ドラマ『集団左遷!!』

『集団左遷!!』2話感想:福山雅治がどうしても「頑張りたい」らしい…若干の暑苦しさ(ドラマネタバレ)

< 2話(4月28日放送) >

第2回が放送されました『集団左遷!!』です。
1話は完全にドタバタだったんですが、今回は少し落ち着きを取り戻しつつ?お話が展開していきます。
では早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『集団左遷』1話感想:福山雅治がド直球の銀行コメディで変顔連発!!(ドラマネタバレ)」でチェック!

『集団左遷!!』2話のあらすじ

「半年で融資額プラス 100 億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と、無謀にも横山常務(三上博史)に直訴した片岡(福山雅治)。
そのことを部下たちに伝えるが、案の定、副支店長の真山(香川照之)たちからは猛反発される。
それでも頑張るしかない、と頭を下げる片岡。

そんな折、横溝(迫田孝也)から「町田エネラル」から 5000 万円の融資の相談を受けたとの報告が。
片岡はさっそく横溝と町田社長の元へ挨拶に向かうが…

そこには、蒲田支店に襲いかかる本部の思惑があった。一筋縄ではいかない相手に、片岡と蒲田支店は…
そして、片岡は思いもよらない選択をする。
銀行員のプライドとは何か?片岡が守るべきものとは…

2話の見どころは、頑張ってたらなんとかなるというラッキーパンチ

このドラマはどうやら「頑張る」がキーワードになっているようです。
主役の片岡は「頑張って頑張って頑張りたい!」という昭和な男。(もう令和になるで)
その片岡が自分の支店を守るために頑張る様子が描かれます。

頑張ったところでどうにもならなそうなノルマに対して、頑張るのか諦めるのか…
片岡が頑張ることで、無謀にも思われた融資の契約がまとまるのか…?
頑張れば必ず報われるのか…?が見どころです。

『集団左遷!!』2話の感想 (ネタバレあり)

頑張りたくて仕方ない片岡…でも策は無い…!

前回横山との食事会の場で、どうしても頑張らないまま鎌田支店を潰してしまうことが耐えられなかった片岡は、横山に頑張らせてほしいと直訴!
そして年間プラス100億円という目標が達成できれば、支店の存続をさせるという話しをまとめてきてしまいます。
逆に言えば達成できなければ支店は無くなってしまうということ…

それを支店の行員達に打ち明けて話しますが、昨年の実績は35億程度。
それをいきなりプラス100億なんてとんでもない!と副支店長の真山に反対されます。
そして勝算はあるのか、何か策があるのかと問われると「…とにかく頑張るんですよ!」と。

とにかく頑張るしかないと言われてもなかなか納得し難いものがあります…
無謀と思われる目標を目指して頑張っても、それが達成できなければ何にもならない、あまりにも遠い目標ですからね。。
下の方たちよくついてきているなぁと感心します。
若干全体的に滑り気味で暑苦しい片岡…
副支店長の真山はそのあたり客観的に見ていて、頑張ってもムダだとクールですね。
でも香川照之ですから、この人覚醒したらすごそう笑

裏で横山と繋がってる真山…??

片岡は一人「頑張りたい」と奮闘してしまってますが、真山は反対の立場。
本店に逆らえば鎌田支店が潰れた後にどこに飛ばされるか分からない、と思っているようです。
銀行でリストラを進めたい以上この銀行にこのままいた場合の未来は、支店を生き残らせるか支店が潰れた後に出向なりを受け入れるかの二択です。
そして銀行員のままでいるには、厳しそうですが他の銀行へ転職するか現在の支店が潰れないように頑張るか、になってきます。
銀行員になりたくて行員になった人たちには厳しい状況になっています。

そんな真山ですが、どうやら裏で横山へ情報を流している様子…?
そして毎日定時に帰るのは奥様が長期入院中なのかな。
となるとお金も稼がないといけないですし、本部に盾突く訳にもいかないですよね。
それぞれに色んな事情がありますね。

人の気持ちに応えたい

今回片岡達に、とてもいい条件でメガソーラー用の土地を探してもらった町田エネラルの社長は、何も見返りが無くていいと言う片岡達の気持ちに応えるべく
5000万円の融資の話を改めて片岡に依頼
しました。
自分たちの利益の為でなく、一番お客様の為になる方法を考えて動いた片岡の気持ちが伝わったんですね。
行員達も少しづつ片岡に引っ張られて頑張るようになってきています。

ドラマだよなぁと思うんですが、良くしてくれた人の気持ちに応えたいとは誰もが思うはず。
もちろん上手くいかない時だって現実にはあるはずですが、こういうのがお仕事ドラマの良さだよな~と思ってます。

次回3話のあらすじ

突然、片岡(福山雅治)ら蒲田支店の面々の前に姿を現した横山常務(三上博史)。
1ヶ月でプラス7億円という結果を出した彼らに横山は「大いに期待しています」と言って去っていく。
そんな中、滝川(神木隆之介)は横山と初対面であるはずの真山(香川照之)の態度に疑問を抱く。

すっかり息巻く片岡だが、突然、支店統括部の宿利部長(酒向芳)から廃店が決まった小平支店の残務整理に人員を回してほしいと命じられる。
この大切な時期にと困惑する中、滝川はやたらと本部の肩を持つ真山に、彼が本部のスパイではないかと疑いの目を向ける。

そんな中、大口の顧客で真山の担当である「田口るみビューティーサロン」の田口るみ社長が夫・孝一とともに30億円もの融資の相談に蒲田支店を訪れて来る。
決まれば廃店回避へと大きく前進するとあって色めき立つ片岡だったが…。

まとめ

さて、今回最後に急に鎌田支店にやってきた横山の目的は…?
そして横山に情報を流しているのは真山なのか…?
まだまだ色々と謎が残りますが、来週も楽しみに待ちましょう!