『シャーロック』

『シャーロック』5話ネタバレあらすじ感想:葉山奨之とモンテクリスト伯な共演!母親は流石の若村麻由美

ドラマ『シャーロック』

< 5話(11月4日放送) >

今回のゲストは葉山奨之と若村麻由美、小市慢太郎。
個人的に小市さんが好きなのですが、髪の毛真っ白になってしまいましたね!
そこまでお年じゃないと思いますが、染めていないんだろうな。
今回も獅子雄の推理が冴えわたります。

前回のあらすじ&感想は「『シャーロック』4話感想:金子ノブアキがおかしい…ボクシングジム会長と言うより宗教家(ネタバレ)」をチェック!

『シャーロック』出演者・スタッフ

『シャーロック』出演者

誉 獅子雄 -ディーン・フジオカ
若宮 潤一 -岩田剛典

小暮 クミコ -山田真歩
レオ -ゆうたろう
江藤 礼二 -佐々木蔵之介 ほか

『シャーロック』スタッフ

原作-アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本-井上由美子

『シャーロック』5話のあらすじ

 若宮潤一(岩田剛典)が誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に文句を言っている。
獅子雄は、同居しているくせに、家賃も生活費も一銭も払っていないのだ。
「細かいことを言うな」と取り合わない獅子雄に手を焼いていると、そこに、江藤礼二(佐々木蔵之介)がやって来る。

いつものように事件解明を獅子雄に委ねたい江藤。
今回も奇妙な事件だった。彼氏の留守中、部屋に入った女性からの110番通報で警察が駆けつけると、そこはスプラッター映画のような惨状。
室内には大量の血液と破れたシャツ、バスルームには血塗れのタオルと凶器と思われる包丁とのノコギリが残されていた。
しかし、被害者が見当たらない。周辺の目撃証言や、運び出された痕跡もない。
部屋の持ち主、町田卓夫(永井大)を江藤と小暮クミコ(山田真歩)が取り調べるが本人は知らないの一点張り。
さらに、町田は政治家の息子だったため、江藤は上層部から解放するよう指示されてしまう。

なんとか町田の鼻を明かしたい江藤は、獅子雄を焚きつける。
捜査協力費用を得たい若宮も加勢。「死体が歩いたのかも」と言う若宮の言葉に、獅子雄は「死体は誇り高い。生きてる人間みたいにウロチョロしない」と否定し、“歩く死体”の謎に乗り出すことに。
現場に残されたシャツに、町田と同じ会社で働く乾貴之(葉山奨之)のイニシャルが確認された。
貴之は2日前から行方不明で、家族から捜索願も出ている。
江藤は、貴之の母・千沙子(若村麻由美)から、「息子は町田のパワハラを受けていた」と聞く。
社員たちはパワハラを否定するが、獅子雄は町田の不自然さを見逃さず…。
公式サイトより

『シャーロック』5話のネタバレあらすじ

遺体は無いが大量の血痕が残された事件発生

いつものように事件の情報を持って江藤刑事がやってくる。
ある女性が恋人の家に行くとそこは血の海になっていたと言うのだ。
室内には明らかに致死量を超える大量の血液と切り裂かれた衣服。
そしてバスルームにも大量の血痕と包丁やノコギリ。

しかしその部屋に遺体は無かった…

獅子雄はあまり気乗りしない様子だったが、若宮は報酬目当てで獅子雄に仕事をさせようと、
「死体が歩いたのでは?」と獅子雄が気になりそうな言葉をちりばめる。
まんまとその気になった獅子雄は現場へと向かう。

部屋の持ち主が被害者にパワハラ?さらには政治家の息子で…

部屋の持ち主は町田卓夫(永井大)。
切り裂かれたシャツのイニシャルから、被害者は同じ会社の部下・乾貴之と想定された。
刑事の小暮に聴取されるが、何も知らないの一点張り。
さらに町田が政治家の息子だったことで上層部から圧力がかかり、釈放せざるを得なくなる。

獅子雄も町田の家に行き聴取した際、鋭い観察眼を発揮する。
町田が乾の話をするときにしきりにスマホを気にしていることから何かを隠していることを見抜いたのだ。
町田のスマホには乾貴之から「町田主任、あなたのパワハラを訴える。異論があれば会社まで来てください。」というメッセージが残されていた。

乾の母親、職場への聴取

乾は2日前から行方をくらましており、母親千沙子(若村麻由美)が捜索願を出したところだった。
早速母親に事情を聴きに行く獅子雄と若宮。
パワハラのことは、息子から聞いて知っていたが警察には言わなかったと。
血液が息子のものだと言われても、遺体が見つかっていないことから生きていることを信じているような口ぶりの母親。

職場の人間へ聞き込みするもほとんどの社員が口を合わせてパワハラなどなかったと答えた。
その中で一人の男性社員が獅子雄と若宮に実際に起こったパワハラの実情を伝えに来た。

町田が暴漢に襲われ、メディアにパワハラが取り上げられる

町田のスマホへメッセージが入る。
そこには録音された音声。
自分が乾に暴言を浴びせている声が隠し撮りされたものだった。
まずいと思った町田はその呼び出された場所へ行くと、金属バットで殴られ、襲われるのだった。
一命を取り留めた町田は犯人の顔は見ていなかったが、犯人は乾だと確信し証言した。

乾の母親の千沙子がマスコミにパワハラがあったことをリークし、雑誌やテレビに取り上げられた。
さらに、町田が暴漢に襲われたことから「死体が復讐した」などと話題になる。
世間に町田のパワハラとその父親がもみ消したことが明らかになる。

獅子雄と若宮が家を訪ねると千沙子がクリスマスツリーを早々と出していた。
そして手首にはケガをしたのか包帯が巻かれていた。
その巻き方から千沙子はナースだと若宮は発言。

獅子雄の真相解明

獅子雄は乾の父親も調査した。
千沙子は夫は女の家に入り浸っていると思っていたが、実際は浮気相手などおらず一人寂しく暮らしていた。

乾貴之は自分で自宅のドアノブで首を吊った、自殺だった。
最初に見つけた千沙子は必死でナースとしての知識を使い蘇生措置を行ったが間に合わなかった。
手首のケガはその時に痛めたものだった。
千沙子は息子の死を確認し、絶望しながらも町田への復讐を誓った。

千沙子は復讐のために息子の血液を利用することを思いついた。
自宅の熱帯魚のポンプを利用して息子の身体から血を抜いたのだ。
そして町田の自宅に血液をばらまき、町田が貴之を殺したことを知らしめ罰したかったのだ。

貴之の遺体は自宅の物置に置かれており、そのスペース確保のためクリスマスツリーを出さなければならなかった。

千沙子の愛情は息子に100%向かっており、夫は「ネグレクト」されたと感じていた。
息子に愛情を傾け過ぎたせいで強い人間に育てられなかったことの責任を感じる母親、そして自分が家族から目を背けたことを後悔した父親だった。

『シャーロック』5話の感想

今回もゲストが豪華でしたね。
葉山君は開始早々なくなってしまって残念だったけれど。
岩田君がものすっごく冷たい目をしていたから、それがなんかツボでした。

パワハラをする人ってこういう感じだろうと…

町田のパワハラはかなり酷くて、仕事を新人に任せるけれどサポートはしない、失敗したら叱責する。
「馬鹿じゃないの」「そんなことも出来ないなら死んじゃえよ」「才能が無くて申し訳ございませんと謝罪しろ」など人間性を否定するような暴言を数々していました。
辛くても自分で掴んだ就職、それだけを自分の夢として頑張っていた乾は、逃げ出すことも出来なくて追い詰められていきます。
彼が自殺という道を選んでしまったことはとても悲しい。
他の道もいくらでもあると知って欲しかったです。

そして町田という男。
若宮に「乾はあなたが殺した」と言われても「俺には関係ない」と言います。
パワハラする人は自分が相手をいかに追い詰めているか、心を殺しているかなんて想像もしないんでしょう。
相手が自殺したとしても、自分の保身しか考えないだろうと思うととても腹が立ちます。
こういう人は自分が同じ立場にならないと分からないのかもしれないとも思いました。

子供への愛情のかけ方って難しい

幼い頃は愛情表現って一緒に過ごして守っていくことが多いと思うのだけど、子の成長に従って親も成長していかないといけないんでしょうね。
非常に難しい。
子供が大人になった時に、自分で選択肢を選べるように、道を切り開いていけるようにするには、親も子もお互いに自立していないといけないです。
まさか親の愛情がそこで障害になるなんて…
親子関係はとても難しいですね。

小市さんが最後にいい味出してる

亡くなった乾貴之の父親役を小市慢太郎さんが演じていました。
とても好きな役者さんなんですが、今回出番が少なくておや?と思っていたところ。
最後に獅子雄がしっかりと調べてくれました。

きっと奥さんを愛していたんだろうな。
自分が「ネグレクト」されていたと告白するシーンはとても悲しかったです。
そして息子の死に自分も責任があると涙ながらに吐露するシーンは思わずぐっときました。
ほんの短いシーンだったのに、やっぱり演技力がすごいなと感心してしまいました…!

次回6話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が珍しく眠っていると、いつものように江藤礼二(佐々木蔵之介)が捜査依頼に来ている。
江藤が若宮潤一(岩田剛典)と見ているのはテレビやネットで話題持ちきりの前世殺人のニュース。
17歳の女子高校生・高遠綾香(吉川愛)が自ら告白した殺人を捜査すると遺体が発見されたのだ。
しかし、遺体は死後20年以上が経過している。
綾香は自らが生まれる前の殺人について、前世で殺害したと証言したのだ。
若宮と江藤が事件について意見を交わしていると、獅子雄が起きてくる。
獅子雄は過去に発生した前世の記憶について語り、前世殺人だったら盛り上がると飛びついた。

獅子雄は若宮、江藤とともに綾香の家に行く。
娘を罰するつもりで来たのかと憤る母親の美樹(霧島れいか)に対して、父の一也(二階堂智)は冷静に対応。
獅子雄は前世の記憶を持つと言われる人間が存在したことを綾香に話して心を開き、話す機会を得た。
綾香の部屋に入って話を聞く獅子雄は、彼女が不眠症であることを見抜く。
綾香は塾帰りに男から襲われそうになったPTSDから不眠症になり、大学病院でカウンセリングを受けていた。

綾香を治療していたのは、PTSDの権威、平田初雄教授(伊藤洋三郎)。
しかし、平田はすでに退官していた。
獅子雄たちは平田が勤めていた大学病院を訪ね、准教授の宇井宗司(和田正人)と会う。
宇井は平田退官後、患者を引き継いでいた。
公式サイトより

最後に

シャーロック、回を増すごとになかなか面白くなっている気がします。
やはり獅子雄の推理が素晴らしいし、若宮の立ち位置もなんとなく定まってきたかな?
そしてゲストの演技力がやはりどなたも素晴らしい。
来週も楽しみですね。

ドラマ『シャーロック』
『シャーロック』6話ネタバレあらすじ感想:吉川愛と和田正人、霧島れいかがゲストで好演!< 6話(11月11日放送) > 『シャーロック』6話のネタバレあらすじと感想です。 今回も複雑な事件でしたが獅子雄がズバッと解...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA