ドラマ『仮面同窓会』

感想『仮面同窓会』1話:かなり攻めてる土ドラ枠で溝端淳平主演クライムサスペンスドラマが始まった!(ネタバレ)

< 1話(6月1日放送) >

そろそろ春ドラマが佳境だな~なんて思っていたら、新たに始まるドラマもあり!
フジテレビ系列の「オトナの土ドラ」枠で溝端淳平主演のサスペンスドラマが始まりました。
この枠今までは藤ヶ谷太輔主演『ミラーツインズ』をやっていましたが個人的には当たり外れが激しく攻めてる枠だなと思ってます。
早速新ドラマ紹介していきます!

『仮面同窓会』について

8話完結の深夜枠「オトナの土ドラ」で新しいドラマが始まりました。
原作は雫井脩介のサスペンス、「仮面同窓会」(幻冬舎文庫)です。
この枠演出が攻めてる事が多いからどうなるか心配半分期待半分…

『仮面同窓会』出演者

新谷洋輔-溝端淳平
竹中美郷-瀧本美織

皆川希一-佐野岳
大見和康-木村了
片岡八真人-廣瀬智紀

上原加奈子-雛形あきこ
ストーカー男-永井大
樫村貞茂-渡辺裕之

『仮面同窓会』スタッフ

原作:雫井脩介 『仮面同窓会』(幻冬舎文庫)
脚本:山岡潤平

『仮面同窓会』1話のあらすじ

住宅設備機器を扱う営業マンの新谷洋輔(溝端淳平)。
高校卒業後故郷を離れ、過去に蓋をして生きてきたが、それには2つの理由があった。
18年前に兄を事故で亡くしたこと、そして同級生たちと高校時代に受けた暴力教師による体罰…この忌まわしい記憶から逃れるためだった。
しかし洋輔は仕事でミスをして異動となり、再び地元へと帰ってくることになる。

ある日、帰宅途中にストーカーに追われていた女性を助けた洋輔。
その女性は、高校時代の憧れの同級生・竹中美郷(瀧本美織)だった。
偶然の再会を喜ぶ洋輔に、美郷は近々開かれる高校の同窓会に行かないかと誘う。
過去から逃げ出したい洋輔だったが、美郷との出会いに少しテンションが上がり、同窓会に出席することに。

そこで再会したのは、かつて行動を共にしていた幼馴染の皆川希一(佐野岳)、大見和康(木村了)、片岡八真人(廣瀬智紀)。
街を離れて以来、彼らと逢うことを避けてきた洋輔だったが、再会した瞬間から一気に学生時代のノリに帰っていく。
その会場には、憎き体罰教師・樫村(渡辺裕之)も出席していた。樫村の顔を見て、再び洋輔の胸中には過去のトラウマが蘇ってしまう。

同窓会終了後、希一、和康、八真人の3人は、彼らのたまり場として使っている廃パチンコ店に洋輔を誘う。
そこで希一が驚きの提案をする。
「樫村を拉致し、廃工場に放置して怖がらせる」いういたずらの計画だった。
子供じみた提案に難色を示す洋輔だったが、「過去にケリをつけよう」と説得する3人の雰囲気と勢いにのまれ、渋々計画に参加することに。
しかしその計画は、予期せぬ方向へと突き進んでしまうことに…。

1話の見どころは、お久しぶりの溝端淳平&瀧本美織、そして佐野岳

溝端淳平、ドラマは8年ぶり出演なんですって!どうもお久しぶりな感じがした訳ですね。
現在29歳、今後もいい役者さんに成長してくれると良いなぁ。
今回の主役ですが、そもそも結構精神的に追い詰められている役で一見普通の青年ですが内面的には荒れているようです。
久しぶりに見るからどんな感じの人だったかなぁと探りながら見てみる感じです。

そして相手役は瀧本美織。
この子可愛くて好きなんですが、今回の役どころは溝端淳平演じる新谷洋輔が高校時代片想いしていた竹中美郷役。
善良そうで可愛くて主人公に近づいている、それだけでもう怪しいです笑

さらに洋輔の幼馴染に佐野岳。この人も好きなんですが、親のあとを継いで不動産会社の社長になっていた皆川希一を演じます。
スキャンダル専門弁護士QUEENに出ていた時と全く違って、うわぁ、こんな不動産会社の人いそう~って風貌で登場。
これ、女性は結構共感してくれると思う笑

『仮面同窓会』1話の感想 (ネタバレあり)

高校時代に体罰を受けていた教師に対する復讐を計画する4人。
といっても危害を加える気は元々なく、いたずらのつもりだったが…。

そもそもメンタルに問題がありそうな新谷洋輔…

大元を辿れば色々ありそうなんですが、昔兄がなくなった現場にいたのか、兄が落下し倒れているところを上から見ている映像がフラッシュバックしました。
16歳の時にお兄さんが事故で無くなったようですね。

その後高校時代に体育の教師である樫村から体罰を受けます。
洋輔とその仲間たちは、ちょっとした悪さをしているグループだったようできっと目をつけられていたんでしょうね。
それにしても「天付き体操」というのを私は初めて知ったのですが、体育会系のしごきとして有名らしいです。
1000回と言ってたけどそんなに出来るもんでしょうか…めちゃくちゃキツそう。。
直接的に殴ったりはしないまでもこういうキツイ動作を強要して言葉で煽ったり攻める。
10年前でも完全に体罰だと思うし、当時は何も無かったんですかね…

さらにその時に洋輔に「兄貴の方が優秀だった」と言われて、兄の死に罪悪感を持っていた洋輔のトラウマとなったんでしょうね。
同じように職場で「新人の方が優秀だぞ」と言われると具合が悪くなってしまったようでした。
トラウマ化しているようならちゃんとメンタルの病院に行ったりして治療した方が良いんじゃないかな。
日常生活にも支障をきたすようなら。

高校生役も難なく演じる27歳の瀧本美織がすごい…

瀧本美織がとにかく可愛いです笑
おそらく28~29歳の設定だと思うんですが、高校時代の回想シーンでも全く違和感なく女子高生を演じています。
ええ~!?ってなります。
現在27歳のようなんですが、ひたすらに可愛い…
ポニーテールもものすごく似合ってる。

溝端淳平はさすがに高校生役は厳しいですね笑

復讐…いい大人があまりにも短絡的…

洋輔の幼馴染たち、希一、和康、八真人たちと久しぶりに同窓会で再会します。
昔のように盛り上がった洋輔たちですが、樫村へ復讐する計画に誘われます。
内容はランニング中に拉致して監禁、そのまま置き去りにするという計画。
結果拉致監禁は成功したものの、洋輔が「ヤス」と名前を呼んだことを聞かれ、さらに洋輔は顔を見らえてしまいます。

やってることは高校生のいたずらのノリなのかもしれませんが、拉致監禁、暴行と立派な犯罪です。
もう30歳にもなろうとしている大人があまりにも短絡的だな~…
見つからないと思っていても、自分の社会的な立場とか考えたら普通やらないですよ。

さらに計画も穴だらけでずさん!
名前を呼ばないようにっていうのも失敗してるし、マスクも取ったところを見られているし。
洋輔は顔を見られてるからあのまま樫村が脱出していてもすぐ逮捕されてそう。。
何がしたかったんだろうなぁ…

次回2話のあらすじ

高校の同窓会で久々に再会した洋輔(溝端淳平)や希一(佐野岳)ら4人は、「仮面同窓会」と称し、高校時代に受けた体罰の仕返しに元教師の樫村(渡辺裕之)を拉致し、廃工場で天突き体操をさせた。
その樫村が翌日、別の場所で遺体で発見される。
その夜、希一の召集でたまり場に集まった洋輔、和康(木村了)、八真人(廣瀬智紀)。
暗く重い雰囲気が流れる中、警察に拉致がバレたら樫村殺しの濡れ衣を着せられると考え、アリバイの口裏を合わせる約束をする。

一方、美郷(瀧本美織)の勤める大学病院では、樫村の司法解剖が行われていた。
美郷はその検視内容を偶然きいてしまう。

樫村の葬儀に参列した美郷は、そこでなぜか希一の姿を目撃する。
樫村の検視結果と、葬儀での出来事を洋輔に伝える美郷。
その報告を受け動揺した洋輔は、その夜一人で樫村を放置した廃工場へと向かう。
すると、そこにいたのは…?

まとめ

何故か亡くなってしまった樫村。
きっと体罰以上の他の理由が隠されているに違いないですね!
ドロドロ極めそうだな。
エンディングのHYDEの曲と映像が作りこまれていて美しいです。
また来週みてみよう!