ドラマ『凪のお暇』

感想『凪のお暇』3話:お暇に付け込む「メンヘラ製造機」ゴン!!凪とゴンの急接近により慎二は玉砕か…!?(ネタバレ)

< 3話(2019年8月2日放送) >

なんじゃこりゃ!?の急展開『凪のお暇』…!
今期ドラマではかなり満足度が高い今作。
慎二とゴンの間で揺れる?凪に今回も注目です!

前回のあらすじ&感想は「感想『凪のお暇』2話:ありのままでいようと決めた凪と思ってることと真逆なことばかりな慎二(ネタバレ)」でチェック!

『凪のお暇』3話のあらすじ

凪 (黒木華) は、北海道で暮らす母・ 夕 (片平なぎさ) からの手紙で、携帯を解約し引っ越ししたことがバレたと知る。
慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」 と言う。とりあえず東京行きを止めることが出来たが、先々の親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい 「やばい!」 とパニックになる凪。
部屋を出ると、近所に引っ越してきた 龍子 (市川実日子) が、凪のことを待っていた。
驚く凪だったが、慎二 (高橋一生) との出来事を龍子に聞いてもらう事に。
「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がる龍子。
慎二がクズだと分かると 「なんで付き合っていたのか」 と問われるが、凪は答えられないでいた。

そこへ、部屋から出て来た ゴン (中村倫也) と出くわす。
龍子はゴンを気に入り、凪との出会いが 「少女漫画みたい!」 とまた興奮するが、職業がクラブオーガナイザーだと知ると一転、「私たちとは住む世界が違いすぎる」 と凪に釘をさすのだった。
そんな出会いに恵まれない凪の為、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまう。
しかし、そのパーティに強制参加させられた凪は “ある事” に気づく…

一方、慎二は凪にビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから 「彼女にビンタされたんじゃないか」 と噂されていた。
いつもなら上手く空気を作ってかわすところだが、凪が嬉しそうにゴンと一緒にイモを食べている光景を思い出すと、周囲の空気を凍らせてしまう。

そんな事などつゆ知らず、凪は隣人の うらら (白鳥玉季) とゴンと一緒にイワシのフリッターを作っていた。
うららは、揚げたてを上階に住んでいる 緑 (三田佳子) に持っていきたいと部屋を出ていく。凪とゴンは部屋の中で2人きりになり…

4話見どころは、凪のきっつい言葉…慎二を完全ノックアウト!

友達になった龍子により、知らないうちに婚活パーティに申し込みされていた凪。
無理やり連れていかれるとそこには元同僚の足立さんが…
見つかりたくなかったのに見つかってしまった凪はまたもやサンドバッグ状態…でもゴンの言葉を思い出し応戦!
そして彼女を打ち負かして帰らせることに成功します。

その後、龍子に慎二のどこが好きだったのかと聞かれて出した結論を慎二に伝えに行くのですが…
今まで本当のことを言えなくて空気を読み、流されていた凪。
しかし今回慎二に話す本当のことがまぁとてもきっつい!
慎二が凪の事を良いように利用していた=本当に好きじゃなかったと思っていたからこそ、はっきりと言ったのかもしれませんが、
相手に気持ちがあったらとても傷つくだろうなと…
慎二がちょっと可哀想になりますが、必見です。

『凪のお暇』3話の感想 (ネタバレあり)

今回怒涛の急展開でした。
慎二のいつもの嫌~な感じの攻撃を受ける前に凪の先制パンチが強烈すぎて…

母親のプレッシャーがきついのは苦しくなりそう

凪の母親は地方で農業をしているようですが、娘に仕送りを貰って「ちゃんとしてるのか?」の確認…
普通に暮らしぶりを心配するのは分かりますが、地毛のくせ毛を真っすぐにするのとか放っといてくれ!というような気も…
地毛でみっともないとか言われると全否定されてるような気にもなりませんか…

娘を心配して「ちゃんと生活してるのか?」を確認するのは分かりますが凪は言わなくてもちゃんとしてそうな子ですし。
そこまで心配しなくても良いのではと思います。
それを窮屈に感じていることすら言えないものなんですね…。
最近凪の行動力がすごいなと思いますが、親との関係はまた別かな。

凪の攻撃「本当は好きじゃなかった!!」 慎二「・・・(ノックアウト)」

凪が慎二のどこが好きだったのかと考え、ふと思い立って慎二に会いに行きます。
慎二はやっと「アッチが良いから会ってるだけ」と言ってしまった誤解を解こうとしますが、その矢先
「いいの、私も同じだから」
「慎二の外側だけ見てた。慎二のこと、好きじゃなかった。別れてください。」と…
それを聞いた慎二は誤解を解くのを辞めて、開き直るしかなかった訳です…
ちょっと可哀想、慎二。
本当は好きじゃなかった、なんて言われたら何も返せない。。

そして今回は慎二の家族のバックボーンも少し描かれました。
親戚の結婚式に参加した慎二は親族中の空気を読んで誰にでも明るく振る舞い、自分の家族は仲の良い家族を演出。
実際は父親は不倫、母親は整形、兄は失踪…仲良し家族を偽るのも大変だろうなと…
この人も相当に疲れていて、凪と同じように潰れそうな精神状態だったのかもしれません。
早く正直になれば良かったのに。

「メンヘラ製造機」のゴンとは!?凪はもしかして…

凪は慎二にはっきりと別れを告げた後、ゴンの部屋に…
やっぱり癒し系で優しいゴンに惹かれてしまったんですね。
ゴンの部屋で一夜を過ごすことになってしまったんですが、その時慎二はゴンの仲間からあいつは「メンヘラ製造機」だと聞きます。
たくさんの女性をメンヘラに陥れた最低男、それがゴンの評判です。

うーん、確かに一見優しくて癒し系ですが、逆に言うと厳しいことを一つも言わなさそうで堕落してしまいそう。
そして多くの女性をそういう状態に、っていうのが気になります。
きちんと一人の女性と付き合ったりできないんじゃないか!?などど思わずにいられません。。

凪はもしかしたら男でダメになるタイプかもしれないです。
男を選ぶ目が無いというより、付き合った男に流されてしまうタイプ。
最終的には彼女が男性に振り回されずに自立してカッコよく生きていけたらいいなと思います。

『凪のお暇』次回4話のあらすじ

凪 (黒木華) から正式に別れを告げられ道端で泣き崩れてしまった慎二 (高橋一生) の前に、ゴン (中村倫也) のクラブ仲間・エリィ (水谷果穂) が通りかかる。
そのままゴンがいるクラブへ連れていかれ、そこで 「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”」 だという話を聞く。
凪とゴンが気になる慎二だが、一方で、大阪支社から異動してきた、OL時代の凪と同じサラサラストレートヘアの市川円 (唐田えりか) と、距離が近くなっていた。

その頃、凪は隣人のゴンの部屋で一晩を一緒に過ごし、完全にゴンに堕ちてしまっていた。
“良い意味で” どこまでも自由に振る舞うゴンに対して若干のモヤモヤを感じていた。
しかし、ほかの女性と親密に話すゴンからは目をそらし続け、倹約家だったにも関わらずコンビニで食料を買い、ハローワークにも行かず自堕落な生活を送り続けるのだった…。

凪のことがどうしても気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かう。
凪は出てこず、たまたま出てきたゴンとなぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに。
ついに直接対峙した慎二とゴンは… !?

まとめ

なんだか今回は色んな人の色んな問題が明るみになりました。
慎二は通ってるバーではあんなに正直に愚痴も言えるんだから、カッコつけてないで凪に正直なところを見せれば良かったのに。
そしてお母さまが上京してきたときに凪になんて言うのかが恐ろしいです。
また来週を楽しみにしています!