夏ドラマ!

【2019年7月開始 】 期待のおすすめ夏ドラマ紹介②~まだまだ私はこれもみる!

ほんとに毎クール、ドラマ多いね笑
元々ドラマっこなので結構見てきたんですが、このブログ書き始めてからは、8~9割は見ているのでなかなか大変です。
とりあえず1話は観て、そこから取捨選択していくパターンなので、ドラマ開始時期は要チェック!

7月クールもまだまだ注目作が目白押し!特に深夜枠が活況!
期待度の高いものをご紹介していきます。

『監察医 朝顔』期待度★★★

7月8日(月)スタート 夜9:00~(フジテレビ系)公式サイト

キャスト:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎、戸次重幸、石田ひかり、板尾創路、山口智子ほか
原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣「監察医 朝顔」
脚本:根本ノンジ

『監察医 朝顔』イントロダクション

新元号・令和に初めてスタートする月9ドラマは主演に上野樹里さん、共演に時任三郎さんを迎えて、法医学者と刑事という異色の父娘を描く『監察医 朝顔』をお送りします。
上野さんは本作が玉木宏さんとのダブル主演作『のだめカンタービレ』(2006年10月~12月)以来、実に13年ぶりの月9ドラマ主演であると同時に、初の月9ドラマ単独主演となります。
また上野さんと時任さんは本作が初共演となります。

上野さんが演じるのは主人公の万木朝顔(まき・あさがお)。
死因を明らかにし、遺体の“生きた証”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇を超えてまで懸命に、そして真摯に遺体に向き合う新米法医学者です。
そんな朝顔に、父としてだけでなく仕事相手としても寄り添うのが、時任さん演じるベテラン刑事・万木平(まき・たいら)です。
朝顔は解剖で、平は捜査で、遺体の謎を解き明かしていくさまをサスペンスフルに織りなすと同時に、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描いていきます。

一方、朝顔と平はとある過去を抱えています。それは2011年3月11日に発生した東日本大震災。
今なお行方不明者がいる中、朝顔の母もそのひとりです。
存在自体が“生きた証”である母の遺体が震災で奪われてしまった中、朝顔は誰かの“生きた証”を見つけ出す法医学者の仕事に打ち込み、平は時間があれば遺体を探しに東北へ向かいます。
本作では、各話でさまざまな事件を扱いながら、全話を通して、ぽっかりと空いた母の穴を少しでも埋めようとするかのように肩を寄せ合い、笑顔と涙を繰り返して、少しずつ前へ進んでいく父娘のかけがえのない日々を、あふれるほど情感豊かに紡いでいきます。

待度は★★★

上野樹里ちゃんが本当にお久しぶりです、という感じで嬉しいです。
前作主演はのだめということで、未だそのほわんとしたイメージは強いのですが、ご結婚されて随分と大人で落ち着いた印象になってきた感じがしています。

今作は月9ながら法医学という人の死を描いた作品で、随分と真面目路線。
軽い要素が無くシリアスな物語展開となりそうで、月9としては新鮮な印象です。
3.11のことも描かれるということなので真面目に向き合いたい作品です。

キャストの方も素晴らしい演技派揃い。
お父さん役に時任三郎さん、恋人役に風間俊介くん。

法医学と言えば、直近では石原さとみの『アンナチュラル』の印象が強いです。
似たようなテーマでどのようにオリジナリティが描き出せるのか。
興味深く観たいと思います。

『ボイス 110緊急指令室』期待度★★★★

7月13日(土)スタート 夜10:00~(日本テレビ系)公式サイト

キャスト:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、木村祐一、石橋菜津美、田村健太郎、安井順平、小市慢太郎、YOU、菊池桃子ほか
原作:”Based on the series “Voice”, produced and distributed by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co.,Ltd”
脚本:浜田秀哉

『ボイス 110緊急指令室』イントロダクション

緊急指令室には、電話による通報から
『3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙』
という被害者の生死を分ける「クライシスタイム」が存在する…。

クライシスタイム内に人々を救うため 緊急指令室(現在の110番)内に
新たに独自の捜査ユニットが創設された。
その名は…「ECU(Emergency Call Unit)」。

勘と行動力で突き進む凄腕刑事と ボイスプロファイラー(声紋分析官)たちが協力して
助けを求める人々を救っていく 「タイムリミットサスペンス」が誕生!
さらに、主人公たちの愛する家族を 無残に殺害した「真犯人」を
突き止めていく壮大な復讐劇が幕を開けます!

待度は★★★★

なんだかんだで面白そう。
唐沢さんと真木よう子がシリアスなドラマで主演ってなんだか嬉しい感じです。
二人ともコメディタッチなドラマも多かったと思うので、ここへきてマジメなドラマも良いですね。

原作は韓国で人気のテレビドラマシリーズ。
よくある警察モノではありますが、今作は通報者の”声”に焦点を当てたところが際立って面白いですね。
その声がどう事件捜査に影響していくのか…?
さらには割とアクション要素もあるようなので、唐沢さんをドキドキハラハラしながら見守りたいです。

『べしゃり暮らし』期待度★★★

7月27日(土)スタート 夜11:15~(テレビ朝日系)公式サイト

キャスト:間宮祥太朗、渡辺大知、駿河太郎、尾上寛之、寺島進、矢本悠馬、小芝風花、徳永えり、堀田真由ほか
原作:森田まさのり 「べしゃり暮らし」 (集英社)
脚本:徳永富彦

『べしゃり暮らし』イントロダクション

“笑わせるためなら、命がけ―!”

主人公・上妻圭右(あがつまけいすけ)(演:間宮祥太朗)は、学校一笑いに貪欲な“学園の爆笑王”。
そんなある日、高校生ながら元プロの芸人だった辻本潤(つじもとじゅん)(演:渡辺大知)が、大阪から圭右と同じクラスに転校してくる!!
初めはぶつかり合う二人だったが、やがて漫才コンビを組むことになって…!?

単行本累計7,500万部以上の大人気漫画家【森田まさのり】が描く、渾身の最新作『べしゃり暮らし』の初映像化がついに決定主演に【間宮祥太朗】、その相方役を【渡辺大知】が務め、今を時めく若手実力派俳優の漫才コンビが誕生。
そして、芸人だけでなくクリエイターとしても第一線で活躍する【劇団ひとり】が、連続ドラマの初演出に挑戦する!!

待度は★★★

原作知らないのですが、間宮祥太朗がとっても森田まさのり漫画に出てきそうな顔だな~と思いました笑
なので素晴らしく似合ってると思うんですけど。
高校生の役なんですね…さすがに年齢的にそろそろ辛そうですが、実際の高校生くらいの年齢の役者さんだと力量的に厳しいんだろうなとも。。

劇団ひとりが演出というのも、すべてはお笑いの「べしゃり」にドラマの面白しろさもかかっているので頷けます。
その部分に期待ももちろんあるけれど、わずかに不安もありますね。
やっぱりお笑いの間とかテンポって相当な練習を重ねないと難しそうだと思うので…
お芝居の上で面白い感じにやるのと、漫才でガッツリ喋って笑わせるっていうのも違うんでしょうし。

ただ、役者さんって器用なので、きっと笑える作品になるだろうと期待します!

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』期待度★★★★

7月11日(木)スタート 夜9:00~(テレビ朝日系)公式サイト

キャスト:大森南朋、松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙、淵上泰史、西田敏行、森川葵ほか
原作:「サイン」 ©SBS/脚本 キム・ウニ、チャン・ハンジュン
脚本:羽原 大介 、香坂 隆史

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』イントロダクション

法医学 vs. 絶対的権力
“真実”をめぐる壮絶な戦いが開幕!!
衝撃のラストにあなたは必ず号泣する…

――真実は、勝たなければ“真実”にならない――

最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマ『サイン』を
大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら強力キャストでリメイク。
どこまでも“真実”と“正義”に忠実に…
遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、
不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていきます!

今、ドラマ界で人気の“法医学”を軸にした
“真実”をめぐる巨悪との戦い――
一度見始めたら止まらない…!
息もつかせぬ激闘の火蓋がついに切られます。

待度は★★★★

またまた韓国ドラマのリメイク作です。
キャストを見てもそこまでそんなに期待してなかったのですが、やっぱりお話が面白そう!
海外原作のものだと規模が大きくて、ストーリーの作りこみがしっかりしてそうで良いですね。

キャストの中では高杉真宙くんが推しです。
まだ22歳なのに26歳の役です。
どんどん役者として成長していて、主演もやるようになってきて今後もさらに期待です。
今作では演技派の先輩方と共演でまた成長してくれると嬉しいです。

『わたし旦那をシェアしてた』期待度★★★

7月4日(木)スタート 夜11:59~(日本テレビ系)公式サイト

キャスト:小池栄子、りょう、岡本玲、黒木啓司(EXILE、EXILE THE SECOND)、平山浩行、夏木マリほか
脚本:仁志光佑、三浦希紗、本田隆朗

『わたし旦那をシェアしてた』イントロダクション

『愛した夫』は、一体何者だったのかーー。

『事実婚』ながら愛する夫と幸せな日々を送っていたシングルマザー。
そんなある日、夫が何者かに殺害されたと警察から連絡が……。
病院に駆けつけると、夫の『妻』だと名乗る女性が自分の他に2人も現れる!?

しかも夫の遺言により、『シングルマザー専用シェアハウス』で3人は同居する事に。
そして驚愕の事実が明らかになる…。

なんと夫は、”たった一人の妻”の為に【3億円の遺産】を残していたのだ!?
果たして、夫が一番愛していた妻は、いったい誰なのか!

愛した夫の素顔をしるために、シェアハウスで共同生活を送る事になる、パワフルなシングルマザー達のファイティングミステリー!

待度は★★★

こちらも深夜枠のドラマです。
小池栄子のキャリアウーマン、バリッとしてカッコイイですね。
この方、目が大きいので目の演技に迫力があって好きです。久々の主演ドラマでしょうか?
何気に色んなドラマでお目にかかるイメージ。
そして結構迫力のある「顔」をするイメージです。大奥とか笑

この「旦那をシェアしてた」って異常な状況のストーリー面白いなと思いました。
3人が全然違うタイプで、旦那の振り幅広い…!
そこにミステリー要素が入ってくると。しかもシェアハウスでしょ?
心が休まらない家だなぁ。
予想がつかないので、どんな展開になるのか楽しみです!

『Iターン』期待度★★★★

7月12日(金)スタート 夜0:12~(テレビ東京系)公式サイト

キャスト:ムロツヨシ、古田新太、渡辺大知、鈴木愛理、毎熊克哉、相島一之、笹野高史、黒木瞳、田中圭ほか
原作:福澤徹三「Iターン」(文春文庫刊)
脚本:内田英治

『Iターン』イントロダクション

中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳にして、左遷同然の人事で日本最果ての街“阿修羅市”へ単身赴任することになった。
社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられる。
馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業…本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。

そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が!
これが悪夢の始まりだった…。
怒り心頭の社長・竜崎(田中圭)が手にするのは狛江が担当したチラシ。
そこにはとんでもないミスが!
しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。
狛江は絶体絶命のピンチに陥る。

さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田新太)も怒鳴り込んでくる。
岩切が激怒しているワケとは一体…!?
突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。
家族のために働くサラリーマンの人生が一転、借金を抱え身売りのピンチ。
さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?
“修羅の街”で広告マンとヤクザの危険な二重生活がスタート!
不幸の無限ループに陥った男のI(=自分)ターンとは!? 

待度は★★★★

『きのう何食べた?』の枠でムロツヨシです。
そして相手役は古田新太ととても深夜っぽい…
ムロさんこういう役、本当に面白いですよね。古田新太との掛け合いも楽しそう。
そして何気に田中圭が裏社会の人役で出演!

ギャグ要素がどのくらいあるのか、その笑いがハマるのかによって大きく評価左右されそうですが
ムロさん予告で体張ってたから楽しみたいです!

まとめ

7月開始、夏ドラマ②を紹介してきました。
ほんとに面白そうなドラマ多いです、夏ドラマ!
最近深夜帯でもキャストが豪華だったり、しっかりしたドラマも多くて目移りしちゃう。
1話しっかりチェックしていきます!