ドラマ『東京独身男子』

感想『東京独身男子』8話:それぞれの転機と決断!AK男子会の行方(ネタバレ)

< 8話(6月8日放送) >

前回AK男子会が解散になってしまって悲しかったですが…それでも続く、それぞれの人生は。
今回で最終回です!それぞれがどんな道を歩くと決めたのか!
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『東京独身男子』7話:太郎ちゃん仕事を辞める!?AK男子会解散の危機!(ネタバレ)」をチェックしてください。

『東京独身男子』8話のあらすじ

アラフォー独身ならではの様々な課題に直面してきた太郎(高橋一生)、三好(斎藤工)、岩倉(滝藤賢一)の3人。
太郎の転職、三好の審美歯科クリニック経営不振、岩倉の父との同居生活…それぞれが抱える悩みについて口々に想いをぶつけ合い、怒鳴り合った末、ついに解散宣言が飛び出す!

その直後、太郎はかずな(仲里依紗)に再び自分の想いを伝えるが、「これ以上、振り回されたくない」と去られてしまい…。
一方で、岩倉は同居を始めたばかりの透子(桜井ユキ)に出ていかれ、三好はクリニックの経営を改善すべく太郎が暮らす部屋の売却を迫られてしまう。

かつては”あえて結婚しない”=「AK男子」仲間として共に過ごしていた彼らは今、三者三様に人生の岐路に立たされていた。
そんな中、太郎の母親・石橋寿美代(萬田久子)が上京するとの知らせが…。
それぞれの試練を前に、AK男子3人が将来について真剣に考え、悩んだ末、最後に下した人生の決断とは…?
AK男子の物語、ついに完結!

8話の見どころは、太郎とかずなの結末、岩倉と透子の選択!

三好どこ行ったという感じですが笑
結局気になるのは太郎とかずながどうなったかなんですよね~。
前回ラストで太郎ちゃんがやっと告白するも…?というところでした。
やはり気になり続きが気になります。

そして岩倉と透子。
透子はやはり自分を変えられないと岩倉の家を出て行ってしまいます。
このまま終わってしまうのか…!?
意外な結末に大注目です!

『東京独身男子』8話の感想 (ネタバレあり)

最終回となってしまいました~!
でもとてもいい終わり方だったなと思えます。

AK男子会再結成!ワチャワチャが帰ってきた!

かずなが気を利かせて太郎の家に三好と岩倉を呼び出して、なんだかんだで仲直り。
言うてもみんな3人で会えなくて話せなくてどうしようもなく寂しかったんでしょうね。

抱き合ってぴょんぴょんしながら
「久しぶり!」「10日ぶり!」
「会えない間メール打っては消して打っては消して…」
「それね、俺もやってた!」

喜ぶ姿が小学生です笑 可愛らしい。

太郎が引っ越す為の物件を探しに不動産屋さんへ行く時にも三好と岩倉が付き添い、物件に何だかんだ注文を…
え、家族?いや、どういう関係?? と戸惑いますね笑
仲が良いのは良い事だけども笑

太郎&かずな、やっと結ばれてめでたい!

告白したものの、かずなに「もうこれ以上振り回されたくない」とフラれる太郎…
仕方ない、これまでの経緯を知るとかずなの反応も納得ですよ。
それでもその数日後、かずなが突然太郎の部屋にやってきて、告白された人を断ったと。
やっぱりどうしても太郎のことが好き、というかずな。

やっと!?やっと二人の想いが叶ったんですね!?
本当に良かったー!
結構いいカップルだなと思いますよ、やっぱり。
自然体だし、お互いのことよく知ってるし。

太郎の引っ越しに伴い、かずなに鍵を渡して一緒に暮らさないかと言うシーン、感動的でしたね。
太郎は仕事がまだ不安定だから結婚までは踏み切れなかったけど、きっとそのうち結婚に向かうんじゃないかと思わせるラストでした。
かずなも納得しているし、嬉しかったようです。
お互いに無理しないで一歩ずつ歩いていけば良いんですよね。

岩倉と透子が…結婚!?!?え!?!?

一番意外だったのがこのカップル。
岩倉さんのお父さんの介護という難しい問題を抱えていて透子は仕事も頑張りたいからと残業続き。
岩倉と話し合った結果、やっぱり岩倉の家を出ていくと言った透子ですが、
岩倉の父が「自分が出ていく。有料の介護施設に入るから。」と。。
父親にそう言わせてしまったことを透子も岩倉も気にして悩みます。

結局透子は家を出て行った訳ですが、その後も岩倉の父親の相手をしたり面倒をみに家に来たり…
そんな透子の姿をみて岩倉は透子に提案します。
「君は変わらなくていい、俺が変わる」
「俺は無期限で仕事を休む」

自分が父親の面倒をみるから、透子は仕事をしてほしいと…
びっくりしてそんなことは望んでいないと言う透子ですが、「そこまで考えるくらいに君が好きだ」と岩倉。
その言葉で透子の方から「だったら結婚しましょう」

岩倉さんめちゃくちゃ男前ですね!!!!
ここまで仕事一筋でずっとやってきたのにそれを全て投げうっても透子と一緒に居ることを選んだんです。
透子もここまで言われたら、嬉しかっただろうな。
透子が結婚はしたくないと言っていたのはきっと、家庭に入って仕事よりも家庭を第一にしないといけないと思ったからでしょうね。
もっと仕事をさせて貰えるなら結婚しても良かった訳なんでしょう。

「結婚してもしなくて今の自分に納得することが幸せの始まり」
ナイスアジェンダでした!

まとめ

いやぁいい最終回でしたね。
太郎&かずなもそうだけど、岩倉&透子が上手く行って意外だったけど感動しちゃいました。
三好はちょっと同じ歯科医の女性と何かありそうな気配だったし…?
あー続編希望だな、これは。