『シャーロック』

『シャーロック』1話感想:ディーン様主演、あの制作チームのスタイリッシュな探偵ドラマ(ネタバレ)

ドラマ『シャーロック』

< 1話(10月7日放送) >

始まりました、秋ドラマ!そして月9で『シャーロック』です。
前作『モンテクリスト伯』の雰囲気を引き継いでスタート!
相棒はEXILEグループの岩田剛典。
早速感想をご紹介していきます。

『シャーロック』について

以前おディーン様が主演したドラマ『モンテクリスト伯』の制作チームがつくっています。
全体のテイスト、暗くてお洒落な感じが似ていますね。
シャーロック・ホームズは全世界的にリメイクされまくっている題材なので、今作のオリジナリティをどう出してくるのか…
まぁ舞台が日本で日本人ってことで色々と細かいところは変わってくると思うのですが…

『シャーロック』出演者

誉 獅子雄 -ディーン・フジオカ
若宮 潤一 -岩田剛典

小暮 クミコ -山田真歩
レオ -ゆうたろう
江藤 礼二 -佐々木蔵之介 ほか

『シャーロック』スタッフ

原作-アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本-井上由美子

『シャーロック』1話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は頭脳明晰で容姿端麗な、犯罪捜査専門のコンサルタント。
難事件の捜査を、警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)から特別に依頼され、請け負っている。
罪と悪に興味があり、謎解きは彼の生きがいでもある。
だが、その性格は難ありで、一般の人が対等に渡り歩けることは、まずない。
そんな獅子雄にとって、運命的な出会いを果たす事件が、いま幕を開ける。

都内の、とある病院で、ある一人の勤務医が屋上から謎の転落死を遂げる。
死亡したのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)。
第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽の助けを求める声を聞いていたことで、何者かに突き落とされたことが疑われる。
江藤たち捜査一課は病院関係者を集めて事情聴取を始めた。

通報者で警備員の石井太(木下ほうか)が、やはり赤羽の声を聞いて現場に駆けつけたと話すと、突然、白衣を着た男が「嘘つけ!」と遮る。
男は、麻里と石井の発言の矛盾点を次々と指摘し、論破していき、周囲は唖然となる。
この男こそが、獅子雄だった。
そして、獅子雄は、その視界の隅に、ある一人の男を捉える。
遠巻きに様子を伺っていたのは、精神科医の若宮潤一(岩田剛典)。
その不審な動きを、獅子雄はしっかりとマークするのだった…。
 果たして、若宮という男は何者なのか?
一人の医師の死によって、隠されていたおぞましい事実が、間も無く獅子雄によって暴かれようとしていた。

1話の見どころはおディーン様のハマり感と裏の顔がある松本まりか

ディーン・フジオカ演じる獅子雄は犯罪コンサルタントという職業で、警察に捜査協力をしているようです。
この獅子雄が原作でいうところのシャーロック・ホームズです。
イメージ的には原作の方はよれたオヤジって感じですが、今作はディーン・フジオカですから容姿端麗…!
当然のように変わり者であるものの、そのビジュアルで全て許せる…!気がする。
作中の女性たちはそうではないようですが。

そして今回亡くなった医者の妻役を松本まりかが熱演。
なぜかこの人を見ただけできっと裏があると思ってしまうんですが、今回も怪演を披露しています。

『シャーロック』1話の感想 (ややネタバレあり)

全体的にスタイリッシュでカッコイイ、そしてエグいストーリーになっているところがモンテ・クリスト伯テイストだと思います。

岩田剛典のキャスティングと演技、どうですか?

全く個人的ですが、この人俳優として好きでも嫌いでもなく、全く普通というかあまり強い印象を持っていない人でした。
演技が特別上手いとも思ったこと無いし、最近良いポジションで出てるなという認識程度…
すごく下手でも無いけど、なんか普通・・そういう感じ。

今作ではワトソン役の若宮な訳ですが最初は事件関係者としての接触でした。
作中犯人かもって感じの演出、演技でしたが前情報でワトソン役だって出ているし、今さら感あってその辺は余計だったなと思いました。
獅子雄と若宮の犬猿具合が思ったより酷く、若宮が本当に嫌そうな顔してるし怖い顔してるしで、正直あまりこの役魅力的じゃないなという印象。
元々ファンの方もどう思うんだろう??
結構怖い顔、陰湿に睨んでいるところもあって、こんな顔もできるんだなぁと感心しました。
今後獅子雄との関係が変化していくことで愛着が出てくることを希望します。

あ、音声入力で記録をつけているのはいいと思ったので真似しようかな笑

反してディーン・フジオカ演じる誉獅子雄の演出に力が入ってる

獅子雄の演出すごかったですね。。
バイオリン、本人が弾いてるのでしょうか?
事件の事を考える時に、夜部屋の屋上に出てバイオリンを弾きながら考えるシーンがあるのですが、
ほんと近所迷惑…!!というのが気になって仕方なかったです。
その後も若宮の部屋で警察車両のサイレンを真似てたり…

あと、これはディーンさんが格闘技が得意だからだと思いますが、事件についてテンションが上がるとシャドウボクシングしだすっていう。
何をしてもカッコイイから良いですね。

そして鋭い観察眼で次々と人の考えていることやしようとしていることを言い当てる。
これ、ちょっと気持ちが良かったです。
犯人逮捕後にさらさらっと早口で、さも当たり前かのように推理披露するのも好きでした。

とりあえず松本まりかがすごいっていうのが1話最大のポイント

松本まりかさん、最近よく出てるなっていう印象ですが、彼女の役ってホントにほとんど豹変する女じゃないですか!?
見た目も美しく可愛らしいのでそういうつもりで見ていると、段々壊れていくか、元々裏表のある女が多い。

だから出てきた瞬間、「この女…何かあるっ!」と思っちゃうんです。
しかもそういうふうに見られた上で、さらに度肝を抜く演技してくるのでほんとすごい。

今回の旦那を強請る旦那の友人に熱湯をかけて怯ませた後に、旦那に対して
「やっちゃって、やって!一生強請られてもいいの?やってよ!やれって言ってんのよ!!
と殺人を強要する様が怖すぎました。
あと顔も。
旦那が言うとおりにした後の、シメシメ顔…悪魔か。

そんなゾッとするような演技が出来る松本まりかさん、今後も注目です!

次回2話のあらすじ

事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。
翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮。
そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。
新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。若宮も無理矢理連れてこられている。
江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが…。
その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始める。

遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。
遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。
そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。
高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。
果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始める。
婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。
藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが…。

最後に

1話でもうひとつ気になったのはラストシーン。
水漏れの為に獅子雄が若宮の部屋に転がり込んでくるんですが、気に入らない若宮は部屋の窓から獅子雄の荷物を投げ捨てます。
すると獅子雄も対抗して若宮の荷物を投げ捨てるんですが…

若宮の部屋は恐らく地上3階くらいの高さ。
本やらカバンやら道に投げ捨てるって…通行人いたら危ないし、どうせ自分たちが拾いに行くんだろうからなんて不毛な人たちなんだと…
画は良かったですが、現実的なところが気になりました笑
来週はついにコンビ発足!?たのしみですね。

ドラマ『シャーロック』
『シャーロック』2話感想:菅野美穂がゲスト!久しぶりに見た裏のありそうな女役がやっぱり似合う(ネタバレ)< 2話(10月14日放送) > さて、月9ドラマ『シャーロック』の2話です。 1話ではシャーロック役の獅子雄とワトソン役の若宮...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA