『知らなくていいコト』

『知らなくていいコト』3話ネタバレあらすじ:野中のクズさが加速!尾高が見せた怒り

『知らなくていいコト』

< 3話(1月22日放送) >

吉高由里子を巡る二人の男性と父親の犯行のミステリーが話題のドラマ『知らなくていいコト』。
やっぱりクズな春樹はずっとクズのままなのか…?
逆に尾高の株は急上昇!
父親の件がどう進展していくのか気になります。
早速ネタバレストーリーを書いていきます。

『知らなくていいコト』
『知らなくていいコト』2話ネタバレあらすじ:尾高さんにしとけば良かったのに!何故!< 2話(1月15日放送) > 『知らなくていいコト』キアヌ・リーブスの子供が吉高由里子という言葉にSNSをざわつかせた第1話。 ...

『知らなくていいコト』3話ネタバレあらすじ

「私が乃十阿徹の子供だって分かってて結婚しようと思ってくれてたってこと?」
「うん。」

と当時の尾高の本音を確認したケイトは嬉しくて泣いてしまう。
何故この人を選ばなかったのか…
少し後悔するが、尾高が奥さんと電話する様子を見て、もうこの人は結婚しているのだと自分に言い聞かせる。

尾高との始まりは8年前

8年前、ケイトが週刊イーストに配属されたばかりの頃に尾高と組んで仕事をしていた。
二人で有名人の不倫現場を抑えるため夜通し張り込んだ。
何日も尾高と二人だけで一緒に過ごす日々が続いたのだ。

ケイトはふと車に乗っているときに「キスしたいです。なんかそんな気分…っていうか。」と尾高に言う。
冗談だと誤魔化そうとした時、尾高にキスをされたのだった。
こうしてケイトは尾高と付き合うようになった。

それからは二人とも仕事も恋愛も絶好調だったが、尾高が撮影した乃十阿徹の出所した写真が掲載されてから二人の関係は変わってしまった。
突然ニュースカメラマンを辞めて動物カメラマンに転向した尾高に急速に興味を失っていくケイト。
そして同じ部署の新人だった野中春樹と付き合うことにしたのだった。
尾高はケイトと別れて1年後に撮影で出会った女性と結婚した。
後悔しても戻れない過去。その現実は辛かった。

新しい企画はダンサー・タツミーヌの才能!

編集長・デスク会議でケイトの上司の黒川がケイトの政治家不正疑惑をあげるが証拠が足りないと一蹴される。
その大臣のTwitterを調べていたケイトは、一緒に映っていたダンサーのタツミーヌに注目する。
周りに聞くと最近人気が高まっているダンサーだそうだ。
黒川は次の企画は「人気絶頂ダンサー・タツミーヌの才能」で行くと言う。

チームで役割分担するが、ケイトはタツミーヌのファッションについに取材することに。
知り合いのファッション専門家に取材すると昔のタツミーヌについて知っているようだった。
タツミーヌのいくつかの写真では正統派のファッションを彼なりに着崩していた。
特に靴はハイカットのブーツでいつも映っており、お気に入りと思われた。
彼はスタイリストもつけないという話だ。

そこへ黒川から電話が入り一旦戻って来いと言われる。
タツミーヌが炎上しているというのだ。
かなり若い時の映像だが、たくさんの高齢者を前に「老害こそが問題なんです。必要なのは施設じゃなくて姥捨て山なんじゃないですか!」などと暴言を吐く姿が映っていた。
これがSNSで出回って炎上していると言う。
岩谷は「タツミーヌの取材は方向を変えて続行しよう。」と提案する。
ケイトはそれを聞いて炎上しているのは10年も前の動画だから自分の政治家の不正疑惑の方がよっぽど旬だと編集長を説得する。
しかし岩谷は首を縦に振らず、タツミーヌの企画をやるとケイトを逆に説得する。

タツミーヌの居場所を探せ!

まずは雲隠れしたタツミーヌの居所を探す。
SNSでの多数の目撃情報からタツミーヌの稽古場を突き止める。
現場で張り込むがすでに多くのマスコミが駆けつけていた。
タツミーヌと思われる長身の男性が出てくるが、ケイトたちはそれはおとりだと動かず。
ケイトは例の彼が気に入っているハイカットのブーツを見てタツミーヌを見分けることに成功した。
声を掛けて追いかけるがタツミーヌはスケボーに乗って逃げてしまった。

その後タツミーヌが現れそうなところへ方々探しに行くが、見つからず…
ケイトは昔バイトをしていたというラーメン屋へ取材に行くことにする。

ネタバレ続きをみる

野中が尾高に話したかったこととは…?

編集部に尾高が来年のカレンダーを持って挨拶にやってくる。
チラチラと尾高のことを気にする野中。
すると尾高に話があると屋上に呼び出す。
「尾高さんてなんで真壁さんと別れたんですか?教えてくれませんか?」
「嫌だよ。」
自分もケイトと別れた、本気で結婚したいと思っていたけどできない理由があった。
そしてその理由は尾高も同じだったのではないかと聞く野中。
はっきり言わない野中にイライラする尾高。

「彼女の父親が誰か知っていますか?」と切り出す野中。
「結婚して子供が欲しい普通の人間なんですよ、僕は。」
「尾高さんも僕と同じだったんじゃないかと思ったら、どうしても聞きたくなったんですよ。」
尾高が自分と同じ選択をしていたと思い込んでいる野中は、勝手に話を進めて安堵している。

黙って聞いていた尾高は、初めて野中がケイトと別れていたことを知って、ケイトの涙の理由を理解した。
軽蔑した目で野中に告げる。
「お前…最低だな。」

タツミーヌの真実を探せ

ケイトはタツミーヌの昔のバイト先に取材に行く。
働き者でなんでも率先してよくやってくれてたと語る店の主人。
タツミーヌの通っていた稽古場があった場所に老人介護施設ができることになり、稽古場は潰れてしまったのだと言う。
それにショックを受けていたと話す。

その介護施設に聞き込みに行くケイト。
その建物が出来た当時のことを聞きたいと、以前の施設長に話を聞くケイト。
介護施設を作るにあたって何度も住民と説明会を開いたのだと。
タツミーヌの炎上動画を見せると、「この場に私いました。」と言う施設長。
「こんな風に切り取られて可哀そうだ。」とも。

施設長から聞いた話を黒川デスクに報告するケイト。
良い話だが本人のコメントが無いと記事には出来ないと言う。
タツミーヌは都内のホテルに籠っているらしかった。
「方法はあります。」と言い、ケイトは昔ながらの方法で直筆で手紙を書きだす。
週刊イーストは嘘は書きません、と。
それを野中が担当する、タツミーヌと仲の良い執筆家に託すのだ。
野中に協力を依頼するケイトだった。

タツミーヌの独占インタビュー慣行!

タツミーヌはホテルの部屋でその手紙を読み、ケイトの取材を受けることにした。
例の炎上動画の前に何があったのか話し出す。

当時のタツミーヌは稽古場を一部でも残して貰えるように条件を譲歩して提案していた。
しかし説明会に来ていた高齢者たちは若者の遊び場なんかに出来ないと猛反発。
「ダンスなんてものは不良がやるものだ。ダンスなんてあっても無くても生きるのに関係ないんだよ!!」
ダンスに命を懸けていたタツミーヌはその言葉が切っ掛けになりあんな暴言を吐いてしまったのだと言う。
当時の暴言を今は反省しているタツミーヌ。
未熟で将来の不安と稽古場が無くなることへの動揺であんな発言をしてしまったと。

「これからもダンスを続けますか?」と聞かれると
「はい。僕にとって生きることが踊ることですから。」
「公式の場に招待されなくても、僕はどこでも踊ります。」と語るのだった。

その言葉に気持ちを動かされたケイトは、タツミーヌに踊っているところを撮らせてほしいとリクエスト。
ホテルの屋上で踊っているところを撮らせてもらうのだった。
この独占インタビューを中心に記事を成立させることができた。

タツミーヌの出ていた公演を主催するのはサイバーオムニ社。
ケイトが追っていた大臣にはサイバーオムニ社との談合疑惑があり、
タツミーヌの公演を見に来ていたその日にサイバーオムニの社長と談合をしていたのではないかと気づくケイト。
それについて調べたいがまずはタツミーヌの記事が先だとどやされる。

新しい年を迎えたケイトは乃十阿徹の元へ

会社の忘年会で野中にタツミーヌの件で協力してくれたことのお礼をするケイト。
周りからはまだ二人は付き合っていると思われているので、そろそろ結婚かと言われている。

そしてお正月を迎える。
ケイトは一人お雑煮を作ってゆっくりと過ごしていた。
ふと、乃十阿徹のことが気になり、現在の所在を調べ始める。
すると千葉県のある場所で今にも潰れそうな自転車店を営んでいるとSNSに情報が見つかる。
ケイトはその場所を訪ねてみることにした。

そこは鄙びた港町、SNSにあった自転車店を発見したケイト。
すると男性が一人店から出てくる。
少し離れた場所からその姿を見る。
振り返った男性は、乃十阿徹、その人だった。

『知らなくていいコト』3話感想まとめ

今回も安定のクズっぷりを見せた野中でした。
これはもう魔が差したとかじゃなく、彼の実力なんでしょう。
クズ男の実力…野中よ…
演じている重岡くんのたどたどしく怯えたような感じと自分が正しいのだと言い訳めいた感じが絶妙。
彼はもしかして演技が上手いのかな?それとも素の挙動不審なのか。
もう少し見てみないと分かりませんが、現時点ではクズさが絶妙と思えます。

今回尾高さんに、「あなたも僕と同じクズですよね?」と問いかけるような内容で、尾高さんは相当怒ったでしょうね。
ケイトと付き合っていると思っていたからこれまで少し野中と距離を取ってきていたのかもしれないですが、父親のことを切っ掛けに別れるなんて…
結婚しようとしていた尾高からすれば一緒にされたくないのも当然。
尾高と野中ではケイトに対する愛情も人間の器も全く違うということですね!
野中は余計なことしないで仕事に励んでほしいと思います。

それと、一応このドラマお仕事ドラマと謳っていますがケイトの仕事面もはやどうでも良くなってきている…
週刊誌の仕事がどうも美化されすぎのようにも感じます。
ケイトが各記事はいつも世の中の役に立つ記事のようになっているけど実際はもっとゲスい内容の方が多いのでは?と思わずにいられません。
現実味が無いというか。

『知らなくていいコト』4話あらすじ

正月休みに乃十阿(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。
しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。

無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちがカリスマ塾講師“ジーザス富岡(新納慎也)”の話で盛り上がっているのを耳にしたケイトは、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てたという話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。
女子高生の彼氏でジーザスの少人数制の“特Aコース”を受けて去年医学部に合格した大学生・向井翔(井上瑞稀)を取材したケイトは、月謝30万の“特Aコース”の受講生の合格率が100%と聞いて疑念を持つ。
予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。

早速黒川(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。
一方、編集長の岩谷(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。
岩谷は翌日春樹(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。
そんな中、尾高(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。
さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……!

見逃し配信ならHulu!賢く使って無料視聴しよう

『知らなくていいコト』を全話見逃し配信で見るならHuluで!
Huluでは他にも多くのドラマ、映画を扱っていて、国内VODサービスの中でも料金も比較的低価格でおすすめです。

『知らなくていいコト』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

他のVODと比較検討してみたい方は以下の記事で比較解説しています。

動画配信サービス5選
動画配信サービス(VOD)比較表-コスパ最強”アナタに”おすすめサービスを紹介!(2019)いつでもどこでも好きな動画がみられる動画配信サービスが盛り上がっています。 最近ではいくつもサービスが誕生してどれにしたらいいか迷って...

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA