ドラマ『グッドワイフ』

『グッドワイフ』5話感想:多田くん(小泉孝太郎)の元カノが相手方弁護士に!(ネタバレ)

< 5話(2月10日放送) >

さてさて、毎回進展が楽しいドラマ『グッドワイフ』5話が放送されましたね。
今回はロックスターの離婚訴訟の相手方弁護士に多田くんの元カノ(芦名星)が。
二人がどんな関係だったのか気になる~!

その前に前回のあらすじ&感想は「『グッドワイフ』4話感想:多田くん(小泉孝太郎)はどこまでも誠実…蓮見は離婚!?( ドラマネタバレ)」でチェック!

『グッドワイフ』5話のあらすじ

資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人として担当することになった杏子(常盤貴子)。
数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだという。
杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6千万円が妥当だと主張。
法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。

しかも美咲は多田(小泉孝太郎)の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。
そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。

一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が現れる。
脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。
しかも怜子は、壮一郎に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。
難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…?

そして、壮一郎(唐沢寿明)も、自らが逮捕された収賄事件の真相にたどり着きつつあった。
遂に事件を画策した人物の正体を突き止めたのだ。その男とは一体…?

5話の見どころは多田先生の元カノ登場!そして脇坂の奥さん発の離婚交渉

多田先生の元カノ栗山(芦名星)が相手方弁護士として現れますが、半年前に多田から一方的に別れを告げられたとか。
半年前というと確か蓮見の夫の事件が発覚した時期くらいですよね…
あの事件を知って居てもたってもいられなくなったのでしょうか。
それか千載一遇のチャンスとみて彼女をフッて蓮見を助けたのか??

そして事務所では蓮見に指名が入ります。
指名したクライアントは夫を取り調べている検事脇坂の妻・怜子でした。
脇坂と離婚したいから弁護してくれということでした。
何故わざわざ蓮見に依頼してきたのか…

『グッドワイフ』5話の感想 (ネタバレあり)

離婚をめぐる女の強さとしたたかさ

今回おこった2つの離婚交渉。
1つはロックスターの離婚で長く別居していた妻と別れて、若い恋人と結婚したいという話。
売れない時代を長く支えた妻へ大した財産も分け与えずに離婚しようとする男。
というか、その若い恋人がお金を渡さないという雰囲気がぷんぷん。
交渉が何とかまとまって手続きをしようとした矢先に、男がバイク事故で植物状態になってしまいます。

元々奥さんの方はそこまでお金に執着しているようには見えませんでしたが、今まで苦労しながら支えてきたのに
売れたら浮気されて慰謝料もわずかと思うと悔しいですよね。
しかし最後には奥さんはお金は要らない、全部あげるから夫の治療を続けさせてと言います。

当然ながら裏切りは許せなかったから離婚交渉を進めた。
でも夫と長い時間一緒に過ごして売れない時代から見守ってきたからこそ、夫の良いところも悪いところも含めて愛していたんだなと感じました。
カッコ悪くても可能性が少なくても夫の延命を望むという妻。
無償の愛と女性の強さを感じました…。

脇坂…脇が甘い!!暴れる吉田鋼太郎…

今回もう一つの離婚交渉で脇坂の妻が蓮見を指名してきます。
当然ながら蓮見なら、夫を追い詰めるのに協力的だろうと考えたんでしょうね。
しかしながら脇坂検事は離婚なんて”寝耳に水”といった感じ…
本当に妻のことまったく見てなかったんですね…
相当に妻に嫌われている脇坂。妻は離婚の為にあらゆる手札を集めました。妻したたかかつ利口!
離婚に応じなければ、家のパソコンにあった蓮見についてのデータのことを話すと脅します。
「なんなんだよ…ふざけんなよ…!」とかブツブツ言いながら離婚届けに署名する脇坂面白かったです笑

離婚が決まったところで、脇坂の奥さんから蓮見は脇坂検事のしていることを聞きます。
恐らく脇坂の妻の善意だったんでしょうね。
蓮見の家を脇坂が盗聴しているというのです…!衝撃…完全に違法ですね。
それを壮一郎にバラされ弱みを掴まれた脇坂…書類をぶちまけて暴れる!!
だから脇が甘いんだって…(それでこそ脇坂)

でもなんでそこまで壮一郎に執着してるんでしょうね。
単に出世で先を越されたからというだけでは無いのかもしれません。

壮一郎を陥れた人物がついに特定!

壮一郎の指示で動いていた佐々木(滝藤賢一)の調べにより、壮一郎に賄賂を贈っていた会社を操っていたのが政治家の南原(三遊亭円楽)だったことが判明。
南原を追い詰めるために、決定的な証拠を探す事に…
しかしこれも理由がイマイチ分からないんですが、何故南原が壮一郎を嵌めるようなことを…?
まだまだ謎が募りますね。

次回6話のあらすじ

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。
杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。
車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。
病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。
結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる―

まとめ

今回の最後に、多田君は蓮見壮一郎が保釈されて蓮見家に戻ってくると知ります。
そこで多田くん、動く!!
蓮見に「話がある」と呼び出します。うぉぉぉ~~期待!
ということで次回はついに告白か!?楽しみが止まらない。