ドラマ『ボイス』

感想『ボイス 110緊急指令室』2話:鉄球の犯人はあの人だ!声で判明…ひかりの聴力の秘密も(ネタバレ)

< 2話(2019年7月20日放送) >

ボイスです!
ドキドキハラハラの1話を経て、ECUが本格的に動き出す2話。
女子大生連続殺人事件の捕らわれた被害者を救えるのか!?
さっそく感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『ボイス 110緊急指令室』1話:緊迫の事件現場と“声”で繋がる-今にも殺害されそうな被害者を守れ!!(ネタバレ)」でチェック!

『ボイス 110緊急指令室』2話のあらすじ

電話から聞こえる微かな音を頼りに被害者の監禁場所を突き止めたひかり(真木よう子)。
女子大生連続殺人事件解決後、ひかりは3ヶ月の条件付きでECUの設置を許可される。
しかし、普通は聞こえるはずのない音だけを頼りに監禁場所を突き止めたというひかりを信用できない樋口(唐沢寿明)は、現場リーダーへの誘いを突っぱねてしまう。

一方、署長の田所(小市慢太郎)から指示を受けた強行犯係の沖原(木村祐一)は、緊急指令室に戻ってきたひかりが自分のチームに樋口を入れようとしている目的を探っていた……。

翌朝、長らく入院している一人息子・大樹(鳥越壮真)の病室で夜を明かした樋口は、後輩の石川(増田貴久)からの電話でひかりが自分たちをECUに異動させたことを知る。
苛立つ樋口は、電話からの音が聞こえたというひかりの耳を試すため、離れた距離からひかりに呼びかける。
すると、ひかりは普通は聞こえるはずのない樋口の声を聞き取って……。

樋口に詰め寄られたひかりは、自分の聴力の秘密を打ち明ける。
そして、3年前に妻の未希(菊池桃子)が殺害された事件の陰に、ひかりを巻き込んだもう一つの痛ましい事件が隠されていることを知る樋口。
その内容はあまりに衝撃的なものだった……!!
果たして、ひかりが樋口をECUに呼び寄せた真の目的とは!?

2話見どころは、犯人の声とひかりの耳の秘密

樋口の妻が殺された事件の法廷でのひかりの発言について、樋口はひかりに問いただします。
「無音のように聞こえる部分で犯人は「調子に乗るからだ」と言っている」と。
誰が聞いても無音のレコーダー部分。

こんな証言をしたひかりのせいで、容疑者が逮捕されないまま逃げたと思っている樋口は憤りを隠せません。
ひかりを信じ切れない樋口に信じてもらうため、ひかりは自分の聴力の秘密を話しだします。

そして樋口の妻を殺した犯人の声…これは重要なヒントです!
今回声と共に、さらなるビジュアルも見ることができます。

『ボイス 110緊急指令室』2話の感想 (ネタバレあり)

今回もハラハラドキドキしましたね!
樋口さん、かなりできる刑事ですね、頼りになる~。

女子大生連続殺人犯の逮捕!!ハマの狂犬一人で!

前回から引き続きの連続殺人事件ですが、ギリギリのところで樋口警部補が間に合い、犯人と格闘の末取り押さえる事ができました!

あんなに殴られたのに最後まで諦めなかった女子大生頑張りましたね。 
その後ひかりに勇気づけられたからだと感謝をしていました。
こういう辛い状況で励まされるととても有難いし勇気になるんだろうなと思います。

しかし樋口さん一人って…近くに誰もいなかったんでしょうか?
元々指令室でひかりと話していたはずなのに、現場に駆け付けたのが一番早いとはこれ如何に…?

犯人の声で分かった!あの人ですね!!

そしてひかりの父親も、樋口の妻が殺された日に同じ犯人に殺されていたことを告げられます。
ひかりの父親も警察官で、怪しい男を見かけて職務質問をしたのですが、バレたと思った犯人に殺されたのでした。

犯人の声、1回聞いただけでは分からなかったのですが、今回で分かりました。
声が伊勢谷友介ですね。
今回追加で出てきたビジュアルも伊勢谷友介だったし。

やっぱり内部に犯人に協力した人物がいる

やはり警察内部で証拠をもみ消している人物がいるようでした。
ひかりの父親の事件も、明らかに殺人なのに事故として処理されてしまったようです。

この犯行を行った犯人自身が警察の上層部の人間なのかは分かりませんが、
警察内部で証拠を隠滅できるほど「権力がある」ということまで断定していました。
もしくは犯人と強力な繋がりがある人物、言うとおりにしなければならない人物なのかもしれません。

キム兄さんも怪しいですよね。
私はこの人を犯人1として、さらにその奥に2、3と控えてるのではないかなと思ってます。
個人的に好きな小市さんも段々怪しく思えてきた…

『ボイス 110緊急指令室』次回3話のあらすじ

県警に勤める栞(石橋菜津美)の妹・葵(矢作穂香)が拉致され、緊急指令室に通報が入る。
ひかり(真木よう子)は直ちに樋口(唐沢寿明)に指示を出し、葵の携帯のGPS情報を頼りに現場の捜索態勢を整える。

犯人の車で移動中と思われる葵の詳細な位置を掴むことが難しい中、葵の携帯と通話がつながり、タオルで口を塞がれたようなうめき声が聞こえてくる。

ひかりは通話口から漏れ聞こえる周囲の音に集中し、葵の乗せられた車の車種や位置を推測する…。
現場で捜索を続ける樋口は、ひかりの能力を信じ、該当する車を追跡。
その車両ナンバーから車の所有者が葵のかつての交際相手・大森だと判明する。犯人の車を停車させ説得を試みる樋口だが…。

一方、ECUをよく思わない強行犯係の沖原(木村祐一)は、ECUを潰すべく犯人確保に部下を動員する。
捜査網が錯綜する中、樋口はあることが気になり署に引き返していた。
栞と葵の叔母・志津(YOU)と、葵の恋人・新田(森永悠希)も署に駆けつけ、妹の相談に乗らなかったことを悔やむ栞と共に不安な時間を過ごす中、ある手がかりを得た樋口はひかりと共に事件に仕組まれた罠に気づき始めていた……。

被害者の身が危険にさらされる中、緊迫の追跡劇が繰り広げられる!
そして、ひかりを最大の危機が襲う!その時、樋口は……!?

まとめ

今回もハラハラドキドキでした!
そして既に次回に続く事件が勃発。
またしてもハマの狂犬が一人で事件解決か!?
来週を楽しみにしています。