『グランメゾン東京』

『グランメゾン東京』9話ネタバレあらすじと感想:栞奈さんの復讐!祥平はgakuを辞めることに…

『グランメゾン東京』

< 9話(12月15日放送) >

ついに9話を迎えた『グランメゾン東京』!
前回3年前の事件の原因が祥平にあることがバレてリンダの逆鱗に触れました。
まだそんなに怒ってるの!?って感じでしたが。
早速ネタバレあらすじ&感想を書いていきます。

前回のネタバレあらすじ&感想は「『グランメゾン東京』8話ネタバレ感想:尾花(キムタク)の師匠が教える「本当に大事なこと」」をチェック!

『グランメゾン東京』出演者・スタッフ

『グランメゾン東京』出演者

尾花夏樹 -木村拓哉
早見倫子 -鈴木京香
京野陸太郎 -沢村一樹
相沢瓶人 -及川光博
平古祥平 -玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

松井萌絵 -吉谷彩子

リンダ・真知子・リシャール -冨永 愛

久住栞奈 -中村アン
丹後学 -尾上菊之助
江藤不三男 -手塚とおる ほか

『グランメゾン東京』スタッフ

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋

『グランメゾン東京』9話のあらすじ

栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。
そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。
一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。
同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。
その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。
3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。

そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。
公式サイトより

『グランメゾン東京』9話のネタバレあらすじ

倫子の家で朝食を作る尾花。
京野と尾花、倫子で朝食を食べながら店のミーティングをすることに。
栞奈は元々フードライターの勉強で短期間勤める予定だった。
そのため今月いっぱいで辞めさせてほしいという話だ。

ミシュラン審査に向けてメニューを新しく!

倫子はミシュラン審査へ向けた方針をスタッフ全員の前で発表する。
山羊ミルクのババロアとメレンゲのアイスは残し、それ以外のメニューは刷新。
残り1ヶ月でこれらのメニューを作り直す。

さらに尾花が日本の食材を活かした料理に合わせて日本のワインに変えると言い出す。
京野はワインの知識がヨーロッパに偏っているので自信が無いと言う。
そこで同じくソムリエの資格を持つ栞奈を指名する尾花。
栞奈がいくつか日本産ワインを見繕い、後日試飲会を開くことになった。

その頃「gaku」では舞茸を使った新レシピを考案中だった。
そこへフランス大使館から数名が祥平に面会に来る。
3年前のアレルギー食材混入事件の犯人は平子祥平だと有力な証言があったと話す。
丹後は祥平を庇い、何も関係ないと言う。
祥平に話を聞きたいと言う大使館員を追い返す丹後だった。

ワイン試飲会での出会い

ワインの試飲会の日。
若手メンバーでおつまみを作り、栞奈が持ってきたいくつかのワインを試飲する倫子たち。
その中で1本のワインを絶賛する尾花と倫子。
栞奈もおすすめの1本で値段は2000円。
コスパもかなり良いと盛り上がる面々。
このワインを主役にした料理を作りたいと話し合い、ナスのプレッセに代わるアミューズを作ることに。

そんな話をしていると、突然萌絵が倒れる。
そのゴタゴタの弾みで栞奈の手から小さな小瓶がこぼれ落ちたのを見てしまう相沢。
萌絵は救急車で運ばれ、ノロウィルスに感染している事が判明。
それを病院でリンダに報告する栞奈だった。
飲食店でのノロウィルスは致命的。だが感染が広がらない限りは保健所には届けないという話だ。
リンダは後で店がそのことをもみ消した事にしてリークすれば良いと話す。

「gaku」で祥平を呼び出した美優。
祥平は美優の父親と決別して以来、連絡を取っていなかった。
グランメゾン東京で働かないなら、もう一度やり直せないかと話す美優に、祥平は考えておくと返事をするのだった。

ノロウィルスへの対応

倫子の家で打ち合わせをする尾花たち。
萌絵のノロウィルスの原因を探っていると、ワインの試飲会用の牡蠣を試食していたと芹田が証言。
その生牡蠣は栞奈が仕入れてきたものだった。
そして相沢が見た栞奈の持つ小瓶と、誰かへの電話での報告の話をする。
栞奈への疑いが深くなる面々だが、尾花は「考えてもしょうがねぇんじゃないの?それより俺たちにまずやるべき事があるんじゃねぇの?」という。

次の日、店は臨時休業にして保健所に来てもらい衛生面を調べてもらっていた。
そこはやって来た栞奈は驚く。
扱っていた食材を全て保健所へ渡し、調理器具や設備を徹底的に消毒する。
さらに京野は直近来ていたお客様を訪問して、直接体調を確認しに回っていた。
そして店が休業の間に連れて行って欲しいところがあると栞奈に話す尾花。

栞奈の選んだワイナリーへ!

栞奈の持ってきたワインから気に入った1本を作るワイナリーへ向かった尾花と倫子。
栞奈の案内で葡萄の育成方法からワインの熟成、樽の見学や試飲をさせてもらう。
彼女は日本ワインが世界でもっと認められるように協力したいという想いがあり、生き生きと楽しそうにワインの話をする。
その様子を見て、倫子も尾花も栞奈の新たな一面を発見した気持ちになる。

市場で食材を入手してから店に戻ると、京野も戻ってきたところだった。
全てのお客様に会えて体調面は問題なし。
逆に丁寧な対応に感心されたと話す京野。

一安心した面々は、やっと新メニューの開発に取り組むことになる。
尾花は栞奈のワインに合う前菜。
相沢はまた別のメニュー、倫子は全体を監修することにした。

リンダが祥平へ迫る…!

栞奈はリンダに「グランメゾン東京」のノロウィルスへの対応を報告した。
このまま事態は収束に向かうだろうと話す。
だったらもう一度何とかしてとリンダ。

リンダは翌日祥平を呼び出し、3年前の事件の犯人なんでしょと問い詰める。
祥平は素直に認める。
犯人は俺です。3年前の昼食会で、雲丹の前菜に間違えてナッツオイルを入れてしまいました。
グランメゾン東京には何もしないで下さい。」
そしてリンダが録音していたボイスレコーダーを持っていくフランス大使館員。

尾花は何とかワインを主役にした前菜を完成。
小さなガッツポーズを倫子に見られて、照れ隠しですぐ真顔に戻る尾花。

祥平は京野に、リンダに本当のことを話したと報告する。
京野との会話がリンダに漏れていたのは、店のスタッフにスパイのような真似をしている奴がいるんじゃないかと話す。
栞奈の履歴書を見て何かに気づいた京野は、店に走る。

栞奈の正体は…

店に走って戻った京野は直ぐに栞奈に謝罪をする。
栞奈の父親は当時外務省秘書官をしており、店の選定を担当していた。
昼食会の事件の責任を取らされ、心労で入院。さらに復帰後は僻地に赴任させられてしまったという。
それを心から詫びる京野。

復讐のためにこの店に近づいてきたのか、萌絵にノロウィルスを食わせたのはお前か?と疑われ、それを肯定する栞奈。
立ち去ろうとしたその時、前菜の試作品ができたから食べていってよと尾花が説得。
アンタが選んだワインに合わせたんだと。

栞奈は引き止められてワインと共に試食をする。
「白子の主張が強すぎる。これじゃワインが台無し」と。
ならどうすれば良いと聞かれて「前菜の温度を上げてワインの冷たさを引き立たせる。香ばしいものを入れて苦味を出せばワインの甘さを引き出す事ができる。」と的を射たアドバイスをする。
それには尾花も渋々納得の表情。

栞奈は以前エスコフィユで尾花の料理を食べた事があり、ワインが主役の料理に感動し、だから父にも推薦したのだと涙ながらに話した。

京野が保健所から食材の調査結果を貰ってきていたが、食材からは一切ノロウィルスは出なかった。
萌絵の食べた牡蠣にもウィルスは入っていなかったのだ。
栞奈がウィルスを仕込んだのでは無かったと分かり一転、謝罪する芹田と相沢。
栞奈は自分が食べる料理にウィルスを入れて店を潰す気だったと告白。

それでも倫子は、これから他のワインも変える、それを栞奈さんに探して欲しいと依頼。店の正式なソムリエになって欲しいと言う。
他のみんなからもお願いされる栞奈。
尾花も「本当に三つ星狙うんだったら、アンタみたいに優秀なソムリエはうちには絶対に必要だ」という。
そして「ていうかさ、試食用とはいえ、俺の料理あそこまで酷評した奴いないからね?」と悔しそうな尾花。
こっそり笑う栞奈だった。

祥平の料理人人生のピンチ

倫子の家で夕食を食べる尾花、京野、相沢。
京野は尾花に、もう1人心配な奴がいると祥平のことを話す。

尾花は翌日リンダを呼び出し、話をする。
リンダはマリクレールダイニングで3年前の真相を特集することにしたと話す。
祥平は一生表舞台には戻ってこれないだろうと言うリンダ。
尾花「もし、うちで拾ったら?」
リンダ「グランメゾン東京には一生星が付かないようにしてあげる。倫子さんに星がプレゼント出来なくなるわよ。」

「gaku」ではフランス大使館員が再び訪れ、店を辞めることになる祥平。
丹後も祥平を守りきれず悔しさを滲ませるがどうしようも無く。。
「お前の料理、最高だぞ。」
「お世話になりました。本当に、ありがとうございました!」

祥平が自分の部屋を引き払うと尾花がバイクでやってくる。
「一回しか言わないぞ。祥平、グランメゾンに来い!」
(つづく)

『グランメゾン東京』9話の感想

9話でやっと栞奈さんのお話が回収されてスッキリ。
やっぱりそこまで悪い人じゃなかったですね笑
そして祥平がどうなってしまうのか…気になります。

尾花の栞奈への態度がちょっとイラッとする

尾花は倫子や京野、相沢らと栞奈への接し方が全然違いますね。
昔からの仲間だったり同年代だったりするわけじゃないので、多少のよそよそしさはわかるんですがちょっと偉そうですよね。
芹田や萌絵にも偉そうだけど、それは料理人としての上下関係があるからなんとなく違和感無かったんですけど。

栞奈さんはソムリエなので尾花に命令される筋合いは無いんだよな~もちろん店のスタッフとして後輩だし、年齢も下だけど。
ワザとやってるんだろうけど「腰掛け」とか上から目線なのがいちいち鼻につきました。
尾花はぶっきらぼうだからまた言い方も若干きつめに感じるのかもしれないです。

リンダの怒り…結局尾花に対する苛立ちなのかも

リンダが3年前の事件について、とても執着しているのが不自然だなぁと思っていたんですが、結局のところ尾花がちゃんとリンダと別れなかったからということで良いでしょうか?

完全に祥平はとばっちりな気がします。
いくら顔に泥を塗られたといっても、3年も前のことですし、それをわざわざ自ら蒸し返すこともないのになと思います。
犯人が誰なのか分からなくてスッキリしないというのは分かるけど、二度と表舞台に立てないようにしてやるというのは行き過ぎですね。
そんなことして何になるの?っていう。

要は一番怒っているのは、尾花が何も言わずに自分の前から消えたことで、その原因が犯人にあるとすり替えて執着しているんだと思います。
なんだよ結局女の嫉妬か~と思うと少し残念。
リンダさんにしては意外にも、とっても人間らしいですけどね。

栞奈さんはもっと攻めたキャラクターでも良かった

栞奈さんは元々育ちも良くっていい子なんでしょうね。
これまで尾花に復習したいと言いつつもリンダの怒り具合には若干引いてるようにも見えたし…
どんな手段を使っても尾花を貶めてやるという感じはしなかったです。

今回も薬を使ってグランメゾンを貶めようと考えてはいましたが、結局実行は出来ず。
ワインが好きな人間性もやっと見えてきた感じだったので、もう少し前段で深堀りがあっても良かったのかもしれません。
結局最後までいい子ちゃんでした。

尾花の栞奈さんへの態度がイラつくこともあり、もっと尾花に言ってやれという感じもしてました。
料理に対してあんなに鋭い意見が言えるなら、今後もちょいちょい出してもらったらいいなと思います。

次回10話のあらすじ

尾花(木村拓哉)はリンダ(冨永愛)の告発によって「gaku」を去ることになった祥平(玉森裕太)を「グランメゾン東京」に誘う。
店に迷惑がかかるからと断る祥平だったが、京野をはじめとした店のメンバーは、ある方法を思いつく。
一方、丹後(尾上菊之助)は、まもなく始まるミシュランの審査のプレッシャーからメニュー開発に行き詰まる。
そんな丹後を見て、江藤(手塚とおる)はある計画を推し進めるのだった。

それぞれの店で大きな変化を迎える中で、迫るミシュランの審査。
着々と新メニュー開発に取り組む尾花は、ある大きな決断を下す!
はたして三つ星を取れるメニューは完成するのか!?
公式サイトより

まとめ

栞奈さんの正体が分かりましたが、お父さんの件は想像通りでした。
結局どうやって尾花と戦うのかと思っていたら、あっという間に仲間になってました笑
もう9話だから仕方ないけど。

ついに来週はラスト前!また来週を楽しみにしています!

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA