『知らなくていいコト』

『知らなくていいコト』1話ネタバレあらすじ:キアヌ・リーヴス出演期待!?吉高由里子の新ドラマ開幕!

『知らなくていいコト』

< 1話(1月8日放送) >

2020年1月8日から、吉高由里子主演、大石静香脚本ドラマ『知らなくていいコト』が放送開始です。
ついに週刊誌記者がドラマに。
なかなか主役にならない職業ですが、福山雅治と二階堂ふみの映画『SCOOP!』が思い出されます。
最近では芸能人のスキャンダルやスッパ抜きにやりすぎの声もあったりしますが、どう描かれていくのか楽しみです。
吉高由里子、週刊誌記者のイメージでは無いですが、彼女の作品なんだかんだで面白いので期待も高まります。

さっそくご紹介。そしてネタバレあらすじをSNSの反応を交えつつ書いていきます。

『知らなくていいコト』出演者・スタッフ

『知らなくていいコト』出演者

真壁ケイト -吉高百合子
野中春樹 -重岡大毅(ジャニーズWEST)
尾高由一郎 -柄本佑

真壁杏南 -秋吉久美子
岩谷進 -佐々木蔵之介
乃十阿徹 -小林薫 ほか

『知らなくていいコト』スタッフ

脚本:大石 静
プロデューサー: 小田玲奈、久保田充、大塚英治(ケイファクトリー)

主題歌:「素晴らしき嘘」flumpool(A-Sketch)
音楽:平野義久 「知らなくていいコト」オリジナル・サウンドトラック

ぴお
ぴお
サントラ準備あるんですね!音楽に力を入れてるようです!

『知らなくていいコト』1話ネタバレあらすじ

真壁杏南(秋吉久美子)は映画字幕翻訳家だ。
真壁ケイト(吉高百合子)が家に帰ると母の杏南が自分の出演したテレビ番組を見ていた。
ケイトは家に帰ってすぐにお風呂に入り再度出社すると言う。
彼女は週刊誌の記者だ。

母が倒れた…

出社するとすぐに編集会議に出るケイト。
徹夜でスクープを取ったと上司に報告する。
「今人気の高級居酒屋「蟹三郎」、タラバガニと言って出していたのはアブラガニでした。」
「アブラガニはタラバガニよりずっと安い、ひどくないっすか?」
そこへ電話がかかってくる。
母の杏奈がくも膜下出血で病院へ搬送されたというのだ。
運ばれていく母に話しかけるケイト。
「言っておきたいことがある。」
「…お父さん、ケイトのお父さん。キアヌ・リーヴス…
そのまま母は意識を失い、呆気なく亡くなってしまった。

母が残した言葉の意味とは…?

葬儀の準備をひとりで進めるケイト。
そこへやってくる野中(重岡大毅)。ケイトの恋人だ。
ケイトの手伝いをし、ほかに親族がいないケイトのために編集長とデスクに親族席にいてほしいと頼んだ。
母の遺影は、ケイトの元恋人のカメラマン、尾高が撮ったものだった。

ケイトは野中に母が最期に言ったことを話す。
「なにそれ、お母さんのジョークじゃない?」
「死ぬ直前にジョーク言うかな?」
「ケイさんの顔可愛いけど、キアヌ・リーヴスの子っていうのはかなり無理があると思います!

野中が帰った後、ケイトは母の部屋を整理していた。
すると仕事の資料の中から若いころのキアヌ・リーヴスとのツーショット写真が…
さらにメッセージカードまで発見し、まさかほんとに母とキアヌが…?と疑うケイトだった。

詐欺被害にあっている女性を救え

次の日出社すると同時に編集長とデスクの会議に乗り込むケイト。
良いネタがあると言うのだ。
警察の知り合いからの情報で、特殊詐欺に引っかかっている母親がいると息子から相談があったのだ。
70歳の母親がネットで知り合った会ったこともない外国人男性に2500万円も渡しているという。
どう考えても架空の存在しない人物で、そう母親に言うがきかないというのだ。
ケイトはその母親・多賀笑子(倍賞美津子)に話を聞くべく、彼女がやっている茶道教室に入門する。

自分の仕事のことは隠し、茶道教室を体験するケイト。
茶道など全く経験が無いので、正座ですぐに足がしびれてしまう。
先生がお茶を淹れている間、彼女のスマホからメッセージを受信している音が頻繁に…
先生に話を聞こうとするが、決してそのことには触れない笑子だ。
ケイトは正座に溜まりかねて倒れてしまうが、また明日来ます~!と根性を見せる。

会社に戻るとケイトの元彼の尾高(柄本佑)がやってくる。
アラスカに取材に行っていてお葬式に出られなくてごめん、と。
今も軽口を叩きあう仲で、周りからはお似合いなのになんで別れちゃったんだろうと思われている様子。
同じ職場で働く今彼・野中も少し気にしているようだ。
母親とも親交のあった尾高は、今夜お線香をあげに行くと言う。

尾高が来てお線香をあげた後、昔撮っていたケイトと母親の写真を渡す。
するとケイトは想いが込み上げてきて泣けてきてしまう。
そして尾高に聞いてほしい話がある、と例のキアヌ・リーヴスの件を相談する。
すると尾高はきっと本当だと、キアヌの子供だと言う。
良い話だから信じようと。

しかしケイトと別れてからどうにも深刻な表情になる尾高
どうやら過去にケイトの母と何かがあったようだ。

ケイトは次の日も茶道教室に行き、マナーから教えてもらう。
その際にも頻繁に先生のスマホにはメッセージが…
そのメッセージを見て、突然教室中に外に走って行ってしまう笑子だった。

巧みな詐欺の手口、そして週刊誌記者の身分がバレる

笑子が自宅に戻ると彼から来たメッセージをパソコンで翻訳する。
すると彼がいたキャンプ地が爆撃されて重傷だという。
今すぐ100万円を振り込んでくれというメッセージだった。
すぐに振り込もうとする笑子。
だがその時パソコンがフリーズしてしまう。

戸惑う笑子はケイトにパソコンを直すようにお願いする。
その時、メッセージを送った彼、チャールズのことをケイトにも話す。
ケイトは画像を検索したら全然違う名前の人として出てくる、こんな人は実在には居ないから騙されているんだと説得するが、笑子は全く耳を貸さない。
そしてケイトが「週刊イースト」で働いているというと、笑子がさらに激怒する。
「人の秘密を暴いてお金を稼ぐ週刊イーストなの?私のことも面白おかしく書くつもり?」と言ってケイトは追い出されてしまう。

ネタバレあらすじの続きをみる

ケイトの父親は誰なのか…?

ケイトが家に帰ると母親の遺品整理の続きをする。
すると母親の卒論ファイルを見つけた。
テーマは「文学の巨匠 スタインベックのエデンの東」。「エデンの東」の主人公がケイトという名前だった。
さらにその中からある指輪を見つけた。
指輪には「T to A 1986」のメッセージが刻印されていた。
Aは母親の杏南。送り主はキアヌならKだから違う。
調べるために指輪の店に依頼主を聞きに行くケイト。
すると30年も前のことだからと依頼主の名前を教えてくれた。
「依頼主は乃十阿徹様でございます。」

その名前にどこか聞き覚えのあったケイトは仕事の合間に検索する。
すると…
乃十阿徹 「無差別殺人」「キャンプ場の無差別殺人」「大学教授」「スタインベック」などが出てくる。
大学教授でスタインベック研究の第一人者と言われていたらしい。
しかし、自分は殺人犯の子なのか…?絶望的な気持ちになる。

泣きながら野中に会いに行くケイト。
「私キアヌ・リーヴスの子供じゃなかった…それだけじゃなくて…」
そのケイトの様子に心配する野中は、
ケイさん、結婚しよう。俺はケイさんと生きていきたい。」と突然のプロポーズ。
「殺人犯の子供でも…?私、殺人犯の子供なの。」

ぴお
ぴお
辛い展開…でもの乃十阿徹の事件の詳細によるかも。あと名前が「not at all」を表しているのでは?と話題。

過去の情報を整理する

二人で情報を整理する。
母の杏南が大学時代に研究していたテーマはスタインベックで、その研究室の教授になったのが乃十阿徹だった。
その時に母は指輪をもらっていて、その3年後夏休みのキャンプ場で殺人事件が起こる。
全ての情報が違和感なく繋がり、ケイトは乃十阿徹の子だと思えた。

ケイトは聞く。
「春くん、私が殺人犯の子でも結婚できる…?」
「出来るよ、ケイさんが誰の子でも関係ない。」と言い切る野中。
その言葉に救われたケイトだった。

次の日、野中とともに目覚めて幸せを実感するケイト。
昨日はどん底だったのに今日は頂点!と愛の力を実感する。

再び笑子の茶道教室へ

そして笑子の茶道教室へ再び向かうケイト。
「先日は申し訳ございませんでした。わたし、先生の気持ちが分かりました!」
「何が分かったの?」
「愛してると言われたときの気持ちです。先生と恋の話がしたいです。」

茶室にあげてもらい、話をするケイト。
「愛してるという言葉をお金で買ったんですね。」というケイト。
先生は分かっていながらもお金で愛を買ったんですね、と。
先生が稼いだお金ですから何に使おうと自由ですと話す。

毎朝重い気持ちで目覚めて生きてきたけれど、何十年かぶりに胸がきゅんとしたのだと話す笑子。
だが嘘と知らずに愛を買う人には注意喚起しなければならない、記事にしてもいいか?と聞くと、笑顔で了承する笑子だった。

ケイトの記事は詐欺を取り扱いながら恋愛に踏み込んだ独特なスクープ記事となった。

ぴお
ぴお
これはこれで良いけれども、見出しからして読む気にはならん。

尾高は何かを隠している…?

会社で尾高に偶然会うと「ちょっといい?」と呼び出すケイト。
わたし結婚しようと思ってるんだ、と話しだす。
「結婚する前にきちんとしておきたくて、乃十阿徹のこと。
昔尾高が出所する乃十阿徹を写真に撮っていた。
何故尾高が撮ったのかと聞くケイトだが尾高は誤魔化す。

「尾高さんはずっと私に何か隠してる。」というケイトだが真相は分からなかった。

家で食事をしていると野中が話があるとやってきた。
「結婚の話だけど、やっぱり結婚は無理かなと思うんだ。」と言い出す。
「子供ができたときのことを考えると、その遺伝子どうするんだって思っちゃう自分がいて。ごめんなさい。」
と結婚話を撤回する野中。
「聞いた話は誰にも言いません、秘密は守ります。」と言って去っていく野中だった。

ぴお
ぴお
は???春くん??
以下、上りに上がった好感度が地に落ちる春くんの様子です。

『知らなくていいコト』1話感想まとめ

キアヌ・リーヴスっていきなり無理があるなと、パンチの効いた展開からスタートしましたね。
吉高百合子ってすごく日本人顔ですからね。。

そして週刊誌記者が吉高百合子というのがどうにも違和感があります。
勝手なイメージで申し訳ないのですが週刊誌記者ってやはり朝から深夜まで、お金になるネタを探している、言ってしまえばややゲスいイメージ。
あんな素敵で優雅な感じで吉高百合子みたいな上品な人が出てきたらびっくりする。
一応「~っす。」という口調で話してみているものの全然似合わないですね笑
やはりちょっとイメージが上品、ゆったりしすぎるんだろうな。

さらには彼氏役重岡君。多分年下彼氏って感じですよね。
結婚について、なかなか難しい問題だから迷ってしまうのは分かるけど、一旦良いっていったのを翌日ひっくり返すとか「ええ~っ!!」て感じ。
重岡くんにキュンキュンしていた女子が一斉にコケて、「なんだこいつ!」「おい、表に出ろ!」と言い出したので笑いました。
一応2話以降も出てくるようだからひと安心ではありますが。

そして尾高さん。
今期、柄本一家ドラマで大活躍ですね笑
今作を見てなんだか柄本一家では佑さんが一番イケメンだなと勝手に思っておりました。
尾高の落ち着いた感じがとても安心感あります。
今後もケイトのことを守ってくれれば良いのですが…

『知らなくていいコト』2話あらすじ

母・杏南(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。
そのことで春樹(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。
事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。
しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……!
イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。

一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。
その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。
撮影に向かう尾高(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!?

『知らなくていいコト』
『知らなくていいコト』2話ネタバレあらすじ:尾高さんにしとけば良かったのに!何故!< 2話(1月15日放送) > 『知らなくていいコト』キアヌ・リーブスの子供が吉高由里子という言葉にSNSをざわつかせた第1話。 ...

見逃し配信ならHulu!賢く使って無料視聴しよう

『知らなくていいコト』を全話見逃し配信で見るならHuluで!
Huluでは他にも多くのドラマ、映画を扱っていて、国内VODサービスの中でも料金も比較的低価格でおすすめです。

『知らなくていいコト』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

他のVODと比較検討してみたい方は以下の記事で比較解説しています。

動画配信サービス5選
動画配信サービス(VOD)比較表-コスパ最強”アナタに”おすすめサービスを紹介!(2019)いつでもどこでも好きな動画がみられる動画配信サービスが盛り上がっています。 最近ではいくつもサービスが誕生してどれにしたらいいか迷って...

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA