『ラジエーションハウス』

『ラジエーションハウス』3話感想:山口沙也加の久々普通役の演技が良い!(ドラマネタバレ)

ドラマ『ラジエーションハウス』

< 3話(4月22日放送) >

月9『ラジエーションハウス』です。
今回は女性が気になるマンモグラフィにまつわるお話。
山口沙也加演じるたまきが気になります。
早速感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「『ラジエーションハウス』2話感想:遠藤憲一がやはり可愛い、本田翼も可愛い、窪田正孝も(略)(ドラマネタバレ)」をチェック!

『ラジエーションハウス』3話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。
堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。
そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。
今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。
不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。
だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。
読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。
杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

3話の見どころは山口沙也加の演技、やっぱり上手…

ここのところアクの強い役どころが続いていた気がする山口沙也加。
復讐する女とか、行き過ぎた正義のために人を殺めてしまう女とか。
怪演具合が評判も良かったんだと思うのですが、こういう役どころが似合うようになってしまいましたね。
でも演技が上手いからだと思うんです、やっぱり。

今作では少しぶっきらぼうだけど普通の放射線技師の女性。
普通の女性が共感できる演技が見られますので要チェックです!

『ラジエーションハウス』3話の感想 (ややネタバレあり)

マンモグラフィで分からない乳ガン

今回「デンスブレスト」という乳腺が密集していてマンモグラフィでは病変が分かりにくいタイプの人が日本人女性に約半分と多いらしいと初めて知りました。
マンモグラフィさえ受けておけば大丈夫という認識は女性のなかでは結構ありますのでわたしもショック!

今回ゲストの内山理名もデンスブレストで、近親者に乳がん、がんを患った人が多かったのです。
だから毎年マンモグラフィを受けてきたのに、それで見つからなかったとは…

しかも年下の男性と結婚間近に乳がんが見つかってしまい、片方の胸を取ることになってしまって…
結婚さえも諦めようとした内山理名の悲しさ、でも共感して泣けました。

たまきも同時に、自分のマンモグラフィの陰に悩む

いつもぶっきらぼうで口の悪いたまき。
私はこの人のキャラクター結構好きです。
口や態度が少し不器用なだけで本当は優しいし仕事に誇りを持っていると分かるから。

後輩・裕乃に自分のマンモグラフィを取らせて結果を自分だけで確認しますが、やっぱり気になる影が…
裕乃が心配してもさらなる検査を受けようとせず…
そこでひっそりと気にしてくれ事態を把握してくれる技師長・小野寺さんが素敵でしたね~。
裕乃はまだマンモグラフィにも超音波検査にも手間取っていて…
小野寺さんが密かに裕乃をサポートして、無事良性の腫瘤と分かった時はホッとしました。
こういう陰でサポートしてくれる小野寺さんみたいな上司だと良いな~

そして内山理名が検査結果を知った時に一生懸命説得する姿に感動しました。
自分も同じ恐怖を味わったからこその言葉だったのかもしれません。
やっぱりこの人自身が好きかもしれない。

山口沙也加の演技がやっぱりすごい

超音波検査を受けるときの緊張した不安げな表情が引き込まれましたね。
こちらまで緊張してしまうほどに。
自分が検査を受けながらも、裕乃に教えるべく手をサポートしてあげる優しさとか。
さらに病変が良性であると分かった途端に喜ぶ裕乃に「分かってる!」というぶっきらぼうさも良い。

そんなことを言いながら、裕乃に見えない左目からつたう一筋の涙…そして隠すようにさっと拭う手!
タイミングも絶妙で、女優さんってすごいなと改めて思いましたね。

次回4話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と偶然出くわす。杏は、友人を誘って飲みに行った帰りだった。
公園で杏を介抱した唯織は、彼女が、以前股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。
画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。

あくる日、甘春総合病院に、ロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)がやってくる。
美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。
それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。

診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。
その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。
その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、それは大切な、そして苦い思い出の詰まった『FLY AGAIN』と言う曲だった。
裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたい、と願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。

まとめ

細かいところではありますが、今作カメラワークに工夫がみられて良いですよね。
オープニングのカップ麺のカップの中からお湯が注がれる画とか。
エンディングのフィルムのところとか、見ていて楽しいです。
また来週楽しみにしています。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA