『おっさんずラブ-in the sky-』

『おっさんずラブ-in the sky-』4話ネタバレあらすじ感想:おっさんの本音炸裂!黒澤杯卓球がとんでもない…

ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』

< 7話(11月18日放送) >

『おっさんずラブ-in the sky-』4話が放送されました。
思った以上に卓球シーンが壮絶で度肝を抜かれました…
黒澤武蔵の春田への想いが想像を絶する感じです…!!
早速感想を書いていきます。

前回のネタバレあらすじ&感想は「『おっさんずラブ-in the sky-』3話ネタバレあらすじ感想:成瀬を抱きしめる春田「ほっとけないんだよ!」」をチェック!

『おっさんずラブ-in the sky-』出演者・スタッフ

『おっさんずラブ-in the sky-』出演者

春田創一 -田中圭
黒澤武蔵 -吉田鋼太郎
成瀬竜 -千葉雄大
四宮要 -戸次重幸

橘緋夏 -佐津川愛美
烏丸孫三郎 -正名僕蔵
根古遥 -MEGUMI ほか

『おっさんずラブ-in the sky-』スタッフ

脚本:徳尾 浩司
制作著作:テレビ朝日

『おっさんずラブ-in the sky-』4話のあらすじ

降りそそぐ雨の中、春田創一(田中圭)が副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)を抱きしめている現場を目撃し、立ち尽くす整備士・四宮要(戸次重幸)。
四宮は心配して様子を見に来た広報部の橘緋夏(佐津川愛美)に
「俺は、春田が好きなんだ」と、これまで秘めてきた思いを打ち明けてしまう。

一方、春田のことを好きだと言う娘・緋夏のために、
断腸の思いで恋愛戦線から離脱する決意をした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。
必死に春田を嫌いになろうとするが…うぅぅぅ…無理ぃ……。

数日後、父親の葬式を終えた成瀬が出社。
いつになく素直に、家族の話をぽつぽつと話しだす成瀬を、春田は四宮の誕生日会に誘う。

翌日、改めて行われることになった四宮の誕生日パーティーには、
胸にフクザツな思いを秘めたおっさんたちが大集結…!?

無防備かつ無邪気すぎる春田に我慢の限界を迎えた黒澤は、
突如「ここらで決着つけようか!」と、卓球大会の開催を宣言する。

スマッシュに乗せて、次々に繰り出される男たちの本音――。
果たして、愛と憎しみの卓球対決の行方は…?
公式サイトより

『おっさんずラブ-in the sky-』4話のネタバレあらすじ

朝方、春田が寮に帰ってくると寮には四宮の誕生日パーティのあとが…
前日の夜の成瀬の表情を思い出す春田。

春田が出社すると成瀬は会社を休んでいた。
お父さんのもとへ向かったようだ。
それを知って安心する春田。

四宮の告白に困惑する緋夏…

緋夏は四宮に「春田が好きなんだ」と告げられたことを、相手の名前を隠してCAの遥に相談していた。
それはライバルってやつ?緋夏の気持ちを分かった上で告げてきているなら宣戦布告だよと言う遥。

四宮はいつものように寮で料理を作っていると、春田が帰ってきて誕生日パーティに行けなかったことを謝る。
四宮は春田の事を考えボーッとしており、料理も手につかない。

黒澤武蔵、恋のフライトを引き返す

黒澤は表面上春田に普通に接するようにしていた。
そして自分が振られたのかどうか分からず悶々としていた。
家では緋夏に「春田君のことが好きなのか?本気でお付き合いしようと思ってるのか?」と問い詰めると思わず、「好きだよ!」と緋夏。
緋夏の本当の気持ちを知った黒澤は、春田を諦める方に気持ちを持っていくことにした。

春田の事をずっと見つめてきた黒澤だが、娘の為に春田を嫌いになろうとする。
しかし見れば見るほど良いところ、好きなところばかりが目につき、嫌いになんてなれる訳ないじゃないか!と膝をつく。

成瀬が春田にお礼を言う

機内販売を強化することになったCAたち。
春田は売上がなかなか立たずに屋上で接客の練習をしていた。

すると成瀬が話しかけてきた。
父親のこと、あの時背中を押してくれたことを春田に「ありがとうございました。あの時あなたに会わなければきっと病院に行ってなかったと思います。」と素直に礼を言った。
父親は家庭を顧みない人で嫌いだったと話す成瀬。
でもそんなクズの父親でも死に目に会えなかったら後悔していたと思うので、ありがとうございましたと改めて春田に礼を言いました。

四宮の誕生日パーティで行われる本音卓球大会

集まったのは四宮、春田、成瀬、黒澤、四宮の後輩整備士・道端くん。
緋夏は急な打ち合わせが入ったとかで欠席しており…
成瀬に妙に構う春田の様子を見て、おや、おやおや…?と疑惑が持ち上がる黒澤。
四宮は緋夏に春田が好きだと気持ちを伝えてから、春田とぎこちない関係になっていた。
なるべくクールにふるまう四宮…
しかし黒澤の目から見ると、四宮も春田を狙っているように思えて悶絶する。

思い立った黒澤は突然、卓球大会を開催することに。
「はっきりさせようじゃないか!!」
「よし、まず成瀬!」
卓球を打ち合いながら、「あの春田くんへのキスはなんだったんだ!?」と成瀬に問い詰める。
成瀬「何の意味も無いです…」
黒澤「そんな訳ないだろさぁ~!」
成瀬「何でもないさぁ~!」
完全にルール無視で黒澤が言いたい事を言うだけである。
「次っ!四宮!」「はい」
黒澤「君はもっと自分に正直になった方がいいさぁ!」
四宮「……」
黒澤「どうしてそんなに自分を抑えられるのさぁ?WHY?ホワーーイ!?」
だんだん卓球の球だけじゃなくラケットも何もかも投げつける黒澤。
見かねた春田が、「さっきから何の話をしてるんですかぁ!」と黒澤を止めたが
イラっとした成瀬が「あんたの話だよぉ!!!」と参戦。
四宮「気にするな!春田には関係ない!……」
成瀬「デッサン見りゃ分かるだろうが!!」
四宮「……」
混乱する春田。え??
成瀬「好きってことだよ!」
勢い余って四宮の気持ちを春田に伝えてしまう成瀬。
春田「え?え?どういう事?え?わかんなくなってきた!キャプテン!!」
黒澤「…俺も好きさぁ~!」
「春田くんのことが好きさぁ~!!!好きさ~!!!!」

膝から崩れ落ちる春田であった。

その後、それぞれと話す春田

黒澤キャプテンを送っていく春田。
黒澤が語りだす。
「いやほんと、いい迷惑だよなぁ、こんないい歳したおっさんが。」
「自分でも驚いてる、この歳でこんなに人を好きになるなんて。もう自分で自分がどうなってるのかよく分からないんだ。」
「俺はキャプテンのことをそういう好きには…」と断る春田。
「分かってる。もう好きになるのはやめる。でももう少し時間をくれ、そうすればただのキャプテンに戻るから…」
涙ながらに話す黒澤キャプテンに、誠心誠意謝る春田。
だから嫌いになれないと言いつつ、気持ちに区切りをつけなければと想いを噛みしめる黒澤だった。

寮に帰って四宮と話す春田。
「シノさん、俺なんかのどこがいいの?」
四宮は「馬鹿、誰がお前なんか…あいつの冗談に決まってるだろ。」とまだ誤魔化している。
お前には緋夏ちゃんがいるんだから大切にしてやれ、とあくまでも緋夏と春田を応援していくつもりのようだ。

機体のオイル漏れ?が発覚

成瀬が整備された機体にオイル漏れらしきものを見つけた。
その機体は明日ラストフライトを迎える初号機だった。明日までに原因が分かり、整備が終わらないと、ラストフライトが出来ない事態になってしまう。
四宮を始め整備チームが原因究明の対応を始めたところだった。
成瀬は寮で整備関係の本で原因を調べていた。

春田が寮に帰ってくるが四宮はまだいない。
春田と成瀬の為に四宮が作ってくれたオニオングラタンスープを食べる二人。
春田は昨日からずっとパニクッていると成瀬に話す。
キャプテンとシノさんのどう接していいか分からないんだと。
今まで通りで良いんじゃないですか、とアドバイスをくれる成瀬だが、「でも僕は辛いですね~…」とボソッと言う。

四宮の元へやってきた成瀬。
柄にもなく差し入れにおにぎりを買っていった成瀬だが、いくつもあるおにぎりの全てが「おかか」。
何でだよ、と四宮に突っ込まれつつも、「人に買うの初めてだったんで…」と言う成瀬に
「お前可愛いな、ははは、サンキュー。」と四宮。

「あの人のこと、なんで好きだって直接言わないんですか?」と確信をつく成瀬。
「今のままで良いんだよ。俺になんか好かれたってアイツも嬉しくないだろ。」と四宮。
成瀬はどうなんだと聞かれると
「卓球してる時、みんなが羨ましかったです。俺は今まで一度も誰かを好きになったことが無いから。」と答える成瀬。
成瀬のアイデアでオイルポンプを確認し、オイル漏れの特定、整備が完了した。

春田が二人のことが気になり会社に来てみると、四宮と成瀬がお互いにもたれ掛かって寝ているのを目撃してしまう…
言いようのない気持ちに襲われる春田だった。

四宮と緋夏がお互いを認めるライバルに

緋夏が屋上に一人でいる四宮に話しかけてくる。
「シノさん、春ちゃんのこと好きなんですね?」
「うん。」と素直に答える四宮。
「この前シノさんの気持ち知ってびっくりしたけど、私は春ちゃんと付き合ってる訳じゃないし告白もしてない。だからシノさんに裏切られた訳じゃない。私は仲良くしたいです。
緋夏から四宮に歩み寄ってくれたのだった。
緋夏の握手を嬉しそうに受け入れる四宮。

春田もモヤモヤした気持ちを味わうことに

春田は初号機のラストフライトを終えて、初めて物販もこなしてウキウキで帰ってくる。
そしてその手には、古墳展のチケットが2枚。
成瀬がよく前方後円墳の本を読んでいるのを知って春田が用意したようだ。

成瀬を探すと、ベランダで話している成瀬と四宮を発見する。
四宮は成瀬が整備不良の原因を見つけてくれたことに礼を言っていた。
パイロットの勉強もあるのに整備の勉強までしてすごいと。
成瀬は「好きなだけですよ、飛行機が。」と答える。
その笑顔を見て「成瀬さぁ、そういう顔してた方が可愛いよ。これからも頼むよ、未来の機長さん。」と成瀬の頭を撫でる四宮。
成瀬は照れたような表情をしている。

それを見て持っていたチケットを握りしめ、自分の苛立ちの感情に気付いた春田。
「俺、ムカついてる…!?」

翌日、職場で小学生の男の子に遭遇した春田。
父親に会いに来たという少年が言った父親の名前は「四宮要」
ええええ~~~!?(つづく)

『おっさんずラブ-in the sky-』4話の感想

今回はもう何と言ってもテンポが良過ぎる卓球がメインです。
それにしても黒澤武蔵のホンネがあふれ出すぎる。。

黒澤武蔵のポジティブさと自信はどこから来るのか…

春田にフられたにも関わらず、それを受け止めきれない黒澤は(俺は、あの時本当にフられたのか…!?)と悶々とする。
いや、フられてたよ!結構丁寧に気を遣われて振られてた!
そして(やはり緋夏に惹かれているのか…!?)と、緋夏or自分の二択にしているところがすごい。
普通に選択肢の一つとして自信があるんですね…
というかなんなら娘よりも自分が選ばれたという自信がありまくる武蔵…

何故なんだ…何故そんなにも自信があるんだ…!
ちょっと羨ましい黒澤キャプテン。
やはりパイロットともなると自分に自信が相当無いとやっていけないのでしょうか。

こんなにもホンネで話していいの?という卓球

黒澤キャプテンがホンネを語りまくった卓球…。
誰かに恋心を持っていることをあんなにオープンに、本人含めみんなの前で言う場ってあります??
キャプテンの溢れ出る感情にめちゃくちゃビックリした。

武蔵さんのモヤモヤした気持ちは分からないでもないけど、シノさんを巻き込んで最終的に気持ちが春田に伝わってしまったのはシノさんの本意では無いでしょうね。
シノさんが気持ちを抑えていたのは、春田と緋夏ちゃんの為もあったんだろうから…
でも自分に自信が無かったのもあるかもしれないですね。

キャプテンは改めて「春田が好きさぁ~!」と告白してました。
この沖縄方言気に入ってるようですね笑
いや、聞いてないし知ってるけど、って感じの春田。
まだ言ってるんかいと思ったかもしれないですが、その後の黒澤が涙ながらに気持ちを話しているのを見ると申し訳なくなってしまってましたね。
どうにもしてあげられないから仕方ない事だけど。
キャプテン、自分でも言っていましたがこの歳でこんなに人を好きになるなんて…って。
いい歳になっても恋できるって素敵なことですね。

成瀬が気になって仕方ない春田が分かりやすい…

すっかり全員春田に矢印が向いてるのかと思っていたんですが、今回から色々はっきりしてきましたね。
春田はやっぱり成瀬が気になる、と。
春田はって基本的に人との距離感が近い人ですが、成瀬にはとりわけ近いです。
話してる時も妙にボディタッチもあるし顔も近い笑
なかなか分かりやすい人だなと思います。

でも成瀬は四宮が気になっているようです。
成瀬は四宮のことを見てたからシノさんが春田を好きだって分かったのかな。
三角関係切ないですね。
シノさんも誰にでも優しく良い人なんだけど、成瀬に対して「可愛い」発言が多いのが気になります。
きっと本当に恋愛対象として見ていないからこその「可愛い」だと思うんですが、成瀬にしたらドキドキしてしまう発言ですよね。
春田もはっきりと成瀬が好きだと気付いたようだし…
来週すごいことになるっぽい!気になります。

次回5話のあらすじ

「…お父さん、いますか?」
天空ピーチエアラインを訪ねてきた一人の少年は、なんと整備士・四宮要(戸次重幸)の息子だった…!

衝撃の事実に驚きながらも、なんとか2人を対面させようとする春田創一(田中圭)だが、「俺には父親を名乗る資格はない」と、四宮から話をそらされてしまう。

そんな中、小学生が航空会社の職場を学ぶ“体験学習”期間がスタート。
春田は、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)や、整備士・道端寛太(鈴鹿央士)らと共に、小学生の授業を担当することに。
張り切る春田だが、成瀬は子どもが大の苦手らしく、溜め息まじりで…?

一方、泣く泣く春田への恋心を諦める決意をした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は、娘・緋夏(佐津川愛美)の恋をアシストしようとするも、若干の空回り気味。
父親の邪魔(?)を振り切って、やっとの思いで春田とデートの約束をした緋夏だが、当日、春田が“他の人”のことばかり話すことに、気づいてしまい…?

――そして明かされる四宮の過去。
苦しむ四宮のために、何かできないかと動き始める成瀬。
自分の中に生まれた“言い知れぬ感情”に動揺を隠せない春田。
ああなんかわかんねえけど、イライラする。
この気持ちを、人は“嫉妬”と呼ぶのだろうか。

ご搭乗の皆さま、大変長らくお待たせいたしました。
ついに春田創一も離陸態勢に入った模様です。
全員“一方通行の恋”の行方は一体…?
公式サイトより

最後に

シノさんに隠し子が発覚!?
結婚してたのか、シノさん~!
年齢的には全然あり得ますが何か事情があったんでしょうね。

来週は春田の恋心が加速してしまうのかな~…
緋夏ちゃん可哀想だけど…
また来週楽しみにしましょう!

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA