『イノセンス 冤罪弁護士』

ドラマ『イノセンス』3話感想:飄々としてる黒川(坂口健太郎)が可愛い…(ネタバレ)

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』

< 3話(2月2日放送) >

順調な滑り出しのドラマ『イノセンス』3話が放送されました!
今回は病院での医療ミスについて…
黒川と楓がまたまた大実験?
早速あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回のあらすじ&感想は以下記事「ドラマ『イノセンス』2話感想:川口春奈に怒鳴られたい人続出しそう(ネタバレ)」でチェック!

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』
ドラマ『イノセンス』2話感想:川口春奈に怒鳴られたい人続出しそう(ネタバレ)< 2話(1月27日放送) > 早くも『イノセンス』も2話です。 なかなか展開早いですが、早速感想を書いていきます。 今回は...

3話のあらすじ

大学3年の時に理工学部から法学部に移ったという拓(坂口健太郎)の珍しい経歴を聞いた楓(川口春奈)。
その頃から拓を知る湯布院(志賀廣太郎)は弁護士を目指す前の拓は今とは正反対の性格だったと話すが、拓が変わったきっかけについてはお茶を濁す。
そんな中、聡子(市川実日子)が青ヶ島病院の看護師・白山美紀(青野楓)を連れてくる。

美紀は、手術中に人工心肺が停止し患者が亡くなった医療ミスの責任を問われて逮捕された執刀医・雲仙(平岳大)の冤罪を晴らしてほしいと懇願する。
実直な雲仙に思いを寄せる美紀は、院内の内部告発が決め手となり雲仙一人に罪がなすりつけられたことを不審に思っていた……。
早速雲仙に接見した拓と楓は、雲仙が遺族側に直接説明したいと何度も頼んでいたにも関わらず、病院に止められていたことを知る。
患者を救えなかった事実に変わりはないと自らを責める雲仙だが、拓は遺族のためにも事実関係を明らかにすべきだと弁護を持ちかける。
早速、雲仙の同期で出世頭の医師・磐梯(山本耕史)を訪ねた拓と楓、穂香(趣里)は病院が遺族に送った内部調査報告書を手に入れ、現場調査を開始。

手術に立ち会ったスタッフの話も聞きたいと頼む拓だが、磐梯から急患が多いという理由で断られてしまう。
拓は内部調査報告書を手に再び雲仙に接見。
その内容を見た雲仙は、愕然とする……!!
病院側は雲仙個人の医療ミスとして事態を終息させるため、雲仙の指示ミスに見えるような嘘の記載をしていたのだ。

『イノセンス 冤罪弁護士』公式サイトより

3話の見どころは、簡単には勝てない!医療裁判の厳しさ…

今回は医療ミスを疑われた一人の医師を弁護することになります。
手術中に人工心肺の機械が停止してしまったことにより、患者が命を落としてしまいます。
そこに医師のミスがあったのか…病院側は執刀医の雲仙がミスをしたとしていますが本当はどうだったのか…

医療ミスとなると専門的な知識が必要になりますし、病院側が口裏を合わせてる以上、かなり厳しい戦いになりました。
手術に立ち会っていた医師たちに証言を求めますが、みな一様に口が重く…
またその人工心臓の機械を作っている医療メーカーは黒川と楓が所属する弁護士事務所のクライアントだったため、裁判から降りるように圧力をかけてきます。
所長の別府にもクビをちらつかせられる黒川。様々なところで板挟みになりながらも、真実を追求します。

3話の感想

毎回冒頭で黒川の少し変で可愛らしい人間性が垣間見えて良いですね~。
今回はお給料が出たことで調子に乗って食べ過ぎてお腹が痛くなるという…
小学生か!?と楓も思った事でしょう。
仕事以外の事には無頓着なんですね。
湯布院さん曰く、弁護士を目指す前とはガラッと変わったとか。
学生時代に何があったのか気になりますね…

裁判の判決…遺族には確かに辛い結果

黒川と楓はしっかりと原因を突き詰め実証したつもりだったと思いますが、裁判の結果は有罪。
直接的に雲仙医師にミスがあったわけでは無かったのですが、懲役1年、執行猶予3年の刑になりました。
判決理由を聞いてある程度納得したのですが、雷による電気系統の遮断により人工心肺が停止したことの可能性を示したまでで、決定的ではなかったということでしょう。

雲仙医師は最初から有罪になっても受け入れるつもりだったので、控訴の意思は無し。
病院側の証言内容がもう少し違っていたら真実が明らかになったのでしょうか。
雷といういつ起こるか分からない自然現象を証明することの難しさ。
黒川も今回はやるせないですね。
遺族も本当は何が原因だったのか分からず、気持ちの持って行き場が無く混乱していました。

それでも病院の改革を進めたかった雲仙の気持ちを受け継いで、同期の磐梯がすぐに改革に着手したことでわずかに救われた気がしました。

次回4話のあらすじ

企業法務部門の弁護士・登別(正名僕蔵)が、好意を寄せる女性・小笠原奈美(ともさかりえ)の刑事事件弁護をこっそり引き受けていたことが発覚した保駿堂法律事務所では、拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)が急遽弁護を引き継ぐことに。
食品玩具メーカーに務める奈美は同僚の姫島理沙(入山法子)を旅行先の海で殺害した容疑で逮捕されたキャリアウーマン。
溺死した遺体の肺から大量の砂が出たことから殺人容疑をかけられたものの、本人は容疑を全面否認している。

聡子(市川実日子)によると、奈美の人望は厚く、職場に聞き込みに行った拓と楓、穂香(趣里)は同僚たちの証言から奈美と理沙の仲の良さを窺い知る。
収穫のない中、拓と楓は現場の島へ。殺害現場とされている海岸に着いた拓は突然真冬の海に入ると、事件を再現すべく顔を海中に突っ込むが…。
その帰り、楓は拓の実家の食事会に巻き込まれ、エリート検察官の父・真(草刈正雄)を交えて黒川家の気まずい食卓を一緒に囲むことになるが、そこで親子の確執を垣間見ることになる…。

『イノセンス 冤罪弁護士』公式サイトより

まとめ

いやぁ。安定してますね~
そろそろ進展が欲しいと思ってたところに、次回黒川のお父さんが登場!
ここの親子関係が大いに黒川が弁護士を目指し始めた過去とも繋がっていそうです。
個人的に藤木直人の出番を増やしてほしい今日この頃。
また次週楽しみにみます。

『イノセンス 冤罪弁護士』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』
『イノセンス』4話感想:黒川拓(坂口健太郎)は育ちが良いお坊ちゃま(ドラマネタバレあり)< 4話(2月9日放送) > イノセンスもわずかにストーリーが展開しだしました第4話です。 今回も黒川たちが刑事事件の弁護にあた...
エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA