ドラマ『3年A組』

ドラマ『3年A組』9話感想:口パク読解にて真相見えました!!一颯が命を懸けた本当の目的を大予想!(ネタバレ)

< 9話(3月3日放送) >

ついにラスト2話まで来ました〜!
何気に今期ドラマで話題の中心となっているのではないでしょうか。
繰り返される疑念、疑問に早く答えを!の渇望状態。
気になる9話の感想です。

前回のあらすじ&感想は「ドラマ『3年A組』8話感想:菅田将暉&永野芽郁は何を隠しているのか??(ネタバレ)」をチェック!

『3年A組』9話のあらすじ

一颯(菅田将暉)と郡司(椎名桔平)の前に謎のヒーローが現れた――。
そして物語は一度時を変え、数年後の3月9日へ。3年A組の生徒たちがそれぞれの人生を歩み、再びこの教室へと集まってきた。
懐かしむ一同の前には一枚、一颯の「遺影」が飾られていた。彼らが集まった理由。それは、亡き一颯の三回忌であった――。

そこで、逢沢(萩原利久)が撮影してきた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流されることになる。
次々に明らかになる澪奈の真実。その映像に映し出される澪奈の本当の想いとは――。

そして時は生徒たちが高校3年生である、元の3月9日へと戻る。
一颯は、郡司を人質にとった後、意識を失ってしまう。SNSでは武智(田辺誠一)が澪奈を殺した犯人とされて炎上が続き、マスコミは武智を追いかける。
そんな中、ある人物が一颯が作ったフェイク動画をSNSに投稿する。武智糾弾の流れはその動画により一颯真犯人説に形を変え、一斉に矛先を変えていく。

その状況を見つめていた生徒たちが狼狽する中、目を覚ました一颯が教室に現れる。
そして、一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる――。
ついに最終章を迎えた本作。誰もが「考える」第9話。衝撃怒濤の物語が大展開する。

『3年A組』9話見どころは、ついに真相へ!!そして彼の死後の生徒たちは?

前回ラストで一颯が郡司刑事に倒されてしまい、それを助けに来たのが謎のヒーロー!?ってことで混乱して終わりましたが、つつがなくお話は進みました。

時間が経過して3年後から始まります。
一颯の3回忌としてクラスに集まる生徒たち。
3年の間にどんな風に過ごしていたのかが垣間見れるので、これも見所の一つ。

そして現在。
一颯が倒れている間に、SNS上では例の動画の武智の顔がフェイクで、本物は一颯であった事が公になりネットはさらに炎上。
一颯へのバッシングが再過熱していました。

それも計算通りだと話す一颯は、ついに生徒たちへこの事件の真相と、自分の本当の目的を話すことになります。
今回でかなり真相に近づきます!!
最終回へ続くラストスパートをお見逃しなく!

『3年A組』9話の感想 (いつも以上にネタバレあります)

口パク部分読み取ったで!真相に近づいた!

今回一颯が真相を語るシーンがうまく口パク加工されてましたね。
2か所ありましたが、ところどころ読み取れた気がするのでご紹介します。

2箇所を合わせて考える事が重要なヒントだと思いました。
そしてこれを読み取ったことで、真相も読めた気がするぞ。

一颯:
影山を殺した本当の犯人は

(以下口パク)
「影山を殺した…………何遍も何遍も…………」
(ここまで)

影山は泣きながら俺に訴えたよ。
「私はもう私じゃない…助けて、先生」って。

そして二つ目。

一颯:
これが立てこもった最大の理由だ。それは…

(以下口パク)
「SNS………………如何に自分たちが………………」
(ここまで)

その後、自分の手にナイフを突き立てる一颯。

さて、上を元に一緒に考えてみましょうか。

Let’s think.

真相を考えてみよう!

