『グランメゾン東京』

『グランメゾン東京』7話ネタバレ感想:キムタクは常勝じゃない方が良い!本気の悔しさが滲む

『グランメゾン東京』

< 7話(12月1日放送) >

今回は相沢さん(及川光博)回。いなくなってしまった妻が返ってきますが…?
そしてトップレストラン50の発表がとても気になるところ。
三ッ星への前哨戦ですから力が入る…果たして結果はどうなるのか?
早速ネタバレあらすじ&感想を書いていきます。

前回のネタバレあらすじ&感想は「倫子たちは原因を探るべく潮の店に行く。そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。そんな中、尾花は潮の様子に異変を感じ……」をチェック!

『グランメゾン東京』出演者・スタッフ

『グランメゾン東京』出演者

尾花夏樹 -木村拓哉
早見倫子 -鈴木京香
京野陸太郎 -沢村一樹
相沢瓶人 -及川光博
平古祥平 -玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

松井萌絵 -吉谷彩子

リンダ・真知子・リシャール -冨永 愛
久住栞奈 -中村アン
丹後学 -尾上菊之助
江藤不三男 -手塚とおる ほか

『グランメゾン東京』スタッフ

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋

『グランメゾン東京』7話のあらすじ

ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。
相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。
というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。
アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。
尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。
なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。
そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。
一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた。

こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。
壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。
果たして『グランメゾン東京』の順位は?!
公式サイトより

『グランメゾン東京』7話のネタバレあらすじ

トップレストラン50の発表の時。
壇上でリンダが今まさに順位を発表しようとしていた。
会場には「グランメゾン東京」と「gaku」の面々が。
尾花よりもさらに緊張の面持ちで座る相沢がいた。

相沢の妻・エリーゼが店にやってくる

芹田は厨房で魚介類の下ごしらえをしていた。
他のスタッフが野菜を5ミリ角に切るのを指摘する芹田。
後輩が新たに二人入って、先輩風を吹かしているようだ。

相沢は娘・アメリーのお迎えに毎日一旦店を抜け出して行っている。
しかし必ず毎日お迎えに行くと言う約束は最近守りにくくなっていた。
店で準備していると1人の女性がやってくる。
相沢の妻のエリーゼだった。
尾花に相沢も一緒にやっているのかと尋ねるエリーゼ。
そうだとわかると、またやっているのかと怒り出す。
以前も尾花が三ッ星を目指すと言い、相沢はそれに付き合い家族の時間を持てなかった。
そしてあの事件が起こり尾花は逃げたのだ。

そこに相沢が帰ってくる。
どこに行ってたんだと怒る相沢。
「あなたとは終わり。アメリーを引き取りに来た。」と言うエリーゼ。
勝手なことを言うなと頭に血が上る相沢。
どうせまた尾花と料理ばかりしてるんでしょとエリーゼ。
そしてパリに新しいパートナーがいると言う。だからアメリーも一緒にパリで暮らしたほうが幸せになれると言う。
料理人を馬鹿にしたような話しぶりに、聞いていてカチンときた尾花。
「グランメゾン東京はエスコフィユを超える!」と言い切る。
それを聞いて、トップレストランでエスコフィユの過去最高ランク10位を超えなければ、アメリーを引き取ると。
それに承諾してしまう尾花だった。

エリーゼも倫子宅に居候…

エリーゼは日本での宿泊場所が無かったので、倫子が家に呼んだ。
ひと部屋余っているから自由に使ってと。
尾花と一緒に暮らしているの?と驚くエリーゼ。
うんざりしながらガレージに居候しているだけと答える倫子。

尾花と京野、倫子とエリーゼで昔の話をしていた。
尾花が昔付き合っていた女性がエリーゼの友達で、それをきっかけにエリーゼと相沢が出会ったのだと。
エリーゼは尾花と京野、倫子のやりとりを見て何かにぴんときた様子だった。

相沢と結婚した当初は幸せだったと話すエリーゼ。
エスコフィユで働いている頃は家族ぐるみの付き合いだったと話す。
でもミシュラン三ッ星を目指してからはみんな辛そうだった、だから私はミシュランを恨んでると話すエリーゼ。

それを聞いてこっそり尾花はどこかへ電話をかける。

新メニューはエリーゼのための料理

翌日。店に沢山のキノコを仕入れた尾花。
そして倫子が相沢にしばらくお休みを取ってくださいと伝える。
相沢が抜けても自分がカバーすると言う倫子だが、尾花はダメだと言う。
そしてキノコを使った新メニューを相沢と作ると言い出す。
それはエリーゼのための料理だった。
相沢もそれを聞いてやると言うが、店の料理ではないから自宅でやると言うのだった。

この店は尾花にずっと振り回されてると京野に話す栞奈。
「結局、3年前のアレルギー物質混入事件の犯人は誰だったんですかね?」
「どうしてそんなことを?」と京野。
みなさんあの事件に色んなものを壊されてしまったのに、このままで納得できるのかなって、、
と語る栞奈だった。

芹田はけじめをつけるために「gaku」へ

芹田は休みの日に「gaku」へ出向き、オーナー・江藤に会いに行った。
これまでにもらった金を返すためだ。
その帰りに祥平と丹後に見つかってしまい、まさか江藤オーナーに頼まれて、姑息なことしてるんじゃないだろうな?と凄まれる。
芹田は、「もうそんなダサいこと辞めました。俺は伝説のレストラン、グランメゾン東京の立ち上げスタッフですから。」と言ってのけた。
それを聞いて笑顔になった丹後は、江藤のズルを見抜いて不公平だから厨房を見せてやると芹田を案内する。
「gaku」の料理は、素材の味を最大限に活かす「グランメゾン東京」の料理と違い、様々な手法と料理人の知恵で素材の味をさらに引き上げる料理だと。
「gaku」の厨房のハイグレードで見たこともないような機器に感心しながら、感動したと話す芹田。

グランメゾン東京は何位を狙ってるんだ?と聞くと「確か10位です。」と答える芹田。
丹後も祥平もそれに驚き、開店1年未満の店が10位なんて聞いたことがない、という。

アメリーが熱を出してしまう

エリーゼは相沢の家に押しかけていき、アメリーに会ってしまう。
相沢もアメリーの手前追い返すわけにもいかず、一緒に遊ばせていた。
大人同士で今後の話をしていると、相沢の元に一本の電話が。
アメリーが熱を出したということだ。
エリーゼは一緒に行こうとするが、絶対に家に入れないと拒む相沢。
尾花と相沢はアメリーの元に向かった。

尾花はアメリーの為に、アメリーが大好きなフランボワーズのゼリーを作る。
すると夜に倫子が相沢の家を訪ねてくる。
尾花のゼリーをアメリーに食べさせようとするが、食べない。
倫子が持ってきた、エリーゼが作ったライスプディングを出すと、ママのだと美味しそうに食べるアメリー
尾花は少し悔しそうにしていた。

エリーゼの為の料理を振舞う

相沢は横になっているアメリーに、風邪の時はいつもママにあれを作ってもらってたの?と聞き、パパは何も知らないなと言う。
アメリーは尾花に内緒でお願い事を1つした。
尾花はそれを快諾。

相沢の家で、尾花とキノコを使ってガレットを作る相沢。
お母さんにエリーゼには他に男ができたと言ったのかと尾花が聞く。
言えるわけが無いと答える相沢。
エリーゼのことをよく知る相沢は塩加減など彼女の好みを知り尽くしていた。

次の日、「グランメゾン東京」のランチに相沢一家を招待する。
アメリー用にお子様メニューに変える品もありつつ、アメリーもとても喜んでコースが終了。
先に帰るアメリーと相沢の母親。

エリーゼにはスペシャリテを用意した尾花と相沢。
キノコを使ったガレットだ。
一口食べると、怒ったように手を止めるエリーゼ。
「どれも美味しい、それが嫌なの!」
「きっと今まで以上に寝る間も惜しんで時間を削り出していたのよね?」
やっぱりそんな人にアメリーを任せられないというエリーゼ。

尾花が最後の料理です、と言う。
もうあなたの料理なんて食べたく無い!と言うエリーゼに、うちの料理じゃ無いと言う。
尾花が持ってきたのは、mamaと書かれたフランボワーズのゼリーだった。
アメリーが尾花に作り方を習って、一緒に作ったものだった。
エリーゼの為に、ママに戻ってきて欲しいからプレゼントを作ったと言うのだ。
ゼリーを食べて、アメリーが料理を出来るまでに成長したことを知るエリーゼ。
相沢が家にいるときに、アメリーと何度も一緒に料理したと話す。

相沢が、やっぱりパリにアメリーを連れて行ってと言うと、嘘をついていたとエリーゼ。
新しいパートナーがいるなんて嘘だった。
だからパリに行ったら、ひとりでアメリーを育てると言う。
それなら三つ星を取ったら今度こそ必ず帰るから待っていてと頼む相沢だった。

トップレストラン50の順位発表

ついにトップレストラン50の発表。
20位以内の発表が続くが、「グランメゾン東京」も「gaku」も出てこない。
やっぱり圏外だったのかと弱気になる倫子。

10位の発表。
ついに「グランメゾン東京」の名前が上がる。
信じられない気持ちで大喜びする面々。
だが次の瞬間、相沢が娘と別れなければいけないことを思い出し、悲しい気持ちになる倫子。
相沢も「10位ってすごいよ。」と言うが、その表情は硬かった。
尾花は相沢に、「本当にごめんな。」と謝る。

20位以内を目標にしていた「gaku」は、負けた、、と悲壮に満ちていた。
しかし、8位「gaku」の名前が読み上げられる。
誰しも信じられない表情で時が止まる。
そして徐々に喜びが込み上げる丹後と祥平。
この瞬間、日本一のレストランの称号を得たのだ。
尾花は堪らず席を立ち廊下に出る。
悔しさで「クソォォォ!!!」と叫ぶ尾花だった。

エリーゼとアメリーの旅立ちの日。
別れ際に尾花と話すエリーゼ。
三つ星を目指して追い詰められていく相沢を見るのが辛かったと言う。
しかし今度こそ、相沢に三つ星をとらせてやってと言う。
間違いなく、グランメゾン東京の料理はエスコフィユより美味しかったと。

去り際、アメリーがバスから走り降りてきて、相沢に「ママが待ってるからって」と伝言する。
「頑張ってね。」とアメリー。
その言葉に男泣く相沢だった。

祝杯をあげる倫子

世界10位!で喜ぶ倫子。
尾花と京野と自宅で飲んでいた。
エリーゼのパートナーがいると言う嘘に気づいていたと話す。
倫子の家の糠床を使って漬け物を漬ける尾花。
二人で料理の話をする様子を見てイライラがつのる京野。
嫉妬が募って、「尾花と倫子さんが一緒に料理して二人だけの時間を積み重ねていくのが嫌なんですよ。」と言ってしまう。
「はっきり伝えておきます。
私は倫子さんのことか好きです。だから尾花には一刻も早くここから出て行って欲しいと思ってる。」

と告白してしまう京野。

…ただギョッとする二人だった。(つづく)

『グランメゾン東京』7話の感想

今回は相沢さんのパパっぷりがよく見れましたね。
妻も出てきてどうなることやらって感じでしたが…みんなで一緒に暮らせると良いですね。
芹田もアシスタントになって、髪形まで変わってキャラ変してたし…ますます面白くなってきますね。

エリーゼは何故アメリーを置いて行ってしまったの?

エリーゼさん、相沢がエスコフィユで働いている間は主にひとりで子育てをしてきたと考えられますよね。
何も言わずに娘を残して相沢の元を去ってしまったのはやはり母親としてどうなの?と思わざるを得ない。
娘を連れて行くにしても、経済的な問題など解消の見込みが立ってからという考えなら分かるけど、何も言わずっていうのは酷いですね。
相沢が家庭を顧みず料理に没頭していたことを逆に攻めたけど、自分の行いも反省すべきと思います。
相沢は優しいから許しちゃいそうですけどね。

結局アメリーはフランスに行ってしまって、相沢はひとりで三ッ星を取るまで踏ん張ることになりました。
こうなると、この家族の幸せのためには一刻も早く三ッ星を取って家族と一緒に暮らしてほしいと思います。

でもその場合、相沢さんはまたフランスに行くしかないんでしょうか?
「グランメゾン東京」を辞めるしかないのか?
日本でせっかく料理人としての基盤を作り上げたのに、彼も大変ですね…

「gaku」に負けたキムタクが良い!

今回「グランメゾン東京」は10位で大健闘だった訳ですが、エリーゼの件もあったのでなんとなくそのあたりにランクインするのは分かっていましたね。
でも20位以内を目指していた「gaku」が8位!日本一!となり思わず感動…

今回芹田の「gaku」訪問によって、「gaku」が本気で三ッ星、レストランの頂点を目指していることが分かってきました。
丹後さんは天才だと思ってたけど、この人相当な努力家なんだなと思いました。
もしかしたら尾花と同等以上に努力してきたのかもしれません。

そして「gaku」の技巧と知識を総動員したメニューに、祥平の元々持っている「素材の味を生かす」という部分が重なり、さらに料理がグレードアップしたのかもしれません。
祥平の加入は「gaku」にとって素晴らしいものだったんだろうな。

今作ではキムタクがよく打ちのめされるシーンがあります。
本気で取り組んだことが邪魔され評価されず、未来さえ閉ざされて絶望するシーンがある。
今回も「gaku」に負けて悔しがるシーンがありましたが、これがとても良かった。
これまで勝つキムタクは散々見てきたんだけど、負けて本気で悔しがるキムタクは新鮮味があって良いなと思いました。

京野がピュア素直すぎる…!

京野さん、ついに倫子に告白してしまいましたね…
ほんと感情が表に出過ぎなんだけど…

尾花と倫子さんが二人で話している様子をピリピリしながら見守っていましたから、端から見たら倫子さんのことが好きなの丸わかりなんだけど、やはり本人は分からないんですね。
尾花は料理のことしか考えて無いから分からないのは仕方ないとしても、倫子さんも結構鈍感だな。

こんなに感情のままに表に出している大人を見ると、なんだか可愛らしく応援したくなってきます。
京野さん良い人だしね。
しかし倫子さんはダメ男に惹かれてしまうタイプと自分で言っていたように、尾花がまさにそういうタイプなのが気になりますね。
成長して京野さんを選べる倫子さんならいいけど…料理の件もあるし難しそう。

次回7話のあらすじ

京野(沢村一樹)が、倫子(鈴木京香)に告白した翌日、尾花(木村拓哉)が音信不通になってしまう。
周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場勝己)だった。
彼の娘の凪子(伊藤歩)に頼まれ、退院する潮を迎えに行っていたのだという。
尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、ほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。
帰り際に、一番の問題は京野にある、とだけ言い残して…。

倫子たちは原因を探るべく潮の店に行く。
そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。
そんな中、尾花は潮の様子に異変を感じ……
公式サイトより

『グランメゾン東京』
『グランメゾン東京』8話ネタバレ感想:尾花(キムタク)の師匠が教える「本当に大事なこと」< 8話(12月8日放送) > ああー早くも8話! 前回京野が思わず倫子に告白してしまい、その後どうなったのか気になります。 ...

まとめ

今回はランキングの順位で意外な?展開でしたが、これが一番盛り上がる展開だったかも、とも思います。
脚本の面白さが光りますね…!
次回尾花が音信不通…?って…
これまた面白そうな展開ですね。

また来週を楽しみにしています!

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA