『シャーロック』

『シャーロック』7話ネタバレあらすじ感想:子役・山城琉飛と伊武雅刀をゲストに拉致監禁事件を捜査!

ドラマ『シャーロック』

< 7話(11月18日放送) >

ドラマ『シャーロック』も早くも第7話。
今回ゲストは子役・山城琉飛くんと伊武雅刀さん。
ドラマは佳境に入ってきていますが、今回は意外にも殺人事件ではないほっこり回となっています。
早速感想を書いていきます。

前回のネタバレあらすじ&感想は「『シャーロック』6話ネタバレあらすじ感想:吉川愛と和田正人、霧島れいかがゲストで好演!」をチェック!

『シャーロック』出演者・スタッフ

『シャーロック』出演者

誉 獅子雄 -ディーン・フジオカ
若宮 潤一 -岩田剛典

小暮 クミコ -山田真歩
レオ -ゆうたろう
江藤 礼二 -佐々木蔵之介 ほか

『シャーロック』スタッフ

原作-アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本-井上由美子

『シャーロック』7話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)が、いつものようにもめている。
自分のスイーツを食べたと怒る若宮に、獅子雄が証拠を出せと反論。すると獅子雄は、若宮自身が食べたことを習慣としての固定概念から失念したのではないかとさえ言い出す。
獅子雄は自分が小学生の時にクラスで起きた盗難の例を話した。
教師が固定観念から行った犯人探しを覆して真実を突き止めたと話す獅子雄に、若宮はイヤなガキだとため息。

そんな時、羽佐間虎夫(山城琉飛)という少年が訪ねて来た。
虎夫は獅子雄に依頼に来たと告げる。だが、獅子雄は若宮に任せて奥の部屋へ。
仕方なく若宮が、獅子雄として虎夫の依頼を聞く。虎夫の依頼は行方不明になった祖父、寅二郎(伊武雅刀)探し。
虎夫は河川敷で、寅二郎が持ち歩く小袋を発見していた。本気で取り合おうとしない若宮に、虎夫は本物の獅子雄を出せと迫る。
すると、うそを見抜いた虎夫に、若宮より賢そうだと獅子雄。
そして、小袋の中を確認した獅子雄は、寅二郎は危険人物かもしれないと、虎夫に発見場所へ案内するよう促す。

小袋の発見場所には、3人分の足跡が残されていた。
しかし、途中で2人に。タイヤ痕もあることから、寅二郎は2人組に襲われ車で連れ去られたと推測される。
だが、付近のホームレスたちは不審な車は見なかったと証言。獅子雄と虎夫は、寅二郎が行方不明当日に出かけたデイサービスの介護施設へ向かう。
公式サイトより

『シャーロック』7話のネタバレあらすじ

冷蔵庫の中を見て怒り出す若宮。
食べようと思っていたプリンが減っている…!
獅子雄が一つ食べたと思い問い詰めるが、若宮が毎日プリンを食べるのを習慣化しているために記憶から抜け落ちやすいと指摘。
無いから誰かが盗ったと考えるのは短絡的だと言う。

ある少年の依頼

その時事件の捜査を依頼に少年・虎夫が訪ねてくる。
面白くなさそうだと思った獅子雄は若宮に「よろしく、獅子雄さん」と事件を擦り付ける。
虎夫は「じっちゃんを探してほしい」と依頼。
一昨日居なくなったまま帰ってこないのだと。
警察は認知症の老人の徘徊だと動いてくれない。

虎夫は河川敷でじっちゃん・寅二郎が大事にしていた小さな袋を見つけていた。
虎夫は獅子雄に扮する若宮に「昔徘徊老人の居場所を突き止めたことがあるんでしょ?」と聞き、なんとか誤魔化す若宮。
その様子を見て、虎夫は視線の動きなどから若宮が嘘をついていることを察知し「本物を出して」と言うのだった。
それを認めた獅子雄は虎夫の依頼を受けることにした。

行方知れずのじっちゃん・寅二郎さんの捜索

虎夫が寅二郎の袋を見つけた河川敷を捜索すると、その近辺の土手で争ったような跡が見つかる。
足跡は3人分。どうやら途中から一人は他の二人に担がれて車に乗せられたようだ。

河川敷の側で暮らしているホームレスの人たちへ聞き込み。
そのあたりの土手で見慣れない車があればすぐに分かるはずだが、特に記憶にないと言う。
その後居なくなった当日寅二郎が通っていたデイサービスの場所へ。
寅二郎の担当職員の女性、中宮に話を聞く。
いつも通りに寅二郎は帰っていったが、車で送らずに自分で歩いて帰ったということだ。
中宮と施設長の男性が送迎をいつも行っているようだ。
彼らの靴についた泥の汚れに目をつけ、虎夫に下駄箱の土を収集させる獅子雄。

突然家に戻ってきた寅二郎さん

母からの電話で寅二郎が家に戻っていると知る虎夫。
母親が河川敷を自転車で走りながら寅二郎を探していると、見つけたと言うのだ。
どうやら認知症の症状が出ているようで、ボーッとして何も話さない。
寅二郎の右手の親指にはバツ印の刺青が…

話しかけても全く反応しない寅二郎だが、獅子雄は寅二郎の袋を見せ「あなた、ヤバイ奴なんじゃないですか。」
「わたしは警察では無いのでご心配なく。話したくなったら連絡してください。」と名刺を渡して帰るのだった。

獅子雄と若宮の家に訪ねてくる寅二郎

いつものように江藤がもってきた殺人事件の話を聞いていた二人だが、そこへ来客が。
江藤をさっさと追い返すとそこには寅二郎が訪ねてきていた。
寅二郎の認知症は芝居のようだった。

獅子雄は寅二郎が大きな秘密を抱えていてそれを墓まで持って行こうと思っているが、今後もし認知症で秘密を話してしまったら…
それを心配してあらかじめ認知症の振りをして、あること無い事話しておくことにしたのだと紐解いた。
秘密を話してしまっても相手にされないように…

寅二郎は拉致された当日のことを話し出す。
河川敷を歩いているとやはり二人組に頭に袋を被せられて車に乗せられた。
手足を縛られて、車で2時間ほど走った。
その間にラジオが大きめの音量で流れていたので時間は分かったと。
ある場所に着くと二人が居なくなったので恐る恐る頭の袋を取ると、そこにはろうそくの灯がともっていた。
そして目の前の金庫に張り紙が「この金庫を開けろ。余計な真似はするな。中身も見るな、見たら殺す。」と。
寅二郎は昔金庫破りをしていたのだ。
道具も食料も水もあったのでじっくりと金庫を開けることに取り組んだ。
そしてどこかでサルの鳴き声のような音がしていた。

丸2日経って金庫を開けることが出来た。
昔はあんな金庫2時間で開けられたのにと話す寅二郎に、獅子雄はあなたは右手の親指をあえて使わなかったのではないのか、と尋ねる。
あのバツ印のついた親指だ。
親指を使わなかったためにそんなに時間がかかったのではと聞く獅子雄だが、寅二郎はそれについて詮索されたくない様子で怒りだしてしまう。

寅二郎の監禁場所の捜索

「須磨寅の大鼠」と呼ばれた大物金庫破りが居た。
金庫を破った目印に須磨家の家紋の紙を寅の刻の方向に張り付けたそうだ。
それが寅二郎ではないかと推理する獅子雄。
しかし寅二郎には相棒が居たはずだった。

寅二郎の監禁場所について調べる若宮。
拉致された河川敷から車で2時間の範囲、そして寅二郎が聞いたと言うラジオ番組からFMの電波が届く範囲で絞込みを行った。
すると河川敷から栃木方面へ向かったと思われた。
獅子雄はデイサービスの寅二郎の担当職員が栃木なまりだったこと、名札に栃木のゆるキャラをつけていたことなどから、中宮が栃木出身だと予測する。
若宮を栃木の中宮が以前勤めていた施設に向かわせる獅子雄。
獅子雄はこちらでやることがあると言う。

獅子雄と虎夫で捜査を続ける

獅子雄と虎夫が河川敷で野球のユニフォームを着ている。
例のデイサービスの施設の車が通りかかるところへ、虎夫が走っていき、獅子雄が倒れたから助けて欲しいと言う。
中宮と施設長は虎夫に急かされるままに倒れている獅子雄を担ぎ上げ、車に乗せて病院へ運ぼうとすると…

急に「ストーップ!!もう大丈夫です、ありがとう」としっかりした様子の獅子雄。
虎夫と獅子雄の寅二郎を拉致したのが二人だと確かめるための演技だったのだ。
二人の残した下足痕と車のタイヤ痕をしっかりと一致したことを確認した。

獅子雄の推理がまとまる、事件解決篇

施設に迎えに来た虎夫。
寅二郎はまた認知症のふりをしていたが、テレビ電話で獅子雄が寅二郎に話しかける。
寅二郎が拉致された時に聞こえたと言う猿の鳴き声はシャッターの音だったと言う獅子雄。
そして画面に金庫を映し出すと、「これだ!この金庫だ!」と寅二郎。
自分が拉致されて開けた金庫を獅子雄は突き止めていた。

寅二郎は現場に向かおうと外に飛び出すと、例の二人が車で帰ってきたところだった。
施設の車庫らしきところのシャッターを開け中から出てくる獅子雄。
2時間もかけて移動したと思われた拉致監禁現場はいつも来ていた施設の車庫だったのだ。
犯人の二人は駆け付けた警察に捕らえられることとなった。
寅二郎が開けた金庫の中には現金と金庫破りの道具が血痕つきで入っていた。

昔、寅二郎は相棒と生きる為に仕方なく金庫破りを始めたが、金は悪い奴だけから盗むと決めていた。
ある時暴力団の組から金を盗む際に組員に見つかり、寅二郎を庇って相棒であった銀二は右手の親指を失うこととなった。
その時盗んだ金は指を失った銀二に全て渡し、金庫破りとしては要であった親指を封印したのだ。
寅二郎はこの拉致事件を相棒だった銀二が企んだものと思っていたが、銀二は昨年亡くなっていた。

銀二は晩年世話になった介護職員の中宮に自分の金の半分をやる為に金庫の所在などを話していた。
しかし金庫の暗証番号を忘れており、寅二郎だったら開けられるということも話していた。
半分の残りは相棒だった寅二郎にやるつもりだったが、中宮が欲を出して独り占めしようとしたためにこんな事件を起こしたのだ。
銀二を疑ったことを墓の前で詫びる寅二郎。

盗まれた4000万円の行方

当時、須磨寅の大鼠が盗んだのは4000万円。しかし今回見つかったのは3800万円だった。
獅子雄は依頼者である少年・虎夫に真実を告げる為に出かけていく。
じっちゃんは大泥棒だった、と。
そして子供にそんなお金は払えるはずもないが、依頼料200万円を請求する。
もう一枚の紙には、宝の場所を知るしたヒントが描かれていた。
それを説くと200万円が入手できるようだった。
「とっとと解いて、払ってくれ。」と獅子雄が言った。
(つづく)

『シャーロック』7話の感想

今回はちょっと変わった依頼内容でしたね。
そもそも殺人ではないところから。
少年の依頼に応えるという箸休めハートフル回だったなと思います。

伊武雅刀さんの演技が相変わらずすごい…

この方以前のディーンさんとのドラマ『モンテクリスト伯』で全身が動かせないという難病にかかっている男性の役を演じていました。
その時もすごかったんですが、目だけで演技できるんですよね…
設定上瞬きも出来ないので、本当に眼球だけの演技…!
信じられないですが感情がのっていてとても強く印象に残っています。

今回も認知症老人の演技は本当にそうなのかと思ってしまうような演技で…
でも次のシーンではしっかりとした足取りでハンチング帽なんか被っていて。。
演技でこれだけ違うっていうのはやはり役者さんの力ですよね。

頭の良い子役・山城琉飛くんが可愛い

今回のゲストの子役。山城琉飛(やましろるいと)くん、9歳がとても可愛かったです。
ちょこちょこ見るので売れっ子ですね。
今期ドラマでは『4分間のマリーゴールド』でも、主演の福士蒼汰の幼少期を演じているみたいです。

今回の役では幼少期の獅子雄まで演じて淡々と推理する姿がカッコよかったです。
難しい言葉をすらすらと言うのも覚えるのも大変だろうに。
まだ9歳ということでとても子供らしいのですが、今後が楽しみです。

獅子雄が意外な行動…

獅子雄は「犯罪コンサルタント」という職業な訳ですが、この人の目的は何かというと犯罪の謎、とくに凶悪犯罪を暴くことなんですよね。
犯罪者に対して特別の憎しみも憎悪も無いし、警察のような強い正義感も無い。
犯罪自体に興味があるのであって、それ以外には無頓着といった感じ。

今回、冒頭の若宮のプリンが無くなった問題では、明らかに獅子雄が食べているとは思うのですが、最後の200万円についてもプリンと同程度のことに思っていそう。
200万円ちょろまかしは普通に犯罪だとは思うのですが、そういうところは無頓着なんですね。
不思議な価値観だなと思いますが、なんとなくそれに慣れて行ってる若宮にも感心します。
でも今回はちょっと子供に優しくて、そういう人間らしいところもあるのね、と思った回でした。

次回8話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に、江藤礼二(佐々木蔵之介)が、経産省のエリートを含む男性二人の心中事件の動機解明を依頼に来た。
心中など現代には存在しないと関心を示さない獅子雄に、江藤は現場に残されていた二枚のライオンの写真を見せた。
一枚は吠えていて、もう一枚は死んでいる。
若宮潤一(岩田剛典)が、なぜライオンの写真なのか?と疑問を投げると、江藤はライオンではなく“獅子“だと獅子雄をあおる。

さらに、写真の裏には暗号らしき文面が書かれていることも伝え、獅子雄は事件解明に乗り出すことに。
発見された遺体は、経産省勤務の柴田雅樹(久保田悠来)と永田町のテーラーに勤務している三崎雄一(佐伯大地)。
現場に残された写真と文面を読み解いた獅子雄は、あるビジネススクールに行き着き、校長の安蘭世津子(長谷川京子)と面会するが…。
公式サイトより

最後に

次回ゲストは長谷川京子ですね!いい女の犯罪者、楽しみ~!!
この人も悪女役もなかなか似合いますよね。
顔の印象かもしれないですけど。
守谷がまたそろそろ出てきてもいいかなと思っていますので要チェック。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA