ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

『初めて恋をした日に読む話』7話 感想:高梨臨がライバルに!?ゆりゆりのハグ…(ドラマネタバレ)

< 7話(2月26日放送) >

唯一リアルタイムで見ていると言ってもいい、ドラマ『はじこい』です。
気付いたら随分と楽しんでみている!!
明るく楽しく、そしてきゅんきゅんするストーリーが良いですね。

前回は順子が見つけた東大専門塾に匡平を通わせたいと頑張ってましたね。
その後どうなるのか、、早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『初めて恋をした日に読む話』6話感想:切ない展開を安達祐実の可愛さで中和したい回(ドラマネタバレ)」からチェック!

『はじこい』7話のあらすじ

順子(深田恭子)は匡平(横浜流星)をなんとしてでも東大に合格させるため、理数科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることに。

花恵会の講師の中で一番人気の百田明奈(高梨臨)が匡平を担当することになり、一緒に見学をしに来たエンドー(永田崇人)たちは魅力的な百田にデレデレ。
初めは順子以外から勉強を教わる事を嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。

一方で、順子は自分から匡平を花恵会に薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と比べ落ち込む。
それを美和(安達祐実)から「嫉妬なんじゃない?講師としても。女としても」と言われるが即座に否定。
そして、百田の指導を受けた匡平が、自分の頼りなさに気づかないようにと教材作りに燃える順子だった。

そんなある日。匡平と百田が2人で歩いているのを見かけたゴリさん(皆川猿時)は、ある事を思い出し雅志(永山絢斗)に電話をかける。

同じ頃、順子に告白をした山下(中村倫也)の元に、ある人物が訪れ…。

7話の見どころは、可愛いだけじゃない!?ももちゃん先生と順子との関係

前回で初めて登場した東大専門塾の百田先生(高梨臨)。
美しくて可愛くて優しくて、しかも勉強が出来て教えるのも上手。
今回順子が弱い理数3科目だけ匡平は花恵会に通う事になりましたが、百田がたまに見せる表情が怪しい…

高校生の男子にもテンション上げつつ接している百田ですが、きっと計算なんだろうな…と思っちゃいました。
匡平は百田先生に数学を教えて貰って確かに理解を深めている様子で、順子は匡平の様子が気になっています。

百田先生の本当の表情はどんなものなのでしょうか。
そして順子の気持ちに変化は訪れるのか??

『はじこい』7話の感想 (ネタバレあり)

コミカルなシーンがテンポを良くしてて楽しい!

美和やえとみかちゃんなどコミカルな女子がテンポよく会話しているシーンが楽しいですね。
今回はゆりゆりが順子に花恵会の様子を電話で伝えているシーンで笑いました。

(花恵会より)
匡平「ここやべぇぞ。生徒が講師囲ってチヤホヤしてる空間がやべぇ。」
匡平「やっぱ理数もお前が頑張れよ。」

「お前が頑張れよ。」

いやいやいやいや、”お前が”頑張るんだよ!!!と笑ってしまいました。
いつも順子には比較的丁寧な優しい言葉で接しているからか、このシーンはちょっと砕けた感じで良いですね。
しかし先生のことお前って言うなよ笑

そしてえとみかが匡平のいる南校へ遊びに来た時、初めて担任の山下と会って言いました。

「つかよく見るとヤバくない!?自己評価高めの元ヤン拗らせ教師って感じ!」

山下くんになんてことを!!
いや、合ってるんだけどね…恐るべし、JK。
山下にあんな風に言える人居ないよ、怖いもの無しなんだな…

ももちゃん先生はすごいと思った

結果としてももちゃん先生は経歴詐称していた訳なんですが、自分が東大にもUCLも出て無くても東大受験を教えられて、しかも実績も人気もあるってすごい事だと思いました。
確かに嘘は良くないけど、その努力は認められるべきだと思います。
だって死ぬほど努力しないと、そんなところには立てないから。
自分が受験するよりも大変なんじゃないのかな。

塾講師なんて実績重視のように思うけど…塾の立場で考えると処分は仕方のない事ではありますけど残念ですね。
そしてSNSに晒すなんてことは余計な事でしたよね。

ゆりゆりの男前なところはここだ!

順子のもとを離れて花恵会の授業に行くときに、懐いている子犬が仕方なく飼い主の元を去っていく感じが横浜流星天才だなと思いました笑
若さゆえの真っすぐな気持ちの表現がきゅんとしますね。
たまに不良の野良犬みたいな目をしますが、それも悪くない。いや、むしろ好き。

そういう一面もありながら、今回ゆりゆりの賢さが際立ったと思うんです。
男子生徒が百田先生にチヤホヤするなか、自分はちょっと引いた感じで見ている匡平。
順子がいるからというのは大きいですが、そうじゃなくても何だか裏のある雰囲気を感じ取っていたんだと思います。
胡散臭い大人をかぎ分ける能力、物事の本質を見る力というか。
自分にとって大事なこと、ものがはっきりしていて、その為に真っすぐ立っていて周りは関係ない。
ブレないところがとてもカッコイイと思います。

最後、順子と一緒に歩いているときのやりとり。
順子「同い年だったらきっとお互い目に映らなかったんじゃないかな。」
匡平「タメでも絶対見つけてたよ、春見のこと。」

匡平は本気で順子のことが好きなんだなと。
そして今後も全くブレない気持ちの強さを感じました。
泣ける…セリフ最高じゃないですか…

次回8話のあらすじ

牧瀬(高梨臨)が経歴詐称していた影響から「花恵会」が規則を厳格にした為、特例での匡平(横浜流星)の受講は撤回になってしまった。
理数科目もすべて「山王ゼミナール」で教えることになり、順子(深田恭子)が匡平に数学を教えていると牧瀬が姿を現す。
そして指導方法や授業プランを自らがまとめた授業ノートを順子に渡した。ノートを見た順子は牧瀬にある提案を…。 

その夜、美和(安達祐実)の声掛けで、順子・牧瀬・雅志(永山絢斗)のメンバーでプチ同窓会のような飲み会をしていた。
そこに山下(中村倫也)が現れ驚く順子。「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と牧瀬がそれぞれデートをする流れになってしまう。

一方、東大模試に向けて自宅で勉強をしていた匡平は、父親の菖次郎(鶴見辰吾)が電話で揉めている声を聞き不安になる。
様子を窺う匡平だったが、菖次郎から初めて優しい言葉をかけられ、嬉しさを隠せない。

迎えた東大模試当日、匡平のことが気にかかりながらも順子は山下とデートする。
夕方、模試が終わり順子と匡平は、牧瀬も交え自己採点をしてみたが、予想ではE判定・・・。
順子は匡平を励ますが、逆に順子が山下といるところを目撃した匡平から問い詰められる。
とっさに順子はデートしていたと正直に告白すると、匡平は嫉妬して帰ってしまう。

まとめ

雅志は順子と過ごした時間が長いから、とても良い二人の歴史の積み重ねがあるんですよね。
そんなアドバンテージを持っておきながら、山下にも抜かれるたぁ、情けない!
私は完全にゆりゆり応援モードに入っております。
来週は波乱ありそうだな…頑張れ…