『グランメゾン東京』

『グランメゾン東京』6話ネタバレ感想:佐藤浩市の息子、寛一郎が魅せる芹田の焦り…

ドラマ『グランメゾン東京』

< 6話(11月24日放送) >

またまた面白くてゾワゾワしちゃう『グランメゾン東京』6話が放送。
今回は俳優・佐藤浩市の息子である寛一郎にスポットが!
アシスタントをしている彼は、gakuの江藤に買収され、みんなを裏切ることになるのでしょうか…
さっそくあらすじと感想を書いていきます。

前回のネタバレあらすじ&感想は「『グランメゾン東京』5話ネタバレあらすじ感想:キムタクの悔し泣きが魅せる!ピンチからの華麗な復活」をチェック!

『グランメゾン東京』出演者・スタッフ

『グランメゾン東京』出演者

尾花夏樹 -木村拓哉
早見倫子 -鈴木京香
京野陸太郎 -沢村一樹
相沢瓶人 -及川光博
平古祥平 -玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

松井萌絵 -吉谷彩子

リンダ・真知子・リシャール -冨永 愛
久住栞奈 -中村アン
丹後学 -尾上菊之助
江藤不三男 -手塚とおる ほか

『グランメゾン東京』スタッフ

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋

『グランメゾン東京』6話のあらすじ

祥平(玉森裕太)が丹後(尾上菊之助)のいるgakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村一樹)と相沢(及川光博)。
しかし、尾花(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しんでいるかのようだった。
そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。
それを聞いた尾花は、日本が誇る食資源の代表格である“魚”の料理を開発し直すことを決めた。
その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。

一方、グランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アン)が志願し加わることに。
着々とチームが出来上がる中、江藤(手塚とおる)から金を受け取って内部情報を流していた芹田(寛 一 郎)はただ一人、取り残された気持ちになっていた。
いつまでも料理を作らせてもらえない怒りから、芹田は店を辞めると告げる。
暗雲漂う中、グランメゾン東京は、果たして新メニューを完成させることができるのか!?
公式サイトより

『グランメゾン東京』6話のネタバレあらすじ

祥平が丹後シェフ率いる「gaku」に参戦!
丹後に呼び出され二人だけで話す尾花。
「祥平はお前じゃなくて俺を選んだんだ。」と丹後。
祥平がホテルを辞めて出てくると、そこには丹後が迎えに来ていた。
「フレンチを辞めるな」と言う丹後に、祥平は「辞めませんよ。」と言う。
どうやら気持ちを切り替えたようだ。
「今の俺が一番いい料理を作れそうな店に行こうと思ってます。」
そう言って「gaku」を選んだ祥平だった。

TOPレストラン50のために魚料理を新メニューにする…!

TOPレストラン50はミシュランの前哨戦と言われる世界で最も権威のあるショーレース。
世界中のフーディや飲食関係者で構成される会員たちが選ぶ。
もしもこのランキング上位に入れば、一気に世界的な人気店になるのだ。

尾花は日本の特徴でもある生魚の新メニューを考案すべく魚市場に魚を仕入れに行く。
今産卵前のメスが脂がのって最大限に美味しい鰆をメニューにすることに決めた。

祥平は「gaku」で新しい料理人の道を歩き始める

祥平は「gaku」で丹後の右腕、スーシェフとして働きだした。
祥平の料理に丹後は満足気だ。
「gaku」でも同じく外国人の会員向けに決め手となる魚料理を開発し始めた。
元々丹後に次いで二番手で勤めていた柿谷は、祥平の方が丹後に気に入られており実力も上でやや立場が無くなりつつあった。
祥平が作ったアンコウのメニューを改良していくことで魚料理のメニューの方向性が決まってきていた。
オーナー江藤は、独自のリサーチャーを使って新しいレシピを提案すると言う。

「グランメゾン東京」で働くアシスタントの芹田は未だに野菜の5ミリ角を練習させられていた。
依然としてお客様に出す食材に触れさせてももらえない芹田は焦りと苛立ちを感じ始めていた。
そして芹田に江藤から連絡がくる。
「グランメゾン東京」で開発している魚メニューについて、そのレシピを横流ししろと言うのだ。
「頑張ってくれればいずれウチで迎え入れましょう」と誘う江藤の言葉に従い、金を受け取ってしまう芹田。

二人が気になる京野

まだ倫子の家で生活している尾花。
朝京野がやってきて、新しいホールスタッフについて倫子に相談している。
リンダのところで働いているフードライターの久住栞奈はどうかと言う京野。
料理に詳しいし語学も堪能、ソムリエの資格も持っていて丁度いいと話している。

そこに尾花がやってくる。
倫子は尾花と自分の朝食にピザトーストを用意していた。
朝食を食べながら新しい魚料理の調理法について話す尾花と倫子。
そんな二人を密かに凝視している京野…二人の関係を気にしているようだ。

久住栞奈の加入、芹田の焦り

久住がホールスタッフとして加わることになった。
履歴書を京野に渡し、挨拶をする栞奈。
尾花に「エスコフィユの頃から尾花さんの料理の大ファンなんです!」と告げる栞奈。
芹田は後から入ってきた栞奈が優秀で歓迎されているのを見てさらに焦りを感じていた。
栞奈の履歴書の彼女の父親の名前を見て、何か思い当たることがあるような京野。

芹田は焦りから初めて賄いを作らせてほしいと立候補する。
倫子がそれを許し、早速チャーハンを作る芹田。
食べて早々「まずい、これ…」とこぼす萌絵。
「研いだばかりの包丁を使うと鉄の味が移るのよ。」と注意する倫子。
「体を動かして働いている僕らが、お米と野菜だけの料理を食べたいと思うかな?」と相沢。
みんなに責められてしょんぼりする芹田をフォローするように京野が「でもお米のパラパラ具合はちょうどいいんじゃない?」と言う。
みんなに完食されずに残された賄いに悔しがり落ち込む芹田だった。

京野が気を遣って芹田を飲みに誘う。
色々不満もあるだろうけどと思って、と言う京野。
「別に無いですけど。俺なんて才能無いし。」と突っ張る芹田。
「料理なんてみんな才能なんてあるかないか分からないところから始まる。」
「尾花も倫子さんも何も言わないけどちゃんと芹田君のこと見てる。きっと言われたことをやるだけの料理人にはなって欲しくないんじゃないかな。」

新メニューの開発で色々な調理法を試している尾花と倫子。
結局ローストが一番おいしいと辿り着いて、あとはソース、火入れの加減を研究するのみとなった。

芹田の修行…!新メニューの完成!

芹田は鰆を捌けるようになりたいと、魚市場の鰆を購入した大将のところでバイトさせてほしいと頼み込んだ。
なんとか受け入れてもらえ、店が始まる前に掃除などをこなしながら捌き方を大将に教わり必死で練習した。

店では倫子と尾花がメニューの開発中だった。
身の切り方、火入れの時間、温度、手順を細かく書き出し何度も試していた。
それをしっかりと見ながらメモを取る芹田。
相沢にも協力してもらい、水晶文旦を使った爽やかなソースを合わせることに。
ソースもしっかりと味見し、勉強のためレシピを記録する芹田。
その様子をこっそり見て、少し嬉しそうな尾花。
そして新しい魚料理「鰆のロースト 水晶文旦ソース」が完成する。

芹田の努力によって、魚屋の大将に上手くなったと言われる程度に鰆をおろせるようになった。
そして大将に鰆の中骨を焼き、その間の身を食べさせてもらうと、美味しくて感動する芹田。
「捨てるところなんて無いんだ」と誇らしげな大将だった。

芹田の空回り…

鰆が捌けるようになったのが嬉しくて、つい相沢が捌いていた鰆を勝手にさばいてしまう芹田。
「何やってんだよ!」と尾花。
「どうです、出来ました。完璧でしょ。」と言う芹田だが、「ふざけんな、全然違う!もうお客様に出せるものじゃない…お前どの包丁で捌いた?」と尾花。
芹田が自分が使っていた包丁を指すと、「お前はまだうちの店のレベルじゃない。」と言い放つ。
「なんで認めてくれないんだよ、俺だって頑張ってるんだよ!」
「こんな店で野菜ばっか切ってても意味ねぇし、こんな店こっちから辞めてやるよ!
と言い放ち、店を出て行ってしまう芹田。

店を出た芹田は悔しくて、そのまま「gaku」へレシピを持ち込んでしまう。
江藤に鰆のレシピ詳細を記載したノートを渡して、「あんなクソみたいな店辞めてきましたよ。これからお世話になります。」と言う。
江藤は「分かりました。追って連絡します。」と言い、レシピを柿谷に渡したのだった。
柿谷が「本当にあんな奴雇うんですか?」と聞くと「まさか」応える江藤

「gaku」でもアンコウの新メニュー完成!

祥平が作ったアンコウのメニューを丹後と一緒に改良して、アンコウとあん肝を使った美しく複雑なメニューが完成した。
江藤が試食をして、素晴らしい料理だと絶賛。
しかしフードリサーチャーから上がってきたレシピと食べ比べてから決めると言い、柿谷にその料理を持ってこさせる。
それは「グランメゾン東京」のレシピを柿谷が再現したものだった。

退職金代わりに「グランメゾン東京」のコースを

京野が芹田に退職金代わりだと言って「グランメゾン東京」に招待した。
芹田は客席に座って尾花や倫子、相沢たちが真剣に料理に取り組んでいる姿をみて、一皿一皿に魂が宿っているのだと感じる。

そして鰆の料理がやってくる。
一口食べて笑顔になるが、その後表情が曇る芹田…

その時リンダが「gaku」にTOPレストラン50の審査にやって来ていた。
新しい魚料理にとても満足するリンダ。
そして丹後と祥平がリンダに挨拶をして送り出す。
「どこかで会ったかしら?」と祥平に聞くリンダ。
「昔、「エスコフィユ」という店にいました。」と祥平。

芹田が料理を食べ終わって、金を払うと言うと「お金は貰えません」と尾花。
「お客様に出してはいけないものを出してしまったからです。」
芹田は「鰆のロースト、試作品のときより臭い気がしました。」と言う。
「ちゃんと気付いたわね。」と倫子。
芹田が捌いた鰆の切り身を使ったのだと言う。
灰汁の強い野菜を切った包丁で魚を捌くと、その灰汁が魚の風味を劣化させるのだと。

尾花は「お前が鮮魚店でバイトして捌き方を習ってるのは知っていた。でもそんなの当たり前なんだよ。ここは三ッ星を狙ってる店なんだよ。料理なめんな。
そして手をつき土下座する芹田。
「「gaku」に鰆のレシピを渡していました。金をもらってスパイしていました。」と告白し謝罪します。
レシピが渡ったら「gaku」が金にものを言わせて良い素材を準備する。そうしたら「グランメゾン東京」は負ける。と芹田は言い謝罪します。

するとクスクスと笑い声が…
倫子も相沢も京野も萌絵も笑っている。
「あのレベルになると、レシピがあるから作れるってものじゃないのよ。」と相沢。
レシピが表に出ても気にしないのが一流の料理人だ。
その料理を自分が一番おいしく作れるから
「gaku」で柿谷がレシピを再現した鰆のローストは見事に失敗。
丹後と祥平が作ったアンコウのメニューを採用することに決まった。
その日の素材の状態や気温、湿度でオープンの温度や時間も変えている。すべての料理が簡単に真似できるものではないと語る倫子。
「真似事でやってる店は腐るほどあるけど、俺たちの料理はそんなもんじゃない。芹田お前はどっちだ。どんな料理人になりたいんだ。自分で決めろ。」と尾花。

それを聞いて、「もう一度俺に賄いを作らせて下さい!」とお願いする芹田。
再びチャーハンを作ります。
前回注意されたところを直し、包丁の使い方に気を付ける。
そして魚屋の大将に食べさせてもらった鰆の中骨周辺の身をほぐして加えました。
みんなに振舞うと「美味しい」の声。
まだまだ足りない部分はあるが「みんなを喜ばせるために最大限の知恵と技術を振り絞ったのは認める」と倫子。
今度は残さず完食された皿を見て嬉しそうな芹田。
そして尾花は「それ片付けたら鰆やっとけよ。」と芹田に言う。
「いいんですか?…俺、ここにいても。」
「仕込みはお前の仕事だろ。」と尾花。

『グランメゾン東京』6話の感想

今回もまたまた面白かったです!
芹田の気持ちも手に取るように分かって彼の焦り、苛立ちとやるせなさに、こちらまで言い表せないような気持ちにさせられました。
結果的にまた結束が強まったメンバーではあるのですが、とにかくランキングが気になる…

久住栞奈の目的は…?

リンダのところでライターとして働く久住栞奈ですが、一時的に「グランメゾン東京」に加入します。
3年前の事件について、リンダと話しているのを聞く限り、「わたしよりあなたの方が犯人を許せないはずよ。」とリンダは言っています。
つまり栞奈は3年前の事件の関係者と近い関係にあるということですよね。

今回履歴書の父親の名前を見て、京野が何か気付いたようだったので、おそらく父親が有名人、政治家あたりじゃないかと思います。
そして3年前の首脳会談で何らかの役目を持っていたが、このレストランの事件によって責任を負わされる羽目になったとか。
職を追われるかまたはこれをきっかけに体調を悪くするなど、栞奈が根に持つほどには影響を与えたということなんでしょう。

実際の事件の原因を作ったのは祥平だったのですが、今のところ栞奈はそれを知りません。
当時エスコフィユのスーシェフは尾花ですから、彼に全責任があるのは間違いない。
だから栞奈は尾花を恨んでいると考えられます。

今のところ栞奈は「グランメゾン東京」で戦力になっていると思いますが、一体どんな手で邪魔をしに来るのか。
そして彼女の本当の目的はなんなのでしょうか。

芹田くん、意外と真面目な努力家でひと安心

これまでほとんど経験の無いアシスタントとしてわずかに成長していたものの、周りのメンバーが凄すぎて注目を浴びなかった芹田。
なかなか気が大きい若者で、周りにあんなに出来る人たちがワサワサいるのに自分もすぐ出来ると思ってるところがすごい。自信家ですね。
尾花が言っていたけど「料理をなめてる」とも言えるかもしれない。
そんな彼が今回、改めて尾花たちが料理にかける本気を間近で見て、料理の厳しさと奥深さ、素晴らしさを学んだはずです。

芹田の見た目からそこまでの想いも無くフレンチレストランに入ったのかと思っていましたが、彼の勉強ノートを見る限り彼なりに本気のようです。
意外としっかりと彼なりに勉強していたようですし、やる気も十分。
きっとこのまま粘り強く学んでいけば、力がつくんだろうなと思って少し安心しました。

そして彼も味が分かるんだな~というところも感心した。
鰆の風味が落ちていることに素人はみんな気付くものなんでしょうか?
やはり料理人の舌になっていているからこそなんだろうな。

焦る気持ちは分かりますが、料理の道も厳しいだろうと思います。
一足飛びに上達する道は無いからね、着実に積み上げるしか道は無い。

高みを目指す人たちは懐が深い

今回の芹田のエピソードを通して思ったのは、「グランメゾン東京」で働く人たちは非常に懐が深いってこと。
彼らは脇目もふらず三ッ星を目指して、必死に料理に向き合っている。
だから芹田がスパイしていたなんてことは小さなことで、自分たちは自分たちができる精いっぱいをやるだけだと知っている。
相手が誰であれ、向かうのは料理なのだ。

逆に言うと「gaku」の江藤は相手を邪魔する事しか考えてない小者ってことですね。
オーナーだからビジネス的な視点でみることは大切だとは思いますが、相手を蹴落とすことしか考えていないのはいかがなものか。
それと金をかければいいと思っているところも気になる。
丹後が本当に料理の天才だから店の評価が高いものの、丹後が居なかったら…
逆に言うと江藤はそういう人選は上手いんだから汚い真似しなくてもいいのにとも思う。

とにかく自分のやるべき事を分かっている人たちは強い。結束も強い。
そこに入り込んでしまった栞奈が何をするのかは今後気になります。

次回7話のあらすじ

ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。
相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。
というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。
アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。
尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。
なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。
そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。
一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた。

こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。
壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。
果たして『グランメゾン東京』の順位は?!
公式サイトより

まとめ

次回はトップレストラン50の発表という事ですから、順位が楽しみですね。
ふと、このドラマどういうところで終わるんだろう?と思いました。
簡単に三ッ星を取って終わるようにも思えないし…?
もっと続いて欲しい気持ちが既にあります…続編希望!

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA