『グランメゾン東京』

『グランメゾン東京』3話感想:開店準備が加速!メインメニューはジビエで鹿肉!(ネタバレ)

ドラマ『グランメゾン東京』

< 3話(11月3日放送) >

『グランメゾン東京』3話が放送されました!
今回も面白かったですね。
やはり倫子さん、相変わらず男前かつ可愛らしい…
ついにお店の内装も見え始めます。
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『グランメゾン東京』1・2話感想:「キムタク×日曜劇場」面白さの秘密は眼福フレンチと脇を固める俳優陣?(ネタバレ)」をチェック!

『グランメゾン東京』3話のあらすじ

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。
しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。
そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。
最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。
ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。

そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。
上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。

「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。
しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。
不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!?

公式サイトより

3話見どころは、ジビエで食育!そして尾花の意外なやさしさ

今回コンクールにエントリーするに当たって、食材となるジビエ料理の肉を探し回る尾花たち。
まんまとライバル視されているレストラン「gaku」のオーナー・江藤に食材を買い占められてしまいます。
さすが、尾花たちを潰す為なら何でもしますね。

そんな時尾花たちは伝説の猟師を見つけ、彼に食材を分けて貰えないか交渉します。
この猟師・峰岸から改めて尊い命をいただくことを学びます。

さらには尾花が一緒にレシピを考えてくれた相沢の為にした意外な優しさとは…?

『グランメゾン東京』3話の感想 (ややネタバレあり)

相変わらず面白いですね!?
今回はジビエ料理がテーマ。
食材の入手もレストランにとっては大事なことですもんね。
料理人としてだけでなく店の経営面など裏側が見れるのが面白いです。

やっぱりミッチー演じる相沢がジョイン!

前回ナスのプレッセのレシピアイデアを出してくれた相沢をレシピ担当のシェフとしてむかえます。
日本人の好み、日本の食材を知り尽くし、さらには研究してきた相沢は尾花も倫子も京野も頼りにしています。

尾花はまだ素直になれないようですが、、
同じ厨房で働いていた過去がありその当時は料理に生活の全てをかけるような働き方をしていて、それを周りにも求めました。

でも今相沢はシングルファーザーとして娘を育てなくてはいけない。
娘との保育園のお迎えの約束は必ず守らなければいけない。
最終的には尾花が譲歩して正式に相沢はチームに入ることに!

やっぱりミッチー良いですね。
実は気になるんだけど、自分からは一緒にやりたいとは言い出せない感じ。
娘のことをもちろん第一に考えながらも、また火がついた料理への情熱は諦められません。
尾花の情熱が引火したんでしょうね。

そして尾花が相沢のため、相沢の娘の為にこっそりキャラ弁を自作して渡していました!
この人こんなことするんだ〜。
子供は好きなんだろうな。
こういう尾花の優しさを知ったからこそ、相沢はこのチームでやっていけると思えたんでしょうね。

ジビエ料理がコースメイン。料理人の務めとは

メインメニューとして肉料理を作ろうとしていた尾花たち。
そこにジビエコンクールの話で鹿肉ですよ!
しかも伝説の猟師との出会い。
まず一度は肉を下ろすのを断られるのは定番です。
だって相手が何者かも分からないもの。
頑固ジジイはいつでも簡単には心を許さない。

頑固繋がりで尾花は峰岸さんの気持ちが分かるんでしょう。
煽って肉を食べさせてもらう手法は鮮やか。

尾花が峰岸さんに認めて貰いたくてコンクールを倫子に任せて峰岸さんへ料理を食べさせに来たのは、本当に峰岸さんの肉に惚れたからなんでしょうね。
そして改めて命を頂く事の大切さ、意味を知り、料理人はそれを余すことなく美味しく食べられるようにすることが務めだと話します。
この人たち性格が似てそうだから、同じ方向を向いたらとても合いそう。
結果鹿肉だけじゃなく山の物はなんでも持ってくると大盤振る舞いの峰岸さん。
さすが伝説の男…懐が深い。

倫子さんの男らしさと女らしさ、人間的魅力

倫子さん、ほんとに魅力にあふれた人だな~と思っています。

これまで尾花とお店を立ち上げる為に、ほぼほぼ全財産投げうってきています。
そしてバーン!と尾花と京野を信じて京野の借金を肩代り。
男らしさというか、この人本気度がものすごいです。
自分でも言ってたけど「人生懸けてる」。
倫子さんも尾花の料理に動かされたんですけどね。

そして彼女がお店のお金も出しているので「グランメゾン東京」オーナーなんですが、
レシピに尾花や相沢が悩んでいる時に少し弱音を見せます。
尾花と自分の差は才能の差ではなく、圧倒的な努力の差だったことを尾花や相沢に突き付けられたからです。
尾花と相沢のレシピの探求は凄まじいもので、その食材を使ってありとあらゆるパターンを試していきます。
相沢のアイデアをもってしても簡単に到達できる場所に目指すレシピはなく、それでも寝食を惜しんで研究する二人を見て打ちのめされます。
確かに彼らはものすごいですが、そういう倫子さんも良いですよね、とても人間らしくて。
男らしく突き進むと決めた倫子さんでさえ、こうして足元が揺らぐときもある。
人間誰だってそうなんじゃないかと思います。

そしてそこにそっと寄り添い、支えて、鼓舞してくれる京野さんも最高。
ちょっと倫子さんに気がありそうなところも素敵。
お似合いだなと思います。

次回『グランメゾン東京』4話のあらすじ

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。
だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。
彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。

やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。
そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。

コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。
さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。

そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。
萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。
萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。
その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。
刻々と近づくプレオープン。
尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか?

公式サイトより

最後に

今回最後の方でお店の内装が明らかになってきましたよね。
オープンキッチンだった!と思います。
新しいお店、ワクワクしますね~。

そして次回はデザート!
尾花が目をつけていた祥平と一緒に働く萌絵がチームに加入か?
ますます面白くなってきました。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA