『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』9話感想:氷見さん、与田に仕組まれて炎上!?その過去も明らかに…(ネタバレ)

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

< 9話(3月6日放送) >

こちらも佳境に入りました、ドラマ『QUEEN』です。
前回のラストで与田ちゃんが氷見さんへの不信をぶつけましたが、氷見さんは回答を告げずに去ってしまいました。
今回はクライアントに政治家・吾妻が出てきて過去の真実へ近づきます。

前回のあらすじ&感想は「『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話感想:森矢カンナが知的で美しい研究者に!氷見と与田の関係は…(ネタバレ)」をチェック!

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』9話のあらすじ

氷見江(竹内結子)は、与田知恵(水川あさみ)からクライアントを吾妻涼介(山本耕史)のために利用していたのではないかと疑われる。
東堂裕子(泉里香)から届いた、吾妻の元秘書を使った政治資金スキャンダルのメールを与田に見せた氷見は、危機管理部でやれることはやったと帰って行った。

スキャンダル疑惑は大きく報道され、元秘書も氷見だと特定されたため鈴木法律事務所は対応に追われるが、真野聖子(斉藤由貴)も手が回らないほど。
与田は氷見に電話するのだが繋がらずにいた。
そこに来た鈴木太郎(バカリズム)は、氷見は事務所を辞めたと言い、新たに吾妻がクライアントになったと告げる。

吾妻は林光蔵総務大臣(山田明郷)とともに事務所に来た。
応対する与田と鈴木に、吾妻は党の顔で妻の美咲(山崎紘菜)の父は党のドン、五十嵐幸夫(小野武彦)なので泥を塗るわけにはいかないと言う。
鈴木は吾妻に久しぶりと挨拶。二人は大学の同窓生だった。鈴木が氷見も同窓生だと話すと、林は苦い顔。
与田が氷見と不倫関係にあったのかと尋ねると吾妻は否定
スキャンダルも不正献金の疑惑も潰せと林は半ば脅しのように言い放った。

与田と鈴木、真野はまず氷見と吾妻の不倫スキャンダルから対応することに決める。吾妻の会見を準備する間、与田は東堂から氷見の情報を得た。
そして、5年前の、とある死亡事故への氷見の関与を知る。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』公式サイトより

9話の見どころは、氷見vs与田、与田ちゃんどこまでやるの!?

今回氷見さんが与田ちゃんに黙って事務所を辞めてしまったりと色々急展開。。
そしてクライアントとなった疑惑の渦中の吾妻を守るため、まずは不倫疑惑の火消しをしようとする与田ちゃんは吾妻のイメージ回復のために奔走します。

しかし、吾妻が開いた釈明会見を見た氷見さんはネットニュースに告発めいた動画を流します。
与田ちゃんは記者の東堂から仕入れた氷見さんの過去の情報を使って、氷見さんを陥れます。。
氷見さんは大炎上してしまう訳なんですが、それをしているのが与田ちゃん。
これまでバディでナイスコンビとして働いてきた氷見さんと与田ちゃん…
ちょっと怖い展開になってきました…

『QUEEN』9話の感想(ネタバレあり)

5年前の事件…氷見さんに責任を背負わせたのか…?

5年前の事件の回想シーンが今回前半にありましたね。
これまで氷見さんが、人を事故で死なせてるなどと言っていましたがその謎が明らかになってきます。

ある男性がビルから落ちて亡くなったようなんですが、氷見さんはそれを目撃していた。
そしてその死に関与したのが吾妻の政党のドン、政治家・五十嵐の娘で、氷見さんは彼女が現場のビル屋上にいることを目撃していました。
さらに五十嵐の娘は現在吾妻と結婚して幸せに暮らしているようです。
当時男性が亡くなった件は、事故ではあったけど氷見さんが責任を背負うことになり、それが原因で吾妻の事務所を辞めています。
本来五十嵐の娘が事件の関係者だったにも関わらず、これを隠ぺいするために氷見さんが身代わりになった形と考えられますね。

政治家が表面上クリーンでいる裏で、関係者が手を汚していたりする…ありそうな話ではありますが、そこまでして何がしたかったのか…疑問に思います。

与田ちゃん、氷見さんへの攻撃中に何を思う

与田ちゃんが一人で、氷見さんと過ごした日々を回想しているシーンがあります。
氷見さんが炎上してしまい、事務所では喜んで「クライアントを守る為です」と言っていた彼女ですが、やはり氷見さんのことが心配だったり、こんなことになってしまった葛藤があるようです。
氷見さんとかなり仲が良かったですからね、当然だと思います。
というか、このシーンが無かったら、与田ちゃんの人間性を疑うというか、とても怖い人なんじゃないかと思ってしまうところでした。
そのあとも彼女は手を緩めることはありませんでしたが、氷見さんのこともクライアントや事務所のことも考えた末の行動ということですよね。

暴漢に襲われてまで氷見さんが本当に目的としていることとは…

氷見へのバッシングが強まりすぎて、直接的に彼女を攻撃する人が出てきます。
道端で氷見さんを襲い、殴って負傷させたのです。
これは酷いなと思いました…自分に直接関係も無いようなことで、しかも真実かどうかも分からないゴシップ記事を真に受けて犯罪まがいの攻撃をするとは。
あまりに考えが浅くて無いでしょうか。このあたり今期別ドラマの『3年A組』を思い出しました。

さて、そこまでした氷見さんの本当の目的は何なのでしょうか。
これまでSNSを含む世論を影でコントロールしてきた彼女が、今は自分が炎上の中心にいます。
これはあえて自分が中心に立つことで、成し遂げたいことがあるように思います。

そして氷見さんと吾妻との関係は…これまで元恋人で現在も同士のような良好な関係と思っていました。
今回の吾妻を見ると、氷見さんを敵視する周りに合わせつつも、ふと真顔で考え込むような表情をしていました。
林大臣と氷見さんの炎上を喜ぶシーンでも、一瞬ふと氷見のことを心配するような表情をしてましたね。

山本耕史さすがに演技上手いな~。そして久々に見たらイケメンだな~と思いました。
奥様と一緒にテレビの取材を受けてるシーンなんかほんとに好感度バツグンでしたね。
私は現在も氷見さんと吾妻は協力関係にあると思っています。
そして与田ちゃんも、実は氷見に協力している可能性すらあると思っています。(希望)
来週、最終回&大逆転を楽しみにしてます!

次回10話(最終回)のあらすじ

『週刊文新』で氷見江(竹内結子)が5年前に行ったとされる選挙法違反疑惑の記事が掲載されることになる。
それは、吾妻涼介(山本耕史)、林光蔵総務大臣(山田明郷)ら、クライアントを守るため、鈴木法律事務所の与田知恵(水川あさみ)が東堂裕子(泉里香)にリークしたものだった。

与田は記事が掲載される『週刊文新』の発売前、藤枝修二(中川大志)とともに吾妻と林を訪ねた。
記事内容を伝えた与田は、この記事でもう一度氷見を叩くため、公の場を用意して欲しいと頼む。藤枝は出来れば氷見の国会での証人喚問が望ましいと言う。
吾妻は、証人喚問は無理だが公聴会や調査会の名目ならと検討すると答えた。

与田たちが帰ると、吾妻と林は五十嵐幸夫(小野武彦)に相談。吾妻は調査会を開くことを薦める。調査会の開催決定の知らせは、鈴木太郎(バカリズム)が受けた。喜ぶ与田を見た藤枝は、敵に回すと怖い人だともらす。

氷見への調査会が開かれる。与田、藤枝が控え、マスコミも招かれたため、東堂もいた。
調査会の冒頭、氷見は不正に情報を取得し、事実と異なる印象操作をおこなうなど、選挙法において違反行為をおこなったかを聞かれるも否認。
すると、進行していた林は氷見の選挙法違反を裏付ける証人として、茂呂裕也(佐野岳)を呼び出す。
その頃、真野聖子(斉藤由貴)は与田たちとは別の動きをしていて…。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』公式サイトより

まとめ

このドラマ、始まる前はもうちょっと軽い感じの展開かと思ったんですが、意外と暗くて重かったですね。
そのへんも視聴率に関係ありそうだなとは思いつつ、個人的にはなかなか楽しめました!
そしてキャラクターがとても良かったなと、特に斎藤由貴&中川大志がコミカルで良かったです。
ストーリー的には次回でかっ飛ばしてほしいですね!(来週茂呂さんも出てくる!)

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は全話FODで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』
『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』10話最終回感想:大炎上氷見さんの作戦大逆転にて完結!大満足!( ドラマネタバレ)< 10話(3月14日放送) > タイトルがラップのように韻を踏んでしまったなと思いつつ。 ドラマ『 スキャンダル専門弁護士 ...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA