名作ベスト50

映画歴代ランキング(2019)ベスト50:評価で選ぶ人生で絶対見るべき作品を独自集計で発表!

こんにちは。ぴお(@entamo1)です。

久しぶりに映画についてまとめてみました。
映画って次々と面白そうな新作が出てきて、空いた時間に何を見ればいいのか…と悩んでしまいますね。
私は失敗したくない性質なので、割と口コミや評価サイトを調べてみる映画を決めたりしています。
…ですがそれも多すぎて、決められない!

結局何が面白い映画なの??と思い、日本最大級評価サイト「Filmarks」と老舗「映画.com」米英有名評価サイト「RottenTomates」から高評価作品をピックアップして厳正に集計。
過去30年間で「本当に面白い、人生で絶対見るべき名作映画」を50本選出しました!

もくじ

ランキング集計方法について

今回はインターネットの評価サイト「Filmarks(日)」「映画.com(日)」「RottenTomates(英米)」で高評価の作品を選出し、それに興行収入や製作年代の調整を加えてランキングにしました。
集計期間は2019年1月頭~末まで。この時点で日本劇場公開していない作品は除外しました。(詳細は以下ですが、興味ない方は読み飛ばしてください)

  1. 日本最大級評価サイト「Filmarks」から過去30年製作(1988~2018)★4以上の作品を選出。
    ※投稿数500未満は除外、評価の多さによって重みづけで数値を調整
  2. 米英有名評価サイト「RottenTomates」のAll Time Rankingトップ100から該当期間製作のものを選出。
    ※投稿数40未満は除外。1の基準投稿数に満たないものは除外
  3. 日本の老舗映画サイト「映画.com」で上記リストアップ作品の評価を調整加点。
    ※投稿数30未満は加点0
  4. 日本の歴代興行収入ランキングトップ100作品から該当期間のものを追加。
    ※1.2に入っていなければ追加。それぞれのサイトの評価をつける。同様に評価数が満たないものは除外
  5. 近々製作の方がサイトへの評価数が多いので高得点になってしまう為、製作年が古い方に一律で比重を寄せました。

結果、全体として一定の納得感のあるランキングになったと思います!
そして今回は日本人向けランキングにしたかったので「RottenTomates」の評価影響は少なめに調整してあります。(英米ではアニメがとても強いようです)
日本で話題になった作品、かつ見た人の評価が高い作品が集まっているので、見たい作品に迷った時にぜひ参考にしてください。

それではさっそく、ランキングをご覧ください!

※動画配信サービス「U-NEXT」へのリンクについて
 本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

いきなりランキング1位から大発表! 1位~10位

1位『君の名は。』(2016)

【恋愛アニメ】477.2pt

出演:神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子ほか
監督:新海誠

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

ぴお
アニメーションの映像、特に背景(風景)の美しさと音楽とのマッチングが世界観を確立している。
RADWIMPSの音楽も素晴らしくて、同時に大ヒットしましたね。
ストーリーは割と複雑になっており、細かいところまで理解するには何度か見る必要があるかも。
とにかく多くの人がみて、日本のアニメーション作品として高い評価を得た。
そして、海外で実写版制作するってよ。

2位『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)

【音楽】477.0pt

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

(C)2018 Twentieth Century Fox

出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、エイダン・ギレン、ベン・ハーディほか
監督:ブライアン・シンガー、デクスター・フレッチャー

世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の人生を描く。
クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、32もの不朽の名曲が主としてフレディの歌声で甦り、心臓に鳥肌がたつほどの感動を呼び起こす。
11月、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテイメント開幕!

3位『千と千尋の神隠し』(2001)

【ファミリーアニメ】472.4pt

出演:柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子ほか
監督:宮崎駿

10歳の千尋は、両親と地方都市に引っ越す途中、異世界に迷い込む。そこでは人間は、魔女=湯婆婆が経営する神さまのための銭湯で働かない限り、ブタや石炭に変身させられてしまうのだった。ブタになった両親を助けようと、千尋はそこで働きはじめる。作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集。宮崎監督の前作「もののけ姫」に続き、日本古来の土着神たちがユニークなデザインで登場する。国内興行収入は304億円で歴代1位。第52回ベルリン国際映画祭では、アニメーション作品として初の金熊賞を受賞し、第75回アカデミー賞でも長編アニメーション賞を受賞。国内でも第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞(今敏監督の「千年女優」と同時受賞)、第6回アニメーション神戸作品賞ほか映画賞を多数受賞した。

ぴお
ジブリの中でも、世界中から評価された素晴らしいアニメーション映画の傑作。
日本の古くからの神様を可愛らしく、でも少し怖く奇妙に描き出していて、その世界観の虜になる人が多い。
久石譲の音楽も最高中の最高。
不思議な世界に迷い込んだ千尋がたった一人で働き始め、成長していく物語。
何度も見返しても色々な発見がある普遍的名作です。

4位『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018)

【アクション】468.8pt

出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンスほか
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。
人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

ぴお
個人的なことを言うと本当に意外というか、マーベル人気ってすごいんですね。
アベンジャーズの集大成的な全部盛り。次作で完結のようで、今作はまだ続く…的な立ち位置。
そしてむしろヴィランの方がメインかと思うようなストーリーらしいです。
MCU作品はどこから見れば良いのでしょうか。誰か教えて。

5位『ラ・ラ・ランド』(2016)

【恋愛ミュージカル】468.6pt

出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロックほか
監督:デイミアン・チャゼル

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。
ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。
やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

ぴお

6位『レオン/完全版』(1994)

【アクション】468.6pt

出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、ゲイリー・オールドマンほか
監督:リュック・ベッソン

ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオンは、プロの殺し屋として、レストランの店主という表の顔を持つイタリア系マフィアのボス、トニーを介した依頼を完璧に遂行する日々を送っていた。
ある日、「仕事」帰りのレオンはアパートの隣室に住む少女マチルダと、彼女の顔に父親からの暴力の痕があることをきっかけに知り合う。マチルダは実の父親であるジョセフだけではなく、義姉のジョアンからも虐待を受けており、義母のマージからはまるで関心を向けられず、幼い弟マイケルにしか心を開けない、閉塞感に満ちたまま日常を送っていた。父親に殴られて鼻血を出しているマチルダにレオンがハンカチを差し出す。「大人になっても人生はつらいの?」と尋ねるマチルダに「つらいさ」と答える。

ぴお
これまた名作中の名作。若かりしナタリー・ポートマンの純真な美しさに世の中ざわついたと思う。
そして殺し屋ながらマチルダに対する愛情が隠し切れないレオン。
この二人の関係性が最大の魅力。
そしてゲイリー・オールドマンも素晴らしい役どころ。
不思議と何度も見たくなる作品。

7位『タイタニック』(1997)

【恋愛ドラマ】468.3pt

出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツほか
監督:ジェームズ・キャメロン

1912年。イギリスのサウサンプトン港から処女航海に出ようとするタイタニック号に、賭けで勝ってチケットを手に入れて三等に乗り込んだ画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)がいた。17歳のローズ(ケイト・ウィンスレット)は上流階級のアメリカ人で、大資産家で婚約者のキャル(ビリー・ゼーン)、ローズの結婚を強引に決めた母親ルース(フランシス・フィッシャー)、コロラドの富豪夫人モリー・ブラウン(キャシー・ベイツ)と一緒に一等船室に乗る。ローズがキャルとの婚約に疑問を挟んで、船の舳先から飛び降りようとしたのを助けたのがジャックだった。ジャックはローズの家族から食事の招待を受け、上流階級の生活を垣間見る。同時に二人は激しい恋に落ちた。

ぴお
アカデミー賞史上最多タイの11部門受賞!すごい!
言わずと知れた名作中の名作。あまりにも多くの人が見ていてテレビで何度も放映されていますが、良いものは良い。
タイタニック号の沈没事故にジャックとローズの恋愛模様が非常に上手く絡んで展開されるストーリー。
事故の悲惨さをよく表現した演出と映像、素晴らしくハマっているキャスト、それらを盛り上げるセリーヌ・ディオンの曲。
どれをとっても素晴らしい映画です。

8位『ショーシャンクの空に』(1994)

【ドラマ】465.4pt

出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントンほか
監督:フランク・ダラボン

スティーヴン・キングの中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」をフランク・ダラボン監督が映画化。
無実の罪で刑務所に収監されたアンディは、30年にも及ぶ刑務所生活にもめげず、強い意志で奇跡を起こす。

ぴお
「希望を持ち続けること」をテーマに描いた作品。
刑務所の絶望のなかでも希望を失わず、知恵と友情を信じる事で自由をつかみに行く主人公に、すっきりした清々しい気持ちと背中を押されたような気になる名作。
現実が厳しいなぁ、辛いなぁと思った時に見たい。

9位『きっと、うまくいく』(2009)

【ドラマ】464.1pt

出演:アーミル・カーン、R・マーダヴァン、シャルマン・ジョシ、カリーナー・カプールほか
監督:ラージクマール・ヒラニ

2010年インドアカデミー賞史上最多16部門を受賞したコメディドラマ。
ニューデリーの名門工科大学に入学した3人の新入生が巻き起こす珍騒動を描きながら、同時並行で10年後の物語がミステリー仕立てで展開される。

ぴお
インド映画は隙あらば踊りだすイメージのみなさん。(私もですが)
この映画でも踊るらしいんですが、メインストーリーは3人の同級生が笑えて、友情を感じて、とにかく面白いらしい。
そして見終わった後に少し前向きになれるらしい。
みなさんの感想、割と普通によくあるような感想で特に何がすごいっていうところがまだ分からないのですが、
恐らく不思議な魅力があるんだろうと思います。
きっと誰が見ても楽しめる映画。

10位『ダークナイト』(2008)

【アクション】463.5pt

出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマンほか
監督:クリストファー・ノーラン

クリストファー・ノーラン監督&クリスチャン・ベール主演による「バットマン・ビギンズ」の続編。
ゴッサム・シティに現れた史上最悪の犯罪者ジョーカー。
バットマン=ブルース・ウェインは、協力するゴードン警部補や新任地方検事ハービー・デントらと共にジョーカーに立ち向かうが……。
ジョーカー役のヒース・レジャーは撮影直後に急逝するも、その演技が絶賛され、第81回アカデミー賞で助演男優賞を受賞した。

ぴお
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞共にヒース・レジャーが助演男優賞を受賞。
アメコミ最強のヴィランと言われる「ジョーカー」をヒース・レジャーの迫真の演技で不気味で最凶に仕上げている。
しかもストーリーもしっかり濃厚でただのアメコミヒーローものと言うには素晴らしすぎる作品。
歴代最高の映画と言う人も多数。
伝説的な演技を見たいときに。

この時点でも超名作 11位~20位

11位『リメンバー・ミー』(2017)

【ファミリーアニメ】459.6pt

出演:アラナ・ユーバック、ベンジャミン・ブラット、ガエル・ガルシア・ベルナル、エドワード・ジェームズ・オルモスほか
監督:リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。
しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。
ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。
果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。
イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

ぴお
ディズニーピクサーが贈るファンタスティックでカラフルな死者の世界。
音楽が彩る死者の世界は、カラフルで美しくて、ワクワクしてしまう。
ストーリーは「家族」と「死」をテーマにしていて、ラストは自動的に涙が出てしまいます。
また、日本語の吹き替えを担当した石橋陽彩くんの歌声が伸びやかで素晴らしいと評判。吹き替えでもぜひ。

12位『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)

【SF】459.3pt

出演:ハリソン・フォード、デイジー・リドリー、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルほか
監督:J・J・エイブラムス

世界で愛され続けるSFアドベンチャー「スター・ウォーズ」シリーズの第7作目。
『ジェダイの帰還』の30年後、帝国軍の残党「ファースト・オーダー」が台頭するなか、姿を消したとされる最後のジェダイ・ルークの手がかりを探す。

ぴお
スター・ウォーズ続三部作の1つめ、エピソード30年以上前に公開されたエピソード6『ジェダイの帰還』の続編となります。
どうもランキングに入って来ないと思ったら旧三部作は30年以上も前の作品なんですね…!
旧作のキャラクターも当然のように登場し、新キャラクターも魅力的に描かれた作品。
あまりにも壮大な世界観がすごすぎますね。エピソード9となる作品も2019年に発表とか…

13位『この世界の片隅に』(2016)

【アニメ】458.9pt

出演:のん(能年玲奈)、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞ほか
監督:片渕須直

どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

ぴお
日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。
戦時下の広島・呉で慎ましく暮らす、すずとその家族を描いたアニメ。
戦争により食べ物も乏しく、貧しい暮らしを強いられるすず。
生活に苦しみつつも、周りの人たちと助け合い、家族で支え合い、ささやかな幸せを大切に生きていく。
戦争の悲惨さだけでなく、ささやかな喜びと共にある普通の暮らしが愛おしく思える作品。

14位『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)

【SF】458.2pt

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼルほか
監督:ジェームズ・ガン

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。
銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。
『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?
初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

ぴお
スター・ウォーズシリーズのスピンアウト作品がランクイン。
本編スター・ウォーズよりも単品としてはこちらの方を評価する人も多いです。
ラストにファン大興奮のシーンがあるらしく、これまた楽しみ。
スター・ウォーズファンなら見ておくべき作品。

15位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)

【SF】457.5pt

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼルほか
監督:ジェームズ・ガン

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。
小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。
間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。
はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

ぴお
マーベルシリーズの中でも大人気の今作。
一人一人のキャラクターが立っていて楽しく、おバカで、カッコよくて、最後は泣ける?
評価を読んでいてもどういう作品がイマイチ見えてこないほど、恐らくてんこ盛り?
カート・ラッセルとシルベスター・スタローンが出てくるらしい。
実際に見て、評価を確かめたい1本。

16位『ワンダー 君は太陽』(2017)

【ファミリー】457.4pt

出演:ジュリア・ロバーツ、ジェイコブ・トレンブレイ、オーウェン・ウィルソン、マンディ・パティンキンほか
監督:スティーヴン・チョボスキー

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。
生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。
クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

ぴお
外見に難病を抱えた子どもとその家族を描いた心温まるファミリードラマ。
小学5年生10歳の多感な頃、障害を抱えたオギーにクラスメイトがどう接したらいいのかの戸惑い。
そして親は、兄弟はどんな悩みや葛藤を持ちながら生きているのか。
オギーだけではなく、周りの誰もが悩みを抱えながら生きていることが描かれている。
勇気や優しさ、愛情が自然に描かれた良作。

17位『グレイテスト・ショーマン』(2017)

【ミュージカル】457.2pt

出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソンほか
監督:マイケル・グレイシー

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。
そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。
彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

ぴお
ミュージカル映画もヒュー・ジャックマンも大好き。
ストーリーは王道で捻りなく見れますが、ショーのダンス、音楽、演出が素晴らしいです。
ヒュー様の歌とダンスだけで素晴らしいのでそれだけで見る価値あり。
そして愛する妻との絆が素晴らしい。

18位『もののけ姫』(1997)

【アニメ】454.7pt

出演:松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫ほか
監督:宮崎駿
あらすじ:
中世の日本。村の長になるはずだった少年アシタカは、村を襲ったタタリ神という化け物を退治するが、右腕に死の呪いを受けてしまう。
そのことから村を追われることになり、呪いを解くためにタタリ神が来た西へ旅立つことになる。
道中タタラ場と呼ばれる村に訪れ、そこを収めるエボシと出逢う。エボシが率いるタタラ場は鉄を作るために自然を破壊していたが、彼らの村人にとってはエボシが生きる希望だった。
タタラ場からすぐの深い森には神が住んでいて、そこには山犬に育てたられた人間の娘サンがいた。サンは山犬と共に森を守るため、エボシを狙っていたのだった。

ぴお
かなり複雑で入り組んだストーリーですよね。良く考えると。
それでも子供が分からないまま見ても、サンの潔さやアシタカのカッコよさとか、戦闘シーン、山の神様の表現など十分に楽しめる要素がたくさん。
大人が見ると色々な人たちの関係性や善悪はっきりつけられない部分もあって、考えさせられる作品。
初めて見た時はアシタカのカッコよさと壮大な物語に惹きつけられました。

19位『ズートピア』(2016)

【アニメ】453.2pt

出演:ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、アラン・テュディック、ケイティ・ロウズほか
監督:バイロン・ハワード

動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。
誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。
立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?
「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー。

ぴお
アカデミー、ゴールデングローブ、アニー賞のトリプル受賞!
ディズニーのCGアニメでの可愛らしい愛嬌あるキャラクターたちを描き、人間社会にも通じる多様性を認め合う社会にするにはというストーリーになっています。
ディズニーならではのキャラクターの描き方で親しみを持って見られて主演のウサギちゃん大人気。
お子様と一緒にファミリーでも、大人にも見てほしい。

20位『セッション』(2014)

【音楽】452.2pt

出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、ポール・ライザーほか
監督:デイミアン・チャゼル

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。
常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

ぴお
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞受賞、デイミアン・チャゼル監督の28歳のデビュー作品です。
デビュー作品でこの評価とは素晴らしき才能!まぁ後の作品も素晴らしすぎるから本物ですよね。
音楽と映像が合っていて最高にカッコよく引き込まれる。
助演のJ・K・シモンズが強烈なスパルタ、パワハラで狂気を感じ怖がる人多数。
でも音楽好きな人は大いに楽しめる作品。

あの作品はいつ出てくるのか… 21~30位

21位『カメラを止めるな!』(2017)

【ホラー】452.2pt

出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰ほか
監督:上田慎一郎

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!……を撮ったヤツらの話。

ぴお
出た~!ホントに?と思うんですが、この作品がここに入るってすごいです。
やっぱり見た方の評価がとても高くて、日本では上映館もかなり広がり興行収入的にもそこらの大作を上回っています。
海外での上映も決まるといいですね!
映画専門学校のワークショップで制作された作品らしく、異例の挑戦的な作品に仕上がっています。
テレビでもノーカットで上映されちゃうと噂なので早く見たいと思います。

22位『ライフ・イズ・ビューティフル』(1998)

【ドラマ】452.1pt

出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ、ジュスティーノ・デュラーノほか
監督:ロベルト・ベニーニ

1937年、イタリアはトスカーナ地方の小さな町アレッツォ。本屋を開く志を抱いてやってきたユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は美しい小学校教師ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と運命的な出会いをする。当座の生活のため叔父ジオ(ジュスティーノ・ドゥラーノ)の紹介でホテルのボーイになり、なぞなぞに取り憑かれたドイツ人医師レッシング(ホルスト・ブッフホルツ)らと交流したりしながら、ドーラの前に常に何度も思いもかけないやり方で登場。ドーラは町の役人と婚約していたが、抜群の機転とおかしさ一杯のグイドにたちまち心を奪われてしまった。ホテルで行われた婚約パーティで、グイドはドーラを大胆にも連れ去り、ふたりは晴れて結ばれた。息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)にも恵まれ、幸せな日々だったが、時はムッソリーニによるファシズム政権下。ユダヤ人迫害の嵐は小さなこの町にも吹き荒れ、ある日、ドーラが自分の母親(マリザ・パレデス)を食事に呼ぶため外に出たすきに、グイドとジョズエは叔父ジオと共に強制収容所に連行された。

ぴお
アカデミー賞はじめ多くの賞を受賞した名作中の名作。
大戦下のイタリアで迫害されたユダヤの人たち。何もしていないのにある日突然収容所へ連行されてしまう。
幼い息子の為に、優しい嘘をつき続ける父の姿に涙が止まりません。
絶望的な状況でも、優しさと愛を忘れず小さな希望を見出していくことで、強く、逞しくなれるのかもしれません。

23位『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989)

【アドベンチャー】451.5pt

出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソンほか
監督:ロバート・ゼメキス

大ヒットを記録した「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)の続編で、シリーズ全3部作の第2部。2作目と3作目はまとめて撮影され、半年の間に続けて公開された。
無事に1985年へ戻ってきたマーティの前に、2015年からデロリアンに乗ってやってきたドクが現れ、マーティの将来に危機が生じると告げる。
その危機を回避するため、2015年の未来にタイムスリップしたマーティは未来世界での事件を解決するが、そこでのささいな出来事が発端となり、戻った先の1985年は全く違う世界に変貌していた。世界を元通りにするため、再び1955年にタイムスリップすることになったマーティだったが……。

ぴお
出ました。シリーズの中で一番好きなパート2!
パート1の最後で既に2の予告的な未来へのタイムトリップが予告されていて、もう見ないわけにはいかないですよね。
ていうかあの時描かれた未来って2015年なんだ…もう過ぎてる…衝撃!!
やっぱり未来の世界はワクワクします。そして再び過去へもトリップ…!パート3へ続く…

24位『リトル・ダンサー』(2000)

【ドラマ】449.8pt

映画『リトル・ダンサー』

出演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、ゲイリー・ルイス、ジェイミー・ドレイヴンほか
監督:スティーヴン・ダルドリー

スティーブン・ダルドリー監督のデビュー作となるヒューマン・ドラマ。
イギリスの炭鉱町でボクシングを習っていた少年が、練習場の隣で開かれたバレエ教室に魅せられバレエダンサーを目指す、少年の性差を越えた夢を描く。

ぴお
日本アカデミー賞、英国アカデミー賞受賞。
男の子はボクシングを習い、将来は炭鉱夫になるものと思われていた時代のイギリスの片田舎。
主人公ビリーはバレエに夢を見て、バレエダンサーを目指す。
時代に抗うように夢にまい進しようとするビリーはやはり誰もが応援したくなる。
お父さんの気持ちを考えると泣けてきます。

25位『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)

【アクション・アドベンチャー】449.6pt

出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ロージー・ハンティントン=ホワイト、リーゾーイ・クラヴィッツほか
監督:ジョージ・ミラー

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。
凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

ぴお
アカデミー賞美術賞ほか多数の賞を獲得。
ストーリーはよくありそうな感じだな~…と思い、何がそんなに評価が高いのかと気になってほかの方の評価を読みました。
どうやら美術、衣装、映像技術などを駆使して脳内アドレナリンが止まらなくなるような世紀末の世界観を表現し、ど迫力な規格外アクションがテンポよく展開されるらしい。
そして誰もがこの世界観に引きずり込まれる。
これは映画館か大きな画面推奨作品。見てみたい。

26位『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』(1992)

【ドラマ】449.4pt

出演:アル・パチーノ、クリス・オドネル、ジェームズ・レブホーン、ガブリエル・アンウォーほか
監督:マーティン・ブレスト

盲目の元軍人役を演じてアカデミー主演男優賞を初受賞したアル・パチーノ主演のヒューマン・ドラマ。
盲目の退役軍人と名門校の高校生、人生の岐路に立たされた二人の交流を通して、人生の素晴らしさを描く。

ぴお
アカデミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞作品賞ほか受賞!
主演のアル・パチーノの演技が神がかりすぎて本当に盲目に見えるほどだとか。
人生の岐路に立ったとき、どういう選択をできるのか。
渋すぎるアル・パチーノ好きと大人のための映画。

27位『シング・ストリート 未来へのうた』(2016)

【音楽】447.4pt

出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エイダン・ギレン、マリア・ドイル・ケネディ、ジャック・レイナーほか
監督:ジョン・カーニー

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

ぴお
音楽と青春が詰まった映画。監督と脚本を務めるジョン・カーニーの半自伝的ストーリー。
恋や女の子にモテたいからという理由で始まるバンドはよくある話。
それをめちゃくちゃオシャレにセンス良く、友情や夢を混ぜ込んでスカッと仕上げた青春映画。
音楽が好きな人が絶対好きだと思う。

28位『インセプション』(2010)

【SF】447.1pt

出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤールほか
監督:クリストファー・ノーラン

「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、オリジナル脚本で描くSFアクション大作。
人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる。
主人公コブにレオナルド・ディカプリオ、共演に渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジほか。

ぴお
この映画の圧倒的な映像技術には度肝を抜かれました。
とうとうここまで来たか…と誰目線か分からない感じで感嘆。
そして渡辺謙さんがしれっとこんな大作に非常に良い役で出演してて、ケンワタナベもここまで来たか…(2度目)と笑
とても複雑なストーリーでしっかり見ていないと置いていかれる可能性あり。
しかしながら綿密に計算された脚本や演出のため、しっかりと入り込める。
ラストは人によって解釈が違うようです。
これぞ映画!

29位『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)

【ドラマ】447.0pt

出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ、マルコ・レオナルディほか
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

第62回アカデミー賞外国映画賞受賞作品。
ローマのシチリア島の村。映画好きの少年・トトは映写技師のアルフレードと仲良くなりさらに映画へのめり込む。恋や兵役を経て映画監督になった彼のもとへ訃報が届き……。

ぴお
カンヌグランプリをはじめ、アカデミー賞・ゴールデングローブ賞の外国映画賞を受賞したイタリア映画。
少年トトとアルフレードの友情や、この時代の中でのトトの成長を通して人生とは何かを問いかける名作。
若い人が見ても大人がみても違った感動がある。
じんわり感動したい時にぜひ。

30位『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』(1990)

【アドベンチャー】446.7pt

出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、メアリー・スティーンバージェン、リー・トンプソンほか
監督:ロバート・ゼメキス

前作「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」から直接続くシリーズ3部作の完結編。
不慮の事故が発生し、ドクの乗ったデロリアンが1955年から1885年の世界に飛ばされてしまう。その直後、マーティのもとに1885年のドクが出した手紙が届く。ドクの無事を知ったマーティだったが、ふとしたきっかけで70年前のドクは手紙を出した1週間後に死んでしまうことを知る。1955年のドクに協力を求めたマーティは、1885年にタイムスリップ。ドクを死の危機から救うが、デロリアンは故障。ガソリンもない時代にデロリアンを走らせるため、蒸気機関車を利用する手を思いつくが……。

ぴお
出ました、名作シリーズの3!
この時代の映画としてはかなり新しい”タイムトラベル”を題材にしつつ未来を描いたパート1からワクワクが止まりませんでした。
そのシリーズの3、個人的には2が一番好きだったけど、なんとその半年後に3を公開したんですって。
勢いにノッてるな~。今作では間違って随分過去にタイムワープしてしまいウェスタン時代のアメリカへ。
マーティとドクは無事に帰ってこれるのか??
誰が見ても楽しめる作品、ぜひ1から見てほしい。

次々名作が出てきて、納得するやら懐かしいやら…

映画、オリジナルバラエティはアマゾンプライムビデオで!

<月額500円(税込) →16.7円/日

ここでひと休憩しつつおすすめ動画配信サービスのご紹介。
アマゾンプライムは圧倒的な安さが魅力!
月に2本くらい見れれば十分元が取れているのではないでしょうか。
私は現在もアマゾンプライム使っているのですが、最近はアニメも多くなってきましたし、過去のドラマ、アニメ、映画も増えてきました。

ナショナルジオグラフィック映画というのが出てきて、地味に好きな人は好きそう…ドキュメンタリー映画です。

その他有名どころの海外ドラマや映画も順次追加されます。
最新作はやや遅めかレンタル(有料)なこともあるのですが、この安さなら許せる!

ぴお
私は『ゲーム・オブ・スローンズ』『ウォーキング・デッド』や『ラ・ラ・ランド』などを見ています♪

続いて行ってみよう!31位~40位

31位『トイ・ストーリー3』(2010)

【ファミリー】446.6pt

出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ネッド・ビーティほか
監督:リー・アンクリッチ

おもちゃの世界を舞台にしたピクサーの人気シリーズの第3弾にして初の3D映画。
カウボーイ人形のウッディやバズ・ライトイヤーらの持ち主アンディは大学進学が決定し、おもちゃを整理することに。だが母親の手違いなどにより、おもちゃたちは近所の保育園に寄付されてしまう。アンディに捨てられたと思いこみ傷心のおもちゃたちだったが、ウッディはただ一人アンディを信じて保育園からの脱出を試みる。
製作総指揮にジョン・ラセター。監督は「モンスターズ・インク」のリー・アンクリッチ。

ぴお
アカデミー賞、ゴルデングローブ賞ほか多くのアニメ賞を受賞。
ウッディがいつもカッコいいんですよね。
持ち主のアンディに捨てられてしまったんじゃないかとみんなが不安になるなかで、それでもアンディとの絆を信じるウッディが素敵。アンディはウッディのことが大のお気に入りだったんですよね。
今思い出してもうるっときてしまう、誰もが子どものころの経験を思い出しながら感動できる作品。
家族でみるのにおすすめ、でも大人の方が泣いちゃうかも。

32位『遠い空の向こうに』(1999)

【ドラマ】446.4pt

出演:ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ローラ・ダーン、クリス・オーウェンほか
監督:ジョー・ジョンストン

米ソ冷戦時代のアメリカ、コールウッド。ここに生まれた男は誰もが将来炭坑夫になると約束されたこの町で、高校生ホーマーは自分の将来に不安を感じていた。
そんな1957年10月4日。ホーマーは星空を美しい軌跡を描いて飛んでいくソ連の人工衛星スプートニクを見る。宇宙の夢に魅せられたホーマーは悪友たちと「ロケット・ボーイズ」を結成、ロケット製作に夢中になるが、父はそんなホーマーを理解できず、二人は衝突する。

ぴお
元NASAのエンジニアの実話に基づくお話。
自分の将来の選択肢が狭かった時代、誰もが似たような道を歩もうとする中で夢を見つけ、それを実現していこうとするストーリーに誰もが感動する。
夢をみることの素晴らしさを教えてくれる作品。
心が擦り切れてしまったとき、またこれから夢をみつける世代にぜひみてほしい。

33位『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)

【冒険ファンタジー】 445.6pt

出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ネッド・ビーティほか
監督:リー・アンクリッチ

J・K・ローリングのベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第1弾で、世界的大ヒットを記録したファンタジーシリーズの第1作。
両親を失い、意地悪な伯母夫婦の家庭で孤独に育った少年ハリー・ポッターは、11歳の誕生日を迎えた日、魔法界のホグワーツ魔法魔術学校から入学の招待状が届く。そのことをきっかけに、亡くなった両親が魔法使いだったことや、自身もその血を受け継いだ魔法使いであることを知ったハリーは、ホグワーツに入学し、仲間とともに学園生活を送る中で自分の能力に目覚めていく。
しかし、かつて両親の命を奪った闇の魔法使いがハリーを狙っていることがわかり……。
監督は「ホーム・アローン」シリーズを成功させたクリス・コロンバス。キャストは原作に忠実に英国人俳優で固められ、ホグワーツの教師役にはリチャード・ハリス、マギー・スミス、アラン・リックマンら名優が顔をそろえた。

ぴお
ハリー・ポッターシリーズの第一弾がランクイン!
2001年ですよ、この作品。
当時原作ファンは映画化に期待と不安を持っていたんですが、期待どおりに素晴らしい作品になりました。
魔法の世界観や映像の表現は当時新しく、感動しました。
そしてハリー、ロン、ハーマイオニーの可愛さ。鮮烈でしたね~
魔法の世界の入り口です。誰にでもお勧めできる作品、まだ見ていない方はぜひ!

34位『君の名前で僕を呼んで』(2017)

【恋愛ドラマ】444.5pt

出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、マイケル・スタール、バーグアミラ・カサールほか
監督:ルカ・グァダニーノ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

ぴお
アカデミー賞脚色賞など複数の賞を受賞。
とにかく美しい映画との感想が多い。
イタリアの避暑地での少年のひと夏の恋を描いた作品ですが、LGBT作品という枠を超えて、自分の大切な美しい夏の思い出かのようにレビューされてる方が多いのが印象的。
瑞々しい夏の恋と切なさを体感したいときにぜひ。

35位『シンドラーのリスト』(1993)

【ドラマ】444pt

出演:リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ、キャロライン・グッドオールほか
監督:スティーヴン・スピルバーグ

39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。
ドイツ人実業家のオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、一旗揚げようとこの街にやって来た。彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルン(ベン・キングズレイ)をパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。
41年3月、ユダヤ人たちは壁に囲まれたゲットー(居住区)に住むことを義務づけられる。シュテルンの活躍で、ゲットーのユダヤ人たちが無償の労働力として、シンドラーの工場に続々と集められた。事業はたちまち軌道に乗り、シンドラーはシュテルンに心から感謝したが、彼の差し出すグラスにシュテルンは決して口をつけようとしなかった。

ぴお
実際の戦争の歴史に基づいたストーリー。この時代のドイツを、モノクロでリアルに描き出しました。
娯楽大作のイメージが大きいスピルバーグですが、自身もユダヤ系ですし表現者としてこの映画を撮らない訳にはいかなかったんじゃないかと思います。
戦争をテーマにしているため残酷なシーンも多く出てきます。
怖くて辛くて苦しいけど目をそむけてはいけないと直感的に感じること、その中にあるわずかな希望を見つけることの大切さを学ぶべき作品です。
ぜひ心の準備が整ってから見てほしいです。

36位『ベイビー・ドライバー』(2017)

【アクション】443.5pt

出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックスほか
監督:エドガー・ライト

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。

ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

ぴお
これ、飛行機の中でみたんですけど間違いなく群を抜いて面白かったです。
ベイビーが音楽にノりながら、街を踊るように歩いてコーヒーを買いアジトに戻るという長回しのシーンがあるんですが、音楽と一体化しててめちゃくちゃカッコいい!ワクワクドキドキしました。
そしてカーアクションも超迫力!ものすごいテクニックで爽快!
曲者のケビン・スペイシーや美しすぎる彼女のデボラなどキャストも素晴らしい。
ストレス発散などすっきりしたい時におすすめです。

37位『インターステラー』(2014)

【SF・ドラマ】443.2pt

出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケインほか
監督:クリストファー・ノーラン

近未来。地球規模の植物の枯死、異常気象により、人類は滅亡の危機に晒されていた。
元宇宙飛行士クーパーは、義父と15歳の息子トム、10歳の娘マーフィー(マーフ)とともにトウモロコシ農場を営んでいる。
マーフは自分の部屋の本棚から本が勝手に落ちる現象を幽霊のせいだと信じていたが、ある日クーパーはそれが何者かによる重力波を使った二進数のメッセージではないかと気が付く。
クーパーとマーフはメッセージを解読し、それが指し示している秘密施設にたどり着くが、最高機密に触れたとして身柄を拘束される。

ぴお
アカデミー賞視覚効果賞受賞。宇宙を5次元で表現しているらしい…宇宙の映像は圧巻。ぜひ大きな画面で見たい。
壮大な冒険ストーリーの中に人間の愛が詰まっている作品。上映時間169分と長編ながらハラハラする展開に長さを感じさせない。
内容がやや難しいようなのでじっくり集中して見れるときに。

38位『人生フルーツ』(2016)

【ドキュメンタリー】442.7pt

映画『人生フルーツ』

(C)東海テレビ放送

ナレーション:樹木希林
監督:伏原健之

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。
しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。
そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。
あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

ぴお
東海テレビのドキュメンタリー映画です。
キネマ旬報ベストテン文化映画で1位、またFilmarksの評価が素晴らしく高い。
みなさん丁寧にコツコツ生きることの素晴らしさを実感している様子。
90歳と87歳の老夫婦の穏やかで暖かな日常を通してお二人の生き方に憧れる人も多数。
近くで上映していたらぜひご覧ください。

39位『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)

【ドラマ】442.7pt

出演:ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ステラン・スカルスガルドほか
監督:ガス・ヴァン・サント

天才並みの頭脳を持ちながら、幼児期のトラウマが原因で周囲に心を閉ざし非行に走る青年と、妻に先立たれ人生を見失った精神分析医との心の交流を描いた感動作。
本作で脚本家デビューを飾ったマット・デイモンとベン・アフレックが見事にアカデミー脚本賞を獲得したことで話題に。
また、孤独な精神分析医を演じたロビン・ウィリアムズも助演男優賞を獲得している。監督は「ドラッグストア・カウボーイ」の鬼才ガス・バン・サント。

ぴお
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞ともに脚本賞を受賞。マット・デイモン&ベン・アフレックに何その多才さ、ずるい!と思わず嫉妬してしまいますね…
出てくる人たちがみんな良い人でひとつひとつのセリフが胸の奥に刺さる。
そして見た後はすっきりとした印象を残します。
自分にとって本当に大切なものは何か、また本当に信頼できる人は誰か、人生に迷ったときや立ち止まったときに見てみたい。

40位『ターミネーター2』(1991)

【アクション】442.5pt

出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング、ロバート・パトリックほか
監督:ジェームズ・キャメロン

最初のターミネーター出現から10年後。サラ・コナーの息子ジョンは少年に成長。ジョンは、近未来に人類抵抗軍のリーダーだ。機械軍はジョンを少年のうちに殺すため、新しいターミネーターを送り込む。ある日ロサンゼルスに2体のターミネーターが未来から送り込まれる。息子を守るために、サラの死闘が始まる。だが、残忍非道なターミネーターに立ち向かうサラとジョン母子に、強い味方が現れる。いかなる犠牲を払ってもジョンを守れと厳命を受け、人類抵抗軍によって送り込まれた戦士だ。未来への戦いが、いま始まる……

ぴお
一番良いときのターミネーター!
現代の若者たちは知っているのでしょうか?「I'll be back!」というシュワちゃんの名セリフを…
アカデミーの視覚効果賞を獲っています。
ターミネーターはシリーズ化されてたくさん出ているのですが、この「2」が一番面白かったと思います。すべての「2」は外れ無し!
そして2019年に新作が予定されてるらしく驚き!

あとわずか! 41位~50位

41位『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)

【ファンタジーアドベンチャー】442.2pt

出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーターほか
監督:デヴィッド・イェーツ

J・K・ローリングによる世界的ベストセラーシリーズを映画化した最終章2部作の完結編。
魔法省やホグワーツ魔法魔術学校までもが死喰い人の支配下に落ちる中、ハリー、ロン、ハーマイオニーは、ヴォルデモート打倒のカギを握る「分霊箱」を見つけ出す旅を続けていた。しかし、その間にもヴォルデモートは着実に力を蓄えていき……。
監督はシリーズ第5作「不死鳥の騎士団」からメガホンをとるデビッド・イェーツ。

ぴお
ハリポタシリーズ最終作がランクイン!実はハリポタシリーズはいくつもの作品がこのランキングに入りそうなほど人気かつ評価が高かったです。
最終章の今作では、これまでずっと戦ってきたヴォルデモートとハリーの最終決戦。たくさんの仲間や師となる先生達と死闘を繰り広げますが…
シリーズ1からみている人や本を読んだハリポタファン(わたしもです)としては、最後の戦いを見守らない訳にはいきません。
そしてその期待を裏切らない素晴らしい作品に仕上がっています。

42位『バジュランギおじさんと、小さな迷子』(2015)

【ドラマ】441.4pt

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

(C)Eros international all rights reserved. (C)SKF all rights reserved.

出演:サルマーン・カーン、ハルシャーリ・マルホトラ、カリーナー・カプール、ナワーズッディーン・シッディーキーほか
監督:カビール・カーン

パキスタンの小さな村に住む女の子シャヒーダー。
幼い頃から声が出せない障害を持った彼女を心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行くが、帰り道で一人インドに取り残されてしまう。
そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワンだった。
バカがつくぐらいの正直者で、お人好しなパワンは、これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。
歴史、宗教、経済など様々な部分で激しく対立するインドとパキスタン。
それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワンの旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか!?

ぴお
インド映画です。
インド映画といえばめちゃくちゃ大人数のダンスシーンをイメージしますがこの作品はそこまでくどくないらしいので見やすいかも。
評価で主演の女の子の可愛らしさと主演のマッチョ、サルマーン・カーンのキャラクターがとっても愛されています。そしてラストは大感動で涙が止まらないとか。
ここまでの高評価の理由は見ないと分からないかも!

43位『グラン・トリノ』(2008)

【ドラマ】441.0pt

出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリーほか
監督:クリント・イーストウッド

クリント・イーストウッド監督・主演のヒューマン・ドラマ。朝鮮戦争の従軍を経験し、今は孤独に暮らす気難しい元軍人の男が、近隣に引っ越してきたアジア系移民の家族と交流することで、心の変化が訪れる。

ぴお
クリント・イーストウッド監督作品2本目。日本アカデミー賞、ブルーリボン賞の外国映画賞を受賞。
隣に越してきた移民の家族との交流で友情が生まれ、ラストは泣ける作品。
男の生き様を見せつけてくるイーストウッドに憧れる男性多数。

44位『マイ・インターン』(2015)

【ドラマ】440.9pt

出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アンダーズ・ホームほか
監督:ナンシー・マイヤーズ

ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO
女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが…彼女には人生最大の試練が待っていた。
そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。
人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールスには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

ぴお
『プラダを着た悪魔』を思い出させるような働く女性がみて元気になる、心温まる映画です。
アン・ハサウェイの美しさとロバート・デ・ニーロの意外なジェントルマンを堪能するだけでみる価値あり。
難しいことを考えなくても疲れた心にすっと入ってくる。そしてデニーロ演じるベンの存在をいつか欲しいと誰もが願ってしまいます。
年齢を超えた温かい友情と信頼が心地良い。

45位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)

【アクション】440.7pt

出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr、ダニエル・ブリュール、チャドウィック・ボーズマンほか
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。
人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。
世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止する。
《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。

お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。
そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。
そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?

ぴお
アベンジャーズは全然見てこなかったんですが、相当人気らしいですね。
アクションはもちろん、思ったよりも人間味あふれるヒーローたちの葛藤が描かれているようで興味出てきました。
今作はアイアンマンとキャプテン・アメリカ、仲間内のヒーロー同士で対立してしまう熱い展開。
ファンでなくてとも迫力ある映画がみたいときにぜひ。

46位『スリー・ビルボード』(2017)

【サスペンス】440.5pt

【恋愛】439.7pt

出演:フランシス・マクドーマン、ドウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、アビー・コーニッシュほか
監督:マーティン・マクドナー

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

ぴお
2018年アカデミー主演女優賞、助演男優賞を受賞。出てる役者が全員上手すぎると評判の1本です。
またラストが予想できないという意味でも話題になりました。
扱っているテーマ的に重く苦しい場面もありそうですが、胸にぐっと迫る映画が見たい時にぜひ。
そして観終わった後にじわじわ効いてくる…らしい。

47位『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)

【恋愛】439.7pt

出演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダーほか
監督:リチャード・カーティス

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!
なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。
そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

ぴお
チャーミングなレイチェル・マクアダムスがとても魅力的な恋愛作品。
しかしながらタイムトラベルを主題にしていて、そこから家族や友人、恋人など愛する人と一緒に過ごす時間の大切さを改めて実感できる映画です。
ほっこりしたいときに見たい。

48位『ハッピーアワー』(2015)

【ドラマ】439.6pt

出演:田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りらほか
監督:濱口竜介

30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は、なんでも話せる親友同士だと思っていた。純の秘密を知るまでは…。
純の現状を思わぬかたちで知った彼女たちの動揺は、いつしか自身の人生をも大きく動かすきっかけとなっていく。
つかの間の慰めに4人は有馬温泉へ旅行に出かけ楽しい時を過ごすが、純の秘めた決意を3人は知る由もなかった。
やがてくる長い夜に彼女たちは問いかける。 ―私は本当になりたかった私なの?

ぴお
本作は上映時間317分(5時間17分)、そして神戸のワークショップで生まれ、演技経験の無い4人の女性を主人公にした異色の作品。
しかしながら時間の長さを感じさせず、1分も無駄な時間が無いと言われる良作。
素人に近い彼女たちだからこそのリアルさが刺さる。現実の厳しさや微妙な空気感も含めて全体が良い作品に仕上がっています。
ぜひ終了時間を確かめてからご覧ください。

49位 『パーフェクト ワールド』(1993)

【クライム・ドラマ】438.3pt

出演:ケヴィン・コスナー、クリント・イーストウッド、T・J・ローサー、ローラ・ダーンほか
監督:クリント・イーストウッド

1963年、テキサス州。ブッチ・ヘインズ(ケヴィン・コスナー)は、アラバマ刑務所から同じ囚人のテリー・ピュー(キース・サセバージャ)と脱走した。
途中、8歳の少年フィリップ(T・J・ローサー)の家に押し入った2人は少年を人質に逃亡するが、ブッチはフィリップに危害を加えようとしたテリーを射殺する。すぐに厳重な警戒線が張られ、州警察署長のレッド・ガーネット(クリント・イーストウッド)が陣頭指揮に当たった。レッドはブッチが10代のころ、彼の更生のためを思って少年刑務所に送った当人だった。だが、ブッチはそれを契機に犯罪の常習犯となり、ついには脱獄するまでに至った。
レッドは、そこまで追い込んだのは自分だと強い悔恨の念にかられ、是が非でも自身の手で捕らえねばと思っていた。

ぴお
クリント・イーストウッド監督作品で、イーストウッドとケビン・コスナーが主演と豪華。
犯罪をテーマにした作品ですが、人間味あふれる主人公と8歳の少年の心のふれあいにほろっと泣ける作品。
イーストウッドとケビン・コスナーのカッコ良さとこの時代のアメリカのカッコよさ、そして絆が素晴らしい。

50位『レナードの朝』(1990)

【ヒューマン】438.1pt

出演:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ジュリー・カヴナー、ルース・ネルソンほか
監督:ペニー・マーシャル

ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズの名優二人の初共演が話題となったヒューマン・ドラマ。30年間もの間、半昏睡状態にあったレナードは、セイヤーが投与した試験的な新薬によって奇跡的な目覚めを起こす。

ぴお
実話をベースにした感動的な物語。
ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズという2大殿堂入り俳優の共演。
生きる喜びと切なさがありありと伝わってくる物語でハンカチ必須です。感動や切なさで大泣きしたい時にじっくりみたい。

まとめ

みなさま、長らくお付き合い頂きありがとうございます。
見たい作品はみつかりましたでしょうか?
今回おすすめした50作品、私も見ていない作品があったので、時間を見つけてちょこちょこみていきたいなと思いました。
また感想など記事にしていけたらと思います。

そして、このリストから漏れてしまった作品もとても面白そうなものがたくさんありますので
また別のテーマでランキングを作ってみるのも楽しそうです。
また別の機会にお届けしますのでお楽しみに!