ドラマ『偽装不倫』

感想『偽装不倫』1話:杏主演、変化球ラブストーリー!不倫って題材扱い難しいご時世ですが(ネタバレ)

< 1話(2019年7月10日放送) >

杏ちゃんお久しぶりの主演ドラマ。
彼女のドラマコメディテイストが多い印象ですが、いつも面白いなと思っています。
なので今作も期待!
相手役は宮沢氷魚くん。HE BOOMの宮沢和史の息子、モデルで長身のイケメンです。
早速感想を書いていきます。

その他の夏ドラマは「【2019年7月開始 】 期待大のおすすめ夏ドラマ紹介①~私はこれをみる!」でチェック!

『偽装不倫』について

原作は『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコの同名漫画。
婚活に疲れたアラサー女子が年下イケメンと出会い、何故か既婚と嘘をついてしまったことから始まる偽装不倫…
というちょっと変化球なラブストーリーです。

主演は渡辺謙の娘で、東出昌大の奥さんの杏ちゃん。相手役は宮沢氷魚くん。
二世俳優同士の共演です。
さらにお久しぶりな仲間由紀恵が姉役、その旦那役に谷原章介という「ごくせんコンビ」
キャストが魅力的ですが、昨今なかなか大っぴらに話しにくい「不倫」をテーマにどう描いていくのか、楽しみです。

出演者

濱鐘子-杏
伴野丈-宮沢氷魚

吉沢葉子-仲間由紀恵
吉沢賢治-谷原章介
八神風太-瀬戸利樹
山田まさ子-田中道子
伴野灯-MEGUMI

スタッフ

原作-東村アキコ
脚本-衛藤凛

『偽装不倫』1話のあらすじ

32歳で独身の派遣社員・濱鐘子(はましょうこ)(杏)は、二世帯住宅の実家で両親と姉夫婦と同居するパラサイトシングル。
3年に渡り辛くむなしい婚活に励んできたものの、報われないばかりか巷に溢れるのは不倫ゴシップばかり。
勤務先での派遣契約が満了したその日、「どうせみんな不倫するんだから結婚に意味はない」、と婚活をやめる決意を固める。

一方、鐘子の姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)は一見地味で堅物だが、3年前に非の打ち所のない夫・賢治(けんじ)(谷原章介)と結婚したキャリアウーマン。
鐘子とは正反対の幸せな結婚生活を送っていた。
そんな葉子から「またお一人様旅行?」と非難されながらも、鐘子は“婚活さよならパーティー”の一人旅の荷造りを始める。

翌日、博多旅行へ旅立った鐘子は、葉子に借りたワンピースのポケットになぜか結婚指輪が入っていることに気づく。
そして、機内に乗り込んだ途端、突然落ちてきたスーツケースが頭を直撃し、指輪を落としてしまう。
慌てる鐘子に指輪を差し出したのは、落ちてきた荷物の持ち主・伴野丈(ばんのじょう)(宮沢氷魚)。
そのイケメンぶりに動揺した鐘子は、とっさに自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまう!

1話の見どころは、突然の変化球な恋の始まり…

杏ちゃんが演じるのは婚活に疲れたアラサー女子。
散々婚活してみたけど成果がなく疲れてしまった32歳。
諦めて、今はとりあえず一人で趣味の旅行を謳歌する日々。
そんなところへ旅行の行きの飛行機で突然のイケメンとの出会いですよ。
しかも何故か持っていた姉の結婚指輪を自分のものだと、結婚していると嘘をついてしまい、、

今まで全く恋の予感がなかったのに、旅先で突然の出会いとか素敵です。
海外生活が長いせいか?不思議な感じがする相手なんですが…
果たしてこの関係、どうなっていくのか…?

『偽装不倫』1話の感想 (ややネタバレあり)

テーマがちょっと難しいですよね、不倫っていうのが入ってくると。
シンプルに婚活に疲れた女子が突然旅先でイケメンと出会ってなんだかんだを乗り越えてカップルに…というストーリーだったら素直に応援出来るんだけど。
詳細を書いていきます。

突然始まる年下イケメンとの恋…だが鐘子にも丈にも共感できない

鐘子にどうも共感できなかったというのが初回一番の印象。
世の中の不倫の現状を見て、自分は結婚してから相手に隠れて恋するなんてしたくないと思っていたのに、見栄から結婚していると嘘。
その嘘のせいで、嘘の不倫をすることになる鐘子。嘘を塗り重ねるとはこのことか。

なんだか見ていて少し悲しく切なくなりました。
嘘をついてしまったこと、本当の事を言い出すタイミングはたくさんあったのに隠してしまうところ、全然意味が分からなかったけれど、良い歳して独身だと年下イケメンに知られるのが恥ずかしいから隠しただと?
そんな理由で隠すよりも、本当の事を言えばいくらでも状況は変わるのにね。
相手は25歳だけど7歳なんて年の差、そんなに大したことないです。
鐘子は婚活してたと言うけど、本当に結婚相手を探す気があったのかは疑問です。
こんな大チャンスを嘘で台無しにするんだから。
それが乙女心だと言われれば理解できるけど、あー勿体ない!としか言えない、、

しかも自分が相手に嘘をついているのに、丈が本気でないと悟ると好きになっちゃいけない相手だと悲しんだり。
いやいやいや、自業自得感がすごい。
相手に結婚してると嘘つき通せるくらいなら、男性に話を合わせるなんていくらでもできたんじゃないかと思いました。

丈は丈で海外生活が長いとは言え、不思議ちゃん的キャラになってしまってますね。
鐘子への接し方や「旅行の間だけ不倫しよう」というあたり、普通に考えると遊びたいだけなのかなと思いきや随分入れ込んでるようでもあるし。
「不倫」なのに旦那の事をぐいぐい聞いてくる感じとか。
…倫理観どこにいってますか?
ニュースから仕入れた情報で、結婚してもみんな不倫してるんでしょ?って認識がまず間違ってるからヤバイ。
常識が無い。

めちゃくちゃ匂わせてくる、仲間由紀恵と年下男子の不倫

仲間さんが本当にお久しぶりな感じで懐かしく見ていました。
鐘子と痴話げんかしている感じが、昔のごくせん的仲間さんで嬉しかったです。

旦那さんが本当に優しくて理想的なんですが、どうも若い男の子と不倫しているようで…
仕事もバリバリやって、旦那さんは優しくてどこにも不満を持つポイントは無さそうなんですが。。
甲斐甲斐しくご飯の準備をしてくれたり、記念日を祝おうとしてくれる旦那さんがちょっと可哀想です。
でも何かときめきや刺激が欲しいという気持ちだけはちょっと分かる気がする。

アラサー女子は実は年下男性にモテると思う

鐘子は32歳のアラサー女子ですが、多分婚活市場に限らず探せばきっといい人がいると思うんですよね。
そして丈は25歳で7つ年下でしたが、実はアラサー女子は年下男子にモテると思うんです。
ちょうど丈あたりから下の若い世代にモテそうだなと思ってます。

ただ鐘子は今まであまり年下の男性を候補に考えたことが無いんでしょうね。
まぁ「婚活」だから結婚しやすい世代ってなるともう少し上なのかもしれません。
ただ、結婚の前にまず恋をしたいなら範囲を広げて検討しても良かったのかもしれません。

そして突然の出会いで始まった二人の関係ですが、別れてもきっとまた出会うんでしょう?
鐘子は早く本当のこと言った方がいいよ!

次回2話のあらすじ

つい「既婚者のふり」をしてしまったことから、思いがけず旅先の博多で丈(じょう)(宮沢氷魚)と一夜を共にした鐘子(しょうこ)(杏)。
心の整理がつかないまま東京への帰路についた鐘子だったが、”偽装不倫”のきっかけとなった姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)の結婚指輪をなくしたことに気付く。
慌ててホテルに問い合わせても、指輪は見つからず……。

東京に戻ってからも丈のことを忘れられない鐘子は、「丈にとっては後腐れのない人妻との遊びだったのだ」と自分に言い聞かせ、必死に自分の気持ちを押さえつける。

そんな中、鐘子は名古屋出張に出かけたはずの葉子を街で見かける。
いつもの地味な風貌とは違い、女らしく着飾った葉子の姿に思わず尾行した鐘子が見たのは、ピンク頭の可愛い年下イケメン・風太(瀬戸利樹)とデートする姉の姿だった。
そう、賢治(谷原章介)という理想的な夫がいるはずの葉子が、本物の不倫をしていたのだ!さらに、尾行に気付いた葉子から口止めメールが届いて……。

まとめ

うーん、やっぱり登場人物に共感できないとどう見ていいのか分からないっていうのがありますね。
ドラマとしてよくできてると思うんですが、どうしてもキャラクターの考え方が微妙に気になる。
丈はまだ謎が多そうなので、色々背景が分かってくれば納得できる面はあるのかもしれません。

鐘子もさっさと正直に話したらいいのにと思うけど、そうなるとタイトルの「偽装不倫」がすぐ終わってしまうというジレンマ笑
ということはしばらくこのまま不倫状態で行くんですね!?
いやー悩ましい。とりあえず来週はまた見ると思います!