『ラジエーションハウス』

『ラジエーションハウス』1話感想:窪田正孝主演で月9らしくない月9が爆誕!(ドラマネタバレ)

ドラマ『ラジエーションハウス』

< 1話(4月8日放送) >

ついに新月9も始まりましたね~早いなぁ。
今作は事前情報が少なめだったのですが、何よりもキャストがいい!ので期待しています。
原作ありなのですが、いつも通り原作は読んでいません!
さっそく感想を書いていきます。

他の春ドラマ紹介は「【2019年4月開始 】 期待のおすすめ春ドラマ紹介①~わたしはこれをみる!」よりチェックしてみてください。

『ラジエーションハウス』について

「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名人気コミックが原作。
今までドラマでメインに描かれることの無かった放射線科医と放射線技師を描いた医療ドラマとなっています。
病気やケガの根源を見つけるには放射線科で撮影する画像が重要で、彼らは医者をリードする医者「ドクターズドクター」と呼ばれています。
しかし日本ではその存在や地位はまだ確立されていなく、臨床医ほど目立たない存在。
そんな彼らにスポットを当てた作品となっています。

キャスト

五十嵐唯織 -窪田正孝
甘春 杏 -本田翼
広瀬裕乃 -広瀬アリス
軒下五郎 -浜野謙太
黒羽たまき -山口紗弥加
小野寺俊夫 -遠藤憲一
辻村駿太郎 -鈴木信之
大森渚 -和久井映見

スタッフ

原作:「ラジエーションハウス」(原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ)グランドジャンプ/集英社
脚本:大北はるか
主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

『ラジエーションハウス』1話のあらすじ

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。
アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた唯織は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。
22年前、杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。
そのとき杏は、病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして、と唯織に告げていた。

甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。
彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。

唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に杏と再会を果たす。
ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。大きなショックを受ける唯織。

そんな折、前夜、唯織が河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。
実は菊島は世界的な写真家だった。
小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行った。しかし、画像の左上が黒く抜けて欠損していて……。

1話の見どころは月9初主演の窪田正孝と本田翼のツンツンキャラ

窪田くんは月9主演も堂々としてて良い感じです。
今回一風変わった天才の役なのですが、ちょっと人とのコミュニケーションの取り方が不器用だったり、物事の基準が人と違う感じ。
でもそれ以外は至って普通の好青年に見えます。多少髪型が気になるけど!

そしてヒロインの本田翼は、今回はプライドの高いツンツンキャラで病院長の娘。
可愛い感じのキャラじゃなくて個人的には良かったです。
クールな感じの役どころで、自分は医者なので放射線技師の人たちを下に見てる。
ツンツン具合をぜひともチェックしてみてくださいね。

1話の感想 (ネタバレあり)

一言で言えば月9らしくない月9で、個人的には好きな感じ。
今後の展開次第ですけど、良かったポイントをいくつか紹介します!

リアルな医療現場、放射線技師の仕事は大変そう

医療モノらしく、とてもリアルな医療現場が描かれているんじゃないかなと感じました。
技師は医者より下。医者の指示が無いと検査が出来ない。
そして医者もそれを認識していて技師をかなり下に見て指示する様子など。
多分実際の現場もこんな感じなんだろうなと思います。
技師は超プロフェッショナルとして専門分野で輝いてほしいなと思いますね…

さらに医者と違ってありとあらゆる科からレントゲンやらMRIやらの依頼がひっきりなしに来て大忙し。
放射線科医もそうだと思うのですが、幅広い部位に対応しなくてはならないと大変そうですね。

月9らしいラブは無い。でもゲスト(森矢カンナ&イッセー緒方)が素敵

月9くさいラブはありません。現状あるとしたら唯織の独りよがりラブだけですね…
いや、医療モノにラブは要らないので良いんです!

初回だけど言ってしまうと、窪田くんの演技は軽すぎず重すぎずでバランス感覚良いな~って感じで好きです。
安心して見てられるという感じ。
役柄的にはガチの天才っぽいんですが、普段の表情がそれを感じさせないから好感持てますね。
(若干髪型が気になるんですけどね!)

対して本田翼ちゃん…昔に比べれば随分良くなったんですが、なんとも大袈裟な…演技だな…
クールな役柄なのであまり表情つけずに抑えた演技をしてほしい所。
一長一短ではあるのですが、この子多分普段から表情豊かで、表情が可愛いんですよね。
逆に言うと真顔で間が持たないというか…
一つ良かった点を挙げると、彼女が検査で患者にカテーテルを入れてるシーンがあるんですが、そこがとても医者っぽく見えて一番良かったです。

そして1話のゲストはイッセー緒方と森矢カンナが親子という設定。
イッセー緒方の役どころは世界を股に掛ける写真家なのですが、その娘とのエピソードが泣けました…
着地もとてもいい形で、1話完結ストーリーとしてとても完成度が高いと感じました!
そして森矢カンナの美しさ…こんな娘が居たら絶対嬉しいだろうな。(誰目線?)

微妙で絶妙なチームプレイ!団結力あるんだな…

かなり凸凹で個性豊かななラジエーションハウスの面々。
それぞれが日々仕事に追われて一人ひとりがプロフェッショナルとして仕事をしていますが、患者を助けたいという気持ちで一致団結!
唯織の「助けたいんです…!」という言葉でそれぞれが唯織をサポートしてくれました。
暑苦しい感じじゃなく、自然と、なんなら仕方なく?という雰囲気がとってもいい感じでした。

メンバーの中じゃ遠藤憲一さんと山口紗弥加が良い味出してて好きです。
遠藤憲一さんはどうしてもまだ前回ドラマのニッコニコのおじさん顔が浮かんで笑ってしまうんですけど笑
なんなら山口紗也加も「私何か間違ったこと言ってますか?」って感じではあるんですけどね。
どちらも素敵な役者さんですね。

次回2話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。
しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。
放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。
その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした。

ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。
膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。
辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。

一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。
閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。
そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。
杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。

まとめ

いや~総じて言うと、ストーリーとキャラクターが面白かったし、初回から出演メンバーの関係性が描かれてて、
さらにゲストのお話もしっかり描けていたので面白かったです!
重すぎず軽すぎず、楽しく見れそうで来週も期待します!

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA