『いだてん ~東京オリムピック噺~』

大河ドラマ『いだてん』4話感想:金栗四三、ついにマラソンを始める。タビバクダサイ!(ネタバレ)

大河ドラマ『いだてん』

< 4話(1月27日放送) >

さてさて、楽しんで見ている大河ドラマ『いだてん』の4話です。
前回は愛しのスヤさん(綾瀬はるか)を故郷熊本に残してお別れをしてしまい、ちょっと寂しいですが…
今回も感想をご紹介していきます。

前回3話のあらすじと感想は以下「大河ドラマ『いだてん』3話感想:スヤさん、フォーエバー(ネタバレ)」をチェック!

4話のあらすじ

高師のマラソン大会で3位となった四三(中村勘九郎)。
表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習を敢行する。

そのころの嘉納は日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。
頼みの綱の三島弥彦(生田斗真)も当てにならない。

志ん生(ビートたけし)は嘉納の苦労を弟子の五りん(神木隆之介)に語るうちに酒を飲んでしまう。
ほろ酔いで高座に上がった志ん生が語る噺(はなし)とは──。

『いだてん』公式サイトより

4話の見どころは、四三の走りに対する探求心と超追い込み!

相変わらず四三は走るのが楽しくて仕方ない様子。
長距離競争に出て、スタートが出遅れたものの全体で3位に入り込みます。
嬉しくて実家に手紙を出したりするものの、家族からは冷たい反応。
走るために東京にやったんじゃない、と。。

この時代はスポーツという文化がまだほとんど無く、体を動かして競争したりすることが何のためになるのか、ということなんですね。
それでも四三はまだ自分の走りを磨こうと自分の敗因を研究し、改善しようとします。
子どものころに呼吸法を研究したように色々と試してやってみます。
本当にストイックで走ることに情熱を燃やしてるんですね~。
「 水抜き、脂抜き」と言って水分を最大限取らずに汗を出して、体重を軽くするという方法を試してみるのですが…

『いだてん』4話の感想

四三の研究熱心さに感心してしまいます。
足が早くなりたい一心で一生懸命ですよね。
冷水浴びを長年やってきたように、とことんやってみるタイプなんですよね。…これは、違うと分かるまで。

四三の頬がこけて、げっそりしているように見えてきたんですが、これは中村勘九郎の元々の骨格でしょうか??

足袋との出会い。四三、播磨屋で初の足袋をゲット

四三「足袋ば、ください!」

タビバ!

四三くんの熊本弁ですが、「ば」は「~を」という意味なんですって。なるほど~!
元々裸足で走っていた四三にはぴったりの履物が見つかって良かったですね。
播磨屋さんのご主人(ピエール瀧)さんとは長い付き合いになりそうなんですって。

三島弥彦、いつの時代もエリートはエリートなりに大変なんだな

前回も不思議に思っていた天狗倶楽部の三島弥彦ですが、家が有名な家系なせいで、本当はオリンピックの予選会に出たかったけれど諦め、運営側へ回ることになりました。

遊びでやる分には誰も文句は言わないけれど、本気で取り組むのは親や兄が許しません。
この時代まだスポーツ文化が栄えていなく、スポーツで生計を立てるもの無理でしょうし、エリート一家に生まれて周囲からの期待も厚い。
なかなか自由にはできない立場ですね。エリートも大変だなぁ。

次回5話のあらすじ

高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然オリンピックの噺(はなし)を始める。

時は明治44年、オリンピックへの参加選手を決める羽田の予選会。
全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真)は急きょ短距離走に参戦。

一方、金栗四三(中村勘九郎)は、10里およそ40キロメートルという未体験の長さのマラソンに挑む。
ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司)の待つゴールを目指す!

『いだてん』公式サイトより

まとめ

あれ、次回弥彦が競技に参加している!笑

とうとうオリンピック予選会です。
四三が勝つのは分かっていますが、死人が出るとまで言われていた過酷なマラソン。
どんなデッドヒートが繰り広げられたのか、楽しみにしています。

大河ドラマ『いだてん』
『いだてん』5話感想:三島天狗やっぱり五輪に大いに関係あった!(ネタバレあり)< 5話(2月4日放送) > 待ち遠しい大河ドラマ『いだてん』5話が放送となりました。 今回は羽田で行われたオリンピック予選大...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA