『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

『絶対零度』1話ネタバレあらすじ:あの井沢(沢村一樹)と山内(横山裕)がカッコよくなって帰ってきた!

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

< 1話(1月6日放送) >

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』シーズン4、あのミハンチームが帰ってきた!
2018年に放送された『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』の続編が同じキャストで帰ってきました。
シーズン4まで続いているってことは、結構な人気シリーズになったってことですよね。
沢村一樹×本田翼×横山裕のキャストがちょうどいい!さらにはあの人も参入!

さっそくご紹介。そして今回からネタバレあらすじをSNSの反応を交えつつ書いていきます。

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』出演者・スタッフ

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』出演者

井沢範人 -沢村一樹
山内徹 -横山裕
小田切唯 -本田翼

吉岡拓海 -森永悠希
篠田浩輝 -高杉真宙
香坂朱里 -水野美紀
加賀美聡介 -柄本明 ほか

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』スタッフ

脚本:浜田 秀哉
制作:フジテレビ

主題歌:家入レオ「未完成」

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』1話ネタバレあらすじ

東京サミット当日。
開催地近くで爆発物が仕掛けられていると予告されミハンチームも、現場へ急行。
爆発物があると思われた現場に着くと、銃声が。
駆けつけるとそこには血まみれで倒れている女性の側で銃を握り立ち尽くす井沢(沢村一樹)がいた。

豪華客船での麻薬潜入捜査!

その73日前。
豪華客船で任務を行うミハンチーム。
ドレスを着た小田切(本田翼)が、舞踏会で一人の男性をダンスに誘う。
山内(横山裕)はウェイターとなり、飲み物を運ぶフリをしてテーブルの上のノートパソコンを回収、ハッキングして元に戻す。
小田切はダンスの間に、相手に発信器を取り付ける。
パソコンをハッキングしたミハンチームは彼らの通信を受信し動きを把握。
船をジャックし、ターゲットを海に沈めようとしていることを知る。

その時、国家安全保障会議では法務省の香坂が未然犯罪に対する警察の対応の法制化を目指すと話していた。
以前冤罪を生んだミハンについて、次に何かあったら凍結だと言われる。

船では犯人たちが男をジュラルミンケースから出して、大量の麻薬を頂くと話す。
さらにその仲間が船をジャックするため船長に銃を向けるが、逆に倒されてしまう。
その船長は、変装した井沢だった。
通信でハッキングしていた南(柄本時生)に話しかける井沢。
数々の証拠を海上保安庁に送信したと言う。

別の場所では逃げようとした犯人たちを迎え撃つ小田切と山内。
激しい乱闘の末、二人で5、6人を一網打尽にする。
履いていたヒールを口に突っ込んで片手で持ち上げるなど女性とは思えない異常な強さを見せる小田切
さらに逃げる犯人のボスを追いかけると、ドアが良いタイミングでシステムロックされる。
そこを捕らえて潰す小田切。
南がやったと思っていたハッキングは、通りがかりの老人が早技でやったと言う。
その顔に見覚えがあるが、よく見ると…?

新ミハンチーム結成!

ある若者が市場にやってくる。新人のキャリア、吉岡(森永悠希)だ。
なんとその地下にミハンの新しい拠点ができたのだ。
井沢たちと合流して掌認証を通過し部屋へ入る。
部屋の中は以前と同様、様々な監視カメラ映像や、通信を監視している巨大モニターがある。
すると奥から統括責任者の香坂(水野美紀)とその部下、北見がやってくる。
自ら責任者に志願したと言う香坂。
そしてもう一人のメンバーは、モニター越しで挨拶をするハッカーおじいちゃん、加賀美(柄本明)だ。
例の客船でドアロックを操作した老人だった。

このメンバーは暫定だと言う香坂。
井沢の妻と娘が殺された過去、そしてその復讐のため上層部を殺しかけたことをみんなの前で話す
本来なら刑務所にいる人間だと言う。

ミハンで上がってきた危険人物を操作することに。
二人同時に上がってきたミハンでは初めてのケースだ。
一人は弁護士の田代、弱者救済の為に動く人権派の弁護士。
もう一人は藤倉と言う出所したばかりの風俗店で働く男。
特に接点は見当たらない。
しかし監視カメラに二人が揉めている映像が残っており、その後田代は銃を、藤倉は青酸カリを購入している。
お互いに殺そうとしているのではと予想する面々。
まずは二人の関係を調べることに。

山内は公安部部長の曽根崎に呼び出されていた。山内は監察官としてミハンに配置されていたが、それを呼びかけたのが曽根崎だった。
井沢を監視する為に山内を入れたと言う。
「井沢は爆弾だ、ミハンの不都合な真実を知りすぎている、しかも家族もミハンの為に失った。」と話す。
また井沢が一線を越えると言うのだ。
さらに、井沢が殺しかけた男がもうすぐ保釈されると言う香坂。
井沢がまた暴走したら、撃て。と指示される山内

ぴお
ぴお
水野美紀の風貌の変化がややショック!というかメイクが妙におばさんメイクじゃないですか?

二人の関係を探れ!

井沢、吉岡、加賀美は弁護士田代のマンションへ向かう。
ピッキングでドアの鍵を簡単に開ける井沢。
部屋の中に監視カメラを設置し、所持品を調べる。
田代が関わっていた訴訟がひと段落し、他の案件も他の弁護士に引き継いだと知る。
部屋の引き出しから、女性と二人で写っている写真が見つかる。

風俗店のスタッフに潜入した山内は藤倉と一緒に客引きをしていた。
そこに田代がやったきてまた揉め出す二人。
田代は「このままだと、アユミが!!」と叫ぶ。
田代の恋人と思われる女性が関係あるのではと予想する。

まだ関係がわからないため周りの人間に書き込みに行く加賀美。
風俗に客として侵入し、女性に藤倉のことを聞く。
風俗店を経営している男という設定で、スタッフの引き抜きに来たと言う。
店の用心棒として気に入られてるから無理だと言う。
女っ気はないが、小さい女の子と写った古い写真を大事に持っているとの情報を得る。
その写真を山内が見ると、田代の部屋にあった写真に写っている女性の幼少期のようだった。
やはりこの女性が二人をつなぐ鍵になるようだ。

ぴお
ぴお
ジャニーズ横山君の風俗店の客引き姿にTwitterがざわつきました…

ネタバレ続きをみる

原因は列車の脱線事故による恋人の死

田代はPTSDでグループセラピーに通っていた。
小田切がOL風を装い潜入しようとするが、吉岡にどんな設定だと突っ込まれる。
職場の人間関係に悩む公務員、と言うとゆるい!とやたら演技にうるさい吉岡
手っ取り早く本当の自分のことを話す方が良いとアドバイスする。
運悪く一番最初に指名されてしまう小田切。
自分の過去として学生時代に男に襲われたことを話そうとするが、フラッシュバックして固まってしまう。
隣に座った男性が「初めは簡単には話せない」とフォローして助けてくれる。

次に田代が指名され、話し出す。
仕事を通じてある女性と出会い、結婚するはずだったと言う。
5年前の列車の脱線事故で、多くの犠牲者と共に恋人が亡くなってしまったと言うのだ。
彼女の名前は澤本歩美。藤倉の幼なじみであった。
しかし5年前の事件について今二人が殺意を持つのは不自然だ。
他にも何か原因があるに違いないと調査を続ける。
藤倉は出所後自分であの店を選んで働いていた、そして田代が店のオーナーである近藤を尾行している映像を見つけ出す。
加賀美が調べると近藤は先日麻薬取引で捕まえた垣内と金の流れがあり、麻薬で繋がっていると思われた。

ぴお
ぴお
高杉君ワンシーンしか出なかったですね~

マトリと麻薬組織の黒い繋がり

藤倉はオーナーの近藤に言われて高級料亭に付き添っていく。
するとある男と密会していた。
顔認証でサーチすると厚生労働省麻薬取締部(通称「マトリ」)の岸本という男だった。
以前マトリが裏組織と繋がって検挙率を挙げていた例もあり、持ちつ持たれつの関係という可能性もある。

そして鉄道事故の犠牲者の中に岸本と同じマトリの富永が家族で乗っていて犠牲になっていた。
さらに垣内の部下・佐川が藤倉と同時期に同じ刑務所にいたことも分かった。

裏の人間御用達のバーへ潜入する。
どこからどう見ても立派なチンピラに変装した吉岡。
佐川の地元・鹿児島の酒を切っ掛けに、バリバリの鹿児島弁で佐川と仲良くなることに成功する。
「なんかどっかで見たことあるな」と話す井沢。
「これじゃないの?」と加賀美が昔のドラマの映像を見せる。
そこには天才子役時代の吉岡が…!
そして吉岡は佐川に藤倉のことを聞き込んだ。

脱線事故は故意の殺人事件だった

列車脱線事故の真相が分かった。
「あれは事故じゃなかった。」と語る井沢。
事故に見せかけた殺人だったのだ。
岸本が麻薬組織と繋がっていたことが同僚にばれ、それをもみ消すために岸本が殺したというのだ。
しかし同僚が不振な死を遂げれば疑われる、だから事故に見せかけたという。
あの列車は自動運転システムを搭載していたがハッキングすれば事故に見せかけることは可能だという。

藤倉は佐川から偶然その話を聞いていた。
佐川はその事故の見張りと連絡係をさせられていたのだ。
首謀者を調べるために藤倉は近藤の店に入ったのだ。

その時田代に動きがある。
岸本を襲おうとしたその時、藤倉が止めに入る。
「歩美はお前が殺人者になることは望んでない。」と説得する藤倉。
それでも「あいつを絶対許さない!」と叫ぶ田代に「それなら俺もやる。」と言い出す藤倉だった。

ぴお
ぴお
全然関係ない人を巻き込んでしまうなんて許せない!悪!!

二人の行動と井沢の不穏な動き

田代と藤倉が列車事故の墓標に向かうと、墓の前で大勢の人が悲しんでいた。
話を聞くと遺族の知り合いが自殺をしたと聞き絶句する田代。
娘の死を乗り越えようと頑張っていたんですが…と言われる。

藤倉は3日後だ、と行動を起こすタイミングを田代に伝える。
そこへ井沢が墓参りにやってくる。
井沢は「ある日突然大切な人の命を奪われる。別れの言葉さえ言えない。その地獄のような苦しみは味わったものにしか分からない。」と語る。
自分の妻と娘が殺されたこと、犯人を殺そうとしたこと、殺せなかったことを後悔していると話す。
どちらにしても正解は無いなら、自分が正しいと思うことをつかみ取るしかないと言う。
二人を止めようとしているのか、それとも背中を押しているのかと話す吉岡。

小田切は山内を外に連れ出し、銃を奪い取る。
「最近ずっと持ってるよね、銃。」
井沢が一線を越えないように見張っているのかと問い詰められ、井沢が憎む町田が保釈されたと話す。
山奥の別荘で警察に匿われて悠々自適で暮らしているらしいという。

その町田がいる別荘へ、井沢は訪問していた。
「何の用だ」という町田を、妻子が殺された凶器を見せて脅す。
なぜか最近になって凶器が送られてきたのだ。
誰が送ってきたのか、知っていることをすべて話せと言う。

次の日香坂に呼び出された井沢。
町田が昨日の夜行方不明になった、何か知らないかと言う。
ごまかす井沢だが、逆に質問する。
「わたしの妻と娘を殺して今服役している宇佐美という男に、ちょいちょい面会に来ている女性がいるらしく。それってあなたでしょ?」
香坂がミハンに来たのは何か隠された理由があるのではと疑う井沢。

井沢に煽られて、格闘術を見せた香坂。
その動きは法務省のキャリアとは思えなかった。

ぴお
ぴお
井沢しんどいな~…そして水野美紀のアクションって珍しい。若干早回しが気になりました。

ついに事件発生…!

田代の部屋の監視カメラに藤倉が田代を襲っている映像が写されていた。
田代を救出に向かうミハン。
田代を捕らえて監禁し、その間に藤倉は一人で仇を取りに向かったというのだ。

藤倉は子供のころ自殺未遂をした過去があり、それを歩美が救ったのだと田代は聞いていた。
藤倉は歩美に幼馴染以上の想いを抱いていた。
彼女が好きだった田代を殺人者にしない為に一人で向かったと言うのだ。
青酸カリは全てが終わった後に自殺するために用意したのだと話す井沢。

いざ岸本の家に乗り込もうとした時、数人に囲まれ殴られる藤倉。

工場に連れていかれボコボコに殴られる藤倉。
岸本が「あなたを処理した後、田代とかいう方も処理します。」と淡々と語る。
殴り蹴り、踏みつけた後に、金属廃棄の機械に巻き込もうとしたその時。
工場のすべての電源が落ちる。
加賀美がハッキングして電源を落としたのだ。
そしてミハンチームが間に合った。
井沢が言う。
「保身のために、多くの命を犠牲にした。これはもう最悪のテロだ。」

雑魚は各々簡単にやっつけ、岸本と対峙する井沢。
走って逃げた岸本はたまたま通りかかった母娘の母親をナイフで一突き。
泣き叫ぶ娘にもナイフを向け人質に取った。
井沢は自分の妻を刺された場面に重ねてしまい、茫然と立ち尽くす。

岸本が立ち尽くす井沢を撃とうとしたその時、山内と小田切が間に合い岸本の肩を射撃。
井沢は怒りに身を任せ岸本を何度も殴る。
山内が止めるが、落ちていた銃を拾い岸本に銃口を向ける。
震える手、その表情から本気で撃つと分かった山内がすんでのところで割って入り、井沢の撃った弾は山内の肩を射抜いた

「あなたを犯罪者にはさせない。あなたが一線を越えるなら、俺が止める。」

藤倉は入院したが無事だった。
二人の罪には執行猶予がつくだろうという小田切。
「続けろよ、弁護士。」と田代にいう藤倉。
「君は、陶芸を。歩美が良く言ってた、君の作る陶芸が好きだって。」

井沢が家に帰ると妻と娘が笑顔で出迎えてくれた。
信じられない気持ちで一瞬喜び、早くご飯を食べようと一緒に部屋に入っていくと、そこには誰もいない真っ暗な部屋が広がっていた。

そして香坂の元に連絡が入る。
町田が遺体で発見されたと。

1話感想まとめ

前シーズン見ていたんですがさすがにちょっと忘れていました。
でも見ていて徐々に思い出してきました。
いや相変わらず重くて暗い…そして井沢の危険っぷりも相変わらず

山内が本当に井沢に対して優しく命を懸けて守ってくれているのがカッコいいと思うのですが、なぜそこまで?というのが思い出せない。
前作からの絆?何かありましたっけ。(結局全然覚えてない)
本田翼ちゃんはアクションすごいですね。でも演技は相変わらずです。

そして個人的に注目は高杉真宙くんですが、今回はセラピーで隣に座ってるだけの人でした。
次回にどうつながっていくか楽しみです。
相関図を見るとどうも小田切と恋愛関係的なものが芽生えそうなんですが、
演技力が高杉>本田翼なもんで素直に見れるか心配です。

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』2話あらすじ

井沢(沢村一樹)は、保釈後に行方不明となり、遺体となって発見された元警察庁次長・町田(中村育二)の件で、警視庁捜査一課の早川(マギー)から事情聴取を受ける。
すると井沢は、マジックミラー越しに見ていた香坂(水野美紀)に、腹を割って話そうと持ち掛ける。
香坂と対峙した井沢は、妻と娘を殺した凶器のナイフが1ヵ月ほど前に送り付けられてきたことを切り出し、その犯人とされて服役中の宇佐美(奥野瑛太)に香坂が面会に行った理由を問いただそうとする。

一方、山内(横山裕)に井沢の監視を命じていた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、町田の死を表向きは自殺として発表すると同時に、山内に井沢から目を離さないよう改めて釘をさす。

そんな折、ミハンが新たな危険人物を割り出す。ターゲットは、近所に住む女子高生の時田明日香(竹内愛紗)をストーキングしている無職の男・馬場智樹(影山徹)だ。
だが馬場は、意図的にストーカー規制法に抵触しない程度に付きまとっているようなふしがあった。
そして馬場は、ギャンブルで作った借金のせいで闇金からも追われていた。単純なストーカーではない犯罪なのか。
一方、優等生だった明日香も、ここ最近、何故か学校をさぼっていた。

井沢たちは潜入捜査を始めるが、捜査中、何者かに明日香が誘拐される。
少女拉致誘拐事件の背後に見えてくる驚くべき真実。24時間以内に少女を救い出すため、ミハンが動く!

『絶対零度』
『絶対零度シーズン4』2話ネタバレあらすじ:拉致された女子高生を救え!井沢を救いたい山内…< 2話(1月13日放送) > 1話から緊迫の事件が立て続けに描かれ、メンタルぐらぐらに揺さぶられる『絶対零度』シーズン4。 ミ...

見逃し配信ならFOD無料お試し期間に!

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』を見逃し配信で見るならFOD(フジテレビオンデマンド)。
月額888円で過去の名作ドラマから最新作まで見放題!
1か月無料お試し期間があるので、その間に全話視聴することも出来ちゃいます。
フジテレビのドラマが好きなら無料で試してみてはいかがでしょうか?

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』はFODで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA