『わたし旦那をシェアしてた』

『わたし旦那をシェアしてた』9話感想:茜(岡本玲)が殺人現場にいた女…何故恭平を見殺しにしたのか?(ネタバレ)

ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』

< 9話(2019年8月29日放送) >

ちょっと思った展開と違ったなぁと言う印象の今回。
前回岡本玲演じる茜が、恭平の殺人現場で秀明に目撃された女だということが分かりました。
ということは、殺害を依頼したのが彼女?と思っていたのですが…
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『わたし旦那をシェアしてた』8話感想:明らかになる恭平の殺人を依頼した女!秀明と晴美の関係は…(ネタバレ)」でチェック!

『わたし旦那をシェアしてた』9話のあらすじ

茜(岡本玲)は、赤いワンピースを着て出かける。
どこかに行こうとしている茜を見かけた晴美(小池栄子)は、声をかける。
晴美と茜は、一緒に食事をすることに。
一方、文江(夏木マリ)は美保(渡辺真起子)から、秀明(赤楚衛二)が恭平(平山浩行)の殺害現場で赤いワンピースを着た女を見たと証言したことを聞かされる。

晴美と茜が食事をしていると、文江が来る。
文江は茜に「指輪はどこ?」と尋ねる。
文江は、茜こそが自分の探していた“恭平の殺害依頼をした女”だと確信していた。
茜が犯人だと思いたくない晴美は、彼女をかばう。
文江は、晴美と加奈子(りょう)に対して“茜を許せるかどうか”という課題を出す。

晴美は、加奈子と話し合う。
どうすればいいのか、悩む2人。
そこに、蒼白になった茜が来て、慎吾(森優理斗)と慎香(池谷美音)がいなくなったと訴える。
慎吾と慎香は、文江に連れ去られてしまったのだった。
文江は、行先と思われる住所を残していた。
茜は、慎吾と慎香が文江に殺されると思い込み、取り乱すが――!

9話見どころは、茜の突然の豹変。今まで隠していたメンヘラが爆発!

茜はこれまで人当たりも良くて、子どもにも優しい保育士という感じ。
職場での人間関係も周りからの評判も良くて…という話しだったはずなのですが…

実際シェアハウスでも年齢の割にしっかりしているし、自分の意見も普通に主張して二人に負けない感じでした。
以前晴美のモラハラの元旦那からも晴美を守るのに一役買っていたし…とメンヘラの片鱗はあまり無かったのですが。。
唯一、手首の跡だけが彼女のメンタルの不安定さを表してる感じでした。

今回恭平の事件の現場にいたことを文江に指摘されると、狼狽えてこれまで隠していたメンタルの危うさが…

『わたし旦那をシェアしてた』9話の感想 (ネタバレあり)

うーん。この物語は色んな要素が混じっててよく分からないですね笑
女3人のバトルのように煽っているけど結局は恭平の過去の事件を含めた思惑や子供の病気があり、今のところすっきりしない展開。
文江さんが毎回出す課題もちょっと意味分からないし。

一旦茜の発言を整理してみる

ちょっと色々混みあってきたのでストーリーを整理しょうと思います。
茜は恭平の事実婚相手が自分以外に二人もいることを知って嫉妬が爆発し、恭平のことに依存してしまうようになったと。
これは結局恭平の行いのせいですよね。
そして茜は精神的な不安定さと嫉妬により、掲示板に恭平のことを書き込みました。
「女の敵、天谷恭平に天誅を」と。
しかしその後書き込んだ内容は森に変更されてしまい、実際の犯行計画へと繋がってしまいました。

ここまでは、まぁ恭平の自業自得感がありますね。
さらに恭平に依存していた茜は、スマホホルダーにGPS発信装置をつけます。
恭平と連絡が取れないことでGPSで居場所を見つけてその場に現れたと。
そして恭平がまだ息があるうちに話をし、これまた嫉妬により指輪を奪い、警察に連絡せず、結果彼を見殺しにすることになった。

うーん。恭平と喧嘩した理由は元々は事実婚相手が3人いたこと、つまり騙されていたことです。
GPSをつけたのは確かに微妙ですが、恭平が分かっていたならまぁ…
助けられたのに助けなかったというのは罪があるように思いますが、実際には刑法で問われる内容では無いのではという気がします。
唯一は指輪を奪って隠した?という罪なのではと思うのですが。

なんにしても、元々は恭平のせいだと思うので、茜の言い分は少し分かる気がします。
精神的に弱い人だということは恭平も元々分かっていたはず。
いつか裏切り傷つけるなら自分の計画に巻き込むべきでは無かったのでは。
あんなに緻密な計画を立てていた恭平なのに、茜のことは考えなかったなんて不自然だなぁ。
いや、もしかして茜だけじゃな他の二人のことも元々は考えていなかったのかもしれません(結局ゲス)。

文江さんがまたやりすぎ&豹変

文江さん、今までも謎だったのですが恭平の母親であったということは分かっています。
でも亡くなる前の恭平とは随分疎遠になっていたようです。

それなのにシェアハウスの管理人になって3人の前に現れ、毎度3人へ3億円を獲得する人間を決めるための課題を出す、と。
一体どういう経路でそうなった?
恭平とは疎遠だったはずなのに、最近の動きが分かってたかのようだし、連絡は間違いなく取っていそうですね。
恭平のやろうとしていることは全く知らなかったのでしょうか。

今回茜が現場にいたと分かると、茜の子供を拉致して車に閉じ込め、脅すと言う凶行に!
文江さん…なかなかぶっ飛んでますね。
自分の息子が殺されて辛い気持ちを抱えてるのは分かりますが、あんな幼い子供をダシにするなんて…
文江さん医者だし、正しい判断が出来る人だと思ったんだけどな~。。
微妙な気持ちです。

茜がメンヘラの本性発揮!今までと別人格のよう…

茜の豹変、なかなかでしたね。
晴美と食事しているあたりからあからさまに不機嫌になって…
自分が見殺しにした男のこと、その人が自分よりも愛した女性のことで未だに憤っているということ?
だとしたら執着がすごいですね。

その後文江さんの暴挙に錯乱した茜が、文江さんをガラスの破片で襲うときの顔とかとても良かったですね。
岡本玲はこれまで可愛いらしいお嬢さんな感じの役が多かった気がしますが、この役に合ってますね。
似合ってるっていうのもなんですが…メンタル不安定な女性を上手く演じているように思います。
母親だから、子どものために強くあってほしいです。

それと、とても可愛らしさが際立ちますね。
赤いワンピースを着ているときも可愛かった。

『わたし旦那をシェアしてた』次回10話のあらすじ

茜(岡本玲)は、美保(渡辺真起子)に逮捕される。
彼女は取調べで、恭平(平山浩行)が指輪を渡そうとしていた相手は晴美(小池栄子)だと証言する。
恭平は茜に「一番心の強い女性に指輪を渡す」という言葉と「この指輪を受け取る人間は、一番不幸になる人間だ」という謎のメッセージを言い残していた。
晴美、加奈子(りょう)、文江は美保から、茜の証言を聞く。
指輪が自分のものになるにもかかわらず、戸惑う晴美。
一方、加奈子は、晴美が指輪を受け取ることを認めない。
晴美は文江(夏木マリ)から、“加奈子を納得させる”という最後の課題を与えられる。

晴美は加奈子と話し合おうとするものの、拒絶されてしまう。
悩む晴美は、拘置所にいる秀明(赤楚衛二)に会いに行く。
「恭平から選ばれても、まったくうれしくない」と苦しい胸の内を秀明に明かす晴美。
秀明は「恭平さんがどうして、あなたを選んだのかが分かる」と言い、さらに「それは、あなたにとってつらい現実かもしれない」と告げる。
晴美は秀明の言葉を聞いて考えた末に、恭平がなぜ自分に指輪を渡すつもりだったのか、ある結論を導き出す。
晴美は、恭平が殺された事件現場に加奈子を呼び出す。
加奈子との“戦い”に決着をつけるつもりだった。
対峙する晴美と加奈子。晴美は加奈子に、自分が“妻”として恭平に選ばれた理由を語る――。

まとめ

なんと来週最終回です!
恭平が何故こんなことをしたのか、結局3人のことはそこまで考えてなかったのか?というのがモヤモヤします。
ただ、茜の子供の医療費のために3億円を残そうとしていたらしいことは分かりました。
結局自分が病気で死ぬことが分かっていたから全て逆算して自分で起こした行動な訳ですよね。
…とても自分勝手に思います。
やっぱり恭平は好きになれないな!

『わたし旦那をシェアしてた』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA