『グランメゾン東京』

『グランメゾン東京』4話ネタバレあらすじ感想:パティシエ追加!プレオープンの評価はいかに?

ドラマ『グランメゾン東京』

< 4話(11月10日放送) >
4話が放送されました日曜劇場『グランメゾン東京』。
今回はついにお店がプレオープンで、フルコースの全貌が明らかに。
眼福料理の数々に、胸躍るひと時でした。
さらに新しいメンバーも増えて益々強固になる結束!と思いきや…?
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『グランメゾン東京』3話感想:開店準備が加速!メインメニューはジビエで鹿肉!(ネタバレ)」をチェック!

『グランメゾン東京』出演者・スタッフ

『グランメゾン東京』出演者

尾花夏樹 -木村拓哉
早見倫子 -鈴木京香
京野陸太郎 -沢村一樹
相沢瓶人 -及川光博
平古祥平 -玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

松井萌絵 -吉谷彩子

リンダ・真知子・リシャール -冨永 愛
久住栞奈 -中村アン
丹後学 -尾上菊之助
江藤不三男 -手塚とおる ほか

『グランメゾン東京』スタッフ

脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋

『グランメゾン東京』4話のあらすじ

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。
だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。
彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。
やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。

そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。
コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。
さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。
そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。

萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。
萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。
その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。
刻々と近づくプレオープン。尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか?
公式サイトより

『グランメゾン東京』4話のネタバレあらすじ

『グランメゾン東京』プレオープンまであと7日に迫った。
リンダに食べてもらうコースの最後を飾るデザートにまだ改良の余地があった。
また、今の人数では店が回らないためスタッフを増やすことに。
尾花が「だったら誘いたい奴がいる」と。

祥平の勤めるホテルビュッフェで働く萌絵をスカウト

祥平と一緒に働く萌絵のデザートを気に入った尾花はパティシエとしてスカウトする。
まずは店に見学に来てもらい、店の紹介をする。

そして問題のデザート「モンブラン」を試食。
「なんかイマイチ見た目がパッとしない、センスがあんまり良くないんだよな~」
「料理なんて才能がある人なら時間をかけずにパッとできる」と豪語。
そしてすぐにモンブランを作成。
見た目は華やかで可愛らしくセンスあふれるものだったが、試食した尾花と倫子は却下。
理由はコースの最後を締めくくるデザートとして役目をなしていない。
さらには栗の風味や香ばしさが全く感じられない。
店の「日本の美味しい食材の味や風味を生かした料理」というコンセプトに合わないと。

食い下がる萌絵はプレオープンまでにもっと美味しいモンブランを作ってくると言う。
尾花たちの改良作より良ければ、メニューに取り入れることになった。

祥平の元に訪れた京野は、萌絵に協力して、尾花たちの作品と渡り合えるものを創れと伝える。
過去尾花に認められたことは一度も無かった祥平は、今の自分の実力を試してみたくなり萌絵に協力する。

モンブランレシピがついに完成!

店では新しくシェフに一人、仕込みとホールのスタッフに二人スタッフが追加。
オペレーションの確認や食材の仕入れ、仕込みに精を出す尾花達。

萌絵と祥平は栗の風味を出すためにどうしたらいいかを考えていた。
祥平のアイデアで栗の鬼皮を煮出して風味を抽出することを思いつく。
さらにもっと香りを出すために、鬼皮をオーブンで焼くことを思いつく。
祥平の飽くなき追及の姿勢を見て少しずつ考えが変わって行く萌絵。
祥平のアイデアを取り入れたレシピが完成し、盛り付けは萌絵が考えたモンブランが完成した。

すぐに行ってこいと祥平に言われ、深夜だが店に出向くと倫子や尾花たちは仕込みをしていた。
早速試食してもらうと、尾花も倫子も納得の表情。
翌日のプレオープンで萌絵のモンブランを取り入れることを決定した。

ついにプレオープン当日

当日の開店前MTG。倫子からひと言。
「お客様に私たちの自信作を楽しんでもらおう。」
「あとひとつ「グランメゾン東京」のルールを決めます。どんな作業をしていても、ホールで誰かが「いらっしゃいませ」と言ったら全員で「いらっしゃいませ」と言おう。オープンキッチンです。お客様と同じ空間にいることを感じて心からもてなしましょう。」
「ウィ、シェフ!」

ディナータイムになり招待客が続々と集まる。
その中にはリンダと祥平も。
着々と用意した料理を提供し、お客様にも好評で問題なく回っていたと思われたが…!?

江藤の差し金でシェフの柿谷が裏切り

シェフとして厨房に入っていた柿谷が自分の担当のウニの処理を行わないまま、突然厨房を出ていなくなってしまった。
当然予定通りの10品を出さなければ味のバランスも取れなく評価も下がるが、お客様を待たせるのにも限界がある。
どうするか窮地に立たされる倫子達。
倫子はお客様に謝罪して9品にさせてもらおうと言うが、尾花はそんなのあり得ないとウニの処理を始める。
なんとか引き延ばせても15分。
その間に間に合わせるべく全員で処理を進めるが、見習の芹田は手伝わせても貰えない。

見かねた京野は、客席に居た祥平に助けを求める。
祥平の力が必要だと尾花に見せつけてやれと。
下働き時代必死に練習したせいで祥平のウニの処理の速さは目を見張るほど。
なんとか魚料理も出すことが出来た。

SNSにグランメゾン東京のウニレシピが話題になっているのを見て、「ウニでとるやないかい!!」と悔しがる江藤。

萌絵の反省と心変わり

そしてデザートまで全ての料理を無事に出し終え、リンダに特にデザートについての感想を聞く倫子。
「1つ目のメレンゲのアイスクリームは食べるたびに味が変わる面白さがあった。
2つ目のモンブラン・アマファソン、もっと良かった。栗の鬼皮を使ったアイデアは見事。そして何よりも見た目が美しかった」
と最大限の誉め言葉を貰った尾花と萌絵。

萌絵は全てが終わると、スタッフのみんなに謝罪した。
「あれは平古シェフが必死で努力して出来たもので私は見た目を作っただけです。
楽勝でできるなんて言って申し訳ありません。もっと勉強したいです。だから、この店で働かせてください。」
倫子は「うち、厳しいからね」と受け入れた。

そしてリンダは「グランメゾン東京」について賞賛の記事を書いた。
だがそこには、「アレルギー食材混入事件の尾花がシェフを務めることも注目に値する」と書かれていた。
(つづく)

『グランメゾン東京』4話の感想

今回もまた面白かったです!
想像通り萌絵ちゃんが仲間入りしたのですが、彼女のキャラクターは今回初めて良く分かりましたね。
結構ビッグマウス系の子でした。

今回もお店やお料理にワクワク!グランメゾン東京のフルコース

ついにプレオープンを迎えたグランメゾン東京。
すっごく素敵なお店になりましたね。
少し狭そうだけど場所は良さそうだし、あの味ある古めの建物も良い感じ。
内装も落ち着いた雰囲気がありながら、オープンキッチンで活気が伝わってきます。

今回ついにコースの全貌が見えたのですが、どれも見た目も素敵で美味しそうな料理ばかり。
いつか食べてみたいですね。
特に茄子と白レバーのプレッセとムール貝の冷製スープが気になりました。

江藤はなんでそこまでするの?

エセ関西弁のライバル店オーナー江藤(手塚とおる)。
ライバル店「gaku」は二つ星の名店でこれから三ッ星を目指す訳で、売り上げも好調。
まだオープンもしていないグランメゾン東京を全力で潰しに来るほど尾花に恨みでもあるんでしょうか。
倫子さんが男気で京野を引き抜いたのが気に入らなかったのは分かりますが、汚い手ばかり使うので自分の店に自信が無いのかな?とも思います。
「gaku」のシェフ丹後さんも相当な才能をお持ちだと思うのですが…

今回シェフ柿谷を使った妨害工作をしたうえ、芹田にも金を渡して情報を流すようにさせていました。
今後も邪魔してくるんでしょうね…粘着質…

あの記事をリンダが書いた理由は…

リンダは昔尾花と付き合っていたけれど、あの事件があった後連絡もなく尾花が姿を消したらしいです。
彼女が尾花の店を推薦したこともあり、事件によって顔に泥を塗られたと言っていました。
それが尾花も申し訳なかったのかもしれませんが、決して良い別れ方じゃないですね。
それは尾花は恨まれても仕方ないわ。

そしてリンダはあの事件が誰かがワザと起こしたものだと疑ってライター久住を使って調査させていたのです。
今回記事にわざと尾花の名前を書いたのも、それを読んだ犯人がまた行動を起こすだろうと予想して。

でも実はちょっと尾花にイラっとしたのもあると思うんですよね。
プレオープンの日、店を出る時に尾花が倫子のことを妙に認めているような発言をしたので、女としても少し悔しかったんじゃないかな。
尾花は余計なことを言うよね~~~!

次回5話のあらすじ

3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。
記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。
そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。
しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。
オープンして、すぐに閉店の危機。

そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。
店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。
そして、そこに強力な助っ人が加わった。祥平(玉森裕太)だ。
祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。

全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。
はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか…?!
公式サイトより

最後に

今回もとても面白かった。
やっぱり奇麗なお店とお料理にワクワクしますし、仲間たちの結束や大人の本気が感じられて素晴らしいです。

来週はカレーを売る、という突然のB級グルメ展開。
でもこれもまた楽しいかも!
そろそろ尾花の右腕としての祥平を期待。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA