映画感想・紹介

レビュー『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』正義と自己犠牲に溢れた王道ヒーロー爆誕!(映画)

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』

こんにちは、ぴお(@entamo1)です。

2011年のマーベル作品5作目、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』見ました。
タイトルの通り、一人目のアベンジャーズ、キャプテン・アメリカのオリジンが描かれます。
個人的にアベンジャーズの中では見た目(衣装)が如何にも過ぎて興味は薄い方だったのですが、オリジンを見ると興味が湧いてきました。
早速感想を書いていきます!

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』あらすじ

第二次世界大戦の真っただ中。
アメリカ人の青年スティーブ・ロジャースは、国の為に戦いたいと兵隊の募集に志願するが、持病の喘息と低い身長、ガリガリで貧弱な身体を理由に落とされ続けていた。
周りからはその見た目のせいでいじめられよく殴られたが、決して諦めなかったし親友のバッキーはいつも味方になってくれた。
そんなバッキーもついに戦地へ出兵することに。

そしてスティーブにもやっとチャンスが巡ってくる。
開催されていたスターク社のエキスポで兵士募集に志願したところ合格となったのだ。
その後戦地に召集された中で選ばれて「スーパーソルジャー計画」の被験者となった。

血清を打たれて「キャプテン・アメリカ」と呼ばれるまでになったスティーブは親友バッキーを救うために敵地に乗り込むが…!?

ぴお
ぴお
親友バッキーがカッコイイ!そして他のヒーローに通じる部分が見ていてとても楽しい。

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』キャスト&スタッフ

キャスト

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ -クリス・エバンス
ペギー・カーター -ヘイリー・アトウェル
バッキー・バーンズ -セバスチャン・スタン
フィリップス大佐 -トミー・リー・ジョーンズ
シュミット/レッド・スカル -ヒューゴ・ウィービング
ハワード・スターク -ドミニク・クーパー
エイブラハム・アースキン博士 -スタンリー・トゥッチ
ニック・フューリー -サミュエル・L・ジャクソン ほか

スタッフ

監督:ジョー・ジョンストン
脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』感想

そこまで派手な物語ではなく王道を感じさせるストーリーです。
弱いところだらけだったスティーブに共感する人も多いでしょう。

体格が変わるクリス・エヴァンスとCGがすごい…!

映画『キャプテン・アメリカ』

(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

とにかくクリス・エヴァンス演じるスティーブ青年の変わりようがすごくて…
クリス・エヴァンスは身長180cm以上で元々良い身体をムッキムキに仕上げて撮影に臨んだそうです。
確かにAfterのスティーブの筋肉はものすごい…!立体感が尋常じゃないです。
Beforeのスティーブは身長160cmくらいかしら…どうやら身体を縮小してVFXで仕上げているようです。
違和感全然なくて技術の素晴らしさに感動…!

身体の違いと共に顔つきもどこか違うように見えました。
ガリガリの時はひ弱かつ少し狡猾なようにも見えますが、マッチョになったとたん自信に溢れた真っすぐな好青年に見える。
体系も印象に大きく左右するんだなと思いました。
ガリガリの時もマッチョな時も、彼の内面を見て変わらず接してくれるペギーやバッキーが素敵です。

映画『キャプテン・アメリカ』

(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C)2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

その後アメリカ国債キャンペーンのショービジネスのスターのように仕立て上げられてしまうスティーブ。
あの衣装もそういう事だったんですね…どおりで妙にアメリカ推してくるなと思った。。
結構ダサイし。。
意外とやってたら癖になってくるっていうのも分からなくはない笑

若き日のハワード・スタークがやっぱりカッコいい

最初時代設定がよく分からなくて、ナチスの描写があって初めて大戦時だなと分かりました。
その後スターク社のエキスポでやっぱり???となるんですが、トニーじゃなくて父親のハワード・スタークが出てきて嬉しかったですね~。
もう少しお年を召したハワードさんは『アイアンマン2』で良き父として見たけれど、若き日のハワードは初です。

ハワードは顔はトニーと結構似ている!イケメンです。
どこかトニーと似ているけどトニーよりはほんの少し真面目かな?
バブリーさも時代に合っているような気がして違和感なし笑
そしてやっぱり天才メカニックで、キャプテン・アメリカにも十分に協力してくれます。
でもこの人が軍需産業の父と呼ばれて、後にたくさんの兵器を作ってしまったと思うと少し微妙な気持ちに。

ペギー・カーターとの控えめなロマンスも素敵!

ペギーはスティーブにとって陸軍で言えば上官にあたります。
でもきっと出会ったときから好みだったんだろうなと思います。
だって滅茶苦茶美人だし、カッコいい!

直接的にアプローチをしないまでも、時計に彼女の写真を仕込んで置いたり片想いの青年のよう…
そういうところもキャプテン・アメリカらしくて素敵だと思います。

しかしハワード・スタークがペギーを「フォンデュ」に誘った時の勘違いは何なの?笑
「君たちは…その…フォンデュ…なのか?」
何と勘違いしてんだ笑
あまりに意味不明過ぎてペギーにも無視されてましたけど笑
可愛いですね。

以下、ネタバレ注意

あまりにも純粋悪なレッド・スカル…

レッド・スカルはどうしちゃったんでしょう?…顔赤いね?
鼻どうしちゃったん、軟骨どこ行った?と色々とビジュアルについてはツッコミたいんですが、スティーブがあんな感じにならなくて良かったです。

血清によって悪が増幅されてしまってより純粋な悪に近づいてしまったと。
彼の目的は世界征服。
人を殺すことに何の躊躇もなく、自分にとって利用価値がなければ必要ないと考える男です。
これこそ純粋なヴィラン!

そして彼が手にしたテッセラクトと呼ばれる青いキューブ。
『マイティ・ソー』ではオーディンが大事に保管していたすごい力を秘めている石でした。
それが何故地球にあるのか…
序盤のシーンでオーディンのミイラらしきものを守っている人が居たんですが、何故オーディンが地球に??
この辺りは壮大な謎に繋がっていそうです。

アースキン博士との約束が泣ける

どうしていい人の学者や博士はすぐ死んでしまうんだろう。
今回も実験が成功したその場でヒドラの手のものに殺されてしまったアースキン博士。
この人がスティーブの人間性を見て「スーパーソルジャー計画」に起用してくれたんですよね。
前回のシュミット(レッド・スカル)の失敗を踏まえて、心が真に善良である人間を選びたいと…

スティーブはひ弱な時代からいじめっ子から逃げることはせず、諦めず立ち向かう勇気と根性がある男でした。
そして親友や周りの人の為に命を投げ出すような自己犠牲の精神も持っている、元々心はヒーローの素質がある男なんです。

集団で訓練をしている時にフィリップス大佐が手りゅう弾を投げ込んだ時スティーブ以外のみんなは逃げましたが、彼は周りの人間を守るために自ら盾になって手りゅう弾に覆いかぶさりました。
…どうしてそんなに自分を犠牲に??全員逃げれば全員助かるのでは??
ちょっとだけ悲しくなっちゃいました。
やっぱりハッピーエンドを目指して欲しいと思ってしまう。
でもスティーブはそういう男なんです。

アースキン博士は計画を実行する前夜、スティーブと約束をします。
「弱者は力の価値を良く知っている。そしてもう一つ、憐れみを。」
「君のままでいてほしい。ずっと善良な人間のまま。」
アースキン博士が撃たれて、亡くなる最後の瞬間にもスティーブの心を指さしそう訴えました。
「約束だぞ」と。

泣けますね。スティーブは自分の心根を信じてくれる人がいるからヒーローになれたんです。
そう考えると何かを成し遂げたいという目的なんかなくても、純粋に正義と憐れみを持つ彼こそが真のヒーローなのかもしれないと思います。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品リスト

MCU作品は現在まで以下のようになっています。

フェーズ1

  1. アイアンマン(2008)
  2. インクレディブル・ハルク (2008)
  3. アイアンマン2 (2010)
  4. マイティ・ソー (2011)
  5. キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011)  ※このページの作品
  6. アベンジャーズ (2012)

フェーズ2

  1. アイアンマン3 (2012)
  2. マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2014)
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014)
  4. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014)
  5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015)
  6. アントマン (2015)

フェーズ3

  1. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2016)
  2. ドクター・ストレンジ (2017)
  3. ガーティアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス (2017)
  4. スパイダーマン/ホームカミング (2017)
  5. マイティ・ソー/バトルロイヤル (2017)
  6. ブラックパンサー (2018)
  7. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (2018)
  8. アントマン&ワスプ (2018)
  9. キャプテン・マーベル (2019)
  10. アベンジャーズ/エンドゲーム (2019)

最後に評価

ぴお
ぴお
この映画を5段階で表すと、わたしは★3.5!

嫌いじゃないです。でも派手さは無いですね、本当に導入って感じ。
そしてラストが孤独になっちゃって、ちょっと可哀想でした。
キャプテン・アメリカは通常の人間の身体能力が上がった程度でスーパーパワーは基本的には持っていないので、今後の活躍が心配です。
でも彼の人間性はとても好きだし、周りの人たちも今後の作品につながると思うと楽しみです!

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA