【2019年6月公開映画】期待度大のおすすめ作品5選『アラジン』『メン・イン・ブラック』~そしてわたしはこれを見る!!

GWもあっという間に終わって、もう週末には6月!!
6月はアメリカの大型作品が目白押しです!
早速そのなかでもおすすめの作品をご紹介していきます。

『アラジン』 6月7日(金)公開

映画『アラジン』

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

出演者/スタッフ

出演者:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス、ビリー・マグヌッセン、ナヴィド・ネガーバン、カミル・レミシェウスキーほか
監督:ガイ・リッチー

あらすじ

ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか──?

ぴお
ジーニーのウィル・スミス推し!ディズニーの中でもミュージカルでも好きな作品。

おすすめポイント

主役のアラジンとジャスミンを差し置いて青ウィル・スミスことジーニーが超話題!
ほとんどウィル・スミスそのままじゃないかという声も多数ですが、でもこのキャスティングは完璧だと思うんです笑

アラジンの最大の魅力はジーニーの存在、主役の二人は「A Whole New World」さえ上手に歌い上げてくれればそれでよし!
最近ディズニーの実写化が続いていますがどれもクオリティが高くて楽しいですね。

『メン・イン・ブラック インターナショナル』 6月14日(金)公開

映画『メン・イン・ブラック インターナショナル』

出演者/スタッフ

出演者:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、レベッカ・ファーガソン、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソンほか
監督:F・ゲイリー・グレイ

あらすじ

新チームの新ミッション、それは・・「MIB内部に潜むスパイを探せ!」
本作で新たなコンビを結成しMIB内部のスパイ摘発ミッションに挑むことが明かされている、MIBニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。
世界中ところ構わずスペースガンや飛行型バイクをフルパワーでぶっ放す、性格大違いの<男女チーム>がこの重要任務をどんな形で解決していくのか予測不能!!

ぴお
MIBの新シリーズ!クリヘムが好きすぎて…

おすすめポイント

マイティ・ソーを見てからクリス・ヘムズワースが可愛くて仕方がなくて、これはもう見るしかない。
女性と男性のコンビのようだけど、クリスの方がいい感じにボケてくれそう。
前シリーズに出てきたエイリアンも懐かしいままに登場しそう。
単純に笑いたい!

『ザ・ファブル』 6月21日(金)公開

映画『ザ・ファブル』

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

出演者/スタッフ

出演者:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、宮川大輔ほか
監督:江口カン

あらすじ

どんな相手も6秒以内に殺す――。

“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。
しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。

殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

ぴお
キャストが豪華!そしてかなり笑えそう!

おすすめポイント

岡田准一すっかりアクション俳優みたいになってますね~確かにアクションすごいけど。
個人的にどうしてもこの人の演技に違和感があって馴染めなくてあまり見ないんですよね。
それでも試写の口コミはかなり評価高いです。
主にギャグが面白い!と…笑える邦画、良いですよね。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』 6月21日(金)公開

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

出演者/スタッフ

出演者:ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルトほか
監督:サイモン・キンバーグ

あらすじ

特殊能力を持つミュータントたちで結成されたX-MENは、人類と共存し平和を守っていた。
ある日、X-MEN最強メンバーのジーン・グレイは、NASA乗組員救出の宇宙ミッション中の事故によって謎の熱放射を浴びてしまい、心の闇に潜んでいた彼女のもう一つの人格 “ダーク・フェニックス”を覚醒させてしまう。
強大なパワーを暴走させる彼女を救おうと手をさしのべる仲間。
しかし、制御不能の力は思いがけない悲劇を引き起こす。

そこへジーンのパワーを利用しようと謎の女が近づいてくる。
地上の全生命体を滅ぼしかねない<最大の脅威>となった”ダーク・フェニックス”に、X-MENが立ち向かう術はあるのか―。

ぴお
X-MENも終わってしまうの!?ていうか続いてたっけ…?

おすすめポイント

X-MEN好きだったのにぃ…ていうか今回エースのウルヴァリンが居ない…
全くストーリーが追えてないけど、ヒュー様のウルヴァリンがいなきゃ…
ジーンってサイクロップスの恋人でウルヴァリンとも良い仲だった人ですよね?
覚醒?どうなっちゃうのか気になる…

『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』 6月28日(金)公開

映画『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』

出演者/スタッフ

出演者:トム・ホランド、ゼンデイヤ、ジェイコブ・バタラン、ジェイク・ギレンホール、ジョン・ファブロー、サミュエル・L・ジャクソンほか
監督:ジョン・ワッツ

あらすじ

“ホーム”であるニューヨークを離れ、舞台はヨーロッパへ。ピーター(トム・ホランド)は親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと2週間の夏休み旅行へ出かける。

そこでピーターの前に突如現れるのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だ。
「出番だぞ。私と共に戦う覚悟はあるか?」とピーターに告げるが・・。

ぴお
アベンジャーズ エンドゲームを見てない人はちょっと待って!

おすすめポイント

マーベルヒーローですね。というかX-MENももはやマーベルなんですかね?
それはさておきスパイダーマンはほんと代替わりについていけなくて全然新しいのは観てないんです。
そしてまだエンドゲームもみてないから観るわけにはいかず…
マーベルは順番に観る…頑張る…
中身見なくてもトム・ホランドが可愛いっていう感想だけ頷けました。

まとめ

さて今回はアメリカのコミックヒーローものが多いですね。
私は『アラジン』は絶対観ようと思ってます。
そして出来たらクリヘム推しとして、『MIB』もぜひ見たい!
6月が楽しみですね!