『TWO WEEKS』

『TWO WEEKS』9話感想:三浦春馬と比嘉愛未カップルの馴れ初めが可愛い。そして大地は改めて利口(ネタバレ)

ドラマ『TWO WEEKS』

< 9話(2019年9月10日放送) >

とうとう大詰めです。はなちゃんの手術まであと1日と迫ります。
逃げ続けてきた大地は柴崎が任意聴取を受けている間に柴崎の自宅へ潜入しましたが、そこへ柴崎が思いのほか早く帰宅し鉢合わせに…
大地はどう逃げるのか?
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『TWO WEEKS』8話感想:黒木瞳の高速ビンタが炸裂!早穂子がついに楓に本音を語る(ネタバレ)」でチェック!

『TWO WEEKS』9話のあらすじ

柴崎(高嶋政伸)が事情聴取を受けている隙に、デジカメ動画のコピーを盗み出そうと自宅に忍び込んだ結城(三浦春馬)。
しかし、早穂子(黒木瞳)が手を回したことで柴崎は早々に釈放され、結城は戻ってきた柴崎と鉢合わせてしまう。
ところが予想に反し、結城は無傷のまま部屋を出ることを許される。
去り際に柴崎がつぶやいた「お前が一番苦しむ方法で殺してやる」という不気味な一言が気になるも、急いで部屋を後にする結城。

灰谷(磯村勇斗)の一件といい、黒幕・早穂子の権力の強さをまざまざと見せつけられた結城。
楓(芳根京子)から、早穂子に重度の心臓病を患った息子がいると聞いた結城は、楓の力を借りて早穂子と直接交渉することに。
その結果、早穂子との間である取引を成立させるが、その様子を何者かが見ていて……。

一方、すみれ(比嘉愛未)は、病床で父親を恋しがるはな(稲垣来泉)の姿に複雑な思いを抱いていた。
8年前の事情を知った今となっては、これまで通り結城を憎むことなどできるはずもなかったが、自分たちを助けてくれた有馬(三浦貴大)への恩も捨てられない。
そんなことを考えていた矢先、病院を出たすみれの前に、久留和(池田鉄洋)たち柴崎の部下が立ちふさがり……。

9話見どころは、大地の早穂子への懇願…

今回は大地が「早穂子に直接会わせてほしい」と楓へ頼み、直接早穂子と話をします。
柴崎をいくら捕まえても早穂子の圧力によって逮捕されないからです。

大地は早穂子が息子の為にプロジェクトを守ろうとしていることを知り、早穂子に直接お願いをしたのです。
娘の命を守れるなら自分の命はどうなっても構わない、と。。。
大地が何故こんなことを言いだしたのか、そこに何かありそうな気配です…

そして早穂子の息子の所在が気になります…!

『TWO WEEKS』9話の感想 (ネタバレあり)

突然結城大地に復讐心をメラメラと燃やす柴崎。
いやいや、あなたが悪いんだって!
完全に逆恨み~!!

狡猾なんだか天然なんだか分からない早穂子さん…

早穂子と柴崎の関係はお互いがお互いをコントロールできずにすれ違っていきます。
前回柴崎に「動画のコピーを握っている」と脅されて怒りのあまりビンタをさく裂させた早穂子さん

自分の為ではありますが、自ら警察に直接的に圧力をかけて柴崎の任意聴取を早々に終わらせます。
その後柴崎からの電話で開口一番「動画のコピーを渡して」と要求しますが、柴崎に「そんなことより、近々いいものを見せられますよ」と切り返され「いいものって?」と簡単に話をはぐらかされる早穂子さん。

この人天然か?天然なのか?
この感じだと柴崎に簡単に利用されても仕方ないですね…

突如大地が戦略変更?その裏にある大地の考え

これまでずっと賢く立ち回って逃げてきた大地ですが、今回柴崎ではなく早穂子に直接話をしたいと言い出します。
そして楓は大地を直接早穂子に会わせることに協力します。

大地はそこで早穂子に息子の話を持ち出した挙句、自分の命はどうなってもいいから娘の命だけは助けてくれと懇願します。
そして今後一切早穂子のプロジェクトの邪魔をしないし早穂子の不正も咎めないと約束します。
そんな二人を誰かが写真におさめている…というところでした。

ここで違和感を持つのが、これまで賢く立ち回っていた大地が、急に真正面から「誠実さ」を武器に早穂子に懇願したことです。
そもそも早穂子にそんなものが通用するでしょうか?
そして大地はそんなことも分からないほど馬鹿だったでしょうか?

…ということで、これはすべて大地が計画した罠であると思います。
まず写真を撮影してマスコミに流したのは大地自身だと思います。あまり驚いた顔はしてなかったし。
早穂子と会っているとき手元が隠れていたので、恐らくリモコンで撮影したのでしょう。
今回楓は協力者かどうか微妙ですが、楓の近くに敵のスパイがいそうで大地が話さなかったのではないかと思います。

また大地は早穂子との会話をすべて録音しており、早穂子が自分の罪を否定しなかった会話(とふたりが会っている写真)をもとに確実な証拠としたのです。
これで早穂子に対しては確実に優位になることが出来ました。

馴れ初めが可愛すぎる大地とすみれの若かりし頃…

すみれが思い出す大地とすみれの出会った頃の回想シーン。
すみれが絡まれていたのを大地が助けたのがきっかけだったんですね。
その時すみれは一目惚れだったんじゃないかな。

しかし「お礼」として渡すのがホラー映画のチケットって笑
かなりいい趣味してますね、すみれ。
しかも大地はきっと苦手だったのに我慢して行くなんて、最初から二人は良い感じだったんですね~。素敵~。

ほんとに美男美女カップルで目が喜んじゃう。
二人とはなちゃんが上手くいってくれれば一番良いのに。

『TWO WEEKS』次回10話のあらすじ

すみれ(比嘉愛未)の救出に奔走する結城(三浦春馬)を横目に、柴崎(高嶋政伸)は、はな(稲垣来泉)を病院から連れ出し監禁。
結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る。
しかし当然、結城には大切な2人の命を天秤にかけることなどできない。
答えを出せない結城は苦悶の表情を浮かべ、その場に立ち尽くしてしまう。

するとそこへ、有馬(三浦貴大)から連絡が。
「おまえははなのところへ行け」――その言葉に背中を押された結城は、すみれを有馬に託し、はなの元へ急ぐ。
警察もまた、楓(芳根京子)の証言をもとに柴崎の逮捕に動き出し、早穂子(黒木瞳)のもとにも大勢のマスコミが押し寄せる。

はなに襲いかかる柴崎の脅威を前に、8年の時を経て娘の存在を知り、一度は捨てたはずの人生に再び希望を取り戻した結城の願いは届くのか!?
2週間にわたる逃亡の末、結城を待っているのは幸せな未来か、それとも……!?

まとめ

すみれかはなか、選択を迫られた大地…!
ぜひはなちゃんを救って欲しいです。
高嶋政伸が急に大地に執着しだして、一体どうしたんだ?という感じですが。。

それと早穂子さんの息子さん、ゆう君はきっともう亡くなってしまってるんじゃないかな、と予想。
それを早穂子さんが受け入れることが出来ないで未だに生きていることにしている、とか。

ともかく来週最終回!見逃せません。

『TWO WEEKS』は全話FODで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA