ドラマ『TWO WEEKS』

感想『TWO WEEKS』2話:登場!磯村勇斗演じる殺し屋・灰谷…!真犯人の発覚(ネタバレ)

< 2話(2019年7月23日放送) >

こちらもハラハラドキドキな韓国産タイムリミットサスペンスドラマです。
1話はとても面白く、主人公の三浦春馬演じる結城大地の逃亡劇が始まったところ。
あてもなく娘の為だけに走り出してしまった大地がどうなるのか、必見です。
さっそく感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『ボイス 110緊急指令室』1話:緊迫の事件現場と“声”で繋がる-今にも殺害されそうな被害者を守れ!!(ネタバレ)」でチェック!

感想『ボイス 110緊急指令室』1話:緊迫の事件現場と“声”で繋がる-今にも殺害されそうな被害者を守れ!!(ネタバレ)

『TWO WEEKS』2話のあらすじ

殺人未遂容疑で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)は、ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)から、白血病を患った8歳の娘がいると告げられ、自分がその子の父親であることを知らされる。
さらに検査の結果、娘の青柳はな(稲垣来泉)と骨髄が適合し、正式にドナーとなるが、その矢先、ある人物の策略によって、結城は殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。
はなへの移植手術は2週間後――、結城は警察のふいを突いて護送車から脱走する。

一方、結城が殺害したとされるホステスの柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家の柴崎要(高嶋政伸)を内偵させていた検事の月島楓(芳根京子)は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。
するとひょんなことから、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。

やがて、政治家である久我早穂子(黒木瞳)の口利きで、新米ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた楓は、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索。
しかし結局見つけることはできず、楓は何としても結城にたどり着かなければと躍起になる。

2話見どころは、大地が犯人にされた事件の真犯人が判明

護送中の交通事故によって逃走した大地。
誰かに殴られ気が付くと亡くなった血だらけの愛の横で包丁を手に持った状態で倒れていた。
そこへタイミングよく警察が駆けつけ…という展開だったので、
間違いなく誰かに嵌められたんですが、その犯人が明らかになります。

意外にもサラッと2話で明らかになりましたね。
もう少し、実は違うんじゃないの?なんて疑ったりしたかった気もしますが。
きっとこの後に大きな展開が待っているんだろうなと予想してます。

そしてその犯行のきっかけとなったことも気になります。

『TWO WEEKS』2話の感想 (ネタバレあり)

ハラハラドキドキですが、比嘉真奈美とはなちゃん役の子役の子がとてつもなく可愛い。
可愛くてなごみますね~

随分「逃走慣れ」してる気がする大地…アクション俳優っぽい

大地が逃走が妙に上手というか、とても機転がきくので逃走劇として見ごたえがあります。
監視カメラに気付いて、それを利用するとかかなり賢いなと思います。
自販機の下で10円玉をいくつか拾って公衆電話から電話をかけるとか、公衆電話あって良かったな…みたいな気も。

そして警察に見つかってからのビルの屋上を駆け回る逃走と、決死のダイブ…!!
普通だったら諦めて捕まるところだと思うので、この逃走に懸ける気持ちの強さが伺えます。
娘の命が懸かってるんですもん、必死ですよね。

コナンくんみたいに考える芳根京子にツッコミを入れたい

芳根京子演じる月島楓の部屋には、過去自分の父親が亡くなった事件の関係者を示したボードが貼られています。
こう言っちゃなんですが、若干そのボードがチープ…
なんでだろう、内容が少ないからかな?

それを見て顎に手をあてて考え込む様子がまた、漫画かな?と思ってしまいました。
やっぱり芳根京子には天然の明るさを感じるというか…すごい復讐ややり遂げたい気持ちはあまり感じません。

そして楓と早穂子の関係はなんだか羨ましいです。
本当の娘のように慕ってくれているんですね。。

随分とあっさり人を殺める柴崎…コイツだとは思ってたけど!!

柴崎は悪そうだ悪そうだとは思ってましたが、自分の手で人を簡単に殺めるとは…!
大地が犯人にされた愛の殺人は案の定柴崎が犯人でした。

この人は今そこそこの社会的地位にいるから自分の手は汚さないのではと思っていたけど、いとも簡単にナイフで…
怖いですね…しかもその場に秘書とクラブオーナーの男もいたのです…
大地に罪を着せるように裏で金を使って手を回したのでしょう。

8年前の事件の際にも大地に濡れ衣を着せたようでした。
どんどんエスカレートしてるのか?
こんな男の言う事を聞いてしまった大地が自暴自棄になる気持ちも分からなくないです。

柴崎の弱みを撮影したデジカメは大地の同居人、相良が持っています。
彼女との旅行から帰ってきた相良も巻き込まれてしまうのでしょうか?
そしてこの二人もどういう関係なんだろう。
本当の弟では無いみたいだけどいい関係のようです。

『TWO WEEKS』次回3話のあらすじ

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。
傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。
結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。

そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。
一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。
助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。
するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。
憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

まとめ

ついに出てきた灰谷が、『サ道』のととのい磯村君と違い過ぎて驚きました。
目の下黒すぎない?笑
そしてこの男の目的も未だ謎です!
来週をまた楽しみにしています。