ドラマ『3年A組』

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』7話感想:SNSに出回った動画の違和感に気付いた…(ネタバレ)

< 7話(2月17日放送) >

佳境に入ってきましたドラマ『3年A組』。
いよいよ本当の黒幕が見えそうで見えない、でも予想できるくらいまで近づいている気がしますね。
誰が事件の黒幕で、真相はどんなものなのか、色々予想しながら感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『3年A組』6話感想:このドラマ、現実世界の若い世代へ向けて作ってたんですね!(ネタバレあり)」をチェック!

『3年A組』7話のあらすじ

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった――。
澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。
しかし、完全潔白を主張する武智。
一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。

そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。
その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。
さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に怪しい男性が映されていたことが分かる。

……だが、いつもと違うのは決定的な証拠や確証がそこにはないということ。
武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱える。
一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか、映像を解析して見極めるようにと告げる。

名指しされた犯人教師。一颯の狙いとは。この事件の真相とは――。核心に迫る第7話。

7話の見どころは武智先生の本当の顔と事件の真相への手がかり

前回のラストで、一颯はフェイク動画の依頼をした犯人は武智先生だと思っているとみんなに告げます。
そして今回、武智がこれまでしてきたことが浮き彫りになってきます。
テレビや雑誌、メディアに出たりコメンテーターやタレントのような扱いをされている武智、
表では空気が読めないながらも熱血で明るく憎めないというキャラクター。
しかし裏では大物政治家との繋がりから、大学へ生徒を斡旋して裏金を貰うという悪行をしていました。
そんな武智がフェイク動画の作成を依頼したのか…

そして事件の真相への手がかりとなる動画がSNSへ公開されました。
その動画は影山澪奈が亡くなった当日、影山澪奈らしき女生徒と武智らしき男がビルの中へ入っていく動画でした。
ただ二人の顔は見えず。
これが武智だと証明できるのか否か。

『3年A組』7話の感想 (ネタバレあり)

今回割と注意深く見てみたら色々と気付くことがありました。

武智視点の映像から気付く違和感

冒頭、武智の視点で武智の1日が始まるんですが、若干おかしな点が。
武智は左手に指輪をしているんですが、家はどうやら一人暮らしのよう。愛犬はいますけど。
そこがまず違和感ありましたね。奥さんどこへ行ったんだろう?
あと、マネージャーらしき人との物のやり取りやペットボトルの水を飲む様子からこの人左利きだと分かりました。(覚えておこう)

澪奈が亡くなった当日の映像について

映像をよくよく見てみたんですが、女生徒は影山澪奈では無さそうに見えます。
一颯が同じ日に美術室で撮影した、澪奈が「これからフェイク動画の犯人に会いに行く」と話している映像と見比べると髪型が違いますね。
澪奈よりもやや髪が長い。
というか実際これは髪と背格好の雰囲気から茅野さくらだと思いました。

そして男の方。武智と同じ服装をしてはいるものの、こちらも武智ではなさそうです。
キャップをかぶっているので顔は分からないのですが、体型が違いますね。服が余ってる感じなのでもっと華奢な人です。
というか実際この男は一颯が武智と同じ服を着ている姿だと思います。

つまり一颯とさくらはこの時一緒に行動していた訳で、二人は自分たちの映像だと分かっています。
なので、クラスでこの映像を一颯が生徒たちに見せた時、この男が澪奈の死に関わったってことかよ!という男子生徒に、さくらは明確に「そんな訳ない!」と否定します。
この映像についてさくらに聞かれた一颯は「俺が流した訳じゃない」と言いますが、その後相楽の父と「例の動画話題になってますね」と話しています。
なので一颯と結託した相楽父が動画を上げたと考えていいと思います。

何故一颯はこんなことをしたのか。相楽父は文香の為と言いますが、もしかして文香が澪奈の死に関わっていたのでしょうか…
それにしても一颯も変装するなんて怪しすぎるしなぁ…
そして、今更ですが我々(視聴者)は澪奈がどういう状況で亡くなったのか全く知りませんね。

映像解析の結果…???

SNSに上がった動画の解析の結果、武智の顔が映っていたと一颯は言っていましたが、上記の通り武智はその場にいませんから当然一貫して否定しています。
一颯のスマホに送られてきた画像、動画の一時停止から武智の顔が映っている画面に切り替わるところも明らかに違和感ありましたね。
拡大している訳でもなく、別の画像に切り替わっているような。
そして顔が映った武智の画像、確かに顔は武智でしたがこれは合成だと分かりました。
武智がいつも左手にしている結婚指輪?が画像の中では右手になっていました。画像を左右反転して作ったのかなと想像します。
(しかし警察も解析してるよね…??ポンコツ…?とも思う)

一颯がこの合成を作ってわざとネット中継しながら武智に見せたのは、武智の自白を引き出す為でしょうね。
実際武智はフェイク動画の件は認めて自白しました。
しかし一颯のこの合成した画像のせいで、世間は武智が澪奈の死に関わっているという印象を持ち、またしても印象操作されてしまいました。
武智が「なんだこの茶番は!」といっていたのは、いかにも。その通りの茶番劇だったのでした。
それにしても田辺誠一のこのクズ男的演技、すごく良いですよね笑 結構好きです。

そんな訳で現時点で怪しい人は…

今の時点で嘘をついているのが分かっているのが、一颯とさくら。
そしてそんな一颯に結託する相楽父と捜査一課の五十嵐。
五十嵐刑事はまだまだ関わりが全然分からないです。
あるとしたら一颯と相楽父の結託の理由は娘の文香だろうから、文香がなんらかの理由で澪奈の死に関わってしまい、それを守りつつ一颯が代わりに社会的な制裁を受けようとしているとか?
さくらは発言内容から黒幕のようには見えないんですけどね~…まだまだ謎が多いかな。

次回8話のあらすじ

警察で取り調べを受ける武智(田辺誠一)は、無実を訴え呟く。「僕は何も悪くない…」。
しかし、既に世間ではSNSの人間によって解析された武智の殺人疑惑の証拠となる動画が拡散され、武智の悪事を暴いたものたちの勝利宣言で溢れかえっていた。

ついに澪奈の死の原因となったフェイク動画の真相にたどり着いたと思う3年A組の生徒たちは未だ解放されない理由を一颯(菅田将暉)に問う。
すると一颯は澪奈の死の原因はこれがすべてではないと告げ、むしろこれからが「本番」であると突きつける。
戸惑う生徒たちに一颯が与えた次なる課題は……「自習」。回収していた鞄や携帯電話を返却し、今日1日を思い思いに過ごすようにと告げる。

一方、郡司(椎名桔平)は、一颯の真の目的を突き止めるため、文香(土村芳)を訪ねる。郡司は文香の話から、武智の背後にいる人物が誰なのかを知る。
捜査が進み、武智が澪奈を殺害した犯人という証拠が固まっていく。武智はまもなく自供すると思われたが……。

そして、自習を進める教室の中、瑠奈(森七菜)が武智の動画を見返していると、とある驚愕の事実に気付いてしまう――。
この物語の「本番」が始まる。真の謎、真に伝えること、その行く先とは――。衝撃的第8話が幕を開ける。

まとめ

いやぁ~謎解き楽しいですね。視聴者vs脚本家みたいになってますか?これ。
まだ全然繋がらないところもあるので次回くらいに急展開しそうですよね。
また来週楽しみにします!

『3年A組』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。