ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

『初めて恋をした日に読む話』6話感想:切ない展開を安達祐実の可愛さで中和したい回(ドラマネタバレ)

< 6話(2月19日放送) >

回を追うごとに気になっちゃうドラマ『はじこい』6話です。
前回山下と一夜を過ごしてしまった順子…
そして「そこにパイがあったから」という謎の名言を残した山下。
それをゆりゆりに見られてどうなっちゃうの~?

前回のあらすじ&感想は「『初めて恋をした日に読む話』5話感想:深キョン&横浜流星もう付き合ってる空気感出てますけどぉ(ネタバレ)」でチェック!

『初めて恋をした日に読む話』6話のあらすじ

泥酔し、順子(深田恭子)と山下(中村倫也)は一晩を過ごしてしまった。
一線は越えなかったが、翌朝、家の前で山下と2人でいるところを通学途中の匡平(横浜流星)に見られ順子は動揺する。
さらに、「匡平は順子のことが好きだ」と山下から聞かされパニックになり、仕事終わりの美和(安達祐実)に助けを求める。
話を聞いてもらううちに、匡平を東大に合格させることが何より大事だと再認識した順子は、匡平の気持ちは勉強のし過ぎでおかしくなっているだけだという結論を出す。

その頃匡平は、山下と顔を合わせる気分になれず学校をさぼりカフェで自習していた。
偶然雅志(永山絢斗)と遭遇した匡平は、嫌いになりそうなくらい順子が好きだと思いを吐露し、雅志を慌てさせる。

そんな中、美和の提案で順子たちの高校の同窓会を開くことになり、雅志が幹事を引き受けた。
順子以外の女子にはモテる雅志は、そんな自分を順子に見せるための姑息なアピールの場として気合を入れる。
だが、当の順子は行く気ゼロ。しかし、そこで彼氏を見つけられれば匡平の気の迷いもおさまるかもしれない、という美和の言葉に納得し、同窓会に行くことを決める。

一方で、匡平に勉強を教えていた順子は、数学の質問に即答することができず、自分の力不足を痛感していた。
順子は匡平のためを思い、ある決断をする・・・。

6話の見どころは、ゆりゆりvs山下。雅志はどこへ…

前回順子の家に泊まってその後の告白を華麗にスルーされた山下。彼もなかなか同情できる。。
そしてゆりゆりはそんな順子と山下を見て、怒り爆発。
順子にもイライラしますが、でも嫌いにはなれないから余計にどうしていいか分からない!
あーこの片思いが上手くいかない時の感じ、辛いですね。
山下には分かりやすく敵意ありありですけど。

それでも順子と匡平は一緒に東大を目指して勉強します。
ゆりゆりの真っすぐな想いはどうなるのか…
そして山下も真っすぐで正直な気持ちを順子に打ち明けます…
ていうか雅志、完全にパクチー的役割じゃないか!がんばれよ!

『初めて恋をした日に読む話』6話の感想 (ネタバレあり)

安達祐実が可愛すぎて可愛い

みなさん、今回安達祐実の可愛さが際立ってましたよね?ね?
順子の友達のキャバクラのママ、美和です。
順子と一緒にいるときのコミカルな美和さんも素敵だし、順子のいないところで策略を巡らす美和さんも良い。
今回は雅志をたきつけて、順子と雅志の高校の同窓会を開くように誘導します。
噂の山下をチェックしつつ、自分の婚活までしちゃう美和さん。
いつもの派手な服ではなく、清楚系で美しい…

そんな美和さん、いつも順子の心配ばかりしていますが自分の恋愛も進めないと、と。
急に降り出した雨で雨宿りしていると、同じ場所に雨宿りにきたエメラルドグリーンのスニーカーの男。
美和の恋が始まりそうな相手はなんと雅志の部下でした。。

美和さん意外!!
職業とか収入とかチェックしといて、決めるのは占いとかなんて乙女なの!可愛い。

雅志はパクチーではなくやっぱりお新香

勝手な見出しですみません。
雅志が脇に置かれてるのは最初からなのでそろそろ慣れてきました。
順子に振り回されている雅志は、可愛いなと思いますが、山下に言われていた通り残念ながら少し押しが弱い。
順子にとって雅志は従兄弟なので、もう家族みたいなものなのかもしれませんね。
ずっと近くにいすぎて当たり前になってしまったお新香。
もはやドキドキもしないし、トキメキもしないという。。

可哀想だけどこれが現実だぞ、雅志。
これをひっくり返すにはかなりのアクロバットが必要だ。
でも山下に順子の部屋に泊まったと聞いて、思わず殴ってしまった雅志はカッコよかったぞ!
ナイスパンチ!

匡平の真っすぐな気持ち、順子の大人としての決断

今回順子は美和のアドバイスもあり、何が一番大切なことかを見直します。
それは、匡平をとにかく現役で東大に入れること。
現状見通しが明るいと言えない状況のため志望学部も見直し、募集人数の多い学部へ変更します。

匡平も今は順子と一緒に必死で努力する、そして東大に現役で合格する!という目の前のことに全力で挑みます。
でもその先に匡平が見ているのは、順子に告白して付き合って、一緒に過ごす未来。。
匡平は「2年も3年も待てない、早く合格して春見に話したい事がある」
「腹立つくらい分かってるから、春見が年上なのは。歳とか先生とか肩書とかそんなの全然関係なくて、ただ普通に…春見に会いたかった」
と正直な気持ちを打ち明けます。
これって好きだとは言ってないけどもうほとんど告白だよな。
でも今伝えてしまったらこれまでの努力と関係が壊れてしまうから言えない…切ない。思わずうるっと来ちゃいました。
これには順子もかなり動揺していて、いくら鈍感といえども気持ちが伝わったのではないかなと思います。

そして順子は自分で数学を教えることに限界を感じ、東大専門塾に匡平を入れようと動きました。
匡平の父親に話をしに行き、自分で探した熟にも匡平を入れてくれるよう依頼に行きました。
匡平のために何が出来るか一生懸命考えて、自分にできることを精一杯する大人の行動力を見て素敵だなと思いました。
彼の真っ直ぐな思いに応えたかったんでしょうね。
なんだか素敵な関係で羨ましい。そして何故か切なくて泣ける。
今回匡平と山下が真っすぐに気持ちを伝えている場面を見て、こういうことが相手の気持ちを動かすんだろうなって思いました。

次回7話のあらすじ

順子(深田恭子)は匡平(横浜流星)をなんとしてでも東大に合格させるため、理数科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることに。

花恵会の講師の中で一番人気の百田明奈(高梨臨)が匡平を担当することになり、一緒に見学をしに来たエンドー(永田崇人)たちは魅力的な百田にデレデレ。
初めは順子以外から勉強を教わる事を嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。

一方で、順子は自分から匡平を花恵会に薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と比べ落ち込む。
それを美和(安達祐実)から「嫉妬なんじゃない?講師としても。女としても」と言われるが即座に否定。
そして、百田の指導を受けた匡平が、自分の頼りなさに気づかないようにと教材作りに燃える順子だった。

そんなある日。匡平と百田が2人で歩いているのを見かけたゴリさん(皆川猿時)は、ある事を思い出し雅志(永山絢斗)に電話をかける。

同じ頃、順子に告白をした山下(中村倫也)の元に、ある人物が訪れ…。

まとめ

高梨臨が出てきましたね~!可愛くてすごく好きな女優さん。
今回はまた可愛らしくて出来る塾講師の役。これは順子が心かき乱されそう笑
山下の告白にどう応えるのかも気になります。
思いの外切ない展開に入り込んでしまってるな…
また来週!