ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』7話感想:水川あさみが活躍?そして氷見は一人暗躍(ネタバレ)

< 7話(2月21日放送) >

裏で活躍する氷見に賛否両論らしいドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』7話です。
個人的にはとても楽しく見てます。
今回は与田ちゃんの学生時代の先輩がクライアント。
先輩の為に張り切る与田ちゃんですが…

前回のあらすじ&感想は「『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』6話感想:何でもお見通しな女たち、、(ドラマ ネタバレ)」でチェック!

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』7話のあらすじ

氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)、鈴木太郎(バカリズム)たちは事務所でワイドショーを見ている。

話題に上がっているのは、スマートフォン決済サービス『ペイグッド』のクレジットカード不正利用に関して。
顧客のカードが第三者に使用されていたのだ。
その報道を聞き呆然とする藤枝修二(中川大志)。どうやら藤枝も被害に遭った様子。
ネットを見ていた真野聖子(斉藤由貴)は『ペイグッド』のシステムエンジニア、芦原江梨子(西山繭子)のセキュリティー対策が甘かったと特定されていると教える。
江梨子は与田の大学生時代の先輩だった。

与田から連絡を受けた江梨子が事務所に来た。
江梨子は『ペイグッド』のシステム開発チームの責任者で、今回のトラブルに関して責任があることは認める。
だが、同社のサービスが始まったのは江梨子が育休に入ってからだった。
もちろん責任は認めつつ、ただ、休んでいる間に問題が発生したのにも関わらず、自分がやり玉に挙げられ、名前や顔までもネットに晒されていることに江梨子は悩んでいた。

7話の見どころは、与田ちゃんの奮闘&氷見の謎めいた行動

今回与田が学生自体にお世話になった先輩がクライアントとなります。
電子決済サービスPaygoodの決済システム開発を担当していた芦原。
育休で休んでいる間にリリースしたサービスが、クレジットカードのセキュリティに問題があると指摘され、ネットで特定、個人情報を晒されてしまいます。
これってまるっきりPaypayのキャンペーンですね。しかも200億円に増額してる!笑

会社側が担当者一人に責任を擦り付けて逃げ切ろうとしていました。
与田は芦原を守るため、会社側に今回の責任があったことを世間に公表しようと動きます。
今回はいつになく熱くなってる与田ちゃん。
そしていつにもまして藤枝(中川大志)くんに当たりがキツイ笑
学生時代に芦原に助けてもらって大学を辞めずに済んだことがあったようで、今の自分があるのは芦原のおかげだと。
与田ちゃんの本気モードの結果をぜひ見届けてください。

そして氷見の謎めいた行動…今回メインは与田に任せて、氷見は時折考え込むような表情をしていました。
私はその度、竹内結子美しいな~ってぼーっと見てたんですけど。
氷見は以前付き合っていた総理大臣候補の政治家・吾妻とまだ繋がっているのか!?
暗躍している目的は何なのか…?謎が深まる!

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』7話の感想(ネタバレあり)

あまりに扱いが厳しい藤枝と底が知れない真野さん

今回藤枝ちょっと可哀想なくらい与田ちゃんに言われてたな笑
藤枝が「僕はちゃんと家事も育児も手伝いますよ」と分かりやすく地雷を踏んだ場面笑いました。
与田ちゃんの「”手伝う”って何??あ゛あ゛~ん゛??」が迫力あり。

そして真野さんは一体何者なんでしょうね。
昔付き合ってた人がベガスで歳の数だけ花火を打ち上げてくれたとか、アルパカを誕生日に貰ったとか…
アルパカって…南米やアンデス山脈にいるらしいんですけどね。
家畜としてってことだよな…付き合う相手がワールドワイド。どこの国だろ笑

ぴお
アルパカ1頭が200万円くらいだってよ!

与田ちゃん、正義感強かったんだね…

いつも面白がってるかのように見えた与田ですが、一応?弁護士で実は熱い正義感があったことが分かりましたね。
藤枝をからかったり雑に扱ったり、記者の東堂を利用したりしてるからあまり分からなかったですが。
学生時代セクハラ教授から救ってくれた芦原に感謝していて、芦原のように頑張っている誰かを助けたいと思っていたんですって。
なんだ、早く言ってよ~今までちょっと違う感じに見ていたかも。
どちらかというと今は自分が大事なのかなと思ってました(それでも全然良いけど)。

今回は自分で色々と対策を考えて、芦原の職場の社員に聞き込みをして協力をお願いしたりと一生懸命に動きます。
ついにはマスコミに会社側の責任を追及させ、社長に会社の体制の悪さ、ハラスメントやサービス残業などの問題点を突き付けて退陣を求めます。
与田ちゃんカッコいいぞ!!

しかしながら、どうもスムーズに上手くいきすぎておかしいな…という展開。
その裏で氷見が暗躍していたようです。

氷見さんの真の目的は…?

氷見さんは今回のスキャンダルから次のようなことを画策していました。
アプリでカジノサービスを近々リリースすると発表したマネークアミューズメントCEOの村西、そしてマネークから支援金を受け取っている政治家の吾妻。
今回クレジットカード不正利用のスキャンダルがあった決済サービス「ペイグッド」は市場価値が下がり安くなるため、企業買収をマネーク・ペイグッド双方に勧めました。
まだ吾妻の為に氷見が動いているようにも思えます。
しかし今回の動きに関しては与田の先輩芦原にとっても、他のペイグッド社員にとっても良い結果となり、社長のみが暴落した株を手にし大損することに。

与田ちゃんも氷見の動きに気付いて真野さんへも話していましたが、氷見が一人で自分に何も伝えずに裏で動いているのが不安、もしくは不審?だったんでしょうね。
与田は氷見と吾妻のことは全く知らなかったんでしょうか?
二人は長い付き合いのように見えますが、そうでも無いのかな。
氷見さんも自分と吾妻のことはトップシークレットなのかもしれませんね。

さて、そうなると与田にも言わないような、氷見の本当の目的は何なのでしょうか。
以前鈴木太郎さんが言っていたように、氷見は吾妻の出世の為に身を引いたのではないかと思います。
つまり彼と恋愛関係を保つよりも、吾妻が成し遂げようとしていることに同調し、同じ目的の為に動いてるのではという気がします。
それが何なのかは現時点では分かりませんが、吾妻が総理大臣候補とまで言われているので、政治の世界から変えていきたい事があるんでしょうね。

氷見さんの根っことなっているのは「窮地に陥った女性の最後の砦となること」です。
これは揺るがないものだと思ってるので、暗躍する氷見さんを信じて見守りたいです。

次回8話のあらすじ

ニュース番組を見ている氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)たち。氷見がチャンネルを換えようとすると藤枝が止めた。

番組で特集しているのは医療ベンチャー『フィニシス』を立ち上げた帝都医科大学の研究者、和久井純菜(森矢カンナ)。
純菜は共同研究者の柏木さつき(伊藤麻実子)と髪の毛1本で様々な疫病が判別出来るという検査キットを開発し、いまメディアからも注目の的だ。
藤枝は純菜が帝都医科大学では珍しく女性で成功している研究者だと、氷見たちに向かって褒め称える。

そんな純菜がネットで叩かれる。
彼女の過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットも嘘ではないかとネットニュースになったのだ。
純菜は鈴木法律事務所に助けを求めて来る。氷見はまず大学の様子を純菜に尋ねた。
純菜によると、大学は男性優位で女性にはセクハラやパワハラは日常茶飯事らしい。
『フィニシス』の件も、大学側にとっては女性である自分たちが活躍することが目障りなのではないか、と言う。
次に氷見はパートナーのさつきのことを聞く。
純菜はさつきには才能があり、といかく研究に専念したいタイプなので、自分は彼女が研究に没頭出来る環境を作っていると答えた。

氷見と与田は帝都医大を訪ねる。さつきに話を聞くが、研究のことしか考えていなかった。
大学理事長の楽山大作(長谷川初範)も純菜の言葉通り、男尊女卑の塊のような人物だった。
事務所に戻ると真野が純菜の論文に盗用があったことを突き止めていた。
氷見たちは、論文についての謝罪会見を純菜に開かせることにする。

まとめ

今回は氷見さんの謎が深まり、すっきりはしない回でしたね。
最終話に向けて徐々に明らかになってくると思うので、期待しましょう。
来週はまた藤枝くん活躍しないかな~

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は全話FODで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