ドラマ『凪のお暇』

感想『凪のお暇』1話:高橋一生&中村倫也の個性的男性像と黒木華演じる凪に共感の嵐!?(ネタバレ)

< 1話(2019年7月19日放送) >

面白いドラマが始まりました!今期夏ドラマの本命かもしれない。
黒木華に高橋一生、中村倫也とキャストも豪華で期待!
早速1話感想を書いていきます。

『凪のお暇』について

こちらもまたまた漫画原作でして、コナリミサトの人気作をドラマ化しています。
人の顔色を伺い、空気を読むことに疲れたアラサー女子・凪が人生をリセットし新たに歩き出すストーリー。

出演者

大島凪-黒木華
我聞慎二-高橋一生
安良城ゴン-中村倫也

大島夕-片平なぎさ
坂本龍子-市川実日子
白石みすず-吉田羊
吉永緑-三田佳子 ほか

スタッフ

原作-コナリミサト 「凪のお暇」(秋田書店 「Eleganceイブ」 連載)
脚本-大島里美

『凪のお暇』1話のあらすじ

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。
しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。
そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。
それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。
そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。
コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。
仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。
しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。
凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン (中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

1話では、高橋一生と中村倫也のキャラクターをチェック!

今作では凪を取り巻く二人の男性が出てきます。

高橋一生演じる我聞慎二は、凪と同じ職場で働く営業のエース
職場のみんなには言っていないけど実は凪の彼氏。
凪との関係は上手く行っているように見えましたが…
職場や仕事ではとてもうまく立ち回っているように見えますが、凪の前では段々態度がおかしくなっていき…?

そして凪が何もかも投げうって引っ越した先のアパートで出会う、中村倫也演じる安良城ゴン。
凪のアパートのお隣さんで、腕にタトゥーのある怪しい男。
しかし凪が勇気を出して話しかけてみると意外に普通で優しそう…
公式サイトに「天性の人たらし」、「奇跡のモテ男」の記載アリ…

1話ではそれぞれのキャラクターと凪との関係性をぜひチェックしましょう。

『凪のお暇』1話の感想 (ややネタバレあり)

高橋一生がこれまでに無いキャラクターで、複雑な気持ち。
とても女性から好かれるとは思えないセリフを吐くが実は真逆な気持ち…!?
そして中村倫也は安定のモテキャラだと思います。女子が悶絶する展開が見えます。。(水晶玉)

現代人は空気読み過ぎで疲れる!誰もが共感できそうな凪

凪は普通のOLですが、親、彼氏、同僚全ての人に気を遣い、空気を読みまくって生きています。
あの海中に沈められたような表現、そういう感覚分かる…
自分がしたくないことをしていると、どうにも息が出来ないような苦しさを覚えます。
親にも彼氏にもっていうのは少し凪が自分の意見を主張しなさすぎなのではと思いますが、こういう苦しい瞬間って誰にでもありそう。

彼氏の為に地毛のくるんくるんのくせ毛を毎朝一生懸命アイロンでのばして、同僚に仕事を押し付けられても笑顔で我慢して輪から外れないようにしています。
なんと甲斐甲斐しい…でもちょっと見ていて苦しくなる感じ。
同僚女性たちの、凪がはっきり言えないのを分かっていて利用している感じがとても嫌でした。

さらには彼氏に嫌なことを言われたり嫌な要求をされても全然抗わない凪…。
嫌なことは嫌って言わないと!!

謎の距離感ゼロ男、中村倫也演じるゴン

凪の新居の隣の部屋に住む男、ゴンはどうやらイベントオーガナイザーをしているらしい。
ん?イベントオーガナイザーって何?小橋賢治的な?(分かるだろうか…)

部屋でDJやら音楽をガンガン流しており、凪もビックリ。。
というか普通に迷惑だし少し嫌悪感を持ってもおかしくないところ…
凪はベランダから覗き見て、腕にタトゥーがあるのにびっくりしたみたいですが…

でも話してみると意外と優しくて普通のお兄さん。
初対面でゴーヤをくれるあたりとても気さくな感じで良い人そう。
しかし凪のことを気にかけてくれたのは良いけど、最終的に突然のハグ…!?
なんだろう、これ。
ピースフルな感じなのか、それとも…次回楽しみですね。

高橋一生演じる我聞慎二は愛情表現がおかしい

慎二は仕事が出来て職場でも一目置かれる男です。
凪に対しても二人でいるときには愛を囁いたりしていたのですが…
職場では完全無視。
職場でバレるとやり難いからなどあると思いますが、完全無視にしなくても。。

さらには凪の事を「結婚する気は無い」「アッチの相性が良いから一緒に居る」などと後輩に吹聴…
それを聞いていた凪はショックで過呼吸に陥りました。
何でそんなことを後輩に?それがカッコイイとでも思っているんでしょうか。
そして、実は凪が一生懸命髪をストレートに伸ばしているのを陰で知っていながら、その自分のための努力が健気で好きだと。

職場での凪の扱いも含めて、どうにも凪の事を下に見ているような気がします。
自分の為にこんなにやってくれるから好きだというのが、結局ただの自分好きナルシストじゃないかと思わずにいられない。
しかも凪が命懸けで何もかも捨ててきたはずの新居に土足で入り込み、まだ彼氏面を…
何考えてるのかさっぱり分からない…

そして慎二の喋り方が押さえつけるようで怖い。
顔も今までの高橋一生と全然違う(ように見える)!
「お前は絶対変われない」なんて呪いの言葉まで残していったくせに、凪の事がすげぇ好き…だと!?
どうかしてるのかな、この人も空気読み過ぎて何かに毒されちゃってるのかな。
ああ、凪ちゃん、心配…

『凪のお暇』次回2話のあらすじ

全てを捨てて人生のリセットを決意したアラサー女子の 凪 (黒木華) は、東京郊外にある6畳一間のアパートで再出発を図ろうとしていた。
しかし、突然訪ねてきた元カレ・慎二 (高橋一生) からの 「お前は絶対、変われない」 という言葉に、凪の心は激しく荒れていた。
そんな時、ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。生きているだけでお金が減っていく現実に凪は危機感を覚え、失業保険の給付を受けるためにハローワークへ。
そこで、なにやら担当者ともめている 坂本龍子 (市川実日子) と出会う。
落ち込んでいる様子の龍子に、凪は勇気を出して話かけてみるが…。

一方、慎二は行きつけのスナック「バブル」で ママ (武田真治) や 杏 (中田クルミ) から “女心が分かっていない” と説教を受け、凪との復縁はないと言われてしまう。
ヤケをおこした慎二は、凪のアパートへ行き執拗にチャイムを鳴らすも凪は留守。
そんな慎二に声を掛けたのは上の階に住む 吉永緑 (三田佳子) だった。
その頃、凪は隣人の ゴン (中村倫也) と一緒に近所の公園でバーベキューをしていた。
ゴンが持つ、ゆるっとやわらかな空気に癒される凪だったが、ゴンと家に戻ったところで、慎二と出くわしてしまう。
凪は隣に住む うらら (白鳥玉季) と予定があると言い慎二を避けるも、なぜか凪の部屋で慎二とうらら、緑、ゴンとトランプをする羽目になり…。

まとめ

凪がすべてを捨てて辿り着いた先の人たちがとても優しくて涙が出ます。
ここでしっかりと生き返ることができたらいいな。
ゴンと慎二に挟まれて大変なことになりそうだけど。
どうか自分を取り戻してほしい。