ドラマ『仮面同窓会』

感想『仮面同窓会』3話:完全にやり過ぎてる、見えてきた過去の出来事と洋輔の変化(ネタバレ)

< 3話(6月15日放送) >

前回初めて人が変わったように暴力的になってしまった洋輔。
今回はその豹変がだんだん頻繁に…
追い詰められたり煽られると豹変する洋輔はその時の記憶が無いようで…?
感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『仮面同窓会』2話:突然の怖い展開、溝端淳平が二重人格!?もしくは操られてるのか!?(ネタバレ)」をチェックしてください。

『仮面同窓会』3話のあらすじ

樫村(渡辺裕之)が殺害された事件を洋輔(溝端淳平)たちの犯行と疑う加奈子(雛形あきこ)が洋輔のマンションにやってきた。
洋輔は加奈子から、18年前に起きた兄の事故死を問い質された瞬間に豹変する。
加奈子はなんとか逃げ出し事なきを得たが、我に返った洋輔は…。
前日の出来事を引きずった洋輔は、会社でも動揺を隠せない。
するとそんな様子を咎めた上司に対し、洋輔は再び我を忘れ掴みかかってしまう。
周りに唖然とされた洋輔はその場にいられなくなり、トイレへと駆け込み呆然自失となる。

翌日、洋輔は八真人(廣瀬智紀)を呼び、最近の希一(佐野岳)の行動に対する疑いをぶつける。
しかし八真人は、希一、和康(木村了)が逆に洋輔に嵌められたと思っていると話し、互いに疑っても得はないと忠告する。

希一への疑惑は晴れたが、では事件の真相は何なのか?
悶々とする日々を送る洋輔に、美郷(瀧本美織)からSOSの連絡が入る。
仕事を切り上げ急いで美郷が勤務する病院に駆けつけると、そこで目にしたのは…。

3話の見どころは、洋輔の豹変っぷりと八真人の過去…

前回ラストで加奈子に煽られ豹変して加奈子の首を絞めた洋輔。
加奈子はふとした瞬間、洋輔が我に返ったときに逃れて無事でしたが…

洋輔自身はその瞬間自分が加奈子に何をしたのか覚えていないようです。
その後いつものように出社して上司にいびられる洋輔。
この時にもある瞬間プチッと切れて、豹変して上司に歯向かってしまいます。
ほんとに人が全く変わったようになるので、かなり危ないように見えます…
その後も美郷のストーカーに遭遇して美郷の前で…

そしていつも沈着冷静なようにみえる八真人。
高校時代に付き合っていた彼女と別れたあとに彼女が自殺。
何か理由があるのではないかと思わずにいられませんが、この過去も少しずつ明らかになってきます。

『仮面同窓会』3話の感想 (ネタバレあり)

今回は気になっていた洋輔の兄の死の前後の出来事が明らかになってきます。
さらに八真人のことも少しずつ分かってきて…

八真人の過去…やっぱり高校時代の彼女の死に関係あり!?

八真人は一見洋輔に優しくて、時に洋輔を庇ってくれるような友人です。
洋輔も4人の中では八真人が一番話しやすいようで信頼しているようですね。
個人的にはどうも怪しいと思ってたんですが…
洋輔の味方でいると思わせつつ利用しているような気がして。

そんな八真人ですが子供のころの洋輔の兄が亡くなった事故に関わっていました。
ジャンケンして負けたヤツがマンガ雑誌を万引きしてくるという遊びをしていた4人。
八真人が万引きしているのを洋輔の兄に見つかってしまいそれを叱られたことを切っ掛けにで仕返ししようと希一が言い出したのです。
希一は子供の時から生意気かつ悪い奴だな…

そして八真人の高校時代の彼女、日比野真理。
別れた後に、飛び降り自殺をしてしまいました。
八真人は別れた理由は自然消滅だと言っていましたが、実際は希一が関わっていたようで「あとは任せろ」と意味深なセリフ。
希一が別れろと言ったんだろうな。
でもその裏にどういう意図があるのか…
希一だけじゃなくて、他の女子も関わっていたようなのでイジメだったのか、亡くなった樫村も関係あったのか…
八真人が積極的に別れたかった訳でも無く、彼女の死にショックを受けていたようなので彼女への想いは本物だったようです。

洋輔の豹変が怖い、美郷の反応もどこかおかしい

洋輔と美郷は徐々に近づいて良い関係になっているようです。
ただストーカーから美郷を守ろうとしたとき、ストーカーに「洋輔、お前を知ってる、本当のお前を見せろ」と煽られる洋輔。
そして煽られた洋輔はまた豹変してストーカー男をブロックで殴りつけたのです。
ストーカーの方が本当の洋輔を良く知っていそう。

そして嫌だよ、こんな奴…
ブロック塀で頭殴りつけるとか死んじゃってもおかしくないですよ。
いくらストーカーといえども躊躇するのが普通。。
自分が優位に立っても殴るのを辞めなかった洋輔はやっぱりどこかネジが飛んでしまってるように見えます。

しかもそんな豹変した洋輔を傍で見ていた美郷…
その直後に何故か急接近する二人。

…いやいやいや!!普通ちょっと怖いでしょ、あんな豹変見せられたら。
こいつヤバイ男かもしれない、DVとかするタイプかもしれないって普通は怖くなりますよ。
ちょっと美郷は異常に鈍感なのか何か裏がありそう。

洋輔の上司のパワハラが…加奈子が…

洋輔の上司もほんとに酷いパワハラ上司です。
しかも契約してくれた同級生のお客さんに対して、料金を上乗せしろだなんて詐欺まがい…
「脳に蛆わいてんのか?」
っていうパンチのある嫌味に驚きました。
普通にどんな関係だろうと人にそんなこと言う!?
洋輔も出来るならこんな会社早く辞めたらいいのに。

そして加奈子は洋輔に殺されかけたにも関わらず未だに諦めていなく、4人の周りをちょろちょろしています。
この人はそこまでしてお金を強請り取りたいんですね。
なんだか信じられないけどこういう人も世の中にはいるんだろうな…

薄々気づいてたんですが、このドラマの登場人物ってろくでもない奴ばかりだな!?
多分まともかつ良い人ゼロなんじゃないか?
ということで美郷も何か裏があるのではと勘ぐってます。

次回4話のあらすじ

事件の真相を巡り、互いに疑心が生まれつつある洋輔(溝端淳平)たち「仮面同窓会」のメンバー。
そんな中、八真人(廣瀬智紀)のもとに樫村(渡辺裕之)の遺書と思われる手紙が届いたと連絡が入る。

洋輔に先んじてたまり場に集まった希一(佐野岳)、和康(木村了)と八真人。
すると樫村拉致の際に洋輔に名前を口走られ、メンバーの中で一番動揺していた和康は、洋輔が自分たちを裏切り、手紙も洋輔が書いたものだと主張する。

そこへ洋輔がやって来た。洋輔は、手紙の中に書かれていた「ひとりの少女を裏切った…」という一文に対する意見を伝える。
その少女とは、高校卒業間際に自殺した日比野真理(吉田志織)のことではないかと話す。
すると、それを聞いた他の3人の表情が曇り…。

そのたまり場でのやりとりを、加奈子(雛形あきこ)がじっと耳を傾けていた。4人が何かを隠していることを悟った彼女は、和康に対してある行動を起こす…。

まとめ

まだ諦めてない加奈子は執着が強力ですね。
洋輔に首を絞められたのを根に持ってるのもあるかもしれない。
それにしても、誰もが何かしら後ろめたい過去を持っていそうで、お互い疑ってギスギスした関係です。
来週もろくでもない人たちを見守ろう…