映画『アイネクライネナハトムジーク』や神聖かまってちゃんのMVなどに出演。
とても雰囲気のある顔立ちですね、小松菜奈系というか。MVに多く出演しているの、分かる。
ステージモデルとかも似合いそう。

白鳥マリア(しらとり まりあ)-日比美思(ひび みこと)

義父から性的虐待を受けてきて、我慢できずに家出した少女。母親も庇ってくれず、親を憎んでいる。
「ハチドリの家」にやってきたところから描かれるが、親につけられた名前を名乗りたくなく「白鳥マリア」ということにする。

元Dream5というダンスボーカルユニットのメンバー。
解散後は女優やグラビア業を本格的に開始。
今作以外には『僕たちがやりました』『3年A組』などの学園ドラマに出演。

中里拓士(なかさと たくし)-浦上 晟周(うらがみ せいしゅう)

「ハチドリの家」に住む男子メンバー。性同一性障害を抱える。
さくらに出会って徐々に心を開いていく。

以前からドラマにちょこちょこ出演。
個人的に記憶に残るのは2013年の櫻井翔主演ドラマ『家族ゲーム』での重要な中学生の弟役。
さらに『スカッとジャパン』の再現ドラマ、『相棒』や『シャーロック』など人気作品へのゲスト出演も多い。

大豆生田香(おおまめうだ かおる)-塩野 瑛久(しおの あきひさ)

「ハチドリの家」に暮らす金髪の不良少年。幼い時に暴力団の父親が殺され、母親に捨てられてしまう。
クリスマスが嫌い。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞。
その後『獣電戦隊キョウリュウジャー』出演を経て、現在はオスカーの男性タレント集団「男劇団 青山表参道X」の副リーダー。
映画『HiGH&LOW THE WORST』の小田島役としても注目を浴びる。
とてもイケメン…!少しチンピラっぽい役が多いですが、ネクストブレイク枠じゃないでしょうか。

『さくらの親子丼2』相関図

さくらさんが飛び込んだ「ハチドリの家」の相関図はこちら!

『さくらの親子丼2』相関図

注目の若手俳優も多数出演の『さくらの親子丼2』はフジテレビ系の動画配信サービス、FODで全話配信中です!
1か月間は無料で体験できるので、この機会にぜひお試しください。

『さくらの親子丼2』スタッフ

原作・脚本:清水有生

チーフプロデューサー:市野直親(東海テレビ)
プロデューサー:河角直樹(東海テレビ)、浦井孝行(オスカープロモーション)、村山太郎(オスカープロモーション)

演出:谷川功(5年D組)、木内健人(5年D組)、最知由暁斗

『さくらの親子丼2』全話あらすじ

1話あらすじ(2018年12月1日放送)【視聴熱1239pt】

親子丼なんていらない

九十九さくら(真矢ミキ)は弁護士の三谷桃子(名取裕子)を訪ねる。
16年前、高校生の息子が17歳の少女に刺され、命を落とした事件のことが自分の中でやっと整理がついたと報告するためだった。
さくらは被害者の家族、桃子は加害者の弁護士だったが、いつしか立場を超え、信頼関係を築いていたのだ。

桃子は“子どもシェルター”「ハチドリの家」の運営に関わっていた。
子どもシェルターとは虐待など何らかの理由で親から逃げてきた子どもたちを一時的に避難・保護する場所だった。
桃子の事務所の新米弁護士・川端哲也(柄本時生)によると、そこの調理スタッフが突然辞めてしまったという。
シェルターではなかなかスタッフが長続きしなかった。
とりあえず、今夜の食事を用意しなくてはいけない…。
桃子はそのとき、ふとひらめく。「さくらさん、今日暇?」

1話あらすじのつづきを読む

桃子から頼み込まれたさくらは、その日の夕食と明日の朝食だけは作ることを引き受ける。
やがて、シェルターで暮らす子どもたちの安全を確保するため、限られた者しかその場所を知らない「ハチドリの家」に到着する。
そこは、住宅街のありふれた一軒家だった。
ここではホーム長・鍋島真之介(相島一之)のもと、新城由夏(岡本夏美)、井口茜(柴田杏花)、藤島玲奈(尾碕真花)、小宮山詩(祷キララ)、中里拓士(浦上晟周)、大豆生田香(塩野瑛久)というメンバーが暮らし、誰もが心に深い傷を負い、世の中の大人を全て敵だと思っていた。

さくらが食事の支度を始めると、桃子が太田春菜(日比美思)という少女を連れてくる。
春菜は義父から性的虐待を受け、実の母親からも憎まれていた。
「親からもらった名前などいらない!」。
春菜の絶望の深さに、さくらは心を痛める。
さらにもう一人、記憶喪失の上、言葉を話せない少女(井頭愛海)が連れてこられる。
この少女の身体を見て、さくらは衝撃を受ける。
そして母親と和解し、自分の意志で家に戻ったはずの茜が…。

「親と子が一つになって親子丼」。
そんなさくらの気持ちは、シェルターの子どもたちには届かなかった…。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』1話ネタバレ感想:待望の続編!さくらさんはどうなった!?少し短い土ドラ枠で12月1日から新ドラマが始まりました。 『さくらの親子丼』の続編、『さくらの親子丼2』です!(そのままやで…) ...

2話あらすじ(2018年12月8日放送)【視聴熱891pt】

「おいしい」を取り戻せ!

シェルターの子どもたちにも、親子の絆がきっとあるはず・・・。
そのことを確かめるため、“子どもシェルター”「ハチドリの家」に残ることにしたさくら(真矢ミキ)は、食事を作るだけでなく、子どもたちの日々の生活にもあれこれと口を挟むようになる。
子どもたちは誰もが迷惑顔だが、さくらは気にせず邁進する。

シェルターの子どもたちは、外出は可能だが付添いが付くことになっている。
玲奈(尾碕真花)と由夏(岡本夏美)が鍋島(相島一之)の付き添いで、ショッピングモールに行く。
服を選んだ玲奈が試着室に入ると、以前働いていた風俗店の元客である彼氏が待っていた。
玲奈は育児放棄した母親に、借金返済のため無理やり働かされていた風俗店を逃げ出していた。
玲奈は、由夏の機転もあって鍋島に知られずに、店がやっきになって自分を探していることを知る。
盗癖のある玲奈には、実は大変な秘密があったのだ。

2話あらすじのつづきを読む

さくらは食事を用意しても、子どもたちが食べることにあまり興味を示さないことが気にかかる。
鍋島によると、シェルターに避難してくる子どもの多くが、まともに食事を与えられたことがないという。
自分が何を食べたいのかもわからないなんて…愕然とするさくら。
自分で食べたいものを食べて欲しいと望むさくらは、投票形式で夕食のメニューを決めることを思いつく。
そのほとんどが白紙の中、「おでん」に一票入る。

さくらは張り切っておでんを作るが、今度は同じ鍋を皆でつつくことを子どもたちが嫌がる。
恐る恐る箸を伸ばす香(塩野瑛久)。「こんなウマいおでん、食ったことがない!」。
子どもたちはやがて、猛烈な勢いでおでんを食べ始める。その姿に笑顔になるさくらだった。
みんなで食べる、自分が食べたいものを自分で選ぶ…。
そんな当たり前のことに気付かされる子どもたち。
それにしても、用紙におでんと書いたのは、一体?

一方翌日、玲奈が再びショッピングモールの試着室に行くと、彼氏がいない。
不安な気持ちを抱えながらシェルターへと戻る玲奈たちを、一台の車が後をつけていた。
そして、シェルターに戻った玲奈たちの前に現れたのは……。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』2話ネタバレ感想:玲奈(尾碕真花)が追われている理由…さて、オトナの土ドラ枠でスタートした『さくらの親子丼』の続編ですが、2話からは本格スタート! 早速第2話のあらすじと感想をお届けします...

3話あらすじ(2018年12月15日放送)【視聴熱–pt】

湯気の向こうに幸せの記憶

さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。
香(塩野瑛久)はチンピラたちを手玉に取って追い返したさくらを見て、すっかり心酔したようだった。
女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。
茜(柴田杏花)は心配してくれる川端(柄本時生)の優しさを自分への愛情と勘違いしていた。
シェルターの子どもたちは、人に優しくされたことが殆どなく、その優しさが仇にならなければいいがと鍋島(相島一之)から聞かされるさくらだった。

3話あらすじのつづきを読む

ある日、由夏(岡本夏美)は東大の医学部を目指すほど優秀な詩(祷キララ)から「通っている図書館で気になる男子がいるのだが、どうやって打ち解ければいいのかわからない」と相談を受ける。
これまで勉強しかしてこなかったため、人とのコミュニケーションの取り方が思いつかない詩に由夏は驚きつつ、ありのままの素直な自分を見せるようアドバイスする。

図書館で彼から話しかけられた詩は由夏に言われた通り、ありのままの自分を話し始めるが、それが徐々にエスカレートし始め……。

青森県の弘前で病院を営む一家に生まれた詩は、ある理由から病院の跡を継ぐよう、父親から強いプレッシャーを受けていた。
いくら勉強しても、結果が出ないと父に暴力を振るわれていた詩は生きることに疲れ、家を飛び出して自ら死のうとしたのだ。
その際、親切な男に助けられたものの、男は詩にとんでもないことを強要して…。

父親への復讐のために人生を勉強にのみ費やし、感情を表に出すこともない詩をさくらも心配する。
そんな折、いつもの夕食の投票が行われ、その中の一票に「鍋焼きうどん」があった。
ピンときたさくらは、詩の受験勉強の夜食にと、熱々の鍋焼きうどんを持って行く。
うどんを食べる詩の目からは、かすかに一筋の涙が…。
そして詩は、さくらにある頼み事をする。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』3話ネタバレ感想:詩(祷キララ)の過去と恋の行方!?もう『さくらの親子丼2』3話がやってきました。1週間はあっという間ですね! 3話のあらすじと感想をお届けします。 今回は誰のお当番回...

4話あらすじ(2018年12月22日放送)【視聴熱–pt】

サンタが俺にやってきた!?

クリスマス間近、さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)の今後について桃子(名取裕子)から悲しい事実を知らされる。
暴力団の幹部だった父親が8歳の時に死亡し、母子家庭で育った香だったが、近々母親が再婚することになった。
再婚相手は、暴力沙汰を起こし少年院に入っていた香を引き取るのを嫌がっているという。
そればかりか、中学生の頃から何度も警察につかまった香に散々苦労した母親も、もう一緒に暮らすことは出来ないという。
母親に捨てられた香は、淡々とした態度を見せるが…。

4話あらすじのつづきを読む

川端(柄本時生)がシェルターでクリスマスパーティーを開こうと張り切るのを見て、子どもたちはクリスマスの思い出を話し出す。
しかし誰もがろくな思い出がないことがわかる。
そのとき由夏(岡本夏美)がつぶやいた一言に、皆が驚きの表情を浮かべる。由夏は「ハチドリの家」のルール上、“ありえないこと”をしているのが判明したのだ。
さらに皆がパーティーに向け、飾り付けで盛り上がる中、香がクリスマスに対して、異常な憎しみを見せる。
香がそこまでクリスマスを嫌う理由とは?

「ハチドリの家」に新たな問題が起こる。
鍋島(相島一之)が突然、実父の希輔(秋野太作)をともない、出勤してきたのだ。
希輔は鍋島の姉の家で暮らしていたが、軽度の認知症を患い、鍋島の姉たち家族に迷惑をかけていた。
鍋島は我慢の限度を超えた姉に希輔を押し付けられ、どうしようもなくシェルターに父親を連れてきたという。
数日の間になんとかするという鍋島をさくらも心配するが…。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』4話感想:香(塩野瑛久)とクリスマスの関係(ネタバレ)『さくらの親子丼2』4話は注目の香の回でした! 一見素直でいい子のように見える香ですが、親との関係は現在どうなっているのか。 さ...

5話あらすじ(2019年1月5日放送)【視聴熱–pt】

出雲に消えた想い

クリスマス間近、さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)の今後について桃子(名取裕子)から悲しい事実を知らされる。
暴力団の幹部だった父親が8歳の時に死亡し、母子家庭で育った香だったが、近々母親が再婚することになった。
再婚相手は、暴力沙汰を起こし少年院に入っていた香を引き取るのを嫌がっているという。
そればかりか、中学生の頃から何度も警察につかまった香に散々苦労した母親も、もう一緒に暮らすことは出来ないという。
母親に捨てられた香は、淡々とした態度を見せるが…。

5話あらすじのつづきを読む

川端(柄本時生)がシェルターでクリスマスパーティーを開こうと張り切るのを見て、子どもたちはクリスマスの思い出を話し出す。
しかし誰もがろくな思い出がないことがわかる。
そのとき由夏(岡本夏美)がつぶやいた一言に、皆が驚きの表情を浮かべる。由夏は「ハチドリの家」のルール上、“ありえないこと”をしているのが判明したのだ。
さらに皆がパーティーに向け、飾り付けで盛り上がる中、香がクリスマスに対して、異常な憎しみを見せる。
香がそこまでクリスマスを嫌う理由とは?

「ハチドリの家」に新たな問題が起こる。
鍋島(相島一之)が突然、実父の希輔(秋野太作)をともない、出勤してきたのだ。
希輔は鍋島の姉の家で暮らしていたが、軽度の認知症を患い、鍋島の姉たち家族に迷惑をかけていた。
鍋島は我慢の限度を超えた姉に希輔を押し付けられ、どうしようもなくシェルターに父親を連れてきたという。
数日の間になんとかするという鍋島をさくらも心配するが…。

元中学校の校長だった希輔は「ハチドリの家」の子どもたちにも“上から目線”であれこれ指示する。
誰も相手にしなかったが、貞子(井頭愛海)だけは希輔に優しく接する。

さくらは桃子から、鍋島の起こした過去のある事件について聞き胸を痛めるが、当の鍋島が驚きの行動に出る。
「ハチドリの家」をさらなる混乱が襲う中、クリスマスパーティー当日となるが…。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』5話ネタバレ感想:貞子(井頭愛海)の過去がすごい!?<5話(1月5日放送)> 年末年始を挟んで『さくらの親子丼2』やっと貞子ちゃん回ですね。楽しみにしてた~ 貞子ちゃんの過去の記憶は取...

6話あらすじ(2019年1月12日放送)【視聴熱–pt】

親が子を抱くとき

気持ちの晴れないまま出雲から「ハチドリの家」に帰ってきたさくら(真矢ミキ)を、貞子(井頭愛海)の出産が待ち受けていた。
これまで一切言葉を発しなかった貞子が激痛に耐えられず、「痛い! 死ぬッ! 助けて‼」と大声で叫んでいる姿に驚くさくらだが、さらなる問題が起こる。
頼んでいた助産師がインフルエンザで寝込んでしまったのだ。
すでに赤ちゃんの頭が見え始めている状態で、さくらは直ちにシェルターで出産させる事を決意する。

6話あらすじのつづきを読む

「一人で大丈夫なんですか?」不安がる川端(柄本時生)や子どもたちを安心させるべく、「こう見えても二人産んでるし」というさくらだが、子どもたちはこんな時でも「こう見えてもって?」「若く見えるって意味でしょ」と軽口を叩く。
さくらは女子たちに手伝いを命じ、出産の準備を始める。各自様々な反応を示し、一旦躊躇したりはするものの、さくらの必死な姿と貞子の苦しみを前に、手伝い始めるマリア(日比美思)、詩(祷キララ)、玲奈(尾碕真花)、茜(柴田杏花)。
ところが由夏(岡本夏美)だけはその輪に入るのを拒む。

出産の痛みにうめく貞子は、苦しみの中で徐々に記憶を取り戻す。
出雲での出来事の断片が頭をよぎる中、息が荒くなり、呼吸困難に陥る貞子。
そんな中、リビングで漫画を読んでいた由夏だったが、貞子の苦しむ声が耳に届き続けると、堪えきれず立ち上がり、スタッフルームに飛び込んで、貞子の手を握り気持ちを落ち着かせるよう、優しく声をかける。
「頑張れ貞子!」みんなが“貞子”を連呼する中、徐々に本来の自分を取り戻しつつある貞子は「誰が貞子やねん…けったいな名前つけやがって…ホンマ腹立つわこいつら…」と怒りに近い気持ちで思い切りいきむのだった。

やがて苦しみの末、赤ちゃんが誕生。それと同時に意識を失った貞子が、再び目覚めると…。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』6話ネタバレ感想:貞子(井頭愛海)vs 由夏(岡本夏美)が本気の乱闘!< 6話(1月12日放送) > 『さくらの親子丼2』貞子の出産シーンから始まる回となりました。 無事に生まれるのか!?そして過...

7話あらすじ(2019年1月19日放送)【視聴熱–pt】

愛はあげなきゃもらえない

「ハチドリの家」では、入居してから二か月位の間に次の進路を決める事になっている。
桃子(名取裕子)は入居者一人ひとりと、今後の進路について面談する。
さくら(真矢ミキ)も同席し見守る中、安易なことを考える者もいれば、まだまだ厳しい局面にいる者も。
茜(柴田杏花)などは川端(柄本時生)の優しさを勘違いし、結婚すると言い出す始末。

7話あらすじのつづきを読む

そんな中、拓士(浦上晟周)は以前からの夢を桃子に打ち明ける。
拓士の希望は、LGBTの街、新宿2丁目でダンサーを目指して働くことだった。
桃子は男性的な生き方に違和感を抱く拓士の思いは理解しつつ、厳しい世界である事を伝えた上で、昔からの知り合いがやっている店を拓士に見学させることに。

川端に連れられ、桃子の友人ゆっきーママ(中村育二)のショーパブを訪れた拓士は、女性装の男性ダンサーが繰り広げる華やかなダンスに目を輝かせる。
しかし、男性性に対する違和感も女性的な美しさへの憧れも理解せずに自分を罵倒した、と両親に対する憎しみを吐き出す拓士に対し、ゆっきーママは「あなたは親から愛されることだけを望み、あなたが親を愛していない」と突っぱねた。
「愛はあげなきゃもらえないのよ」ゆっきーママの言葉が拓士は理解出来ない。
その意味が分からない子は世話できないと、拓士はゆっきーママに拒絶される。

「ハチドリの家」に戻った拓士は、さくらに「愛をあげる」とは何かと聞く。
そこでさくらから親子丼に籠めた想いを聞いた拓士は、「愛をあげる」事を知る為、さくらに親子丼の作り方を教えて欲しいとお願いする。
懸命に親子丼を作っては香に試食させる拓士。
拓士の愛はゆっきーママの心を動かすのか?

茜の結婚騒動から、子供との距離感を桃子に叱責され意気消沈した川端は、この仕事に向いていないのではと悩み、大手法律事務所に勤める七海(岡本玲)に相談し……。

その頃、香は夜な夜な無断外出を繰り返していた。香が会っていた少女は…。
そして、香が警察ともめているホームレスを目撃。そのホームレスとは…。

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』7話感想:拓ちゃんまさかの退所!?急展開…(ドラマネタバレ)< 7話(1月19日放送) > 毎度楽しみにしている『さくらの親子丼2』ですが、終盤に差し掛かってきましたね。 今回は「ハチド...

8話あらすじ(2019年1月26日放送)【視聴熱–pt】

ハチドリの巣立つ時に

さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が窃盗団の一員として捕まったと知らされ、衝撃を受ける。
香が無断外出を繰り返していたのを知っていただけに、自分を責めるさくらだった。
その矢先、「ハチドリの家」に新たな少女が保護される。
少女の顔を見て、驚くさくら。その少女とは…。

8話あらすじのつづきを読む

一方、過去の数々の犯罪歴により受け入れ先が無く、「ハチドリの家」に1年半以上いる由夏(岡本夏美)は、未来が見えないため何事にも投げやりになっていた。
小学生の頃母親に捨てられて以来、何度も罪を犯しては少年院を出入りする壮絶な人生を送ってきた由夏。
「泥の中を泳ぐのって疲れんだよね」との由夏の言葉にさくらは不安を抱くが、ついに雇ってもいいという美容院が見つかる。
明るさが戻り、はりきって働き出した由夏だったが・・・。

桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)の奔走で、香が「ハチドリの家」に戻ってくる。
香がなぜ窃盗団にいたのか、そこにはある理由があったのだ。
しかし、香は保護観察中の身。遵守事項に反していると保護観察所に判断されれば、少年院に戻し収容される可能性があると言う。

由夏や香だけでなく、「ハチドリの家」に避難する子どもたちそれぞれに、変化が訪れていた。
詩(祷キララ)の大学入試やマリア(日比美思)の高校復学など…。
さくらも皆を応援しようとするが、桃子から、愛され慣れていない子どもたちに愛情の質を勘違いされてしまう危険性があるため、過度なスキンシップをやめるよう諭される。
「あたし達は母親にはなれないのよ」…子どもへの向き合いについて、桃子との隔たりを感じ戸惑うさくら。
そんな中、新たな事件が起きて…。
子どもたちに明るい未来は訪れるのか?そしてさくらさんの選択は?

ドラマ『さくらの親子丼2』
『さくらの親子丼2』8話感想:最終回-子どもたちとさくらさんが選んだ選択は…!?(ネタバレ)< 8話(1月26日放送) > 来てしまいました、『さくらの親子丼2』最終回!やはり8話だと早いですね。 今回1話でバババ~ッ...

『さくらの親子丼2』見どころ解説!

前作『さくらの親子丼』から続く見どころは、やはり真矢ミキ演じるさくらさんのその愛情深くて明るいキャラクターだ。
自身も一人息子を亡くすという辛い経験をしているにも関わらず、明るくしっかりと前を見据えて歩いている。
息子の事件の経験から、行き場の無い子どもたちへの想いは人一倍強く、子どもたちに親子丼を振舞うという行動を起こし続けて、素敵な大人の背中を見せてくれる。
子どもたちへの接し方は分け隔てなく、見た目で判断しない。
子どもが言うことは基本的に信じるしいつも子供の立場になって考えるとても強くて優しいお母さんのような印象。

今作では、舞台を「ハチドリの家」という子どもシェルターに変えるが、さくらさんは以前のまま。
しかしより辛い状況の子供たちにどう向き合ったらいいか、さくらさんも葛藤していくようだ。

さらに新キャストとして、ネクストブレイクの若手俳優陣が多数出演。
それぞれに家庭環境や過去など悩みを抱えている。
そんな子供たちとさくらさんが本気で向き合って、ぶつかっていく様が感動的である。
人ひとりの人生を背負うなんて簡単なことではない。
真剣に、本気で向き合って出したそれぞれの答えに注目したい。

見逃し配信ならFOD無料お試し期間に!

『さくらの親子丼2』を全話見逃し配信で見るならFOD(フジテレビオンデマンド)。
月額888円で過去の名作ドラマから最新作まで見放題!
1か月無料お試し期間があるので、その間に全話視聴することも出来ちゃいます。
フジテレビのドラマが好きなら無料で試してみてはいかがでしょうか?

『さくらの親子丼2』は全話FODで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA