『凪のお暇』

『凪のお暇』6話感想:慎二、オフィスらぶ開始!そして坂本さんを詐欺企業から救え!(ネタバレ)

ドラマ『凪のお暇』

< 6話(2019年8月23日放送) >

今回も方々で色々な展開があったドラマ『凪のお暇』。
前回で一番気になっていたのはやはり坂本さんの就職先。
頭の良い彼女の事ですから、色々分かっているとは思うのですが…
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『凪のお暇』5話:慎二の号泣がちょっと可愛く見えてきた…立ち直れ、凪!(ネタバレ)」でチェック!

『凪のお暇』6話のあらすじ

ゴン (中村倫也) と別れ、再びリセット人生をスタートした 凪 (黒木華) は、ママ (武田真治) から声をかけられ、スナック 「バブル」 2号店でボーイとして働くことに。
ママや 杏 (中田クルミ) の接客の邪魔にならないように、雑用を片付けるが、時折、お客さんから話を振られてもうまく答えることができず落ち込んでいた。

一方、慎二 (高橋一生) は、会社の同僚の 円 (唐田えりか) と交際をはじめ、楽しいオフィスラブを送っていた。
ある日、「バブル」 2号店を訪れると、ボーイとして働く凪と鉢合わせをしてしまう。
しかし、慎二はそれをママたちに悟られないよう、いつもの営業スマイルで初対面のフリをするが…。

その頃、凪から返された鍵を見つめ、自分の中に起きている感情の変化に戸惑うゴン。
凪のことを考えると胸がチクッとする、この胸の痛みがなんなのか分からないでいると、緑 (三田佳子) からそれは “初恋” だと言われ、凪のことを好きだと自覚するが…。

6話見どころは、これまで散々クズさを見せつけてきた慎二君の良いところ

凪がゴンと別れて闇から回復しつつある凪。
偶然にも慎二が通っているスナックの二号店でボーイとして働くことになります。
不思議な縁ですが、また慎二にもお店で遭遇し…?

これまで凪に対する不器用さから(?)クズ的な発言を繰り返していた慎二ですが、
スナックにて彼の人間性の良いところがクローズアップ。
たくさんの人と関わる場では本当に彼、輝いてスゴイんですよね。
人との関係性、近づき方が元々とても上手いんだと思います。
凪も慎二に学ぶべきところがたくさんあると気付きます。

『凪のお暇』6話の感想 (ネタバレあり)

今回は坂本さんのお仕事がとても心配でした。
なんでこんなことになっちゃったのか。
そして、そういう事態に気付いた時に友達が何が出来るのか。
凪と坂本さん、カッコイイ逃走劇でした。

我聞慎二、オフィスらぶにて快調!!ドはまり!

慎二、円とのオフィスラブにうっきうきですね。
こっそりメッセージのやり取りをしたり手を繋いだり、秘密の合図を送ったり楽しそう!
でも凪の時もオフィスラブでしたよね。
この人オフィスラブが好きなのかしら…?
とっても楽しそうで、円も幸せそうでいいなぁと思います。

しかし二人のメッセージのやり取りに気付く足立さん、目ざとい!
まだ慎二に執着してるのかな。

しかしスナックの店前で凪から「ゴンとはお別れしました」と聞き、その矢先に円が現れると
何故か凪に彼女と紹介できず!
必死で「彼女」の選択肢を足でネジ消す慎二君が可愛かったです。
やはり凪のことをまだ諦めきれないんですね。
偶然に会うことが無ければ諦められたかもしれませんが、不思議な腐れ縁が繋がっているようです。

そして円はちょっと傷ついただろうな。
でも何も言えないタイプに見えます。

凪ボーイ、スナックにてバイト開始。対人関係に悩み

凪はスナックでボーイさんとして働き出しました。
ママは良く動くし、料理もできるしで重宝している様子ですが、どうやらお客さんとの会話に困っているよう。
お客さんとの会話が繋がらない、すぐ終わってしまう、話題が振れない、など。。

ママや慎二に「だってアンタ、他人に興味ないじゃん。」とバッサリ。
ああ~、なるほど。
確かに凪は誰にでも興味を持てるタイプでは無いのかもしれません。
慎二には「自分に興味がある人しか興味無いじゃん」って言われてましたが。
凪は自分の過去、上辺だけの愛想笑いと相槌しかしてこなかったことを思い返していました。

なかなか痛いところをズバッと突いてきますね。
確かに他人に興味が持てないと会話も繋がらないし難しいですよね。
自分のことを顧みてちょっと刺さりました。

坂本さん、不器用にて会社で成績出ず

坂本さんは就職した会社でなかなか電話での営業成績が伸びず悩んでいました。
まぁ押し売りというか詐欺まがいの営業なので成績出なくて良いんですが、変なスイッチが入ってしまって「悪いところは見ずとにかく前向きに!」というモードに。

坂本さんの勤める会社がどうも詐欺まがいだと知った凪は、お隣のみすずさんやうららちゃんと一緒に坂本さんの会社を調べると、やはり詐欺、パワハラ、給料未払いなどの情報が続々。
やはり危ないと思った凪は、坂本さんに直接辞めた方がいいとアドバイスしますが、坂本さんは突っぱねてしまいます。

坂本さんもきっと焦っていたんでしょうね。
でもそれならどうしてこんな分かりやすいブラック会社に決めてしまったのか…
もっとまともな会社たくさんあったと思うのですが。
それこそ先輩にのせられて、ある意味詐欺商法と同じくカモにされてしまったのかもしれません。
誉めそやして断りにくい雰囲気を作るというか。。

電話営業の成績が出ないことにも焦った坂本さんはセミナーに登壇することになりますが、そこへ凪が救出に行きます。
何気に慎二がずっと気にかけてくれて、助けてくれたのがカッコイイ。
慎二くんはそういうことが出来る人なら、凪にも同じように優しい言葉をかけてあげればいいのに。

『凪のお暇』次回7話のあらすじ

凪 (黒木華) から、ゴン (中村倫也) と別れたことを聞いた 慎二 (高橋一生) は、オフィスラブを満喫中の 円 (唐田えりか) とランチ中にも関わらず、凪が気になり上の空。
その時、突然同僚の 足立 (瀧内公美) たちがやってきて、慎二と円と鉢合わせてしまう。
秘めた関係がバレているのではないかと、よくない空気が漂う中、慎二は思いがけない人物と接触する…。

ある日、いつものコインランドリーで洗濯をしていた 龍子 (市川実日子) と凪は、コインランドリーが閉店することを知り、店主から冗談半分で、「このコインランドリーを継いで欲しい」 と言われる。
その日の夜、アパートの共有スペースで凪、龍子、ゴン、緑 (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季) に、「継いで欲しい」 と言われた話をしていると 「そんな夢もありかも」 という展開に。

そこで、凪は引っ越してきた時に書き出したウィッシュリストを再び思い出し、みんなで書くことに。
思い思いに自分がやりたいことを書く中、やはり、凪はなかなか書けずにいた。
そんな様子の凪を見ていたみすずは…。

ゴンは凪のことを好きだと自覚してから、自分が凪のために何をしてあげられるのかと思い悩んでいた。
そして、ついにゴンが行動を起こす。

まとめ

ゴン、今度は自分が壊れる番だと言われてましたね。
まさかの初恋?なんでしょうか。
今までどうやって生きてきたんだろ、この人は。
来週はゴンが行動に出るというところと、これまたまさかのコインランドリーを継ぐ!?なんて楽しそうな話も出てきます。
また来週を楽しみにしています!

ドラマ『凪のお暇』
『凪のお暇』7話感想:高橋一生(慎二)がついに本音を凪にもらす、可愛いさがずるい(ネタバレ)< 7話(2019年8月30日放送) > 本当に面白い展開ですね。 そして役者さんがみんな良い演技で共感と反感がざわざわします...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA