ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』

『イノセンス』4話感想:黒川拓(坂口健太郎)は育ちが良いお坊ちゃま(ドラマネタバレあり)

< 4話(2月9日放送) >

イノセンスもわずかにストーリーが展開しだしました第4話です。
今回も黒川たちが刑事事件の弁護にあたりますが、被疑者は事務所の登別弁護士が想いを寄せていた相手!
そして黒川のご両親もついに登場。
さっそく感想をご紹介していきます。

その前に前回のあらすじ&感想が見たい方は「ドラマ『イノセンス』3話感想:飄々としてる黒川(坂口健太郎)が可愛い…(ネタバレ)」でチェック!

『イノセンス』4話のあらすじ

企業法務部門の弁護士・登別(正名僕蔵)が、好意を寄せる女性・小笠原奈美(ともさかりえ)の刑事事件弁護をこっそり引き受けていたことが発覚した保駿堂法律事務所では、拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)が急遽弁護を引き継ぐことに。
食品玩具メーカーに務める奈美は同僚の姫島理沙(入山法子)を旅行先の海で殺害した容疑で逮捕されたキャリアウーマン。
溺死した遺体の肺から大量の砂が出たことから殺人容疑をかけられたものの、本人は容疑を全面否認している。

聡子(市川実日子)によると、奈美の人望は厚く、職場に聞き込みに行った拓と楓、穂香(趣里)は同僚たちの証言から奈美と理沙の仲の良さを窺い知る。
収穫のない中、拓と楓は現場の島へ。殺害現場とされている海岸に着いた拓は突然真冬の海に入ると、事件を再現すべく顔を海中に突っ込むが…。

その帰り、楓は拓の実家の食事会に巻き込まれ、エリート検察官の父・真(草刈正雄)を交えて黒川家の気まずい食卓を一緒に囲むことになるが、そこで親子の確執を垣間見ることになる…。

4話見どころは、女の友情の裏に隠された複雑な気持ち…そして拓の家族との関係

今回は被疑者、OLの小笠原奈美(ともさかりえ)が同じ職場の後輩を海で溺死させたというのです。
本人の口からも、周りから見ても二人はとても仲が良く全く犯行の動機が見当たらない。
しかし本当は動機になり得るような想いが渦巻いていて…
本当に小笠原は犯人では無いのか、真相はどうなるのか?

そして黒川の実家に楓と拓が訪問。
ご両親が揃い母上はとても嬉しそうに料理を振舞ってくれますが、父親との関係が微妙…
拓の案件を巡って、重苦しい雰囲気に巻き込まれる楓ちゃん…
父親と拓がギクシャクするきっかけとは何だったのか。

『イノセンス』4話の感想 (ややネタバレあり)

登別先生、婚活してたのか…

今回の被疑者、小笠原さんは元々登別先生の知り合いで、勝手に引き受けちゃった依頼だったんですよね。
婚活で知り合って4回デートしたとか。
良いところ見せたかった気持ちは分かるんですが、勝手に引き受けちゃダメよね。
そして結局自分担当しないし笑
でも、実証実験の際に身体を張って実験に参加していたのは男気を感じました。ガンバレ!

女の友情…難しい…でも他に逃げ道があればと思うと残念…

今回の小笠原さんは本当は良い人だとは思うんですよね。
ただ色々なことが重なって、自分が上手くいかないときに傍にいた後輩の姫島が少しずつ嫉妬の対象になっていった。
職場が一緒で狭い社会だったのか、周りからどう見られるかを考えて距離をとることも出来ず…

相手に非が無いことは自分でも十分に分かっているんですが、どうしても気持ちをコントロール出来ない。
そういうことってありそうですよね。
今回相手に会社を辞めると告げて、距離をとろうとした瞬間の事故でした。
突然の不幸だったと言わざるを得ない。

姫島にしたら意味が分からないだろうし説明が欲しかったと思うのでとても可哀想でしたね。悲しい事故でした。
小笠原さんがうまく他で相談したり、自分の感情をコントロールできるようにストレス発散したりできれば、少し違う結果になったかもしれないと思うととても残念です。

黒川拓からあふれ出る気品…やはりボンボンか

今回楓を連れて実家に帰った拓。ものすごい豪邸です。
お母さま(榊原郁恵)が豪勢な手料理を振舞っていらっしゃいましたね~。
とても朗らかなお母さんで、拓はこの人ののびのびとしたDNAを確かに受け継いでいる気がしました笑

そしてお父さん。ご両親へ常に敬語を使っている拓ですが、お父さんには警戒を解いていないという感じ。
仕事のやり方に口を出されるのがとても嫌みたいですね。
拓が大学時代の事件に関係しているようですが…
そろそろこの事件も明らかになってきそうです。

次回5話のあらすじ

高校の名門フェンシング部で顧問を務める高松洋介(豊原功補)から依頼を受けた拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)。
高松は部活の指導中に剣で突いたエース選手の藤里(清水尋也)が、不整脈による心停止を起こしたことで業務上過失傷害で在宅起訴をされたという。
藤里は一命こそ取り留めたものの、現在も自宅で療養中。高松は必要以上に強く突いた可能性はないと話す。

藤里に話を聞くため自宅を訪ねる拓と楓、穂香(趣里)だが母親に門前払いをくらい学校へ。
校長と部員たちは優秀な指導者だった高松と藤里の間にトラブルはなかったと証言し、部員の田代(柾木玲弥)は高松のためなら法廷で証言をしてもいいと申し出る。
聡子(市川実日子)が手に入れた事故当時の練習の様子が映り込んだ映像をチェックする拓たちだが、肝心の事故の瞬間にちょうどノイズが入っていてよく見えない。

そんな中、かつて楓が所属していた大手弁護士事務所内での悪質なセクハラが表沙汰になり、週刊誌から取材依頼を受けた楓はセクハラ被害の辛い記憶を掘り返されることに思い悩んでいた。
そして迎えた高松の裁判の弁護側証人尋問の日。証言台に立った田代の発言に法廷は大混乱に陥る!
しかし、地道な調査と秋保(藤木直人)の協力で拓があぶり出したのは誰も予想しなかった意外な真相だった…!

まとめ

次回は楓の過去も少し出て来そうですね。
秋保先生もっと出てほしいんだけど、クールだからな…
来週も期待してみてみます~

そんな『イノセンス 冤罪弁護士』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。