ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

『初めて恋をした日に読む話』8話感想:山下くん…自分の恋に衝撃的で潔いケジメのつけ方!(ドラマネタバレ)

< 8話(3月6日放送) >

とうとう佳境に入ってきました、ドラマ『はじこい』8話!
今回から怒涛の展開で最後まで走り抜けそう。
今回はゆりゆりが涙…雅志の切なさ…そして山下の男らしい決断とは…!?

前回のあらすじ&感想は「『初めて恋をした日に読む話』7話 感想:高梨臨がライバルに!?ゆりゆりのハグ…(ドラマネタバレ)」をチェック!

『はじこい』8話のあらすじ

牧瀬(高梨臨)が経歴詐称していた影響から「花恵会」が規則を厳格にした為、特例での匡平(横浜流星)の受講は撤回になってしまった。
理数科目もすべて「山王ゼミナール」で教えることになり、順子(深田恭子)が匡平に数学を教えていると牧瀬が姿を現す。
そして指導方法や授業プランを自らがまとめた授業ノートを順子に渡した。ノートを見た順子は牧瀬にある提案を…。 

その夜、美和(安達祐実)の声掛けで、順子・牧瀬・雅志(永山絢斗)のメンバーでプチ同窓会のような飲み会をしていた。
そこに山下(中村倫也)が現れ驚く順子。「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と牧瀬がそれぞれデートをする流れになってしまう。

一方、東大模試に向けて自宅で勉強をしていた匡平は、父親の菖次郎(鶴見辰吾)が電話で揉めている声を聞き不安になる。
様子を窺う匡平だったが、菖次郎から初めて優しい言葉をかけられ、嬉しさを隠せない。

迎えた東大模試当日、匡平のことが気にかかりながらも順子は山下とデートする。
夕方、模試が終わり順子と匡平は、牧瀬も交え自己採点をしてみたが、予想ではE判定・・・。
順子は匡平を励ますが、逆に順子が山下といるところを目撃した匡平から問い詰められる。
とっさに順子はデートしていたと正直に告白すると、匡平は嫉妬して帰ってしまう。

8話の見どころは、雅志の片想いを続けたうえの切なさと山下がする決断

雅志の家に匡平が来て、勉強をしながら寝てしまうシーンがあります。
匡平が寝ていると思って、雅志は順子への想いを呟きます。

自分は順子にとってただの安心な従妹だと。従妹である限りきっとこの先も男として見てはくれないんだろうと。
雅志は優しいので順子の気持ちを考えていたら、これまで自分の気持ちを押し通すことが出来なかったのかもしれません。
長い時間が経っているだけに、切ない気持ちが累積して今にも雪崩がおきそう。。
いつもフワフワしたり調子に乗ったりカッコつけたりな雅志ですが、本当は切ない想いを抱えているのが分かります。

そして山下の決断。
今回順子の為に山下が人生をかけた大きな決断を下します。
そんな大きな決断をスパッと決められる山下は男らしくてカッコイイです。
そして何より、順子を大切に想うからこその決断に涙が出ます。

『はじこい』8話の感想 (ややネタバレあり)

なんだか今回急にメインストーリーが深刻さを帯びてきて急展開がすごかったですね。
今までゆりゆりのきゅんきゅんするストーリーを追っていただけに、急カーブで大人な展開へ持っていかれてます。

雅志の優しさは順子だけにじゃない

雅志は匡平がカフェで勉強しているのを偶然見つけて声を掛けます。
今日は塾にも家にも居たくないと答える匡平。
カフェの閉店時間が迫り、行き場のない匡平を気遣って「俺のうちに来るか?」と声をかける雅志。
雅志は優しいなぁ。

雅志の家で勉強をさせてもらう匡平。飲み物を入れて持ってきてくれる雅志。
「まさし、やさしぃ~~~!」
そして勉強していた匡平が、いつの間にか眠ってしまったことに気付いて、ブランケットを掛けてあげる雅志。
「まさし!やさしい~~~! ……まさしい~!! !?」

この人匡平にめちゃくちゃ優しいですよね、執事の血が流れてんのかな?
というのは冗談ですが、きっと東大を目指す姿を過去の自分と重ねているところもあるんでしょうね。
後日、匡平の親の事件をテレビで知って、わざわざ仕事をさぼってまで匡平に会いに行きます。
そして自分が通った東大周辺を案内して、匡平に「逃げるな」、と叱咤激励します。

匡平に順子の為だと言っていたけど、やっぱり匡平の為でもあるんでしょう。
順子を通して匡平をみて、匡平のことを応援する気持ちになっているのかも。
とことんお人好しだとも思うけど、本当に優しい人ですね。

山下の恋は、きっと初恋から続いてた…

今回山下くんがびっくりするような決断をしましたね。
離婚した奥さんの父親が由利父を貶めた政治家だったとは、なかなか強引な繋がりですけどまぁ仕方ない。

順子とデートした後に「好きになりたいと思った」という言葉で嬉しかったけど諦めがついたと。
個人的には山下のことを前向きに考えてるということだから、時間が経てば可能性あるかもって感じに捉えました。
でも山下が感じたように、順子は今現在、山下に恋をしていないことは明確になりました。
きっと山下は順子のことが好きすぎて、自分の気持ちと順子の気持ちの差が分かりすぎて苦しくて、諦める方向に動いたのかなぁと思います。

教師って仕事にはそこまで思い入れが無かったようだけど、順子の登場で少しずつ生徒のことが好きになってきたところだったのかもしれないのに。
突然政治家になるなんて、思い切りが良すぎて普通は考えられない。。

恋って難しいですね。
両方が同じタイミング、テンションで始まることってあまり無いから。

山下の恋はきっと、順子に初めて恋をした高校生の頃からずっと続いてたんでしょう。
山下にとって順子は、恋は叶わなかったけど一生忘れない女性になるだろうと思ったからこその、今回の行動です。
自分が順子の一生忘れられない男になるには、そう考えたのでしょう。

順子が幸せになるために自分が出来ること。
それを必死で考えて出した決断でした。
そこまで献身的な愛を山下が持っていたなんて。
感動しました。

ゆりゆりこと横浜流星、めちゃくちゃ演技上手くない!?

わたしこのドラマを見るまで、彼が出ている作品見たこと無かったんですよね。
存在は知ってたけど。

まだ若いのに、すごく演技が上手だなと思います。
ゆりゆりの親や先生に尖った感じと順子に対する優しさや愛が目だけではっきり伝わるもんね。
今回で言うと山下のおかげで親の事件が収まった事を知って、申し訳無いのと感謝と喜びと寂しさと悲しさとが入り混じったような表情で山下に感謝を伝えるシーンがとても良かったです。
ゆりゆりの誠実さと素直さ、人柄の良さが表れてるシーンでしたね。

あと、これまで黒髪の印象が強いんですが髪色変えたのが良かったんだと思います。
イケメンが引き立つ笑

次回9話のあらすじ

順子(深田恭子)は匡平(横浜流星)が休んでいた分の勉強を教える為、順子の部屋で匡平、美香(吉川愛)、牧瀬(高梨臨)と勉強会を開いていた。と、そこに急に雅志(永山絢斗)がやってきた。
夜も遅くなったので勉強会はお開きに。いつになく思いつめた様子の雅志に、順子が声を掛けると…。

しばらく後、親戚の結婚式が行われた。その後、順子の家に親族が集合。30歳過ぎて未婚の順子と雅志は格好の話のネタに…。
いたたまれなくなった順子と雅志は順子の部屋へ避難するが、そこで雅志は順子に決死のプロポーズをする。

数日後、「ハングリージャングル」で匡平の勉強対策をしていた順子と牧瀬。雅志と順子の仲を勘ぐる牧瀬は、順子に突っ込んで問いただす。
牧瀬の勢いにたじろぐ順子は、つい雅志にプロポーズをされたことを話してしまう。その話をゴリさん(皆川猿時)が聞いていて…。

そして、センター試験もあと7日に迫った。匡平と美香の授業を終えた順子は、二人に応援の言葉をかける。
また牧瀬も「ハングリージャングル」で二人の最後の授業を終えた。
しかし牧瀬が席を外した時に、ゴリさんから雅志と順子が結婚すると聞いた匡平は──。

まとめ

次回のあらすじ、えっ!!!?!??って感じのことがさらっと書かれててビックリ笑
何だかんだでリアルタイムで視聴してる数少ないドラマです。
しかも何故かこれだけは「ながら見」が出来ないほど集中して見てます笑
もうすぐ終わっちゃうのが寂しいけど最後までゆりゆりを応援します!