ドラマ『東京独身男子』

感想『東京独身男子』7話:太郎ちゃん仕事を辞める!?AK男子会解散の危機!(ネタバレ)

< 7話(6月1日放送) >

ちょっと今気づいたんですけど、このドラマ8話で完結です!!
ということはもうラスト前じゃないですか!嫌だ、寂しい~。
だからこんなに内容が荒れてるんですね…なるほど。
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『東京独身男子』6話:三好の元嫁襲来!そして太郎ちゃんの気持ちに変化…?(ネタバレ)」をチェックしてください。

『東京独身男子』7話のあらすじ

元妻と最後に残されていた“墓問題”を解決した三好(斎藤工)は心身ともに調子を取り戻し、新たな恋への期待も高まっていた。
岩倉(滝藤賢一)も、透子(桜井ユキ)との交際と同時に同居を開始!

そんな中、かずな(仲里依紗)に恋人ができたらしいことを知った太郎(高橋一生)は、仕事も思うようにいかず、誘われていたヘッドハンティングを真剣に検討するものの、なかなか決断できない。
だがある日、顧客に大胆な提案をしたことをきっかけに、太郎のサラリーマン人生に大きな岐路が訪れる。

一方、実はクリニックの経営不振にあえいでいた三好。その相談を受ける岩倉も、透子と父との3人暮らしは想像以上に困難を極め…。

悩める3人は、互いの将来について話し合い、いつしか激しい口論へと発展!
AK男子3人組が、とうとう離散の危機に!? そして太郎のかずなへの思いは果たして…!?

7話の見どころは、かずなの想い…

かずなは太郎を諦めて、その後に出会った男性と良い感じになっている様子。
ある日三好の病院の経営のことで太郎に相談しようと呼び出します。
太郎はちょうど仕事のことで今の銀行を辞めようかどうか悩んでいたところでかずなに話します。
今の銀行を辞めようかと思ってる、と。

その時にかずなは太郎の決断を喜んで応援してくれると言いました。
なんだか感動的なくらい優しいかずなの応援を受けて、それから太郎の気持ちが変化していく様子が見えますのでぜひ必見!

『東京独身男子』7話の感想 (ネタバレあり)

今回はAK男子会の解散の危機って…
あんなに異常なほど仲が良いのに…一体何が…

太郎ちゃんの母、駿河湾に住んでいる寿美代が良い事言ってたのでおさらい

岩倉さんの家で透子がお父さんと同居することになりました。
付き合っていきなりの同居できっと透子に断られると思っていたのに、受け入れたんですね~。
少しでも一緒にいる時間が欲しいから、と言っていた透子は本当に岩倉さんのことが好きなんですね。

ただ現実的には一緒に暮らしても透子は仕事ばかり…
毎日残業も多くて食事を一緒にとることすらままならない。
そして家事は岩倉さんがすることに…
ご飯作ったり洗濯したりで大変そうです。

困った岩倉さんは太郎の家でいつものように相談していると、太郎の母・寿美代が昔言ってたなぁと…
「恋愛をするときは相手の良いところばっかりを見ろ。
 結婚するんだったら相手の欠点から目をそらすな。」


結婚するなら相手の欠点を知ったうえで受け入れろという事のようです。
深い…寿美代深いし良いこと言うなぁ…

かずなの想い、太郎ちゃんは気づくのが遅い

太郎はかずなに転職を考えていることを話して、条件的には悪い方を選ぼうとしているけど自分がどうしてもやってみたいことだと相談します。
その時のかずなは、太郎が本気だと知ると嬉しいと言います。
いつも多角的に考えてメリット・デメリットを踏まえて論理的に判断する太郎ですが、行こうとしているのは年収も下がるだろうし先の見通しも立たないような会社です。
それでも太郎がその会社を支えたいと本気で思っているのがかずなは嬉しかった様子。
太郎の情熱や優しさがした決断を応援したいということでしょうね。

太郎はきっと反対されると思っていただろうけど、これを聞いた嬉しかったでしょう。
自分が悩んで決めたことを応援してくれる人がいるって本当に嬉しい。

やっぱりかずなに側にいて欲しいと思った太郎ちゃんがやっと本気の告白…
…しかし!…遅い!!本当に遅すぎるよ~。
かずなからしたらものすごく頑張って太郎への気持ちに区切りをつけたはずで次の恋に向かっていたのに。。
今さら言われても困るでしょうね…
来週どうするのかな、かずなは。
幸せになってほしいなと思います。

AK男子会解散の危機…!

AK男子会の三人はそれぞれに転機を迎えていました。
三好は病院の経営不振、岩倉は透子との関係の先行きが見えない、太郎は転職を考える。
太郎が決めた転職先を二人に相談したら二人ともそろって「あり得ない」と。

たしかに条件は今いる銀行より悪くなります。
三好も自分が経営不振な状況だから、安定している銀行が良いと思っただろうし…
二人に頭ごなしに反対されて太郎もカチンときてしまいました。

それぞれが言いたいことを言い合ってケンカに発展!
見ていて言いたい事言い合える関係性だからこそだなと思ったし、羨ましいようにも思いました。
それでも今まで大事にしてきた三人の会を否定されたような気がした岩倉と三好は「もう解散だ!」と怒って帰ってしまいます。

仲が良過ぎて家族みたいになっているこの三人。
簡単に解散なんてしないで欲しいし、すごくお互い大事にしている関係だと思います。
だからきっと解散なんてしないだろうけど、続きが気になります!

次回8話のあらすじ

アラフォー独身ならではの様々な課題に直面してきた太郎(高橋一生)、三好(斎藤工)、岩倉(滝藤賢一)の3人。
太郎の転職、三好の審美歯科クリニック経営不振、岩倉の父との同居生活…それぞれが抱える悩みについて口々に想いをぶつけ合い、怒鳴り合った末、ついに解散宣言が飛び出す!

その直後、太郎はかずな(仲里依紗)に再び自分の想いを伝えるが、「これ以上、振り回されたくない」と去られてしまい…。
一方で、岩倉は同居を始めたばかりの透子(桜井ユキ)に出ていかれ、三好はクリニックの経営を改善すべく太郎が暮らす部屋の売却を迫られてしまう。

かつては”あえて結婚しない”=「AK男子」仲間として共に過ごしていた彼らは今、三者三様に人生の岐路に立たされていた。
そんな中、太郎の母親・石橋寿美代(萬田久子)が上京するとの知らせが…。
それぞれの試練を前に、AK男子3人が将来について真剣に考え、悩んだ末、最後に下した人生の決断とは…?
AK男子の物語、ついに完結!

まとめ

AK男子会の無駄に仲が良い感じがとても可愛くて楽しかったのでドラマが終わってしまうのも残念だな~!
ずっとこのワチャワチャを見て居たい…
ですが来週最終回のようなので、せめて仲良く終わってほしいです!