1つ目では、影山澪奈を殺したのは「だれか」ということを一颯が話す映像は無いと思います。
最終回まで隠したいからという演出的意図なのか??
そして「何遍も何遍も」と言っていることから、澪奈は繰り返し傷つけられたのだと想像します。

2つ目。
大事なキーワードが読み取れました。
「SNS」という言葉。そして「如何に自分達が」と続きます。
一颯のこれまでのお説教(特に7話と8話)で、一颯がSNSをよく考えもせずに使うことを異常なまでに激しく叱ってきたことが思い出されます。
そして、そのあとの一颯の衝撃的な行動。
自分の手にナイフを突き立てたこと。
SNSで発言することが誰かにナイフを突き立てることにもなる、と伝えているようです。

一颯の目的、3つのうち他の2つは、「1.武智に自分のしたことの重大さを気づかせること(これは達成)」「3.生徒たちに考えることの大切さを伝える事(今回でほぼ達成)」でした。

そしてもう1つのヒントはこの後で茅野さくらが、自分が犯人だと告白したこと。
さくらの今までの言動を見ると、とても澪奈に悪意を持っているようには見えないし、一颯にもとても近い位置にいます。
そして3年後のシーンで普通にみんなと会っていることから、悪意ある犯人ではありません。
つまりさくらが悪気無くした”行動”が作用して、結果澪奈が何度も何度も傷つけられ、「私は私じゃない」と思うまでに至ってしまった。

さくらは何をしたんだろう?
一颯の2つ目の目的とさくらのこれまでの言動から想像します。

始めの頃さくらは澪奈の写真をずっと隠し撮りして「澪奈さま」と呼び、崇めてましたね。
全く悪気は無いんだろうけど、さくらは澪奈のことを友達というより強い憧れの対象、女神のように思ってたのかも。
そして澪奈のことを強いと言ったら、彼女はそれをとても悲しんでいました。
「自分は強くなんか無い」と。

澪奈も一人の弱い人間の部分もあったでしょう。それでなくても、フェイク動画の件で追い詰められていた。
そんな弱っている澪奈をさくらが追い詰めるようなことをしてしまったのではないでしょうか。
もしくはさくらが澪奈を撮影していた写真をSNSにあげてしまってそれを悪用されたか。

それでもさくらが澪奈に悪意を向けた訳ではなく、彼女は犯人ではありません。

…一颯が命を懸けてまで立ち向かいたかった真犯人は、どこかの誰かがあげた本当かどうかも分からない動画を信じ込み、その人物が悪だと決めつけて心無い言葉を投げつける。
そんな、SNSを使っている不特定多数、、

と、いうことで最終回への予想でした!
当たってるかな??
全然違ったらそれはそれで楽しいんですけど。
ただの想像力豊かな人かもしれない笑

この作品のテーマは『Let’s think』だったんだなぁ…

真相は上の通りの予想なんですけど、最終回1話で大どんでん返しがあったらすごいかも知れない。。
ただこの作品のテーマはやっぱり、特にSNSを使って発言している人達に向けた『Let’s think』だったんだなぁ。
ちょっとダサいとか言ってごめんなさい。

私も想像力を働かせて考えることは、とても大事だと思います。
なんなら子どもの頃から言われてきて一番基本的で、大事なことです。
でも大人になって、そこを疎かにして事件を起こしたり、人生に躓いたりする人が多いことも知っています。
実際日々の生活の中で、ゆっくり考え事をすることすら、とても少なくなったように思います。
周りの色々なスピードに流されて、よく考えもせず人を傷つけたらいけない。
自分がされたらどう思うのか、相手はこれを言われたらどんな気持ちになるのか想像することがとても大事ですね。

次回10話(最終回)のあらすじ

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

まとめ

今回の予想が立ったことで、なんとなく最終回の展開も見えて来ちゃったけど、それはもう楽しみにしたいと思います♪
さくらは一颯のことが好きなのかな~…
そのへんもちょっと気になる。

『3年A組』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。