『わたし旦那をシェアしてた』

『わたし旦那をシェアしてた』4話:3人の中に犯人…!?小池栄子もお金のピンチを迎え…(感想ネタバレ)

ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』

< 4話(2019年7月25日放送) >

前回第4の妻が現れたと思いきや、それは実行犯・森が3億円を手に入れる為に仕組んだ罠でした。
引き続き3人で3億円を争う事になる訳ですが…?
パワハラ発覚!?慰謝料?入院?それぞれにピンチが訪れます。
さっそく感想を書いていきます。

前回のあらすじ&感想は「感想『わたし旦那をシェアしてた』3話:突然現れた第4の妻・松井玲奈。3億円は彼女のもの!?(ネタバレ)」でチェック!

『わたし旦那をシェアしてた』4話のあらすじ

晴美(小池栄子)は同僚の香織(黒沢リコ)からパワハラで訴えられ、示談金を要求される。
茜(岡本玲)は、慎香(池谷美音)が病気になり、多額の治療費がかかる可能性があると医師に言われる。
加奈子(りょう)は元夫から、かつて不倫をしていたと決めつけられて慰謝料を請求され、払えないなら透(牧純矢)の親権を渡せと迫られて…。

急に金が必要になった晴美、加奈子、茜は、3億円を山分けしようと意見が一致するが、文江(夏木マリ)はそれを許さない。
そして文江は、3人に“恭平(平山浩行)の好物を言い当てろ”と課題を与えるが…。

4話見どころは、加奈子に迫る森の罠!

今回もまた3人で課題に挑戦していく訳ですが、そこにまたまた犯人・森が罠をはります。
今回ターゲットになったのは加奈子。
警察から3人の中に恭平の殺害を依頼した人物がいるとみていると文江経由で聞いていた3人。
疑心暗鬼になっていたところに、加奈子が犯人と思われるような証拠を…

加奈子の中学生の息子・透との親子関係はどうなってしまうのか?
そして課題の行方は??

『わたし旦那をシェアしてた』4話の感想 (ネタバレあり)

今回はより酷くなる森の裏工作によって、3人の3億円が狙われます。
3人は意外といい関係のように思えるんですが、今回はそれぞれにピンチが訪れます。

突然パワハラで訴えられる晴美…なぜあの人に??

仕事をバリバリこなしてそれなりの地位についている晴美。
社長に呼び出されると、「お前のことをパワハラで訴えた社員がいる」と。
誰かと思えばいつも一緒に仕事していた女性。
晴美のことを「姉御」と呼ぶなど良い関係に見えたんですけど、何故…。

当然上司と部下なので多少気を遣うことはありそうですが、暴言があった訳でも無いのに「パワハラ」で訴えるなんて…
しかもいきなり請求300万!?
相手の受け取り方次第とはいえ、今回の内容を聞くとパワハラには当たらないと思いますけどね…
これがパワハラになると半分以上の人がパワハラしてるのでは?
そしていきなり金銭を請求してくるっていうのはびっくりです。
弁護士に相談したってことですよね…

結局ちゃんと話したところ、プロジェクトから外されたことが原因でした。
逆恨みですよね…人間関係なかなか難しいもんだ。

犯人・森のやることがエグイ…こんな風に目をつけられたら辛い

森は3億円を手に入れる為に色んな手段を講じてきています。
前回は妻と名乗る女性を送り込み、今回は妻1の加奈子に対して恭平を殺したと思わせるような、事件現場に凶器を持って立つ合成写真を作成し中学生の息子に見せるなど…

とりあえずあまりにも危ない男なので、子どもに近づくのは辞めて欲しいですね…
シェアハウスに住む松田のことも利用していますが、そもそも一体どういう関係??
松田の姉が亡くなった話をしていましたが、松田が子どもの頃の事件?を利用しているのでしょうか。
松田は見ている限り悪人では無さそうだけど何故こんな男の言う事をきいているのか。
まだまだ謎です。

結局一番謎なのは管理人の文江…

今回文江が出した課題は「恭平の好物を当てること」でした。
3人それぞれが思っていた恭平の好きな食べ物はバラバラで結局嘘をつかれていたことがまたまた発覚。
3人はそれぞれで恭平の好物を探ることになりますが…

しかし、このクイズみたいな課題を出したってことは結局のところ文江は正解を知っているということ。
この人どの立場の人で恭平の何なのでしょうか…何故妻より詳しく本当のことを知っているの?
毎回謎が深まります。
そしてこのクイズに意味があるのか、という疑問も。
3人が話している様子を手帳にメモしてるんですが、何を書いてるんだろ。。

さらにはいつまでこの課題が続くのでしょうか。

『わたし旦那をシェアしてた』次回5話のあらすじ

加藤と名乗る男が、シングシングハウスを訪れる。
彼は恭平(平山浩行)の友人で、晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)の相談役になってほしいと恭平から頼まれていたという。
加藤から証拠として恭平との2ショット写真を見せられるものの、晴美たちは彼を信用できない。
加藤は、恭平のアドバイスを受けて心療内科医から転職し、スポーツ選手や経営者を相手にしたメンタルトレーナーをしていると語る。
さらに彼は、文江(夏木マリ)がかつて外科医だったことや、秀明(赤楚衛二)に窃盗の前科があることを言い当てる。
秀明は、加藤を目の前に動揺していた。加藤と名乗る男の正体は、森(黒木啓司)だったのだ――!

晴美たちは、森の話術に引き込まれていく。秀明は晴美たちが森に近付くのを止めようとするが、逆に怪しまれてしまう。
文江は晴美たちに“秀明と恭平の本当の関係は?”という新たな課題を与える。
森は晴美たちの心をつかみ、相談に乗るようになる。
晴美たちは森から、3億円を争う戦いから降りることを勧められる。ずっと抱いていた不安や疑問を森に指摘され、心揺れる晴美たち。
森は晴美たちに、3億円を寄付すればいいと提案する。その話を聞いた文江は、断固として認めようとしない。
しかし、文江も森に言いくるめられて「3人全員の意見が一致しているなら…」と言うしかなかった。
晴美たちは、3億円を寄付することに同意するが…。

一方、美保(渡辺真起子)は、北神谷町未解決殺人事件について調べていた。
彼女は、この事件の被害者の会会長・桃尻に話を聞く。桃尻は、事件は恭平のせいで起きたと告げる…。

まとめ

毎回ほんのり感動っぽい方向に持っていかれるストーリーですが、
恭平のベースがゲスすぎてうっかり感動していると「いやいやいや!」と思い直します。
恭平は何でこんな嘘をついて、3重生活をしていたのか。
全く謎ばかり…

『わたし旦那をシェアしてた』は全話Huluで配信中!
初回お試し期間に全話見られる♪

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は各サービスサイトにてご確認ください。

エンタメブロガー
ぴお
運営者のぴおです。 ドラマ、映画を幅広く見ていて、日々の楽しみにしています。 感想・作品紹介を書いていきます♪
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA