『シャーロック』

『シャーロック』3話感想:伊藤歩が刑事役!地面師の背後にモリアーティの影(ネタバレ)

ドラマ『シャーロック』

< 3話(10月21日放送) >

早くも月9も第3話。
今期ドラマの中では視聴率もそこそこで内容もなかなか。
個人的に昨今の視聴率は内容と人気が偏った内容が出ると思ってるのであまりアテにはしてませんが、
スポンサーさん的には未だそれなりに重視されるだろうな。

第3話のゲストは伊藤歩。
早速感想を書いていきます。

前回2話のあらすじ&感想は「『シャーロック』2話感想:菅野美穂がゲスト!久しぶりに見た裏のありそうな女役がやっぱり似合う(ネタバレ)」をチェック!

『シャーロック』3話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が若宮潤一(岩田剛典)相手に怪しげな実験をしていると、江藤礼二(佐々木蔵之介)が来た。
身元不明の死体を見てきたと上着をバタバタと払う江藤に、若宮は自宅に臭いを移されてはたまらないと注意。
江藤は謝りながらもキッチンで手を洗い、そこにあったタオルで手を拭くはで若宮の顔は曇りっぱなし。

獅子雄が殺しかと尋ねると、江藤はつまらない事件だと答えた。
しかし、獅子雄は江藤がつまらないと言うと、逆に面白そうだと状況を尋ねる。
すると、江藤は渋谷の空き家で、身元不明の老人の死体が発見されたと教えた。
獅子雄は空き家であったことに食らいつく。

早速、現場に向かう獅子雄たち。空き家は一等地の邸宅だが、江藤は曰く付きだと話し始める。
そこは5年前に巨額の地面師詐欺の舞台になった邸宅
事件後に、詐欺被害に遭った建設会社の社長が邸宅で自殺したため空き家になっているらしい。
話を聞いた獅子雄は遺体があった場所を検分。
すると、遺体の手に当たる部分に3本の木の枝があることに気づく。
江藤は壁にあるリースの枝が落ちたのだろうと言うのだが、獅子雄は枝の折れた断面が新しいと疑った。

獅子雄たちが遺体安置所で科捜研職員から検死報告を聞いていると、小暮クミコ(山田真歩)が、死体の身元が割れたと報告に来る。
死んだのは5年前の地面師詐欺犯人グループの1人だった。
そこに、捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)たちが現れて…。

公式サイトより

3話の見どころはゲスト伊藤歩の捜査二課刑事役

今作はゲストがみんな悪くてカッコイイ気がしています。
3話のゲストは伊藤歩。
悪役かと思いきや捜査二課の刑事という役柄。

獅子雄の依頼人でもある江藤刑事(佐々木蔵之介)とも知り合いの出来る女刑事。
ロングの髪をおろした黒いスーツ姿がカッコイイです。
今回は殺人事件の被害者が、以前地面士詐欺に関わって服役していたことで、捜査二課の出番となります。
まだ他の容疑者は捕まっていない…そして金も消えた。
果たして誰に殺されたのか、そして事件の真相は?

『シャーロック』3話の感想 (ややネタバレあり)

今回ゲストの伊藤歩は刑事役!
しかし誉獅子雄の手にかかればそんな事件も解決?
彼女にも疑いの目を向ける獅子雄ですが…

すっかり獅子雄のアシスタントを受け入れた若宮

若宮くん、あんなに獅子雄のことを嫌がっていたのにすっかり受け入れた?
アシスタント業務も、獅子雄の現場視察に自分からついていくなど積極的になりました。
お金はちゃんと獅子雄に貰っているのでしょうか…などと細かいところが気になります。

若宮は一応医師免許がありこれまでも精神科医として働いてきた訳で、それなりの専門知識や見解を持っています。
殺人事件を調べるにあたっては容疑者の精神状況など観察するととても活かせそうなスキルです。
犯罪コンサルタントのアシスタントとして生きていくのか…?
家も同居だしめちゃくちゃ仲良しみたい…

山村紅葉が見事な地面師のボス感

山村紅葉さんの迫力がすごかったです。
2時間ドラマ以外で久々に拝見したのですが、にじみ出る存在感と重鎮感…
お年を召してもあんなに存在感あふれる人も珍しいのではと思いました。
何も言わなくとも「山 村 紅 葉 こ こ に あ り !!」という迫力がすごいです。

今回は地面師役ということで、まぁ表情がふてぶてしい…!
人の良いおばあちゃんという雰囲気から詐欺師だとバレた時の表情がいかにも、で良かったですね。

伊藤歩演じる捜査二課の刑事・市川が闇堕ち…そして守谷とは!?

伊藤歩は刑事役か…今後に繋がってくるキーマン的な立ち位置かと思いきや、あっさりと…
ネタバレですが、彼女が殺人を犯してしまいあっさり逮捕されちゃうわけです。
武道が達者で相手を絞め殺すとか相当です。怪力かな?

刑事でありながら何故人を殺すことになってしまったのか…
そこには地面師たちを操っていた守谷という人物との繋がりがありました。
市川が逮捕後の聴取で「守谷は“人間とは何か”を知っている。わたしは守谷の為なら何だってできる!」と言って笑っていたの不気味でとても良かったです。
あれで守谷がますますミステリアスな犯罪のカリスマという存在に押し上げられました。

守谷=モリアーティな訳で、シャーロックとライバル関係になる犯罪者です。
一体誰が演じるのか気になります。
ディーンさんと同年代か少し上の俳優さんかな。
今後出てくるのが楽しみです。

次回『シャーロック』4話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)とボクシングの試合観戦。
ボクシングのこととなると熱くなる獅子雄が飛ばすキツい野次に辟易する若宮は帰ろうとするが、獅子雄に無理矢理引き止められウンザリ顔。
この日のメインイベントは、二階級制覇の世界チャンピオンである梶山裕太(矢野聖人)の初防衛をかけた注目の戦い。
観客のボルテージも最高潮となる中、その時を迎えた。

しかし、リングアナウンサーが派手にコールするも、梶山は一切姿を現さない。
異様な状況に観客がどよめき始めると、梶山急病による試合中止のアナウンスが。
騒然とする観客席を後に、獅子雄は若宮の制止も聞かず梶山の選手控室へと入って行ってしまう。
すぐに獅子雄は、梶山の急病は嘘と見抜き、ボクシングジム会長の石橋卓也(金子ノブアキ)に梶山を出せと迫る。

その時、江藤礼二(佐々木蔵之介)が現れ、梶山の行方を捜していると言う。
一時間ほど前に、近くの坂で、ある男性の遺体が発見され、付近で梶山が目撃されていたのだ。
世界チャンピオンから一転して殺人事件の重要参考人となった梶山は一体どこへ消えたのか?
そんな中、獅子雄は、梶山の控え室に置かれたプレゼントの山の中に、女性物の傘を見つけ目を輝かせる…。

公式サイトより

最後に

今回たまにおディーン様の演技がたまにぎこちなくて心配になりました。
伊藤歩とのやり取りが少しぎこちなかったな。
あまりそういうの感じたこと無かったので意外。

そして3話にしてやっとモリアーティを匂わせる展開。
しばらくこの匂わせが続いて7話くらいでやっと出てくる感じかなと予想しています。

そして来週のゲストは金子ノブアキ!
この人結構好きなので嬉しいです。
ボクシングジムの会長役か…似合いますね。
来週も楽しみにしています。

ドラマ『シャーロック』
『シャーロック』4話感想:金子ノブアキがおかしい…ボクシングジム会長と言うより宗教家(ネタバレ)< 4話(10月28日放送) > 月9『シャーロック』4話です。 今回のゲストは金子ノブアキ。 ボクシングジムの会長役ですが、...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA