『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話感想:竹内結子主演 女性のための痛快ドラマ

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

< 1話(1月10日放送) >

始まりました『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』!
竹内結子が帰ってきた!久々の6年ぶり主演が嬉しいドラマですね。
全体的に女性向けなのかオシャレに仕上がっています。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』について

全体的に画面の色だったり、映像が美しいなと思ったんですがPerfumeや星野源などのミュージックビデオを手掛けた映像ディレクターの関和亮さんが監督をつとめています。
なるほどぉぉぉぉ!!
どおりでオープニングタイトルとかとても繊細で美しいなと思っていました。

そして世界的なファッショングループであり、グッチ、サン・ローラン、ボッテガ・ヴェネタなどのブランドを保有する「ケリング」「ブシュロン」とタイアップしています。
劇中に登場するファッションの多くがこれらのブランドであり、美しいファッションもみどころ!

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』出演者

氷見 江(ひみ・こう) -竹内結子
与田知恵(よだ・ちえ) -水川あさみ
藤枝修二(ふじえだ・しゅうじ) -中川大志
東堂裕子(とうどう・ゆうこ) -泉里香

鈴木太郎(すずき・たろう) -バカリズム
真野聖子(まの・せいこ) -斉藤由貴
ほか

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』スタッフ

脚本 倉光泰子、三浦駿斗
主題歌 YUKI『やたらとシンクロニシティ』
オープニングテーマ milet『inside you』
音楽 SOIL&”PIMP”SESSIONS、田熊理秀、ハセガワダイスケ
編成企画 加藤達也
プロデュース 貸川聡子(共同テレビ)、櫻井雄一(ソケット)
演出 関 和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚 寛人
制作協力 ソケット
制作 フジテレビ
制作著作 共同テレビ

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 』公式サイトより

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN 』1話のあらすじ

危機管理を専門にしている凄腕弁護士、氷見江(竹内結子)はすべての女性のために、スキャンダルの裏側で働いてきたトラブルシューター。
女性の為であればどんな不利な情報でも、正当化し覆すために奔走します。
新たな依頼はテレビ局プロデューサーから、担当番組の看板であるアイドルの不仲による炎上騒動の火消し。
彼女らは番組で謝罪を録画することになり、氷見に声がかかったのだ。
ところがメンバーの一人がテレビ局から脱走し…

1話の見どころはファッション・メイク・映像共に美しい女性たち!

1話の見どころは何といっても出演女優さんたちの美しさです。
ファッションはサン・ローランやクロエなどを着こなし、メイクも衣装に合ったもので美しいです。
氷見江(竹内結子)は黒の服が多いですが、アクセサリーがとても素敵!
メイクも落ち着いた感じで強くてカッコよく優しい大人の女性の雰囲気です。

与田知恵(水川あさみ)は氷見とは違いカラフルな色や柄物、デザイン性のあるものを着こなしています。
真野聖子(斉藤由貴)は与田よりは落ち着いた感じの色物を着こなす大人の女性です。
それぞれメイクがファッションに合っていて見ていてはっとしますよ。
そして映像の美しさも必見。オープニングのタイトルバックが煌めいていてとても美しいです!
全体的に映画のような色味ですよね。陰影が綺麗だなと思います。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』1話の感想 (ややネタバレあり)

全体的にとっても面白かったです。
作りこみ具合が他とは群を抜いているように見えます。
映像と演出力かな~

氷見江の解決手腕は全方向よし!でスッキリする

氷見のとってもスッキリする解決手腕!
基本的にはクライアントや対象者の本音を聞き出して、表面上だけではない解決方法を模索します。
そのうえ、あくどいことをしている権力者は容赦なく刺していく感じがとってもいい!
正義感を振りかざして悪を暴くのではなく、クライアントの女性のために弱みを使う感じがとてもリアルで納得感があります。

バカリズムさんがキャラクター演出してた!

バカリズムさんは脚本家でもあるので、今作では俳優だけの立ち位置かと思いきやキャラクター演出という役割をしていました。
バカリズムさんの役はボンボンの弁護士事務所副所長ですね。
ポテチを箸で食べる感じとか最高ですね。

あと氷見さんの困ると笑ってごまかすところも可愛いです笑
中川大志くんのバーバード卒のポンコツっぷりも非常に似合っていて、可愛いらしいです。
謝罪上手なプロデューサーも素敵でした。
キャラクターがどれも愛らしく総じて素晴らしいです。

気になる差し入れは大きい肉まんで有名な神楽坂五十番さんの肉まん

竹内結子さんと水川あさみさんが屋上で休憩しながら「アイドルだからって虚像にはめ込まれるのは嫌だよね」なんて話していたシーンでとっても美味しそうに食べていた肉まんです。
バカリズムさん扮する太郎さんが差し入れてくれた黄色い紙袋のお店でしたね。


神楽坂にある「神楽坂五十番」というお店の中華まんだそうです。
とにかく大きくてふっかふか!ジューシーな具がぎゅっと詰まった一品です。
都内近郊では以下の店舗があるようですので、お近くの店舗でもお求めいただけます。
神楽坂五十番 総本店/大丸東京店/松屋銀座店/東武池袋店/新宿小田急エース店/池袋ショッピングパーク店
美味しそう!冬の間に絶対食べたい!

実はこちらのお店は「元祖五十番 神楽坂本店」からのれん分けされたお店で、楽天では「元祖」の方のお取り寄せが出来るようです。

あの大きい肉まんより一回り小さいサイズやあんまん、五目まんなんかもおいしそう!
そしてこのドラマ、太郎さんの差し入れが毎回あるんじゃないかな!?
期待しちゃいますね。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』次回2話のあらすじ

新たな案件は大手広告代理店のクリエイティブディレクター谷(波岡一喜)がセクハラをしたと週刊誌に書かれた案件だ。
会社の業務に支障をきたしているようで、なんとか収めたいと人事部から依頼があった。
谷は事実無根を訴えるがSNSでもすでに炎上しており、かなり不利な状況にあった。
氷見は雑誌の編集者に接触し、被害者が暴露本を出版しようとしていることを突き止める。

以下で2話の予告スポットが見られます!
ちなみに、波岡さんは悪い役が多いので多分やってると思ってみます笑



次回2話の感想が読みたい方は以下でチェック!

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』
ドラマ『QUEEN』2話感想:セクハラ・パワハラで炎上!?そしてお土産はとら焼きです!(ネタバレ)< 2話(1月17日放送) > 1話から楽しみに見ているドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の2話です。 1話でチェッ...

まとめ

1話ですが、とても面白い作品に仕上がっているなと思いました!
これは継続してみていきたいです。
女性のためのドラマで共感するところも多いと思うし、可愛げのあるキャラクターたちが楽しいです。
次回も楽しみにしています!

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は全話FODで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA