映画『美女と野獣』

レビュー『美女と野獣』エマ・ワトソン実写はアニメを忠実に再現した圧倒的!美ミュージカルだった!(映画)

こんばんは、ぴお(@entamo1)です。

久々にアベンジャーズ以外の映画を観てます。
元々ディズニーは好きで、『美女と野獣』のアニメーション版もとても好きな作品です。
数々の名シーンが記憶に残ります!

そんなディズニーは最近CGを駆使した実写化に力を入れているらしい!?
今作主演はエマ・ワトソン!
すっかり素敵な女優さんに成長しましたが、ハリー・ポッター1からずっと好きでした!と言いたい。
早速感想を書いていきます。

まずは、あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。
魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。
呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。

聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。
それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

キャスト&スタッフ

キャスト

ベル -エマ・ワトソン(昆 夏美)
野獣 -ダン・スティーブンス(山崎育三郎)

モーリス -ケビン・クライン(村井 國夫)
ガストン -ルーク・エバンス(吉原 光夫)
ル・フウ -ジョシュ・ギャッド(藤井 隆)
ルミエール -ユアン・マクレガー(成河(そんは))
コグスワース -イアン・マッケラン(小倉 久寛)
ポット夫人 -エマ・トンプソン(岩崎 宏美) ほか

スタッフ

監督:ビル・コンドン
脚本:スティーブン・チョボウスキー、エバン・スピリオトポウロス

感想

ディズニー実写で何処までできるんだろう?と思ってたんですが、魔法の表現はアニメーション以上かもしれない!感動。

初っ端から圧倒的美に引き込まれる

映画『美女と野獣』

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

映画の始まり方って大事ですよね。
ディズニー映画は始まるときにディズニーのロゴが出てきて、シンデレラ城の上にキランと光の弧を描くところで、ああ、これぞディズニーという気持ちになります。
さらにそのロゴから本編への導入も毎度作品に合った演出になっていて、今作ではロゴの手前に薔薇の花が咲くところから始まります。
こういう細かいところまで拘るのが素敵!

そして導入シーンではあるお城の王子様が豪華に遊び暮らす舞踏会のシーンから始まります。
全員が白いドレスで色を合わせていて、全体を見ると圧巻!
そしてそのドレスは1つ1つが違うデザインで細かい部分まで完璧な美しさ。
圧倒的な美にすっかり映画の世界に引き込まれます。

そんな王子が舞踏会用のメイクをするんですが、一瞬ティム・バートンかな?と思っちゃった!
中世の人たちってホントに男性でも白塗り&派手メイクなの??

歌と音楽も素晴らしい、王道ミュージカル!

ディズニー映画はアニメーションでも元々素晴らしい音楽がセットになっているけれど、実写化すると完全にミュージカルになりますね。

私はこんなに歌があると思ってなくて吹き替えで観ちゃったんですが、ベルを昆夏美、野獣を山崎育三郎と日本のミュージカルスターで固めて、さすがディズニー…抜かりなしです。
そしてそんな中に入り込む藤井隆、、一体何者なんだ(好き)。

特に今作は名曲揃い。
序盤のベルの日常を歌った「朝の風景」もいいし、当然主題歌の「美女と野獣」も素晴らしい名曲。
昆夏美の歌声はエマ・ワトソンに似てますね。似せてるのかもしれないですが、ベルのイメージやビジュアルにも合ってて良かったです。
山崎育三郎は少しだけ声が細いので野獣のビジュアルにはすこーし弱い。
王子様にはぴったりなんですけどね、声のチョイス難しいだろうな。

アメリカでは主題歌はアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが唄っていますがこちらもとても良い!
吹き替えにするか字幕で見るかは悩みどころですね。

全ての曲はアラン・メンケンというディズニー音楽の神様みたいな人が作っています。
『リトル・マーメイド』も『アラジン』も『ラプンツェル』もこの方。
天才ですね。
ディズニーの世界を構築するのに音楽は欠かせません!
今作は唄も多く全てのキャストが素晴らしい歌声を披露。
それだけで感動できる素晴らしいミュージカル映画です。

魔法のCG演出が素晴らしく、アニメーションを軽々超えてくる

美女と野獣といえば、王子と一緒に呪いにかけられてしまった召使いやお城の人々のキャラクターがとても魅力的。
ろうそくの燭台になってしまったおしゃべりで陽気な給仕係のルミエール、時計になってしまった元執事のコグスワース。
歌が上手なポット夫人とその子供チップなど元々人間だったはずのたくさんの人々が登場します。

アニメーションでは違和感なく描かれていた動き、喋るモノたち。
CGでも全く変わらない印象のままに魅力的に動き回り、喋ります。

特に閉じ込めたベルを夕食に誘い、ルミエールがもてなすシーンの魔法の演出は圧巻!
踊り出すカトラリーやお皿、料理の数々。
そしてスポットライトを浴びるルミエール。。
ベルは楽しそうに見ていますが、、、ほんとに全く食べれてない。
自分の演出にのめり込んでるルミエール、、
ベルに食べさせてあげてよ!(アニメーション通りで再現度は高いんだけど)

以下、ネタバレ注意

嫌な奴だけど魅力的なガストン

映画『美女と野獣』

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

同じ村に住み、ベルを嫁に欲しいと言い寄ってくる嫌な男ガストンをルーク・エバンスが演じます。
少しいかついけど男らしくて、微妙にベル以外の女性には人気…
(上の画像もうほとんど絵画じゃない!?)

ベルはこの時代の女性には珍しく文字が読めて、読書が大好き。
ガストンのガサツで少し頭が弱くて、この時代の男性らしく女性を下に見ているあたりがベルは気に入らないようです。
ベルはとても賢い女性なんですよね。
小さな街に暮らしながら自由に、広い世界を見てみたいと願っています。

ただね、ガストンを演じるルーク・エバンスがやっぱり作中魅力的なんですよ。。

1つだけ残念ポイントとしてあげるなら、野獣のビジュアルです。
アニメの野獣は顔がほぼ人間味がなくライオンのような獣そのものです。
ネコ科の動物っぽく鼻頭が前に出てて動物っぽく可愛らしくも見える。
実写では王子(ダン・スティーブンス)の顔の印象を残したかったのかベースの顔に野獣をあしらってるので、骨格とかパーツの位置までは動かせずにちょっと野獣のイメージと違う??
それならダン・スティーブンスの良さがでているのかと思ったらそうでもない、という中途半端な感じに。

わたしこの方あまり知らなかったんですが、実はものすごいイケメンだった!
みんな、検索してみて!笑

そんな訳で野獣と王子よりも、ガストンが魅力的に見えちゃったという話でした。
キャラクターとしては結果的にすごく嫌な奴でしたけどね。

お節介な魔女、正体は、、実は良い人??

王子が魔法にかかってしまったのは煌びやかで派手な生活をして優しさを失いかけていたからなのでしょうか。
ある時やってきた見すぼらしい老婆の格好をした魔女は王子に冷たくあしらわれ、外見によって態度を変える王子を戒めるために呪いをかけました。

最終的には王子は本当の愛を知り、愛される存在になれて呪いは解けました。
なんだか全体のお話としては日本昔ばなしみたいな教訓や学びを得られるシンプルストーリーだなと思います。

最後の魔法が解けた時にもこの魔女はお城に居て、その正体がベルの村に度々現れるアガットという女性だということが分かります。
ガストンに物乞いのように扱われていた女性です。

この魔女の正体は色々と噂されているようで、実は王子の母親なんじゃないかなどと言われています。
わたしも本当はいい魔女だったんだ!…と思いたい気もするんですけど、王子以外のお城の人たちをすべて呪いにかけて、あと一歩で彼らがモノの姿のままだったことを思うと、とんでもない魔女だな、、と思わずにはいられません。
結果オーライすぎる!笑

最後に評価


この映画を5段階で表すと、わたしは★4.2!

アニメーションでも好きな作品だったのですが、実写の美しさとCG再現度は最高レベルで文句のつけようがないです。
あまりに美しい世界だと、段々恍惚となってしまい涙腺がおかしくなることが分かりました。
素敵!って最低20回は言いましたね。
野獣の恐ろしいところと、相反するキュートさがもっと伝わっていれば!!
それにしても素晴らしい作品だと思います。

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。